「ほっ」と。キャンペーン
オトナだのぉ〜v


更新予定日1/24が延びたのも影響してるのかな?
1/31更新の68話は、内容盛り沢山の、頁も24頁とドッシリ感。
読み応えありあり〜



始まりは聖域の教皇の間。
先代までの雰囲気とは異なり、かなり開放的?

ナント、ここで辰巳さん登場!
Ω版とは、歳のとり方が異なってます。
一方、カノンたんがちゃんとオシゴトしてて、つい嬉し涙がw
あんなヤンチャだったのに…!←母目線


事務的で感情の乏しい会話だけでなく、
教皇の仮面を外してからみせる、邪武っちへの
(その背後にいるであろう、他の青銅二軍メンバー達へもね)
配慮を見せるオトナ〜なカノンくんvvv

しっかし、グラード財団の後ろ盾が無いと資金的に…な聖域って、
「まだアテネオリンピックの負債抱えてるんかよ、ギリシア!」
って思っちゃう管理人でしたw


あと邪武が執事を目指してるのも納得。
格好良くなったよね〜彼。
更に生き様も変わってないよな〜

Ωの牧場主よりかは、“お嬢様の近く”という点で
説得力がある気がするのだ。



さて、我らが主人公シュラりんは、今度は東北の旅へ。(違)
まだ本調子ではないようですが、
ニャンコよりかは動ける身体なので、
代わりにヨシノちゃんのご両親へ挨拶に来たとのこと。

ふ〜む、山羊くんが割の良いバイトをしたかったのは、
結納金を稼ぐ為だったのか!( ´艸`)ムププ


コクトーのネクタイ変わってたwww
これなら人型に戻っても大事な部分が隠せ………ないっ!!!(爆)

すっかり口調がコクトーに戻ってるサガぴょ。
「帰還組黄金」の説明の中に、さりげに含めてる自虐ネタ
『ーー年齢どころかトリになっているーー』にはフイタwww

そしてケルベロスの1頭が、語彙力上がってるー!
カノンちゃんの“目”になる事で、経験値大幅アプしたんか?


ヨシノちゃんの実家への道すがら、結構重要な事実判明。
高田馬場駅前で、巴さんに遭遇する直前まで電話で話していた
“お母さん”も義理の母だったのか〜

この場面より前にあったシーンにて、
落ちぶれたホストみたいな人に対する相談員を見て、
「あ、彼が関係者だったのか〜」と思ったんだよ。
最近はブラジル人も変わったことするなあって。( *´艸`)クスッ♪

でもまさか、火野デバラン、ないしはアルデパパンやってたとは…!
こんなにも原作時代とは環境設定が異なっているのに、
素直に「ああ、彼なら」と、納得出来てしまうキャラクター力。


一方のママさんは、羊さんみたいな気がする。
後継ぎの貴鬼たんが居るから、恐皇サマ側だと思ってたんだけど…。
『継いだ』というだけで、聖衣姿は披露されていないから、
これは沙織さん側フラグかな?って。

第1話でもヨシノちゃんが意識を取り戻すキッカケになった
メールを送ってきた事といい、
下宿中の娘が、学校を変わったり(?)
引っ越したりするのに動じてないし。

厳しくて、しっかりしてて美人で。
『ーーいつも笑ってばっかりいる家ーー』と、
ヨシノちゃんが説明していたし…。

アフロちゃんが、あんだけの技を使えるのだから、
ムウたまだって同様にって。


そんな2名だからこそ、遠く離れた娘が危機に直面しても、
“仲間”達の小宇宙を感じられたから、彼らに任せていたのだと。

しかしそうなると逆に、
ヨシノちゃんの周囲に両親2人の小宇宙は感じなかったんか?
山羊獅子くん達や。(^◇^;)


刀傷なのか?切り傷痕が増えてたね、アルデパパン。
ヨシノちゃんの本当のご両親が亡くなった理由って、
剣闘士または顔の無い者に関係してるのかな?

ギルドの下っ端らしかった炎使いさんは、気づいていなかったけど…。
これらの勢力に襲われた際に、牛さんが居合わせて…とかね。
理由は不明だけど、アリスちゃんや巴さんに既視感を感じてたのは、
彼女らがこの時の関係者だったからか?

ヨシノちゃん本人の身を守る為に事件以降は、
それに関する記憶も含め、能力をも封じてあるとかね。



ラストの牛山羊の再会シーンええのお〜 ///
このコンビは『エピG』19巻にて、
対 翡翠ノ鎧ネフリティス ホプリスマ戦で共闘した間柄。

あの時は「今まで殆ど接触なかったね(意訳)」って言ってたのに、
今はこんな笑顔で再び相見えてる。
つい、ジーンとしてしもうたよ。



そして超久しぶりに登場した樹海コンビですが、
アイちゃんが業を断ち切ったor得たって事は、
裏切り続出の聖域の歴史を変えられる?

または闇オロス兄さんの持つ上位技を会得したとしても、
兄さんはそのズーーーーーと先を行ってるから、
まだまだ追いつけないよ〜^^;


それより何よりミロりんが、シュラくんを抜かして
トップに躍り出るのが先ではないかと心配な、
恐皇サマの「あっちの聖闘士ぬっ殺しリスト」…。

自ら病院に乗り込んで来て、
弟姫を誘拐しそうな兄さんである。←スッゲー迷惑兄弟(・ω・)





小ネタ
[PR]
# by masaki_rui | 2017-02-05 23:44 | エピG.A.感想(ネタバレ) | Trackback | Comments(0)
年齢相応…か?
王者赤掲載では、シュラりんの“おしるこ”話。
Web上では、シュラりん新バイト面接話。
それらに続いての番外編です。

先月発行の王者赤に掲載されてたのに、
今頃感想あぷ失礼!


鉄橋をバックに流れるAmazing grace。
そこに居るのは星矢ちゃん。
(これ、星矢ちゃんが唄ってるん?)

聖剣アゾット使いのオジサマ、フィリップスさん登場。
星矢ちゃんに具合を尋ねます。
これって、対シグルス戦の後に静養してる時のことかな?
(後の頁で確定↑)


聖戦に於ける最終決戦での出来事が、
未だに聖域組メンバーの心に重くのしかかってるのだと。
だからお互いに真っ直ぐ向き合うことも出来なかった日々。

だけど…ここで現れるとは思わなかったよ兄さん!
星矢ちゃんの護衛に、まさかアノ兄さんを差し向けるとは…
アテナの意向だとしても、やるなぁカノン教皇w


案の定、聖域の指示などお構いなしで去ってく一輝ですが、
星矢ちゃんを“女神の聖闘士”と認めてる発言。
伊達に歳はとってなかったね、兄さん!(笑)

これで星矢ちゃんの気持ちが固まって、
仲間の元へと戻って行ったのかな?
歌詞にある“home”に当たる場所へと。(^^)




[PR]
# by masaki_rui | 2017-01-30 00:27 | エピG.A.感想(ネタバレ) | Trackback | Comments(0)
要は小宇宙だよね?
再び少数精鋭(?)に戻った表紙絵。
お師様とシュラりんの、新旧山羊座聖闘士です。

裏表紙も若かりし頃のお師様で、
存在感あるある〜!


そんな師弟愛にホンワカしていたところに、
衝撃wのカバー下漫画。
「要は小宇宙」とでも思わなければ、
ホラー並の内容でした。(笑)

山羊くんを泣かせるのには、
こういう方法が効くんだな、とw


そして中表紙は“見返り”っぽい流し目サガぴょ。
マッパ感ぱねえのですが…履いてないよね?(笑)

中身の変更は基本大文字が変わってた。
具体的には下に挙げた言葉が、
連載時には只の黒文字だったけど、
色つきの派手な文字に。

第58話「妖刀」p.8-9,29 『聖剣具現』
    p.10 『聖剣屹立』
    p.13 『黄金冥衣』
第59話「継承」p.36-37 「聖剣具現』
    p39 『聖剣屹立』
    p.42 「斬』
    p.44-45 『聖剣抜刃』
    p.52−53 ルビが白抜き赤縁文字へ
    p.54 『聖剣抜刃』
第60話「最強の弟子」p.67 『介錯』
第61話「業物」p.79 『現世の黄金聖闘士が 一人失われるのか?』
    p,83 『鉄拳』
    p.89 『以蔵様』
    p.92-93 『神仏混淆』
    p.94-95 『冥剣抜刃』
第62話「一撃必殺」 p.98-99 『冥王乃剣』
    p.100-101 『冥剣抜刃』
    p102-103 『外装分離』
    p.104-105 『紫電一閃』
    p.106-107 『一撃必殺』
    p.108-109 『神乃剣』
    p.110-111 『聖剣抜刃』
    p112 『無敵乃剣 破壊』
    p.116 『女神よ 友を救い 差し伸べる手にーーー』
        サガぴょの周囲に、金色の羽根大量追加
第63話「冥界乃影」 p.132-133 「厳霊乃焔』
    p136-137 ルビだけ赤へ
    p138-139 『銀河爆砕』
第64話「鬼」
    画面キャプチャーし損ねました…orz

絵の面での追加・変更は、黄金の羽根くらいみたい。
これって、重要な伏線だったりするのかな?




[PR]
# by masaki_rui | 2017-01-22 22:54 | エピG.A.感想(9巻) | Trackback | Comments(0)
ヤカンを超えし



AE!を目の当たりにしながらも、まだまだ余裕の闇オロス兄さん。
それは単なる虚勢ではなく、実力を伴う自信から来るもの。
オトロシイ教皇サマだよ、ホント恐皇サマだよ!

AE!の発動が遅く、それまで無防備になる事を逆手に取り、
拡散型の厳霊乃焔ライトニング フレイムを仕掛ける。
それをカノンっちの黄金乃三角形ゴールデントライアングルで阻止されたと見るや、
続けて雷光爆縮ライトニング インプロージョンの重ねづけ。(笑)

冥府に落ちかけてる三名の目の前で同時に放たれたそれは、
上級技である厳霊乃極ライトニング テリオスへと変わる。

しかしカノンくんも負けてないよ!先にやった技の応用か?
再度黄金乃三角形を放ち、黄金乃六芒星で防衛効果倍増。


もうね、カノンたんが美しすぐる〜ヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ
『冥界よりーー
 黄金聖闘士としてーーー
 唯一人ーー
 生きて還って来た』
の台詞を読んだ時には泣けた。
彼のそれからの日々が一気に想像出来て。

数少なくなった白銀と青銅を率い、
相談出来る相手も居なかっただろうに…。
正に、彼が冥界編に入る時に選んだ贖罪の道を歩んだのだなと。

そして『G魂』の“こっくんカノンちゃん”は、ナマの姿だったのだなと。(笑)
生きててくれて、本当に良かったよ〜!(T ^ T)


一方、闇オロス兄さんが抱えてる絶望感が切ないのお。
ヤカンを超えたキュウカンを会得しながら、
その力で生み出したのが「虚無」とは。
今のカノンっちの生き方とは、実に真逆だ。

恐皇サマの厳霊乃虚無ライトニング ボイドの威力は凄まじく、
三人の黄金聖闘士の力と拮抗どころか、押し切る自信あり。


しかし処女宮でのAE!のぶつかり合い時と同様、均衡を崩す力が。
うん、カノンっちの台詞から推測可能だったかもな、その正体。
当時、あの子と心中を図った(語弊ありあり)ラダマンティスでした。

他人(ひと)んちの領域を荒らす半死人共を一喝しに来たのかとオモタw
ラダはAE!に自らの力を加算して、闇オロス兄さんの厳霊乃虚無を押し返す。
まあ最終的には、冥界の領域から聖闘士共を追い出す結果になったがね。(笑)


技(業?)を跳ね返され、両者の力をその身に受けた形となった兄さんだけど、
全くもって余裕のよっちゃん。
もはや正攻法では、ニャンコ敵いそうもないぞ〜!

嗚呼オソロシオソロシ恐皇サマ…と震えてるところに(笑)、
ラダのカノンたんへの台詞でまた涙腺緩む。
兄さんの言葉『漂って』があるので、ラダの生死は不明だけど、
「カノンくんの聖戦後の生き様を見てきた者がココに居たー!!」とね。


先代蟹座が一輝兄さんの存在を匂わせていたので、
原作オマージュで“青銅”が加勢するのかとも思ってたが、
このラダマンティスの出現で、
現在の地上と冥界の状況がかなりハッキリした様に感じる。

細かい事実までは語られるのを待つしかないけどね。
黄金聖闘士の復活とかケルベロスの件からも、
アテナ軍とハーデス軍は少なくともある面では共闘してると。
いやあ〜オタクの妄想が一気に膨らんだぜw

以前感想で書いたように
 自分のテリトリーである冥界を“荒らす”or
 “都合よく利用してる”「顔の無い者」勢と、
 彼らをうまく使ってる闇オロス兄さん側。
に対抗するべく二神が手を組んでるのかな?



数々の支援を受けて、冥界の入口からやっとの思いで戻って来たシュラりん。
そんな状況なんだからさ、彼の『ーーここはーー?』との問いには、
せめて『地上』とか『現世』って応えようよ、星矢ちゃん!(笑)
『熱海ッ!!』にはマジワラタwwwww カワユスvvvvv

そして、しれっとコクトーに戻ってる、マッパ聖衣のサガぴょ。
星矢ちゃんの腕に乗ってて可愛い〜♪
瞳の色は黒になってるし、ケルベロスも頭の上に。

シュラりんの締めの台詞といい、
何だか最終回?って感じの「盟友」ラストでありました。



シュラりんにとってのサガぴょ、デッちゃん。
カノンっちにとってのラダ。

両者にとっての「盟友」だと受け取ったんだが、
闇オロス兄さんには、そういう存在が居ない?
彼の魂を救い出せるのは、やはりニャンコなんだろうなあ。(しんみり)
キュウカン会得済みの兄さん相手じゃ、修行の効果は無さそうだけどな…(酷)




[PR]
# by masaki_rui | 2017-01-15 22:37 | エピG.A.感想(ネタバレ) | Trackback | Comments(0)
マッパ聖衣!(しつこい)


ぎゃーーーーー!!!!!
いきなりネタバレ行くよ!

カノンたん出たーーーvvvvv


アイちゃんは別格として(笑)
オイラの3大お気に入りの黄金くんが、
すっげー活躍しとるんですがGA?

マグレだとしても、サイトのプロフィールに
『カノン、シュラ、デスマスク贔屓』と書いておいて、
これ程良かったと思った事はない!(^з^)-☆


六芒星のバリアで、己の技を防いだ相手の正体。
闇オロス兄さんの台詞からすると、誰だか分かっているみたい。
『いずれ殺すべき者よ』って…側にいるシャカぽんはともかく、
弟しか勧誘する気無いんだね、兄さん!^^;

 正史で自分と敵対しなかった、
 サガぴょ教皇派以外ならウェルカムかもしれないが…


今度は厳霊乃焔ライトニング フレイムが放たれた。
え?ケルベロス(センセ談)って、
マッパサガぴょの頭ならぬ髪に載ったままだったんだー!?(笑)

教皇が、ケルベロスを通して冥界の様子を見てるって事は、
コクトー姿のサガのお目付け役なんか?って思ってたら…

闇オロス兄さんの言葉からすると、
相手を格下に見做している様に見える。
となると、シオン様説は却下だなぁ〜って。


そんな風に真面目に考えてたのに、
『我が弟の上に立つ資格などーー無い』で吹く。
どんだけ弟 as ナンバーワン!なんだYO!!( ̄▽ ̄)

その前の『貴様には聖域も聖闘士もやれぬッ』は
流石聖域を治める教皇様!って感動してたのにぃ〜w


まあね、どこの次元かは確定してないけれど、
取り敢えず生きてるアイちゃんが仕える教皇ならば、
元青銅組の皆が生きてるこの世界だと思うのよ。

だからこそ、弟を苦しめた、ないしは
弟が世界から居なくなる要因に少しでも関与した者は、
絶対に許しはしないのだなぁ〜って、
教皇の正体が分かって歓喜しながらもしんみりしちゃった。


しかしだよ、その教皇様も同じレベルで。(笑)
ナニコノ兄弟ラブラブ主張合戦ってばwwwww

もうさ、「お前のかーちゃんデベソ!」並の
子どもの口喧嘩にしか見えないんですけどっwww
イイゾ モットヤレ…


 カノンたんの髪の色、アニメカラーだなぁ〜
 双子座の聖衣を“管理”してるってどんな気持ちだろ?



そんな弟さんの配慮によって(笑)
2ヶ月以上マッパだったサガさんも年貢の納め時。←違
例に漏れずマッパ聖衣やりましたぜ!

それなのにそれなのに…そんな聖衣姿に全く突っ込まず、
『美しい』と感動しているヒロインの山羊くん、しっかりしろw


あらら?闇オロス兄さんもサガぴょも
『冥府に』囚われて、とか縛られて、と言ってる。
冥府堕ちの途中で冥界に居るって感じなのか?

そんな彼らに対する闇オロス兄さんからの追加“いやがらせ”は、
カノンも含めたメンバーによって悉く無効化された訳で。
それでも悔しがる事無く、余裕すら感じる。


もう地上に戻る事は無理であると。
幾ら蟹座とは言っても、デッちゃん一人が加わったところで、
何も出来はしないだろうと。

う〜ん、この闇オロス兄さんってば
アテナの言いつけ結構守るマンなのでは?
その位、AE!を予想してなかった顔してたよ。


それに比べてデッちゃんwww
あれだけの禁断の技を『取っておき』ってwwwww
そうですな、初めてじゃないもんな、二人共。^^;

熱海くんが破れ、シュラりんは生き残り。
サガぴょと共に山羊くんを取り逃がす。
2連続失態の闇オロス兄さんの余裕、
次回も続いているか否か…!?





ちょこっとお知らせ
[PR]
# by masaki_rui | 2016-12-11 23:23 | エピG.A.感想(ネタバレ) | Trackback | Comments(0)
マッパは続いているけれど


いや〜あらすじ書いたらさ、
ネタバレの連続になっちゃう回だったよ。


まずはお師様に続いて、先代の師匠キター!!
蟹座技はやっぱ特殊だもんなぁ〜

お師様があんなに頑張ったのに、
→聖戦の頃に命を落としたものの、
 気づけば現世に戻って来てて
 次代の山羊座を“最強”に育て上げる
軽々とそーゆー事を超越してしまう前蟹座さん凄い!

そして丁々発止でそんな師匠とやり合えるデッちゃん素敵v
んもう蟹が格好良いのはデフォ!
嗚呼GAよ、ありがとう♪(笑)


でさ、黄泉比良坂がこんな状態でもヘーゼンと出現出来る先代。
十二宮編の、対しるー君との戦いの時は、
“某兄さんの仲間”という理由で自分の弟子より優先したのか?

はたまた彼にはあの時に実際に遇ってて、
某兄さんみたいに“いい男”認定済みだったか?(^з^)-☆


はいその“「弟大好き」某兄さん”も登場!
日光編から、さんざーんさんざーーん待たせた上で、
やっと少しだけ顔出し。(でも嬉しv)
やっぱ物陰から覗いていたねw←(元)青銅一軍大集合時

何だか10代の頃より、枕詞が凶悪さあっぷ!
なのに「希望」認定されてる爽やか兄さんwww
デッちゃんと共に冥界で大暴れキ・タ・イ☆


場面は、蟹さんより少し下、年長さん達の戦いへ。
元祖弟スキー兄さんが、アレだけ突き抜けているのは、
迷いを捨てた状態だからなのだと、実感した台詞。

純粋な悪…って自覚してるんだぁ。
でもそれは「世界」を守る為なんだよね?
いやその陰に、弟が生きてる世界を残す目的を隠してるの?


闇オロス兄さんは攻撃の手を緩めず。
雷光爆縮ライトニング インプロージョン かーらーの
厳霊乃極ライトニング テリオス をまたもや放つ。

一方、もう師走に入ろうとしてるのに、まだマッパなサガぴょ。
善と悪の心の葛藤が未だ残ってるという事は、
シオン様は亡くなってる世界なのだと思うんだよね。

だから沙織さん側の聖域に居るらしい教皇の正体に悩む。
慟哭組が軒並み沙織さん側という理由からだと、
蘇り組として、その地位に就いててもおかしくないか???


 残る和菓子は、後継者が沙織さん聖域側なので、
 巴さん側かな?って考えてるが…


あ!主人公の事を書くの忘れたw
ずっとぶる下がってるだけだったヒロイン山羊くん、
遂に行動開始!

闇オロス兄さんの攻撃からサガぴょを守り、
先の戦いで身につけた「業」で対抗する。
しかしどうにも敵わなくて…。

そんな時に登場した、
沙織さん側(と思われる)の教皇だったのでした。




[PR]
# by masaki_rui | 2016-11-27 23:18 | エピG.A.感想(ネタバレ) | Trackback | Comments(0)
異界マッパ次元(続くのか?)


今週「も」とにかく蟹格好良すvvv
幾ら蟹座聖闘士の独壇場とは言え、
またもや聖衣姿を拝めるとは、嬉しすぐる〜!

そのデッちゃんを、カオス状態と化した黄泉比良坂で
待ち受けていた赤鬼さん。
「恐念乃焔」という立派な名前(?)。

でも結果はご想像通りでした。^^;
蟹さん曰く「顔の無い者」共が
“誰か”に義理立てしているらしいけど…


『冥王の力が暴走してる?』とも言ってたから、
ハーデス様ではない気もするし…
いやそんな状態だからこそ健在だった頃の状態に近づけるべく
“門番”やってる気もするし…

でもなぁ〜生き還り組の黄金勢のことを考えると、
沙織さん側と冥王は共闘してると思えるんだよなぁ。


幾ら往年の能力を発揮しきれない状態とは言え、
自分のテリトリーである冥界を“荒らす”or
“都合よく利用してる”「顔の無い者」勢と、
彼らをうまく使ってる闇オロス兄さん側。

そんな状況に対応する為に2神が手を組んでるように感じた。
だから「顔の無い者」を唯の犯罪者組織扱いせず、
人では対応不可能な事案として聖域が対処してると。



前回と同様、これだけ“格好良す蟹”を披露しておきながら、
またもやマッパサガさんが見せ場を奪う。(笑)
年長さん達ずっこい…w

闇オロス兄さんが放った業・厳霊乃極ライトニング テリオス
今週もマッパのまま、
それを異界次元アナザー ディメンションで異界に送り込む双子兄。
そして同じく、サガぴょの手にぶる下がったままのヒロインw


冥界の入口で“相変わらず”の2人にも変化が!
サガさんが黒化しだしたぞ。
ニケの杖の光で浄化されたんじゃなかったっけ?(・ω・)

いや、山羊座聖衣が冥衣化しだした時の
シュラりんのカラーリングとも同じと言えるから、
冥闘士化なのかも…?



そうそう、今回は拾ってくれる娘さんが近くに居ないからか、
聖衣装着→戦闘 となってもシガリロを落とさない蟹さんでしたv




[PR]
# by masaki_rui | 2016-11-06 17:18 | エピG.A.感想(9巻) | Trackback | Comments(0)
銀河マッパ爆砕


冥府:『エピG』でティターン神達が封じられていた場所
   タルタロスは、更に地下の模様

冥界:冥府よりかは地表に近く、死者が行く場所
   ハーデス様管轄だが、この世界ではどういう状態か謎

↑こんな認識なんですが、ツッコミよろ!


何でイキナリ整理しだしたのかと言うと、
シュラりんの新技が、冥王の力を利用したものだったから。
星矢ちゃんに悪影響出ている事からも、ハーデス様だと思われ。
そして冥王は「冥界」管轄で、冥府は管轄外かと。

山羊くんは冥界の力に引きずられて、
星矢ちゃんの台詞曰く『冥府に堕ちたーー』と。
なので少し混乱してますん。

引き摺り込む力は冥界のものでも、
堕としてしまえば底無し?なのか?(・ω・)


…とは言いつつも、やっぱり胸熱な回でした。
まずは旧青銅くん達一軍が勢揃いしたところ。
(一輝兄さんは絶対に物陰から見てます! 笑)

ヨシノちゃんがビックリしている事からも、
飛び出して行きそうな星矢ちゃんを止める為に、
速攻で駆けつけて来たんだろうな。
元々合流するつもりではあったけども。

そして瞬先生がそう言うであろうと見越して、
お店(の開店準備)を放り出して現れるバーテンダー。
娘ちゃんの時と同じ素早さだけど、
61話に顔出ししてない事からも、寝てた?


そんな彼らを、かつての先輩の立場で止めるアフロちゃん。
今ではすっかり旧青銅組の方が年上だし大人なんだろうけど、
何だろうね、この復活黄金組の先輩感って。
あ、ミロたん(まだ不明)とシュラりん(ヒロイン感全開)を除く。(笑)

蟹が格好いいのはGAのデフォだし!
確かに冥界が絡むならデッちゃんが最適だよなぁ。
そんな蟹氏が気づいた“助っ人”に入りそうな存在。

通常ならシャカぽんだろうけど…。
彼の立場はまだ不明とは言え、
沙織さん側の聖域に瞬たんが居る事からも
巴さん側の聖域の聖闘士なんだろうな。



これだけ胸一杯の場面を放り込んでおきながら、
それを軽々と凌駕する年長組さん。
中でもマッパサガさん凄いっすw

シュラりんが熱海くんを破った事より、
サガぴょがあの世界に姿を現した事の方が、
闇オロス兄さんにとっては耐え難いのか?

シュラりんに対しては、上から目線で痛ぶる感じだったけど、
双子兄を見た途端に余裕もポーカーフェイスもかなぐり捨てて。
サガぴょんによる「おのれアイオロスゥ(歯軋り)」と対なす
『己ーーーッ サガッ』ご馳走様でした。(笑)


ホント、無印の双子と射手が逆さになってる印象。
だから攻撃により全身血塗れになっても、
山羊くんを守り抜こうとする姿は、
物語の始まりの始まりである
赤ん坊の女神を抱えて逃げる兄さんを彷彿させる。

『エピG』では兄さん、全く反撃しなかったけどな。




[PR]
# by masaki_rui | 2016-10-23 16:13 | エピG.A.感想(9巻) | Trackback | Comments(0)
貴鬼ちゃんもあった
これ、現地で呟いたのですが、再度ブログってみる。

ミロス島の後は、北東の方角にある
シフノス島へ行きました。
(アテネからの船は、この島の次に
 ミロスに停まるパターンが多いです)

ビーチの近くには「アイオロス ホテル」があり、
真紀の泊まったホテルの道を挟んだ向こう側には
「貴鬼ちゃんホテル」もありました。
a0013719_21585094.jpg


↓サイトもあったよ〜 ピンクで可愛いv




[PR]
# by masaki_rui | 2016-10-10 22:05 | 『☆矢』全般ネタ | Trackback | Comments(0)
お馴染みの格好で
第62話「一撃必殺」


己を取り込もうとする冥界の力すらも利用して放つ
冥剣抜刃エクリプスカリバー
熱海くんの幽体乃鎧アストラルアーマーを破壊してゆく。

ならば…と、幽体の外装をすっかり外して防御を捨て、
最後のひと殴りに突進して行く熱海くん。
でもさ君、最初から“動き遅い”って言われてなかったっけ?

案の定見切られているので、攻撃当たらず。
全くもって形勢は逆転。


山羊くんのこの聖剣(に拘った)攻撃、好きー!
『エピG』の頃から散々言ってるけど、
このバトルが格好良いのは、
マントばさーっ!も多分にあるよね♪

遂にシュラりんは、日本には無い“聖剣”の代わりに、
完全なる“神剣”を手に入れたのだなぁと。


その“神剣”と対をなしてる様な“冥剣”は、
まさに冥王乃剣の力を含んでいるんだな。

今の星矢ちゃんに悪影響だとなると、
封印するんじゃないかな?
でも両方の“業”わざ を使わないと
兄さんには勝てない気もするし…(・ω・)


無敵乃剣アパラージタ破壊ブレイクとなり、
誰が熱海くんを迎えに来るのかと思ってたら消えた。
シュラりん曰く、ヲトメさんによる『空間転移』だと。

兄さんが出て来ると、いや、
迎えに行ける精神状態では無いから、
力を貸したのかな?シャカぽんが。


ヲトメさんのこの能力、『エピG』の対イアペトス戦や
ティーターンの民達含む全員を
冥府から地上に移転させた時の事を思い出したよ。


ところで…熱海くんも既に二振り目だったんだね。
それだから吉乃ちゃんに、助力を請うたのかな?

ってか、誰に壊されたのだ?
聖剣持ちじゃないけど、兄さんにか???
まさかのランスロットと相打ちとかだったりして?


全身全霊全小宇宙を使い切ってしまった山羊くん。
地上に身体を維持出来ず、冥界へと堕ちかける。
そこへ青い瞳のコクトー飛来。

シュラりんの冥界堕ちを何とか食い止めようとするけど、
所詮鳥(笑)の力で人間の重量を支えられず。
そこで女神に請うは、翼を自身の手に変えて欲しいと。


…蝶ネクタイ何処やったーーー!!???(爆笑)

双子兄だったのね、コクトーの中の人。
ネクタイしてれば「全裸で登場」にならなかったのに!(笑)
フクロウの姿だと、冥界からの影響を受けないのかすら?


でね、コクトーは黒い瞳の印象だったので調べてみた。
プロローグに当たる特別編はカラーでないので不明だけど、
第1話からずっと黒かったぞ。1巻丸々。

その後も6話「ローラン」、23話「ワダツミ」、
51話「牙むく獣」、58話「妖刀」も青い目してない。

青くなるとサガが入ってるかと思ったけど、
51話で蟹さんと話している時は、双子兄だよね中身。

34話「反逆者」で沙織さんが出て来た時は、
地の色だけで金色だったし。
謎だ…。


しかしこうしてコクトーの中の人の少なくとも一人が
サガぴょんだと知ってから見返してみると感慨深い。

聖域を裏切った形になってるシュラりんへの追っ手として、
アイちゃんを派遣したのは、あの時代のサガだった訳で。
自分の思考は大方読めるから、対処するのも簡単だったとか?

女神を裏切ってる当時の自分。
それに従う立場の山羊くんを、
こっちの女神の依頼でスカウトしに行くのって、
…読んでる方が頭混乱する。^^;




[PR]
# by masaki_rui | 2016-10-02 23:40 | エピG.A.感想(9巻) | Trackback | Comments(0)
ミロス島再訪
やーっと夏の遠足のご報告。前回↓のミロス島訪問記
ミロス島関係記事(伝言板編)



7年前の5月に訪れたミロス島を、
夏真っ盛りの8月半ばに再訪しました。

盛夏には1日数本のフライトがあるけど、
何せミロス島行の便はこのサイズのプロペラ機。

a0013719_20212659.jpg

チケットを取ったのは5月だったけど、
時間帯によっては満席になってました。

飛行機が無理なら、船を使う手もあります。
高速艇が就航してるので、
アテネから数時間で到着出来ますよん。

ただ、空港からピレウス港等への
移動時間も考慮しないといけないので、
そして暑い中を移動したくなくて、
ついつい楽な方を選んでしまいます。


a0013719_20212698.jpg
ミロス島のちっこい空港。
歩いて建物へ向かいます。
ターンテーブルも1本のみ。
だから預け荷物もすぐ出て来る!(笑)


今回のホテルは、港を通り越した先。
ポケゴ画面だとこの辺り。
港にはジムもありました。
a0013719_20212693.jpg
 
a0013719_20212508.jpg

そして部屋番号が207号室で。
「和菓子wwwww」と一人でウケておりました。
↓翌朝の朝食。すぐ島巡りツアーに行くので少食。
a0013719_20231943.jpg

今回の1日島巡りツアーは、
行きたい場所に一通り行ってくれることもあり
有名どころに申し込みました。

だけど「アイオロス」ヨットも見かけてたので
浮気しそうになったのは仕方ないよね?(笑)
そして昼ごはんを食べたキモロス島の港に停泊してた。

a0013719_20212631.jpg
ツアーはね、アダマス港にずら〜とヨットが停泊してるので、
そこに提示されてる催行時間や内容を見て選びます。
船主キャプテンの人柄で選ぶのも良し。相性って大事!

小さい船の方が小さい入江でも奥まで入れるし、
色々融通がきくと思うよ。
ただ乗る人数が少ないと、単価は高くなるのかな?


朝9時出航!
右手高台にプラカの町が見えます。
a0013719_20212595.jpg
船は反時計周りで島を周ります。
↓有名なビーチ(?)サラキニコ
a0013719_20212682.jpg
アダマス港に戻るちょっと前、
大好きなクリマの町の沖をゆっくり警笛を鳴らしながら進む。
やっぱりドアの色がカラフルで可愛い♪
a0013719_20242790.jpg
19時に接岸。
はー楽しかったー!!(*^o^*)

実は、港とホテルの間にテルマル、通称“ミロス温泉”が有りまして、
挑戦しようと行ってみたんだけど満員。
今から1時間半待つのもなぁ〜と。
翌日が移動日でもあったので、残念だけど諦めました。



ギリシアの島に来て何が楽しみかって、
シーフードを食べること!
今回の夕食メニューはこちら。
a0013719_20242740.jpg
a0013719_20242761.jpg
a0013719_20242756.jpg
前日の昼食兼夕食ではウニ食べた〜v
a0013719_20212623.jpg
a0013719_20212616.jpg

前回にも増して駆け足だったミロス島再訪。
別の島だけど、見晴らしがとても良かったため
星座アプリで蠍座を撮ったので一緒にあぷ。
実に蠍座が良く見えた旅でした。
a0013719_20225262.jpg




↓聖域(ギリシア)へ行こう!こんな感じでプランニングしてます編
[PR]
# by masaki_rui | 2016-10-01 23:19 | 『☆矢』全般ネタ | Trackback | Comments(0)
蟹氏でした
主人公2人が、左右中央の上下に位置して張り合ってるw
コクトーはでっちーと仲良いよなぁ。

この巻は「沙織さん側の聖域」と言ったところかな?
裏表紙は霊血発光した聖衣纏ったアフロちゃんでし。


そしてそして…皆さんお楽しみなカバー下描き下ろし。
今回はデッちゃんでありました。
『死ぬの慣れてるし』に苦笑い。だね…^^;

お師様に育てられたからかなぁ?
シュラりんが辛気くさいの分かる分かるwww
ジジイ呼ばわりされてるしwwwww


でな、中身。
中表紙の大小山羊に萌えるv
キャベツばっか食べてると、筋肉つかないよ〜(おい

そしてアフロちゃんの“間違った日本語”
『上がりなさい』が好きだったのに、
正しい『下がりなさい』になってて涙目。(笑)

一方、陶芸の後の蟹-コクトー会話で、
ケルベロス達の言葉がちゃんと末尾の音に直ってた。
こういう訂正なら良かったのになぁ。


その他、技の名前等の大文字が、
黒色から別の薄めの色に変わってた。

以上、ザックリと連載時との違い探しでした!




[PR]
# by masaki_rui | 2016-09-25 23:56 | エピG.A.感想(8巻) | Trackback | Comments(0)
聖域に受け継がれて来た宝剣(紫龍談)
第61話「業物」


オールスターキャスト来たー!!ヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ
両手両足が冥衣に侵食され
思ったように動かなくなってるシュラりん。

何度も熱海くんの渾身の攻撃をくらってるもんだから、
もう身体がもたないだろうと心配する面々が。
在ニポンの黄金聖闘士達と星矢ちゃんが勢揃いだよ〜ん♪

 で、訓練止まってるぞい、獅子と王子w

『オレたちが揃う前にーーー』って事は、
以前アイちゃんが言ってた通りに
『ーボクらは此処(未来)に集う』なのかな?


先手必勝の山羊くんの刃は、これまで同様
熱海くんの鎧に傷一つ(?)付けられず。
そのまま反撃の鉄拳を浴びてしまう。
…だから顔はやめれ!(力説)

拳の勢いに飛ばされて、地面に倒れるかと思われたシュラりん。
この流れ、『エピG』6巻の獅子vs.濃い様みたいだと思ってたら…

GAにも守護天使キターーーーー!!!!!(笑)
アイちゃんのソレは、勿論あの世界のアイオロス兄さんだし、
山羊くんのはお師様であったよ。


守護天使だからお師様も黄金聖衣を纏ってるよ!
渋い姿も、若返った姿も格好良いよ〜vvv

お師様の聖衣とGA聖衣はデザイン違うな〜
やはり纏う相手に合わせて変化するんだな〜
あの腰回りタイトなデザインは、原作版山羊座聖衣なんですね。

そしてお師様は以蔵さんだったのだなぁ…
何と壮大な原作オマージュ!


もうお師様ってば、和菓子をも凌ぐ超弟子らぶ!
兄さんでさえ「お前にはまだ命が残っているだろう?
ま、私も常に見守ってるけどね」って励まし方だったのに。

「辛い時にはわしを思い出せよ」って言いつつ、
シュラりんの冥界堕ちをキレイに阻止する甘やかし振り。
角、生えたらまた切ればいいんですね。←サイヤ人の尻尾かー!?

 ずっと側に居た(アイオロス兄さんパターン)って事は、
 教皇側についていた時とか、
 冥闘士として聖域に乗り込んで来た時とか、
 歯がゆかっただろうなぁ〜

 でも顔見知りだったシオン様とかも、
 弟子以外は全然気にかけていなそうなお師様w


インド系の聖王・熱海くんに対抗するには、
ニポンの土着の宗教と、伝わってきた仏教との混合技しかない。(?)
とまあ、西人とは思えない(お師様の教育の成果や!)展開で、
繰り出したる刃は冥剣抜刃エクリプス カリバー

守護天使が来る前から、己を侵食していく(仮)闇の小宇宙から、
残る黄金の(仮)光の小宇宙を避けて集めてた山羊くん。
ここでこう使ったかぁー!

存在しない幽体乃鎧を切ったこの「技」。
熱海くんによって「技を超えた」と認定さる。
アイちゃんより先に「業」の域に達したね、シュラりん!


このままだと、「業」対「業」で
兄さんに対抗出来るのは、山羊くんのみになっちゃうぞ。(・ω・)




[PR]
# by masaki_rui | 2016-09-18 23:05 | エピG.A.感想(9巻) | Trackback | Comments(0)
山羊くんver.2


まさかまさかの、2週連続更新!!\(^o^)/
山羊くんあんなに可愛いかったのに、バージョン2に変身したー!!


『古き戦』とは、前聖戦の事なのかな?
聖剣の継承をし損ねたまま斃れてしまって…。

最初で最期の、つまり“唯一の”弟子に全てを授けられて、
お師様とても満足そうだった。
こういう形の別れではあったけど、お互いに出会えて良かったね。
幸せな師弟関係だったね。


お師様の言葉に感動しながらも、デジャヴを覚えた俺。
そうそう、あれだよあれ。
『エピG』7巻で、クレイオスに切られてフラフラなシュラりんが、
(命令だから嫌々だけどw)加勢しようとするアイちゃんにお断りした場面。

「信用出来ねぇ!」と反論されると、
「オレを信用出来ないのなら、(オレと戦った)お前の兄を信じろ」って、
よく分からない説得してて。

しかし今回のお師様の言葉『己を信じれないのならばー』以下を読んで、
「この師匠にしてこの弟子あり」と、納得。(・ω・)


あと同じ巻で「聖剣を受け継がせるまでは死ねんのだ」という事も言っていて。
それを考えると、あーゆー状態だったので、
紫龍くんに聖剣だけでも受け継いで貰えたのは良かったんだね。

「負けるという事は、お師様の名誉にも傷がつく」。
これも『エピG』13巻で、
これまで戦った相手の小宇宙を汚す行為だと言ってたよな、山羊くん。


そして『エピG』では善バージョンの髪色サガぴょん登場。
あれ?霊血の青模様が浮かんでません???

彼の口から、黄金聖闘士同士は対等の同士(友)という言葉が出て,
その後コクトーがシュラくんに呼びかけてきたので、
やはり双子兄なのかな、正体?

それなら一巻で「我が友」と言ってたのも納得。
(でも口調が全然違うんだよなぁ〜)


山羊双子が向き合ってるコマの台詞。
これも『エピG』3巻で、山羊くんが教皇の間に乗り込んで行ったけど、
結局返り討ちに遭っちゃった時の場面が浮かぶ。
『「正義」なのだよシュラーーー』というあれ。


…とまあ、ついつい過去(『エピG』)を思い出しちゃう言葉が多い今回のお話でした。




[PR]
# by masaki_rui | 2016-09-04 23:43 | エピG.A.感想(9巻) | Trackback | Comments(0)
キャベツ会話からの、この流れ


絶体絶命大ピンチ!に陥ってからが長かった。
間に特別編をぽちぽち挟んだ対熱海くん編の続きです。

「お前には、もう戦うための武器が無い」と、
自身の勝利を疑わない熱海くん。
それに対して『いやまだ命がある』と反論するシュラりん。


しかーし、ひと月近く過ぎてしまったら、
熱海くんってば「命」を「魂」に変換してた。(・ω・)
ま、聖闘士の魂も心も命も皆、小宇宙でオケ?(おい

闇堕ちし、両手両足をも冥衣化してく山羊座の聖衣。
それでも戦う事を諦めないシュラくんに敬意を表しながらも、
本気の一撃(2度目…か?)で応える熱海くん。


その際の言葉『全力で』から、シュラりんの思考は時を遡る。
『斬ってみせぃーー』とは、弟子を斬り殺す気で相対する師の、
技、力、魂、力、小宇宙、命全てを引き継ぐ事だった。


お師様が語る「友」のくだりは、
自分としては“単独”任務が多いと考えてる黄金聖闘士ではなく、
星矢ちゃんたち青銅聖闘士の戦い方っぽいなぁと感じた。

現役の頃に、そういう戦いがあったって事なのかな?
で、お師様は“友”に庇われて命長らえたと。
反対に、斬った強敵の“命全てを背負った”事も多数で…


お師様の言葉通りに、死の淵から立ち上がった少年山羊くんは、
ローリング聖剣抜刃で師の背後に回って刃を放つ。
それは見事に決まり、師より山羊座を拝命するのだった。

見た目は一輝兄さんの卒業試験に似てるけど、
中身は全然異なってたわ。
聖衣を受け継いだ時点で、背負ったモノがこれだけ違ってたのだなぁ〜



ちびシュラくんに語るお師様の言葉が熱くて熱くて…。
月並みだけど、ジーンとしてました。

そして当時、まだボクっこだった山羊くんが、
これを機に「俺」とか言いだすと、ムッチャ萌えるぞ。




[PR]
# by masaki_rui | 2016-08-28 00:08 | エピG.A.感想(9巻) | Trackback | Comments(0)
2016年獅子誕(希国タイム)
富士樹海。
常人の目には捉えられない何かが、二名の人の姿に変わる。


「アイオリア、そろそろ小休止するぞ」
「いや、俺はまだ一人でも続ける!」
そう断る少年を、最初に声を掛けた青年が実力行使で止める。

「駄目だ。自分を追い込むばかりでは突破口は開けないぞ」
「…。」

二人の記憶は同じ二十歳過ぎまで有る。
しかし少年の姿で時を超えたアイオリアと異なり、
ミロは嘆きの壁を経験した頃の肉体で現代に現れた。
幾ら実力差は無い黄金聖闘士同士とは言え、
手足のリーチの差は如何ともし難く。

これはあくまでも修行の一環であり、
また、ガランからも以前同じ注意を受けた事を思い出し、
ミロの拘束から抜け出そうという動きは数秒で止まった。


少し不貞腐れた表情で水分を摂る獅子を目にしていると、
ミロの頭に、ふとある記憶が蘇った。

「お前と俺とで、修行みたいな事をしたよな?子どもの頃に。
あれは…聖域でではないな。お前、もっとチビだったし」

「チビ」と言われて、更にブスっとした顔でアイオリアが答える。
「聖闘士になる前、
…ミロス島で」


「あ!そうだそうだ。
俺の師匠に、お前達が挨拶に来た時だ。
同い年の聖闘士候補同士だと紹介されたんだった!」

あの頃の兄を想い獅子の表情が微かに乱れたが、気取られる前に自分を抑えた。

「それにしても、よく覚えてるなぁ!」
素直に感心しているミロに対し、
「海で火傷するなんて初めてだったし…」
とアイオリア。

「あ…;;;」

a0013719_00573522.jpg






あれは二人が5、6歳の頃の盛夏。
師匠同士の話が有るからと、弟子二人で組手をさせられてた。それ以外に、今日の修行メニューをこなせば遊びに行って良いと言われ、俄然張り切りだしたのだった。

この年頃の少年達は遊びですら全力で、良い運動になる。ましてやお互い聖闘士候補生。それを見越しての「遊び」許可だった。


自分のテリトリーであるミロス島を縦横無尽に駆け回るミロに対し、初めての土地にも関わらず、よく追いついていくアイオリア。
全メニューをこなし終えた頃には陽も高く昇り、絶好の海水浴日和となっていた。


泳ぐにしても、普通のビーチではつまらない。船でしか行けないカラモスビーチへ行く事を思いついたミロ少年。

「なあ、海で泳ごうぜ!
オレ達にしか行けない所でさっ!」

a0013719_00573503.jpg


一応、周囲に人が居ない事を確認してから、泳ぐ格好で絶壁を思いっきり駆け下りた。

「「ひゃっほぉー!!\(^o^)/」」


最初は「あれ?熱いな」と感じただけだったが、一歩、また一歩進む度に、耐えられない熱さになっていった。まるで熱せられたフライパンの上に乗ってるかの様に。

「「あぢー!あぢぃー!!あぢいいぃ!!!」」

この熱さから解放されるには、もう思いっきりジャンプして海に飛び込むしかない。同時にそう悟った二人は、知らない人が見たら目を疑う様な距離を飛んで難を逃れた。



「足の裏痛い…」
プカプカ浮かびながら、ちびアイオリアが不満げに口を開いた。

「フンッ!この程度の熱さにも耐えられないのか?」
偉そうに反論するミロのソレも、同じく真っ赤になっている。

これですっかり泳ぐ気を削がれた少年達は、只々無言でプカプカ漂って過ごしていた。


「戻らなきゃ」
どちらともなく、砂浜に上がる。先程火傷した部分がヒリヒリ痛む。海水で湿っている部分はまだよい。そこから先、日光をたっぷり浴びた砂や岩はかなりの高温だ。

海岸線から崖を登りきるまで、聖闘士候補生の足でも数歩は必要か。修行中に数々の怪我は経験しているが、火傷はそうそう有るものでは無く。

いつもとは異なる痛みに涙目になりながらも、幼いながらもプライドで耐え切り、師匠達の元へと戻ったのだった。





「ミロス島ってのは、鉱物資源が豊かな所でさ。
あの場所は特に、熱を溜めやすい金属成分が多い場所だったのかもなぁ〜」

足の裏のヒリヒリに耐えながら過ごした、その後の数日間。懲り懲りとした口調でミロが言う。

「何も同じルートで戻んないで、少し泳いで別の場所から帰れば良かったんだよなぁ〜」
その発想は、当時の二人には浮かばなかったのだった。

と、アイオリアが吹き出した。ミロの問う視線を受けて答える。
「ああ。お前の言う通り、思い込みは良くないな」



地上の平和を乱すものと戦う。
あの頃は、それが目的で修行していた。

だが今は「兄」を止めるという、自分に課せられた責務を負ったから。



[PR]
# by masaki_rui | 2016-08-16 21:36 | 獅子ネタ | Trackback | Comments(0)
2016獅子誕
やーさす!
5年ぶり、遠足中の獅子誕です。
今度こそ本当にギリシアでこの日を迎えております。

これから頑張ってバースデー小話を書き始め、
今日(ギリシア時間)中にあぷ出来るよう頑張りまーす!

さてその前におめでとう写真をば。
ハピパバージョンが無くてコレにしました。
両方とも、ギリシアでメジャーなメニューであります♪

アイちゃん、お誕生日おめでとう!( ´ ▽ ` )ノ
a0013719_20453071.jpg


[PR]
# by masaki_rui | 2016-08-16 20:37 | 獅子ネタ | Trackback | Comments(0)
渋いぜ(うはv)番外編2
例のTwitter企画編だと思ってなくて、
余りの舞台の変わり様に、「第二のキャベツ話」か…?
などと思ってしまった火曜日のお昼でした。


アンケートの結果通り、氷河の勤めるバー
「ヴィディアムー」が舞台。
ここに誰かが(確か結果では黄金聖闘士が)
やって来るオハナシのはず…。

とっくに店内に居たのはオーナーの蘭子ママ。
前回の登場は真冬だったせいか、
隠してあった腕の筋肉が眩しいです。(笑)
髪型も変えてました。オサレ〜w

そしてどうやら、1人のアルバイトを雇えと、
かなり強制的にマスターにお願いしに来ている模様。
だが、一片の迷いも無く断る氷河。

 客商売なのに不愛想でいいのか?(・ω・)
 マスター目当ての女性客ばかりなの???
 ↑店主、激しく嫌がりそうだけどな…


でも蘭子ママは強引なので、アルバイト候補を招待済み。
現れたるは、我らが主人公シュラりん!!(*^◯^*)
顔でオーナー面接はパスした様子。(笑)

しっかし、紫龍くんが知ったら、
全力で止めにかかるのではないだろうか?
シュラりんのバー勤務。←未成年
そして、聖闘士はやはりガテン系だよねw


何とか口実つけて断る気満々のマスターに対し、
戻った全ての記憶のお陰か?弱点を突いてくる山羊くん。(笑)
尊敬するお師様の話をすれば、確かにイチコロですよwww

それに氷河にとっても、今のこの仕事自体が、
師や友に対する祈りに繋がるのだと知らせてくれた訳で。


シュラりんの祈りたい相手は、「切った相手」なのかも。
だからお師様と、アイオロス兄さんなのかな?と思ったり。

そして、だからこそ記憶が完全に戻った後で、
しるー君と「強敵(とも)」として飲みたいと強く願ったのかな?
酒好き…というのもあると思うけどね。

確かに、この内容だとお師様が出てからでないと、
公開不可能だったよな〜


氷河の待ち受けが、毎日撮ってるナターシャちゃんの写真とか、
(色々やってきた蘭子ママだから、あれこれ詮索しないんだろな)
踊り子だから、カクテル作ってる時も舞ってたとか、
ボイストレーニングとか、ダンスレッスンとか何なんだよwwwとか、
大体、店長もバイトも同じ時に居なくなるんでないかい?(・ω・)


夜、一人お留守番してる娘ちゃんの面倒をみている瞬ちゃんも、
パパーシャのところに行けると喜ぶナターシャちゃんもカワユス♪

だからこそ、彼女の傷跡が痛々しい。
長袖ハイネックなのも、これらを隠す為なんだろうなぁ。
そして断固“他人”に預けない理由でもあると思うのだ。


前回までの、殺伐とした空気からキャベツ話に飛んだ様に、
ホッコリ笑えた特別編でしたvvv





 さて、次回の更新は8/9とのこと。
 管理人、今年はいつもより早めの夏休みのため、
 感想アップは月末にずれ込みそう…。

 獅子誕も遠足先で迎えるので、
 ここ(伝言板)に何かをアップしたいなと、思っちょります。
[PR]
# by masaki_rui | 2016-07-31 22:29 | エピG.A.感想(8巻) | Trackback | Comments(0)
草食山羊
第58話「妖刀」


かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい…(*^o^*)
いやいや山羊くん、全身をボロボロにされながらの、
血みどろの闘いが続いてるんだけどさ。


こんだけ打たれまくってるから、もう出ないのでは?
そう勝手に思ってた「聖剣屹立」→「聖剣具現」の流れ。
その狭間にシュラりんの瞳の色が紅に変わってもうた。
またもや冥界に引かれていく山羊くん。

その気配を感じ取ったのが、ナンチャッテ慟哭ペアなのがまた嬉しい!
そうだよな、シュラくんと同様、冥衣を纏った仲だもんなぁ。
アフロちゃん、ムッチャ心配しとるv

で、あれ?暫く振りに登場のコクトー!
折角、池袋事件の時に山羊聖衣を霊血込みにしてくれたのに〜
それにしても聖衣の冥衣化に反応したのが、
この3キャラというのが意味深に思える。


2度目の闇落ちシュラりんの名を呼ぶのは、
前回ラストに出て来た謎のじーちゃん。
やはり、お師匠でしたか〜!

Ωショックを受けた奴なので、
あの渋いじーちゃんがお師匠で良かったと心底オモタw


ここから、ガラッと画面の雰囲気が変わったよなぁ。
最初、子供の頃の貴鬼たんかと思って、
「緑溢れるジャミール?」とか。(あいぽん画面なので請うご容赦w)

ピレネーに在るモンテ・ペルディード。
「失われた山」「迷子の山」(←wikiで調べた)って、
今のシュラくんにとっては象徴的だなぁ。

「お師匠様」でなく「お師様」という言い方が
シュラくんの可愛さを際立たせておるvvv
具体的なお名前は出てこないんだけど、
もうこの2名のキャベツ会話が音声付きで再生されてるよ、俺。


力があり過ぎて聖衣を授けてもらえない山羊くん。
強い事ー『切れ過ぎる刀』ーは『悪とされる』とお師匠。
禅問答の様な解説に対し、
ぽよんとしているシュラりんがもうっ!もうっ!(笑)

お師匠の解説で「なるほろ〜」と思ったのが
『日本には“聖剣”は無い』のくだり。確かに確かに…!
でもそんな場所に、“聖剣”持ちの山羊座聖衣が在るのは何故だ?


「妖刀」の解説を始めるお師匠の右手、
山羊くんの持つ“聖剣”とは形が全然違う〜
それでも周囲の笹の葉を切り刻んでるんだな。

全身に刀傷の様な切り傷が刻まれてるお師匠の左眼は、
傷があるだけでなく見えてないみたい。
そして一輝兄さんのギルティ試験みたいな展開となる。


形の無いモノ、妖すら切れるー。
そう言ってる師匠は既に、「形無きモノ」「妖」なのか…?
紅眼シュラりんのまま師匠を思い出したのは、そのせい???


こんな緊迫感溢れる展開ですが、どうしても一言いいたい。
 氷河にスイカ
 シュラにキャベツ
…おそまつ!
[PR]
# by masaki_rui | 2016-07-10 23:51 | エピG.A.感想(9巻) | Trackback | Comments(0)
行って来たよ30周年展
多くの方が報告されているので今更なのですが、
老体にムチ打って行って来ましたよ報告。


名セリフが刻まれた壁の道を進むと、無印の生原稿コーナー。
あれから30年というのに、大変綺麗な状態です。
あと線画も美しい。色も素敵。

こういうお宝を目にしてしまうと、
G、GAのそれも(いやGAは殆どデジタルか…)も見てみたいなぁ〜


お次はアニメのコーナー。
熱心に見ているお嬢さんが居て近くに寄れなかったけど、
真紅のメンバーはちゃんとチェックしました。
Ω関係はやたら少なかったね…。

隣ではバーチャル体験やってたんだが、
先にギリシャ展を見学して重いパンフを背負ってもいたし、
年寄りの冷や水はやらないで右手へ。


新作画像も含む映像コーナー。
オールデジタル化?は確かにキレイなんだけど“熱”が無いなぁと。
荒姫作画で見てきた、極端にも思えるパースが無いから大人しい印象。

ブラジルの方だったのかな?
背後に流れる主題歌を日本語のまま一緒に唄ってて(笑)
インターナショナルだのうw


その先はお待ちかね?の黄金聖衣12体展示コーナー。
ここからは写真撮影可能です。
黄金くん12名の解説と身長体重等が書かれたパネル2つもあり。

じゃ、じゃーん!
一番手前だったアフロちゃん、切れちゃっててゴメンね…。orz

a0013719_17304659.jpg


では、手前から順番に写真をあぷ!

a0013719_1731225.jpg

 アフロちゃん、すっごく大きく感じた。


a0013719_1731596.jpg

 ヲトメさんはモデル立ちのようだ。そして細っ!


a0013719_1731947.jpg

 がっつりアイちゃん。


a0013719_173112100.jpg

 顔が丁度隠れてしまう位置で撮っちゃったよ、和菓子。


a0013719_17311551.jpg

 牛さんデカッ!!


a0013719_17311852.jpg

 突然年齢が上がってw、姿勢良く立ってるサガぴょ。


a0013719_17312071.jpg

 アイオロス兄さん、小さく感じたんだけど…。


a0013719_1731246.jpg

 逆にムウたまは、予想より大きく思えた。


a0013719_17312895.jpg

 此方も大人しく立ってる蟹デ。


a0013719_17313379.jpg

 一方ミロたんは、ポーズ決めてますな。


a0013719_17313767.jpg

 老師は飛び抜けて小さめだけど、小顔でスタイルいい!(笑)


a0013719_17314291.jpg

 12名の両脇を固めるのは年中組。シュラりん、むっちゃ大きく見えたよ。


そして年少組カルテット。
ムウたまとミロたんは離れているので加われず。^^;

a0013719_17314899.jpg



物販は、オイラが行った頃には壊滅状態。
お陰でココも待ち時間不要で買えたけどね。
うん、パンフだけ。
[PR]
# by masaki_rui | 2016-07-03 19:51 | 『☆矢』全般ネタ | Trackback | Comments(0)