羊大戦


貴鬼たん貴鬼たん貴鬼たん…(´;Д;`)
もうね、それしか言えない。

読んでて最初っから泣きそうになってたけど、
幼い頃のムウたまとの回想シーンの後、
つい「オイラ」が出てしまった場面で涙腺崩壊。


以前、「オイラ」から「俺」に変わった時の話を知りたいと書いたけど、
きっと、聖戦終結時には「俺」になってたんだなぁと、
今回の話を読んで分かってしまった。

聖闘士候補生だったとは言え、
イタズラをしたり、「オイラ」と言っていられた時代。
しかしもう、諭し護ってくれる師は居ないのだと知った時から、
「俺」になったんだなって。

そりゃね、聖闘士だからフツーの子どもとは違うと分かっちゃいるが、
子どもが子どもでいられなくなったのを見るのが、実に辛いんだよ。
アイちゃん然り、貴鬼たん然り。


あんな小ちゃかった子が、この星全体を覆うような防衛壁を完成させた。
それを静かに感じながら、
しみじみりぃーと貴鬼ちゃんの話をしてる牛山羊さん。

火野デバランさんとはお隣の宮だから、
サガぴょの乱の後には顔を合わせる事も多かっただろうに。
そんな牛さんの台詞
「貴鬼は強くなるしか選択肢が無かったのだ」でもキタぜ…。


今回も兵士さんを労う姿が格好いい!
きっと聖戦後の早い時期から、
ああして周囲を落ち着かせ安心させようとしてきたんだろうな。

当時は何せあのサイズだし、てんで効果無く苦笑いを誘っていたとしても、
少しずつ少しずつ成長していったんだろうなあ。
そして周囲からも徐々に信頼されていって。



シオン様が計画し、貴鬼たんが完成させた防衛網(壁)。
随分と前から、誰がどちら側で復活するか分かってたのか?
何か法則があって予見出来た?

となると、お師匠のお師匠に逢えて喜んでいたろう貴鬼たんに、
ムウたまがあちら側で復活すると知らせた時の苦痛は如何程か…。

そんな妄想を踏まえた上で、池袋戦後に貴鬼たんがシュラりんに語った
『聖衣』を受け継ぐ事を許されました」が、ホント泣ける。
その次のコマの憂いある瞳は、このせいだったのかも…?


それにしても、敵となったムウたまさえも守ろうとする貴鬼ちゃんが尊すぐる!
この日、3回目の涙腺崩壊の原因ですたよ。



これまでの聖闘士達の「熱き」戦いとは対照的な、頭脳戦と言うか精神戦。
メテオ等々を視覚的に見せてくれてるから(ムウたまが)、派手な闘いに感じるけど、
この羊大戦は映像や音も無く進んでるんだろうなあ。←能力者にしか見えず感じず

常人では感じ取れないだけに、逆に恐ろしさが増すよ。


今のムウたまがやってる攻撃は、
防衛壁の隙間から何かを自分達側へと移動させること。
移転させたいのは、此方世界の聖域か?
そしてそれは「ヨシノちゃんも含む」のかな?

あ、大事な事を忘れてた。
勿論アイちゃんをかっ攫うのが最優先ですよね、恐皇さま!( *´艸`)クスッ♪



この復活劇の事情を知っていると思われるキャラ達の
コレまでの台詞から想像するに、やはり「操られてる」or
「本来の(元の世界の?」ムウたまとは違うと考えているように思うなあ。

前黄金聖闘士が復活(?)する話は、
元青銅組には余り知らされて無かったように見えるので、
聖域常駐組の間でしか情報の共有がされていなかったみたいだな。

どうしてもヨシノちゃんの事情にも関わってくるから、
彼女の安全を最優先に考えて事情通を増やさなかったのかも?

そして復活組の中でも「とっておき」なのが、
嘆きの壁以前の時代から呼んだ山羊獅子なのかな?
女神直々の呼び掛けに応える形で時間を超えたーー。




[PR]
by masaki_rui | 2017-05-07 23:56 | エピG.A.感想(ネタバレ) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://phoebus.exblog.jp/tb/23868602
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< お茶してる間に牡牛座月間去っち... GA感想あぷ遅れます >>