カテゴリ:エピG.A.感想(ネタバレ)( 14 )
茶飲みで過ぎた牡牛座月間を奪回する


前回の感想で書いた「アイオロス兄さんの前に現れたハーデス様って、
瞬たんの意識が勝ってる」は、正解から遠くなかった模様。

それにしても瞬たんは強い子だな…。
なまじ青銅くん達は横の繋がりが強く、
且つその連携で戦い抜いて来た感が有るから。
ただ一人残され、孤独な戦いに耐える姿は見てて辛いのお。

ある意味、信じてたが故に瞬たんに「一番厳しい茨の道」を
歩ませてしまったのではないかな、一輝兄さんも含め仲間達は。


瞬先生に、ロスト瞬たんの記憶が流れ込んだ時の心配をしてたけど、
「世界」は違えど同じ“瞬たん”。
きっと耐え抜き、更に大人の知恵も加わって、
新たな道を探し出してくれるかもしれないな。


ただなあ、決意を語る今回の瞬たんの時系列が、
ゼウス父ちゃん侵攻前か後か判断つかないが、
女神さえ失っていたとは…。

若老師の言葉から察するに、
これも乗っ取られている時にやってしまったのかも。
瞬たんのみならず、正史の皆にとってもキツイなあ。

そんなだから、ロスト兄さんが言ってた「希望」って
女神の再臨も含まれてしまう風に思えるよ。



さてさて〜ロスト瞬たんのモノローグから、
“聖闘士の復活”に冥王が絡んでいる事を匂わせつつ…
遂に、主役が画面に帰って来たぞー!!^^;

でも山羊くん全然活躍してない!(笑)
機転を利かせてお願いしただけやんwww


その「お願い」ってのは、
火野デバランさんの大ピンチによって、
覚醒を始めたらしいヨシノちゃんに対して。

どんなに秘して育て上げられたとしても、
やはり“運命”に沿って歩むことになるのかな?
(今の所)彼女が望んではいなかった道なのが、
こっちも見てて辛いけど。

お父さんを救える能力(ちから)を持っていたことは、
少なくとも喜ばしいことでは?と思うのです。
守られる一方ではなくね。



で、ココまで読んでも、
ロスト瞬たんの目指す先と、
ロスト恐皇様の行動との関係が納得いかーん!

覚醒したヨシノちゃんを、ロスト世界の女神として招くとしてもだよ、
じゃあ巴さんはどうなるんだよ?とか、
アイオロス兄さん、このままじゃ混沌女神を裏切ることにならない?とか。
混乱の度が増しておりまする。




[PR]
by masaki_rui | 2017-11-12 22:25 | エピG.A.感想(ネタバレ) | Trackback | Comments(0)
男前すぐる兄

うわああああああー!!瞬たん…。゚(゚´Д`゚)゚。
アイオロス兄さんの半分位の歳で、コレはキツイ。
“明日の勇者”になる事は、一輝兄さんとの約束だったのか。

少なくとも「己の意思で」愛する者を手にかけたアイオロス兄さんと違い、
意識が無い時にやってしまったのは、それはそれでツライのお。
なんで操られるままだったのだと、更に一層自分を責めそうだ。


今回の話を読んでからは、アイオロス兄さんの前に現れたハーデス様は、
この時から瞬たんの意識が勝ってるような気がしてきた。

そしてハーデス様を装ってる瞬たんは兄さん(達)との約束を守るため、
同じ様な立場になってしまったアイオロス兄さんに手を貸し、
道を踏み外してしまった感がある。
哀しい…


これに伴い、前回書いた推測ロスト側の歴史を一部修正。

2)ここにきて一輝兄さんも腹をくくり、
  再度依り代ごとハーデス様を倒そうと決意。←ラスト頁

2)瞬たんの魂の力を信じていた残されし青銅ズは
  意識を取り戻すキッカケとなるであろう
  一輝兄さんの鳳凰幻魔拳を撃たせるためだけに、
  暗黙のうちに共闘し斃れた。


一輝兄さんの言葉からすると、
この時点で既に星矢ちゃんは輪廻の輪の外に飛ばされたみたいだ。
そして彼ら青銅ズは、星矢ちゃんこそが「英雄」だと知ってた?

兄さんが言ってた「希望」って星矢ちゃんも含め、
世界を救うことなのかな?
何度も何度も繰り返し『諦めるな』と言ってるのが…つらひっ


更に哀しいのは、アイアイ兄弟とは正逆な結果であること。
だってアイオロス兄さんが、
弟の「力」を信じきれてなかったみたいじゃん…

現時点で、相手の意識が戻ってる戻ってないの違いなのか?
はたまた兄ーズの数の違いなのか?(おい
青銅くん達はあんなにも瞬たんを、未来を信じ託して逝ったのに。


アイオロス兄さんがアイちゃんに託す方法を取らなかったのは、
青銅くん達とは異なり、もう遺された者がほぼ居ない状態だったから?
「今ここで」「自分が」なんとかしないとならない状況で。

“後継者”だと言ってた星矢ちゃんが居ないことが、
アイオロス兄さんの行動に影響してしまったのでは?
そう思えてならないのです。

実際に会った事もない“少年たち”に
女神を託していった正史の兄さんとの違いが、またね…辛い。


さてさて、一輝兄さんがカッチョいいのはデフォ!
余りにも当たり前過ぎるので敢えて書きませんでしたが、
弟の身体を傷つける方法ではなく、
瞬たんを信じて、加勢した姿がもう!もうっ!!

星矢ちゃんと同じで、兄さんも輪廻の輪には戻れないんじゃ?
瞬たんとも未来永劫逢えなくなるというのに、この兄さんはっ!!


前回ラストで、口ではああ言いながらも、結局は弟を守ったんだな。
何て、何て強い人なんだよ、一輝…(つД`)ノ

 あ、氷河も紫龍も同じ状態なのだとは思うんだけど、
 「瞬たん猫可愛がり」な兄さんだからこそ来るものがあってな…(おい





More
[PR]
by masaki_rui | 2017-10-15 23:45 | エピG.A.感想(ネタバレ) | Trackback | Comments(0)
青銅ちゃんの乱切り…((((;゚Д゚)))))))

『エピG』や『GA』であっても、聖闘士星矢なんだなあと、
改めて納得してしまった今回でした。

でもなあ、池袋での山羊くんとランちゃんの闘いを見守るアイちゃんに
貴鬼たんが言ってたけど、星矢ちゃんを始め青銅君たちは、
「英雄」というより「勇者」が似合うと思うのです。
それこそ『ペガサス幻想』の歌詞通りに。

あれ?アニメ第一話のサブタイは「よみがえれ! 英雄伝説」か…
いやいやあれは「ヒーロー」って意味合いではないかと〜^^;


それに神話の時代から運命づけられてるとは言え、
天馬座の聖闘士さえ倒せばオケ!って、
夢も希望も“物語”としての面白味も消えてしまうよ。

そりゃ冥王自ら手を下す場面って、
そうそう訪れるものでは無いのかもしれないけどさ。
となるとアテナ軍との痛み分けという結果で、
また延々と数百年ごとに聖戦を繰り返すんでしょ?


あとね、アイオロス兄さん自らも言ってたけど、
皆から「英雄」扱いされることを望んだり目指してはいないと思う。
ただ弟の、アイちゃんにとってだけの「英雄ヒーロー」なら、
なりたかったのかもしれない。

最後まで、アイちゃんにとっては理想の兄さんだったんだよ。
受け取ってくれるかな?この「英雄」の称号。
既に哀しい言葉になってしまったけどね…。


↑上でこう書いたけどアイちゃんは、
英雄である兄さんだから好きなんじゃなくて、
どんな兄さんも大好きなんだよ、って思ってる。

そしてそれはアイオロス兄さんにとっても同じで。
アイちゃんが、好きなんだよ〜!


もうさ、前回からロスリアが尊すぎて倒れそうなところに、
またもや強力爆弾投下された気分ですよ。
一輝瞬兄弟も大好きなんだよ、自分のプロフィールに書いた通り。


んと、ロスト側の歴史を整理してみる。
1)冥界との聖戦はあり、一輝兄さんが躊躇した事もあって、
  瞬たんはハーデス様の依り代として乗っ取られた。

2)ここにきて一輝兄さんも腹をくくり、
  再度依り代ごとハーデス様を倒そうと決意。←ラスト頁


しかしアイオロス兄さんの前に、瞬たんの姿で現れたってことは、
やっぱり出来なかったのかな、一輝兄さん。(´;ω;`)

となると、依り代となった瞬たん以外の青銅一軍全滅?
神聖衣でも三大大神相手では叶わないのか…?

それでも、冥王との戦いは引き分けないしは勝利。
しかし星矢ちゃんは冥王の刃を受けて、
トーチャン侵攻前にこの世を去ったと。
天界との戦闘時に不在なのは、氷河も紫龍も同様であると。


アイちゃんが信じてる「兄さん」のままで逝けたのは、
「アイちゃんの」気持ちとしては幸せだったろう。
でも逆に兄さんにとっては、生きている限り続く哀しみの始まりとなり…。

先の推察通りだと、一輝兄さんにとってはその苦しみを得なくて済んだけど、
今度は瞬たんがその全てを背負ってしまったんだろうな。

そんな重く苦しい「業」を背負ってしまった故に、
ハーデス様in瞬たんはアイオロス兄さんの前に現れたのかもしれない。
同じ苦しみを味わってる者として。


「剣に貫かれた者」と「切られた者」では、死後の扱いが違うのかな?
青銅一軍全てハーデス様に乗っ取られた瞬たんが握る剣で
切られて…っつーか、切り刻まれてる〜((((;゚Д゚)))))))

人数では比較出来ないけどさ、あの瞬たんがよくぞ「正気で」
アイオロス兄さんに助け舟を出しに来たよなあ。
兄ズより弟ズの方が精神的に強いのが、☆矢のお約束?

あ、いや、もしかしたら狂王になりかけてるから、
あんな取引を提案した可能性も。


ロスト世界の星矢ちゃんをその世界の輪廻の輪に取り戻すなら納得するけど、
平行宇宙の別の上手くいってるかもしれない世界に出張してまで滅ぼすなんて。

同じ様な自分を、幾つも生み出してるのと同じじゃんよ、兄さん!
自分達のロスト世界を、上手くいってる相手の世界に融合させるならともかく…。
それともアイオロス兄さんが主体でないとならない理由があるのかな?(´・ω・)



あいぽんで見た初見は、その切り傷から一瞬「シュラくん?!」と。^^;
そういう立場だったから、GA世界に呼ばれたのかとオモタよ…
最近とみに主人公である理由が分からなくなっていってるからw

でもさ、冥剣抜刃は冥王の剣にかなり近いモノになってる?




[PR]
by masaki_rui | 2017-09-17 23:14 | エピG.A.感想(ネタバレ) | Trackback | Comments(0)
タイトル元投稿

あんなに兄弟らぶらぶで幸せだったから、
あの時代から決まっていたとは衝撃的でしたよ。

感想タイトルの元ネタ:めぐテンテーのツイート↓





[PR]
by masaki_rui | 2017-08-27 21:28 | エピG.A.感想(ネタバレ) | Trackback | Comments(0)
『エピG』の頃からだったんかー!?


ぎゃあー!まだギリシア脳のまま片付けに勤しんでいる所にこの展開。
でも出社した先で読まなくて良かったーー!!!
ただでさえ使い物にならない状態に拍車をかけてしまうところだったぜ。


思えば昨年3月頭の第50話。
あの時の開始時と同じ、コマの背景の「赤」に嫌〜んな予感。
(気づけば前回最後の方も同じ色)

正史で兄さんの黄金の矢が列抜いたのは嘆きの壁だったけど、
彼方では神そのもの。
これってウラノス→クロノス→ゼウスと続く
“息子に討たれる”呪いからは、外れたって事なのか?


『エピG』0巻でアイオロス兄さんってば嬉しそうに
弟の能力(ちから)「大神にのみ許された神鳴る力」って言ってたのに、
それがこんな結果になるとは…。

獅子溺愛ですから、1頁目最後のコマの髪色で気づいちゃったよ〜ん(>_<)
ま、心構えは出来たけどね。

ただティタノマキアの事だけをトーチャンは言ってる気がしたので、
彼方の世界では濃い様からケラウノスは受け取ってないんじゃないかな?
(つまりポン太の暗躍は無かったか、別の方法だった?)


よりによって正反対の性格であるトーチャンに乗っ取られるニャンコ。
でも瞬たんだって自分の意識を取り戻したんだから、
先輩の立場であるアイちゃんだって負けてない!

それとね、この時のアイちゃんは20歳を超えてるのかな?
兄さんと共に、幾度も戦い抜いてきた感を受ける。
“弟”と言うより“同胞”“戦友”って接し方だ。

自称「オレ」のままだし、「アイオロス」と名前だけで呼んでるし。
むしろ兄さんの方がアイちゃんを“弟”扱いしている様に思える。


そんな心挫けそうな「兄」状態のアイオロス兄さんを、
「英雄」(それは哀しい言葉だよ、これ以降は)にさせたのは獅子の言葉。
でもそのせいで兄さんに、これまでに無い「名誉」だけでなく、
ヤカンすらも超える絶望をもたらしちゃったんだな…。

『兄さん』『ボク』。これって反則反則ー!!!!!←大興奮中
浮かぶのは先程と同じ0巻。『兄ちゃんは絶対に負けない』
『ボクの信じる黄金聖闘士・射手座のアイオロスは誰かを守る時無敵なんだ』
この時の台詞と重なってしまうよ、アイちゃんの言葉が。

あーまぢロスリア尊い…


トーチャンは兄さんに向かって
お前に世界 女神 民 仲間 弟 は救えないとあざ笑ってたけど、
ニャンコが敢えて兄にこう言った事で
これら全てを守り通したんだよアイオロス兄さんは。

但し弟の最後の望みとは言え、黄金聖闘士としての責務を優先してしまい、
「弟(だけ)を救えなかった」と彼自身が感じてしまっていることが全ての要因で。


50話では兄さんの問いかけに応えは返って来なかったけど、今回は違う。
答えを教えてくれたハーデス様を見て瞬たんを思い出したということは、
青銅くん達も居る世界なんだな彼方も。

あと「刻」のルビが“クロノス”ではなく“ジカン”なのが気になる。
天神トーチャンが敗れた今、地上に姿を見せた冥王。
こっちの世界のハーデス様も味方してくれてるんか?


と言う訳で、前回書いた「対ゼウス戦でアイちゃんがこうなったのなら、
サガぴょ達への憎しみの理由が分からない」のは消化されないままだけど、
予想通り兄さんが直接手にかけたのだな、と。
そうでも無きゃ、あんなに性格変わらないよなぁ〜


そしてさ、天海冥3大神が地上に降臨するのに、
人間の身体をわざわざ使うって面倒じゃね?ってなってる。

それこそ恐皇サマの世界では、アイちゃんが生まれた事によって
トーチャンが遂に動き出した感があるなあ。


ここまで書いて、昔書いた文章を思い出したので今回再掲載。
[PR]
by masaki_rui | 2017-08-27 21:17 | エピG.A.感想(ネタバレ) | Trackback | Comments(0)
美しすぐる兄


うわあうわあ!相変わらず最後に爆弾を仕込んでくるGA。
兄さんがアレだけ凄いのは、天界まで制したからか!?
そんなだから『冥界も…』という台詞が出てきた訳か!!?

あっちの世界には、もうオリンポスは存在しないのかな。
それとも兄さん達が居る場所が、混沌としたオリンポスなの?
電撃技を使えるのは、大神を倒すのに同種の能力が必要だったから?


やはりただの恐皇サマではないんだな。
ヲトメさんだけでなく、老師まで従ってるのは。
しかしなぁ。此方で実際に生きて生活してる人々や地上の生き物を、
その最後の大戦と同じ状態にしても平気なの?


ラストのコマの言葉を読んだ時に思い出したのが、
『エピG』2巻の46-47p.見開きのアイちゃん。
アイオロス兄さんを追ってたシュラりんの、回想の言葉と重なるのだ。


 あの世界のアイちゃんは、最後の大戦で倒れた説が有力みたいだけど、
 サガぴょんに対するあの恨みの強さや、
 シュラりんへの意地悪度からして、そうは感じられないのでふ。
 弟が絡んでたら、あんな凛々しい顔してないと思うのよ、兄さん。



一方、日本の東北地方。
やはしモルモルはシグルスっちに被る。
「表向き」己の血を恨んでるか誇りに思ってるかの差異はあれども。
結局は“生まれ”故の能力で得た「地位」だと思うのだよ。

気にしてないポーズでも、実はバリバリ気になってる父ちゃん(アーサー王)と、
その彼を守るために立ち塞がる、同じく「父」の立場の牛さん。
沙織さんのみならず、ヨシノちゃんの加護も受けて立ち向かう父性パワー。
もうこりゃ、山羊くんじゃ太刀打ち出来ない世界な気がする…w


モルモルの攻撃は、千手観音風の構えから打ち下ろす劇通乃光。
「痛」ではなく「通」なのは、肉体も精神も小宇宙すらも破壊するから?

そういや『エピG』でシュラりんと闘ったクレイオスの攻撃も同じだった。
(精神は“覗く”って感じだったが)
シグルスっちも同じ様な攻撃をしてたなぁ〜


それでも倒れない牛さんに対し、今度は精神に特化した攻撃
倒懸乃光を打ち出す。
「死ね死ね」攻撃って、何か小学生ダンスィの喧嘩みたいwww
子どもっぽさを感じるモルモルならではの攻撃か?
そしてな、魔法を打ち破るにはミロたんの登場が望まれる。←『エピG』


もう一つの舞台、五老峰近郊。
若童虎は今度はしるー君の説得にかかります。
冷静に対応していた紫龍くんだけど、
ちょっと身を乗り出して事情を聞き始めた様子。(笑)

そしてここからコマの背景がアノ時と同じ赤に変わっていった事。
ここで気づくべきだったよ〜 →最初の叫びと考察に戻る




[PR]
by masaki_rui | 2017-08-27 17:37 | エピG.A.感想(ネタバレ) | Trackback | Comments(0)
パパ出陣!


▪️出撃パパその1

牛さん即出陣かと思いきや、場面変わって五老峰。
しるー君、熱海以来の登場です。

すっかり落ち着いた「大人の魅力(笑)」溢れる彼。
お師匠姿もサマになってるー!

そして大きく立派に育ったね、翔龍。
Ωでの実子・龍峰ちゃんとは、また違ったタイプですな〜


ただね、彼が口にした
『「聖剣」を継いだ者の運命』という言葉が…

聖剣戦争が起こる前の事を言っているのか?
 →女神に最も忠誠心篤き聖闘士(アニメ版かコレ?)
勃発後の、シュラりんと同じ役目を担う事を指しているのか?

紫龍くんの受け答えからすると前者っぽいかな?


すっかり手薄になってしまったらしい
沙織さんの護衛へと、老師の杖を手に向かうしるー君。
そんな彼を襲う、杖の元の持ち主。
今回の侵入者の中に居たんかな?

攻撃によって地上に落ちた杖を拾った若童虎。
違和感が無いのは、持ち主故か?
この小道具の使い方がニクイv


老師の台詞って、文化大革命の頃の言葉か。
“小さい火”とは、かつての青銅君たちを指す気もするし、
ロストした自分達側を言ってる気も…。

そしてムウたまみたいにアヤシイ目をしての登場だったけど、
話をしてるうちに楽しげに見えてきた。
こっちの世界には、まだ春麗も孫弟子も居るんだぞ〜


そういや紫龍くんが言ってた「瞬たんが無防備…」って、
星雲は全て地球の防衛に回してるから?

いざとなったら兄セキュリティが発動するから、
瞬先生は放っておいて大丈夫だよ。
それよか氷河パパは、ナターシャちゃんの守護に回って!


▪️出撃パパその2

牛さんが前線に出るため、ヨシノちゃんの警備を代わった山羊くん。
前回では聖衣の無い火野デバランさんを心配してたのにさっ!
ヨシノちゃんを安心させる為とは言え、随分と態度違うじゃんよ〜w

それにいやまだアンタ、経験も無い高校生の年齢で、
(記憶は23歳分まで戻って来たとは言っても)
何を偉そうに「父」について語ってんだよwww

こういう部分が、シュラりんの愉快なト・コ・ロ♪


自分の邪魔をするアルデパパンを排除しようとするモルモル。
しかし父強し!グレート ホーンで跳ね返したぞ。

そのグレートホーンですが、漢字表記が『エピG』と違ってる。
G「威風激穿」
GA「威風成角」
余りにも異なる漢字なんだけど…担当さんの誤字?(失礼)


とまあ、サブタイ通りに“引かぬ”パパ2名のお姿でしたん♪




[PR]
by masaki_rui | 2017-07-16 23:07 | エピG.A.感想(ネタバレ) | Trackback | Comments(0)
蟹座月間だけど


蟹座月間に突入したのに、ずっと頑張ってる貴鬼ちゃん健気vvv
前回姿を見せなかったシャイナさんは、
予想通りお仕事継続中でした。

どちらかって言うと、防衛に徹してる感じの彼女。
今回の彼方の聖域からの攻撃の意図を
即見抜いて貴鬼ちゃんに報告しててカコイイ〜vvv


で、その目的→「『聖剣乃王』の奪還」。
記憶その他、全てを失くした状態のアーサー王でも、
この戦いには必要な“要素”なんだ?

それともモルモルが具現化エンボディメントした
全ての剣の王・クラレントの事を指してる?
まだ父子どちらが正当な持ち主か決まってないとか?


此方の地球に屹立するクラレント。
それを確認した中羊とヲトメが口にする
「親子」とか「肉親同士」に、非常に違和感を感じるwww

アイアイ兄弟に見られる様な、肉親の情とかからは、
ある意味超越してるキャラ達だからなあ。
あ、ムウたまの貴鬼ちゃんに対する情は近いとは思うけどね。


イキナリ他所さまの境内を荒らすモルモル。
咄嗟の役割分担とは言え、ヨシノちゃんを守るパパン素敵v

そしてそのままパパン出陣の模様。
牛さん、娘を泣かせちゃいけないよ、頑張れ〜!
(うん、もう蟹月間だけど、デッちゃんたっぷり活躍したもんな!)


一方、前回“大穴”認定してもうた山羊くんは、
“能力”を失って何も反応出来ないアーサー王を庇護。
そしたらトラウマになってそうな台詞を言われたwwwww
ランちゃんがひたすら呼んでた「我が王」ってwww

つまりアレか?
この世界での山羊くんの「立場」は聖剣使い達の「我が王」で、
ランちゃんが一方的に間違えた訳ではない事が証明されたのか?


アーサー王がこんな状態なので、
シュラりんがその役を担うべく過去から呼ばれたとか?
となると、現時点での「聖剣乃王」ってシュラりん?

でもシュラくんが向こう行っても
恐皇さまにぬっ殺されると思うが…^^;


モルモルって、ランちゃんとシグルスっちを
足して割った様な狂気さを感じる。
憎悪の念で聖剣すら魔剣に変えてしまうし。

装着後の姿はピエロの様。
いや、ジョーカーか?
こんな人を王に据えてええんか?中羊とヲトメさんや。

大体さ、聖闘士が何で聖剣戦争に加担しとるんだよ。
不思議に思わないのかなあ?
以前の彼等なら、ガン無視しそうな案件だよね〜


この聖剣戦争を制する事が、
彼方の聖域の再建(此方の聖域をぶち壊してでも)に繋がるのかねぇ?




[PR]
by masaki_rui | 2017-07-02 23:21 | エピG.A.感想(ネタバレ) | Trackback | Comments(0)
双子座月間も終わっちゃいますぞ〜


アイちゃんキターーー!!!ヾ(*´∀`*)ノ゛
↑サブタイ「アーサー」なのにスイマセン…^^;
1月末の68話以来の登場だったので、ついつい狂喜乱舞w

ナターシャちゃんが懐いている様子なのは、
パパと同じ金髪だからカナ?( ´艸`)ムププ
近くに姿は見えないけれど、きっとミロたんにも懐くと思うぞv
(獅子と蠍ってポジが似てるしw)


復活の獅子が以前より大人びた雰囲気なのは、
服の趣味がショタじゃなく、再会時の兄さんっぽい感じだから?

この兄弟、考える事が同じようなので、今度の私服兄さんは、
あの時のアイちゃんっぽい服装で登場すると思います!


「宇宙にも行ける…」かあ。
確かにΩメンバーは、宇宙対決だったわなw

そして方法は、亢龍覇式?それともカノンくん式?(おい
別の宇宙(世界)に居る兄さんのトコまで行く気なのかな、ニャンコは。

まだまだローティーン姿の、めぐテンテー版獅子なのに、
『でもパパが許さないと思うぞ?』って言い方のせいか、
田中アイオリアの声で聞こえたvvv (*´∇`*)


アーサー王を召喚したのは、恐皇サマだったの?
彼方の世界は壊れちゃってるから、此方の世界に復活させて、
回収に来るつもりだったか?

でもさ、巴さんが言ってた『本来の姿』って、
本当なら以前の姿じゃないの?
何で聖闘士になっちゃうのだろ?(例:ランちゃん)



不完全なアーサー王の復活
    ↓
能力も記憶も失った彼の極僅かな小宇宙を女神は感知し保護

つまり聖闘士だけでなく、他の「還って来た闘士」もまた、
女神に引き寄せられるとのこと。
となると、ランちゃんが新宿に現れたのは、
聖闘士と失われた女神が揃っていたから引き寄せられたのかな?

でも彼の場合、巴さん陣営から聖剣戦争の説明受けたら即、
「王の小宇宙ー!!」とばかりに飛び出して行った感がある。(・ω・)


引き寄せられる運命の、女神と聖闘士。
シュラりんが『もう一人 試したな?』と言ったその対象が、
最初「???」だったけど。

彼(S)を追って来たアイちゃんが、
結果としてヨシノちゃんの前に現われた事。
そしてそれをキッカケに護衛を続けた事も。

でもそれを言ったら、ヨシノちゃんの怪我の治療の為に、
瞬先生が勤務する病院に行って主治医になってもろた事もだよね〜
聖闘士密度が濃い場所へと、知らず知らずのうちに移動してる〜


68話の感想で書いたけど、
東京に出たヨシノちゃんの身が危なくなっても、
その周囲に仲間達の小宇宙を感じたので
父母は駆けつけなかった説は合ってたのかもしれないな。
アルデパパン、獅子の事も状況把握済みの様だし。

ところでさ、ヨシノちゃんが戻って来るまでの間、
訪ねて来たアーサー王をすっかり放っておいての
“ヨシノちゃんはやっぱり女神なんだよ”説明牛山羊に笑うwww


王の前に、その地位を狙う息子さんが(再度)現れたってことは、
ムウたまが送り込む予定だったのは彼…のみじゃないだろうなぁ。
王と共に、ヨシノちゃんの奪還部隊(単体かもしれないけど)も
来てる気がする…

となると、アルデパパンの戦闘が見られるのか?
今回は姿を見せなかったシャイナさんが対応済みで、
戦闘まで発展しないか?

大穴(酷)で、聖剣のお株奪われた形の
我らが主人公シュラりんが活躍するのかー!?



シュラ君に対するツッコミは鋭いけれど、
可愛いよヨシノちゃん、カワイイv
そんなだから女神歴数十年を経た沙織さんとの対比が面白い。
バリバリ現役の先輩と見習いって感じでw

そういや初対面でヨシノちゃんにラーメン奢ったアイちゃんの
「聖闘士ポイント」(ナニソレ?)は、相当高まってると思いました!


あとね、ふと思ったのだが…
女神として覚醒しかねないヨシノちゃんの東京でのお世話係として、
大人になったリトスちゃんが派遣されて来るとか無いかな〜?

この世界と時代からすると、ショタ獅子を送り出した次元の彼女ではなく、
今いる次元の、聖戦時に離れ離れになったリトスちゃんだと思うんだ。
だからせめて会わせてあげたいなぁ〜と。




[PR]
by masaki_rui | 2017-06-18 23:42 | エピG.A.感想(ネタバレ) | Trackback | Comments(0)
お茶してる間に牡牛座月間去っちゃいました


シャカぽん再登場でごわした。
目を閉じているせいもあるけど、
ムウたまほどは行っちゃってない感じだ。

中羊さんの目つき、少し柔らかくなった?
それでも、この2人が敵側に居るのを目にすると、
何度も言うようだけど「勝てる気がしない」。


そんなだから孤軍奮闘する貴鬼たんのピンチに、
新オトメである瞬ちゃんも加勢してくれて少し安心した。

でも“何か”を送り込む事には成功されちゃったみたいだが…。
前回は向こうに移動させるつもりだったようだけど、
そのための下準備に侵入させたのか?


貴鬼ちゃんに「君」づけで呼びかけた瞬先生。
銀河戦争の頃に星矢ちゃんを「君」づけで呼んでたのを思い出した。

あの時は、まだまだよそよそしくての「君」づけだったろうけど、
今回はかつてマスコット的存在だった貴鬼たんが立派に育ち、
それに対する敬意が表されてると感じました♪


一方、妄想が当たってたみたい↓ 嬉しいけど、ちょっと複雑な気分。

 72話感想より〜
 結晶障壁を貴鬼たんに教えたのはムウたまだそうだけど、
 他の技はシオン様から習った…とかは妄想し過ぎか?

貴鬼たんが纏う聖衣は、単にムウたまから受け継いだだけじゃなく、
シオン様からも託されたものだったんだなぁ。
その誇りを胸に、第一の宮の宮主として、
十二宮のみならず現世の地球を守護している姿がもうっ!!(感涙)


今回ムウたまが最初に言ってた『唯一人で地上を守り続けた力』は、
貴鬼たんがまだ幼い頃に復活をしたシオン様が
作り上げた技を指しているのかな?

何せ生き残った聖闘士はまだまだ若輩ばかりで、
もしその時代に恐皇様がチョッカイを出して来ようものなら
手も足も出なかったろうし…。


貴鬼ちゃんのサイズから察するに、シオン様は
火野デバランさんと同じか、更に以前に復活してた?
そして現世の聖闘士達が育つまでは
年長の前聖闘士が支えねばならぬと考えた末の防御壁だった?

結晶乃渦クリスタル ボルテックスが初めて発動した当時は、
理論上は出来ると考えられたが、反動がそれ以上に大きく。
そのせいでシオン様は両目両腕(に見える)を失うことに?

瞬先生の医学部進学は本人の希望も有るだろうけど、
聖域側としても“今後は必要となる”と認識されてたんだな。
まさか進学して早々にそれが生きるとは思わなかっただろうけど。



そして最後の最後で「落ちぶれたホストさん(仮)」の身元判明。
まさかのあの人だったか?!想定外すぐる〜

強固な「バリア」内に居たので、ランちゃんは感知出来なかったんか?
それでシュラりんの「聖剣」がアンテナに引っかかって、
勘違いしたまま追っかけしてたと?

でもホストさんに絡んでたダンスィはピンポイントで来てたよね?
ランちゃん、思い込みでトンだ勘違いをば…^^;


シャイナママ、食料は足りますかね?
ただでさえ大食いの聖闘士がひとり増え、
元「英雄」も加わり…

山羊くん、名物料理を食い損ねる〜w
更に「聖剣」のお株も元祖に奪われる〜wwwww


牛さん的にも牡牛座月間に活躍が見られませんでしたが、
双子座月間に突入した今、コクトーとの共同戦線が………
無理?(・ω・)




[PR]
by masaki_rui | 2017-05-28 23:43 | エピG.A.感想(ネタバレ) | Trackback | Comments(0)