カテゴリ:エピG.A.感想(10巻)( 9 )
人でも鳥でも変わんない

聖闘士星矢EPISODE.Gアサシン 10 (チャンピオンREDコミックス)

岡田芽武 車田正美/秋田書店



翔けるヒロイン山羊くんの、
向かって左に“黄金聖衣姿”のサガぴょ。
右には教皇服のカノンっち。
意志を秘めたる瞳がふつくしひ…v

裏表紙も双子座2名なのだけど、
全身をくまなく覆ったカノン教皇に比べ、
聖衣を纏っているとは言え、やはりマッパ聖衣の兄。
サガぴょ、蟹座とかでなくて良かった良かった…(え?


そしてめぐテンテーが“酷い”と呟いていたカバー下漫画。
いやあの程度のサガなら、オイラの脳内ではデフォです!^^;

 双子座のサガ とかけて
 マッパ聖衣  ととく。その心は
 ミニマリスト
というのは知らなかったけど!(笑)


それにしても9巻とは異なり、
シュラりんの突っ込みが激しいwww
GAでは主に“ぽや〜ん”とした彼だけど、
こんなに突っ込みまくり出来るんだなぁ〜wwwww

そして彼の服を選んでいたのが蟹さん、ていうのが萌えたv
うん、京都に行った時の服装とか、
デッちゃんセレクトっぽかったよな〜♪


さて、中身を見てみますよ〜
ひぃー!?(バタン)
中表紙の憂顔カノンっちに瞬殺される。(笑)



今回は65話、67話、69話のサブタイが、
web公開時から変更になってた。
まあ、その名前を使ってしまったら、
壮大なるネタバレだもんなぁ〜

でも67話はそんな理由も考えられず。
「盟友」でもイイんじゃね?
“カノンくん上げ”は嬉しいけどさ!(笑)


中身の変更としては、例のごとく
大文字が只の黒文字から色つき文字へと変わってたぐらい。
あと全体的に色合いが濃くなってて、メリハリが効いてました。
(電子版との比較)

第65話「デストール」
    p.13 『雷光爆縮』
    p.14-15 『厳霊乃極』
    p.16-17 『神仏混淆』
    p.18-19 『冥剣抜刃』

第66話「取っておき」
    p.26-27 『厳霊乃炎』
    p.32-33 『双子座聖衣』
    p.36 『禁忌』
    p.38 『AE!』

第67話「ヘキサグラム」
    p.39の『終結』が『集結』に直ってないままだ…^^;
    p.40−41 『厳霊乃焔』
    p.43 『雷光爆縮』
    p.44-45 『厳霊乃焔』『厳霊乃極』
    p.47 最後のコマの『ーー今こそーー』が左にずれ、3人組が見える様に
    p.48 『AE発動』
    p.52 『第九意識』
    p.54-55 『厳霊乃虚無』
    p.58-59 『天猛星翼竜』
    p.65 最終コマの星矢ちゃんの上に
       『スゲーッ気になってるんだけどぅー!!!』書き文字追加

第68話「信じるもの」 変更無しの模様

第69話「タウラス」 変更無しの模様

第70話「スペア」
    p.124 『雷雲乃塊』
    p.128-129 『白銀聖衣』

第71話「最悪の事態」
    p.135 『落雷波』
    p.136-137 『雷鳴乃爪』
    p.148-149 『牡羊座黄金聖衣

番外編 モノクロ→カラー掲載となったのでカラフル〜♪




[PR]
by masaki_rui | 2017-07-17 15:11 | エピG.A.感想(10巻) | Trackback | Comments(0)
貴鬼たーん!!(牡羊座月間始まる)


前回の感想では特に書かなかったけれど、
シャイナさんが喋る度に、脳内では茉美さんの声が鳴り響いてる。
そして数日遅れですが、お誕生日おめでとうございまーす!

彼女の聖衣の模様が青いのは、霊血の影響?
黄金のみならず白銀聖衣にも霊血を分け与えているのだとしたら…
沙織さん、無事っすかーーー!?ヽ(´o`;


シャイナさんの必殺「頁割き」素敵vvv
シュラくんだと2つに割れるだけなので、格好良さが違う。(おい
あ、山羊くんもスクエアに切る技も持ってたな。←エピG

エピGと言えば、シャイナさんの技「雷鳴鉤爪」表記だったのが、
GAでは「雷鳴乃爪」になってる。
やはし世界が違うのか?◯田名物の誤字なのか???


今回もシャイナママの言葉にホロリホロリ。
ヨシノちゃんがあれだけ天真爛漫に育ったのも、
アルデパパンとシャイナママのお陰だと思う。

彼女の笑顔が曇らないことを切に願うよ〜
めぐテンテー、頼みますよー!!


でさ、聖衣に通信機器内蔵してるん?
それともマイクとイヤホン機能のみかな?
ケータイ本体の操作可能な。

あっちのムウたま対策で、
貴鬼たんが改造してたのだとすると萌えるwww



うをっ!?貴鬼たんのアリエス聖衣姿ーvvvvv
そりゃΩでも拝めたけれどさ、GA聖衣は装飾が煌びやかで素敵♪
牡羊座聖衣も模様が青。やはり霊血を浴びてるのか…。

聖域の中心(教皇の間かな?辰巳さんが出てきた時の謁見の間に似てる)で
指揮をとる貴鬼ちゃん、格好良すぎーーーvvvvv
各黄金がコレだけ指揮出来れば、教皇様も肩の荷が少しは降りるというものw



それにしても、ヨシノちゃんが居るためか、
聖域並の小宇宙障壁で囲まれていそうなニポンだなぁ。

本人達には理由を知らされていないけど、
ヨシノちゃん警備のためもあって、
瞬ちゃんや氷河、紫龍くんがニポン在住だったのかな?

それと所謂“ホットスポット”を利用しての防壁なので、
火野デバランさんは神社にお住まいなのか?


え?『覚醒』って、寝てたんかムウたま!?
それだと「恐皇サマと一緒に戦ってきた説」は違ってて、
蘇り黄金の括りなのか?

したら「今の貴鬼たん」の本当のお師匠な訳で…。
なのにちゃんと師の教えを守って対抗してる。
貴鬼たん…(つД`)


しかしだな、あっちムウたまは「優雅な微笑み」とかからは程遠く、
怖いくらいの冷たい表情。

アノ恐皇サマと、このムウたま。
2人並んだ時の恐ろしさたるや、尋常じゃないぞ!
やはり勝てる気がしない〜orz

あ、だからこそシュラりんの素ボケが必要なのか?(おい




[PR]
by masaki_rui | 2017-03-26 20:28 | エピG.A.感想(10巻) | Trackback | Comments(0)
レツ君でなかったこと確定(おい)


前回ヨシノちゃんが居眠りから覚めてしまったため、
中断されてしまった情報交換を再開するのに、
シュラりんが“素”を生かしたワガママ振りを発揮してて微笑ましいw

でも幾ら黄金聖闘士さまとは言え、
シャイナさんの手料理を食べるなんて、
100年早いと思うぞ。(・ω・)


さて、買い物へと出かける母娘二人。
無印当時から、とても情深いと感じていたシャイナさん。
「任務」抜きでもヨシノちゃんを大切にしてて、ついホロリ。
更にココに至るまでの心境の変化を考えるに、またホロリホロリ。

そんな中、全力の本気発言に笑う。
ヨシノちゃんと同じく『ですよねーッv』としか言い様がないwww


しかしさ、普段は擬態してるとは言え顔を晒していて、
逆に聖衣装着時には仮面を付けるのにもワラタwwwww
髪もアニメ色になったね。

そしてドサンピンwww
姐御が言うと迫力あるある〜wwwww


心から“守りたい”と思う存在が出来たからこそ、
戦う姿がより一層頼もしく見えたよ。
聖衣姿も格好イイ〜vvv

で、今回の敵は「顔の無い者」の一味?
シャイナさんに雷雲ぶつけてくるなんて、
事前調査が甘過ぎるぞ〜w



一方のアルデパパン。
スッゴイ重要事項を知った状態でパパやってたんだなあ。
ヨシノちゃんが1話から出ていた理由はこれだったんだね。

となると“本当のご両親”問題発生せず。
ただ同じ“世界”にアテナが二人居ると色々不具合が起こりそう…
せめてどちらかの能力が覚醒してなければ並立可能か?

ヨシノちゃんが“この世界”で生きていく為に、
沙織さんの方が能力を抑えるか、逆に護るために使っていそうだ。


ヨシノちゃんを護る事を
『女神の純粋なる願い』と言う火野デバラン。
あっそうか、沙織さんは普通の少女として生きる道を捨て、
アテナとして生きることを選んだ過去がある。

だからこそ、何らかの理由で
平行世界のアテナとしては生きられなくなった彼女には、
人間(ひと)として生きる道を用意してあげたかったのかな?


 そういや、恐皇サマの居る並行世界は、
 この世界の「何々であったら!」という願いが叶った世界なのか?
  アテナが1人だと、このままの聖域では毎回命が危ない。(おい
   →双子として2名降誕
    しかし並び立つこと叶わず?

  最強の聖闘士アイオロスが生きていれば!
   →生き延びたけど、アレになっちゃうし、
    代わり?にアイちゃんが亡くなった世界に

 結局は何かが犠牲にならざるを得ないのが、
 世の理なのか…ツライな。


ヨシノちゃんが異なる世界に「逃げて」来たのは、
アイオロス兄さんが2人共は連れて逃げられず、だったからか?

となると何故、赤ん坊の頃から剣闘士達に狙われていたんだろ?
あっち世界のサガぴょが刺客として雇ってたんか?

当初は剣闘士達もアイオロス兄さん側にとっては敵だったとか?
しかし、流れ流れて荒んでいくうちに人材不足が深刻になって、
黄金聖闘士候補として次々にスカウトしてるん?


乙女さんも向こう側に居るし、
更に同じ様な能力持ちの羊さんが姿を現した時には変な声出た。
(ヨシノ母と予想してたクセに)

貴鬼ちゃん泣いちゃうよ〜
しかし既にSNSで連絡を取り合ってるから、
このツライ現実は認識済みの可能性も?


向こう側の顔馴染み黄金くん達は、
本物のアテナを掲げて共に戦い、生きのびた同志なのかも。
そしたら仲間同士の結びつきは強固だよなあ。

その後の苦楽も共にしてるだろうし。
ただ、恐皇サマのやり方には
段々ついて行けなくなってる部分はあるか?


しかしこっち聖域には「参謀」役が居ないのぉ〜^^;
え?紫龍くん?
GAでも彼、見た目よりずーと熱血タイプだよね?



最初に出て来た「落ちぶれたホストさん(仮)」を、
元も含めずっと聖域関係者と思っていたが…。
彼に喧嘩を売ってたコの台詞「守られてる」「思い出せない」から、
もしやジュリアン様?!となった。

「並行世界」なんだから、
向こうの冥界や海界があってもおかしくないよな。
そして闇オロス兄さん率いる向こうの聖域と、
平行世界海界は共同戦線を張ってるとか?





More
[PR]
by masaki_rui | 2017-03-12 23:29 | エピG.A.感想(10巻) | Trackback | Comments(0)
予想外れた
 →単行本収録時「タウラス」


今回のサブタイトル…そ、そばって
ヨシノちゃんの“「側」に居た”の意味かと思ってたのにぃ〜!
マジで「蕎麦」だったwwwww

シュラりん、今回は山奥なので食べ歩き出来ず、
郷土家庭料理ときたか?!(笑)


この勝負に至る2人の台詞から、
『エピG』6巻の描き下ろし外伝7「己ノアル地」での
獅子宮の主従のやりとりが浮かんで来たよv

そしてアルデパパンの言葉は、
同じく9巻に収録されている第35話「剛力ナル者」で、
レア様が召喚したヒュドラに対して言った
『こちらも力で迎えるのが 礼儀』。

19巻第80話「砕ケヌ盾トナリ 切リ裂ク剣トナル者」での
翡翠ノ鎧さんへの台詞『力で来るなら 力で返すが義』を、
それぞれ思い出させてくれる。


しっかし、ずーと逢っていなかったのに、
息がピッタリだな牛山羊w
ローティーンの頃の共闘(↑)が功を功を奏したか?(*^^*)

一方のサガぴょは、このノリについて行かないんだなぁ〜w
この時のヨシノちゃんとの会話で、ケルベロスの語彙力が
更にパワーアップしているのに驚く。
そしてプリけつも拝ませて頂きましたわ。ぷりち〜♪


こんなシチュに笑いながらも、コクトーの牛論にしみじみり〜
そうだよね、確かにアノ12名の中で彼が1番に選ばれたのには、
非常〜に納得してしまう。
(その役がアイオロス兄さんでなかった事がまた…悲しい)

68話で、落ちぶれたホストさん(仮)との会話で“神”に触れた時、
アテナは聖闘士として勿論のこと、
何故かヨシノちゃんにも“選ばれた”感じがしてたから。


 ところで牛さん復活の過程って、お師様と似てね?
 「やり残したこと」があったか否かの違いは有れど。
 「なすべきこと」の為に現れたのは同じかな。

 そんなだから、二人に対する聖域の扱いが重なって見える。
 パパンが語っていたように、お師様の存在も、
 関係者のほんの一部しか知られていなかったのかも。
 そしてシュラりんが継ぐまで、その座は空位で。


ここまで火野デバラン父娘の存在が知られていなかったのは、
ヨシノちゃんの存在をそれ程までに隠しておきたかったからなんだろうな。
青銅からの昇格組メンバーにすら知らせてないのは、
沙織さんの力の殆どがヨシノちゃんに閉じ込められてる状態なのか?

城戸家はともかく、聖域にも不在っぽいもん、女神。
(元も含め)青銅ズとは付き合いが長く深いから、
接触する事でバレないようにとの聖域側の配慮かな?


ヨシノちゃんが居眠りから目覚めるのと同時に
秘密の話は一旦引っ込む…の筈が、
前回からファンの間で喧々囂々と推測されていた(笑)“お義母さん”帰宅。

え?化けてるんじゃないんだ!?(おい)
じゃあ、今回の導入部に出て来てたのが、
任務中のシャイナさんかあ!

いや大穴で、黒髪から変装中のレツ君て事も?(え?
彼だって爪技だおー!(おいおい)


Ωでは、光牙の“頼れるお父さん”的存在だったシャイナさんが、
しっかりお母さんしてるぅ〜( ´艸`)クスッ
いや、原作からして一番“女性っぽい”と
思ってましたよ、シャイナさん。

あのデッちゃんとですら、対等にやりあえるヨシノちゃんを、
(いや実力はヨシノちゃんの方が上か? 笑)
軽く手玉に取れるお母さん凄い!
男性陣がフォロー出来ないでいるwwwww


ブラジル人とイタリア人夫婦が、
山奥の神社で“養子”っぽい子どもを育てるのは、
周囲からの好奇の目も凄まじかったろうなぁ。

前回辰巳さんが言ってた「記憶操作」に近い形で、
外見も多分“日本人”として違和感無いよう細工してるのだと思うが。

コクトー曰く「剛の者」アルデパパンの強さ故の優しさ。
情の深いシャイナさん故の厳しさ。
それらが上手くかみ合って、育ててこられたんだろうなぁ。



で、パパン復活の際に根こそぎ倒した剣闘士の中には入っていなかった
アリスちゃんや巴さんに遭遇したのは、
ヨシノちゃんがもう少し大きくなってからだったのかな?




[PR]
by masaki_rui | 2017-02-26 20:11 | エピG.A.感想(10巻) | Trackback | Comments(0)
オトナだのぉ〜v


更新予定日1/24が延びたのも影響してるのかな?
1/31更新の68話は、内容盛り沢山の、頁も24頁とドッシリ感。
読み応えありあり〜



始まりは聖域の教皇の間。
先代までの雰囲気とは異なり、かなり開放的?

ナント、ここで辰巳さん登場!
Ω版とは、歳のとり方が異なってます。
一方、カノンたんがちゃんとオシゴトしてて、つい嬉し涙がw
あんなヤンチャだったのに…!←母目線


事務的で感情の乏しい会話だけでなく、
教皇の仮面を外してからみせる、邪武っちへの
(その背後にいるであろう、他の青銅二軍メンバー達へもね)
配慮を見せるオトナ〜なカノンくんvvv

しっかし、グラード財団の後ろ盾が無いと資金的に…な聖域って、
「まだアテネオリンピックの負債抱えてるんかよ、ギリシア!」
って思っちゃう管理人でしたw


あと邪武が執事を目指してるのも納得。
格好良くなったよね〜彼。
更に生き様も変わってないよな〜

Ωの牧場主よりかは、“お嬢様の近く”という点で
説得力がある気がするのだ。



さて、我らが主人公シュラりんは、今度は東北の旅へ。(違)
まだ本調子ではないようですが、
ニャンコよりかは動ける身体なので、
代わりにヨシノちゃんのご両親へ挨拶に来たとのこと。

ふ〜む、山羊くんが割の良いバイトをしたかったのは、
結納金を稼ぐ為だったのか!( ´艸`)ムププ


コクトーのネクタイ変わってたwww
これなら人型に戻っても大事な部分が隠せ………ないっ!!!(爆)

すっかり口調がコクトーに戻ってるサガぴょ。
「帰還組黄金」の説明の中に、さりげに含めてる自虐ネタ
『ーー年齢どころかトリになっているーー』にはフイタwww

そしてケルベロスの1頭が、語彙力上がってるー!
カノンちゃんの“目”になる事で、経験値大幅アプしたんか?


ヨシノちゃんの実家への道すがら、結構重要な事実判明。
高田馬場駅前で、巴さんに遭遇する直前まで電話で話していた
“お母さん”も義理の母だったのか〜

この場面より前にあったシーンにて、
落ちぶれたホストみたいな人に対する相談員を見て、
「あ、彼が関係者だったのか〜」と思ったんだよ。
最近はブラジル人も変わったことするなあって。( *´艸`)クスッ♪

でもまさか、火野デバラン、ないしはアルデパパンやってたとは…!
こんなにも原作時代とは環境設定が異なっているのに、
素直に「ああ、彼なら」と、納得出来てしまうキャラクター力。


一方のママさんは、羊さんみたいな気がする。
後継ぎの貴鬼たんが居るから、恐皇サマ側だと思ってたんだけど…。
『継いだ』というだけで、聖衣姿は披露されていないから、
これは沙織さん側フラグかな?って。

第1話でもヨシノちゃんが意識を取り戻すキッカケになった
メールを送ってきた事といい、
下宿中の娘が、学校を変わったり(?)
引っ越したりするのに動じてないし。

厳しくて、しっかりしてて美人で。
『ーーいつも笑ってばっかりいる家ーー』と、
ヨシノちゃんが説明していたし…。

アフロちゃんが、あんだけの技を使えるのだから、
ムウたまだって同様にって。


そんな2名だからこそ、遠く離れた娘が危機に直面しても、
“仲間”達の小宇宙を感じられたから、彼らに任せていたのだと。

しかしそうなると逆に、
ヨシノちゃんの周囲に両親2人の小宇宙は感じなかったんか?
山羊獅子くん達や。(^◇^;)


刀傷なのか?切り傷痕が増えてたね、アルデパパン。
ヨシノちゃんの本当のご両親が亡くなった理由って、
剣闘士または顔の無い者に関係してるのかな?

ギルドの下っ端らしかった炎使いさんは、気づいていなかったけど…。
これらの勢力に襲われた際に、牛さんが居合わせて…とかね。
理由は不明だけど、アリスちゃんや巴さんに既視感を感じてたのは、
彼女らがこの時の関係者だったからか?

ヨシノちゃん本人の身を守る為に事件以降は、
それに関する記憶も含め、能力をも封じてあるとかね。



ラストの牛山羊の再会シーンええのお〜 ///
このコンビは『エピG』19巻にて、
対 翡翠ノ鎧ネフリティス ホプリスマ戦で共闘した間柄。

あの時は「今まで殆ど接触なかったね(意訳)」って言ってたのに、
今はこんな笑顔で再び相見えてる。
つい、ジーンとしてしもうたよ。



そして超久しぶりに登場した樹海コンビですが、
アイちゃんが業を断ち切ったor得たって事は、
裏切り続出の聖域の歴史を変えられる?

または闇オロス兄さんの持つ上位技を会得したとしても、
兄さんはそのズーーーーーと先を行ってるから、
まだまだ追いつけないよ〜^^;


それより何よりミロりんが、シュラくんを抜かして
トップに躍り出るのが先ではないかと心配な、
恐皇サマの「あっちの聖闘士ぬっ殺しリスト」…。

自ら病院に乗り込んで来て、
弟姫を誘拐しそうな兄さんである。←スッゲー迷惑兄弟(・ω・)





小ネタ
[PR]
by masaki_rui | 2017-02-05 23:44 | エピG.A.感想(10巻) | Trackback | Comments(0)
年齢相応…か?
王者赤掲載では、シュラりんの“おしるこ”話。
Web上では、シュラりん新バイト面接話。
それらに続いての番外編です。

先月発行の王者赤に掲載されてたのに、
今頃感想あぷ失礼!


鉄橋をバックに流れるAmazing grace。
そこに居るのは星矢ちゃん。
(これ、星矢ちゃんが唄ってるん?)

聖剣アゾット使いのオジサマ、フィリップスさん登場。
星矢ちゃんに具合を尋ねます。
これって、対シグルス戦の後に静養してる時のことかな?
(後の頁で確定↑)


聖戦に於ける最終決戦での出来事が、
未だに聖域組メンバーの心に重くのしかかってるのだと。
だからお互いに真っ直ぐ向き合うことも出来なかった日々。

だけど…ここで現れるとは思わなかったよ兄さん!
星矢ちゃんの護衛に、まさかアノ兄さんを差し向けるとは…
アテナの意向だとしても、やるなぁカノン教皇w


案の定、聖域の指示などお構いなしで去ってく一輝ですが、
星矢ちゃんを“女神の聖闘士”と認めてる発言。
伊達に歳はとってなかったね、兄さん!(笑)

これで星矢ちゃんの気持ちが固まって、
仲間の元へと戻って行ったのかな?
歌詞にある“home”に当たる場所へと。(^^)




[PR]
by masaki_rui | 2017-01-30 00:27 | エピG.A.感想(10巻) | Trackback | Comments(0)
ヤカンを超えし
 →単行本収録時「ヘキサグラム」



AE!を目の当たりにしながらも、まだまだ余裕の闇オロス兄さん。
それは単なる虚勢ではなく、実力を伴う自信から来るもの。
オトロシイ教皇サマだよ、ホント恐皇サマだよ!

AE!の発動が遅く、それまで無防備になる事を逆手に取り、
拡散型の厳霊乃焔ライトニング フレイムを仕掛ける。
それをカノンっちの黄金乃三角形ゴールデントライアングルで阻止されたと見るや、
続けて雷光爆縮ライトニング インプロージョンの重ねづけ。(笑)

冥府に落ちかけてる三名の目の前で同時に放たれたそれは、
上級技である厳霊乃極ライトニング テリオスへと変わる。

しかしカノンくんも負けてないよ!先にやった技の応用か?
再度黄金乃三角形を放ち、黄金乃六芒星で防衛効果倍増。


もうね、カノンたんが美しすぐる〜ヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ
『冥界よりーー
 黄金聖闘士としてーーー
 唯一人ーー
 生きて還って来た』
の台詞を読んだ時には泣けた。
彼のそれからの日々が一気に想像出来て。

数少なくなった白銀と青銅を率い、
相談出来る相手も居なかっただろうに…。
正に、彼が冥界編に入る時に選んだ贖罪の道を歩んだのだなと。

そして『G魂』の“こっくんカノンちゃん”は、ナマの姿だったのだなと。(笑)
生きててくれて、本当に良かったよ〜!(T ^ T)


一方、闇オロス兄さんが抱えてる絶望感が切ないのお。
ヤカンを超えたキュウカンを会得しながら、
その力で生み出したのが「虚無」とは。
今のカノンっちの生き方とは、実に真逆だ。

恐皇サマの厳霊乃虚無ライトニング ボイドの威力は凄まじく、
三人の黄金聖闘士の力と拮抗どころか、押し切る自信あり。


しかし処女宮でのAE!のぶつかり合い時と同様、均衡を崩す力が。
うん、カノンっちの台詞から推測可能だったかもな、その正体。
当時、あの子と心中を図った(語弊ありあり)ラダマンティスでした。

他人(ひと)んちの領域を荒らす半死人共を一喝しに来たのかとオモタw
ラダはAE!に自らの力を加算して、闇オロス兄さんの厳霊乃虚無を押し返す。
まあ最終的には、冥界の領域から聖闘士共を追い出す結果になったがね。(笑)


技(業?)を跳ね返され、両者の力をその身に受けた形となった兄さんだけど、
全くもって余裕のよっちゃん。
もはや正攻法では、ニャンコ敵いそうもないぞ〜!

嗚呼オソロシオソロシ恐皇サマ…と震えてるところに(笑)、
ラダのカノンたんへの台詞でまた涙腺緩む。
兄さんの言葉『漂って』があるので、ラダの生死は不明だけど、
「カノンくんの聖戦後の生き様を見てきた者がココに居たー!!」とね。


先代蟹座が一輝兄さんの存在を匂わせていたので、
原作オマージュで“青銅”が加勢するのかとも思ってたが、
このラダマンティスの出現で、
現在の地上と冥界の状況がかなりハッキリした様に感じる。

細かい事実までは語られるのを待つしかないけどね。
黄金聖闘士の復活とかケルベロスの件からも、
アテナ軍とハーデス軍は少なくともある面では共闘してると。
いやあ〜オタクの妄想が一気に膨らんだぜw

以前感想で書いたように
 自分のテリトリーである冥界を“荒らす”or
 “都合よく利用してる”「顔の無い者」勢と、
 彼らをうまく使ってる闇オロス兄さん側。
に対抗するべく二神が手を組んでるのかな?



数々の支援を受けて、冥界の入口からやっとの思いで戻って来たシュラりん。
そんな状況なんだからさ、彼の『ーーここはーー?』との問いには、
せめて『地上』とか『現世』って応えようよ、星矢ちゃん!(笑)
『熱海ッ!!』にはマジワラタwwwww カワユスvvvvv

そして、しれっとコクトーに戻ってる、マッパ聖衣のサガぴょ。
星矢ちゃんの腕に乗ってて可愛い〜♪
瞳の色は黒になってるし、ケルベロスも頭の上に。

シュラりんの締めの台詞といい、
何だか最終回?って感じの「盟友」ラストでありました。



シュラりんにとってのサガぴょ、デッちゃん。
カノンっちにとってのラダ。

両者にとっての「盟友」だと受け取ったんだが、
闇オロス兄さんには、そういう存在が居ない?
彼の魂を救い出せるのは、やはりニャンコなんだろうなあ。(しんみり)
キュウカン会得済みの兄さん相手じゃ、修行の効果は無さそうだけどな…(酷)




[PR]
by masaki_rui | 2017-01-15 22:37 | エピG.A.感想(10巻) | Trackback | Comments(0)
マッパ聖衣!(しつこい)


ぎゃーーーーー!!!!!
いきなりネタバレ行くよ!

カノンたん出たーーーvvvvv


アイちゃんは別格として(笑)
オイラの3大お気に入りの黄金くんが、
すっげー活躍しとるんですがGA?

マグレだとしても、サイトのプロフィールに
『カノン、シュラ、デスマスク贔屓』と書いておいて、
これ程良かったと思った事はない!(^з^)-☆


六芒星のバリアで、己の技を防いだ相手の正体。
闇オロス兄さんの台詞からすると、誰だか分かっているみたい。
『いずれ殺すべき者よ』って…側にいるシャカぽんはともかく、
弟しか勧誘する気無いんだね、兄さん!^^;

 正史で自分と敵対しなかった、
 サガぴょ教皇派以外ならウェルカムかもしれないが…


今度は厳霊乃焔ライトニング フレイムが放たれた。
え?ケルベロス(センセ談)って、
マッパサガぴょの頭ならぬ髪に載ったままだったんだー!?(笑)

教皇が、ケルベロスを通して冥界の様子を見てるって事は、
コクトー姿のサガのお目付け役なんか?って思ってたら…

闇オロス兄さんの言葉からすると、
相手を格下に見做している様に見える。
となると、シオン様説は却下だなぁ〜って。


そんな風に真面目に考えてたのに、
『我が弟の上に立つ資格などーー無い』で吹く。
どんだけ弟 as ナンバーワン!なんだYO!!( ̄▽ ̄)

その前の『貴様には聖域も聖闘士もやれぬッ』は
流石聖域を治める教皇様!って感動してたのにぃ〜w


まあね、どこの次元かは確定してないけれど、
取り敢えず生きてるアイちゃんが仕える教皇ならば、
元青銅組の皆が生きてるこの世界だと思うのよ。

だからこそ、弟を苦しめた、ないしは
弟が世界から居なくなる要因に少しでも関与した者は、
絶対に許しはしないのだなぁ〜って、
教皇の正体が分かって歓喜しながらもしんみりしちゃった。


しかしだよ、その教皇様も同じレベルで。(笑)
ナニコノ兄弟ラブラブ主張合戦ってばwwwww

もうさ、「お前のかーちゃんデベソ!」並の
子どもの口喧嘩にしか見えないんですけどっwww
イイゾ モットヤレ…


 カノンたんの髪の色、アニメカラーだなぁ〜
 双子座の聖衣を“管理”してるってどんな気持ちだろ?



そんな弟さんの配慮によって(笑)
2ヶ月以上マッパだったサガさんも年貢の納め時。←違
例に漏れずマッパ聖衣やりましたぜ!

それなのにそれなのに…そんな聖衣姿に全く突っ込まず、
『美しい』と感動しているヒロインの山羊くん、しっかりしろw


あらら?闇オロス兄さんもサガぴょも
『冥府に』囚われて、とか縛られて、と言ってる。
冥府堕ちの途中で冥界に居るって感じなのか?

そんな彼らに対する闇オロス兄さんからの追加“いやがらせ”は、
カノンも含めたメンバーによって悉く無効化された訳で。
それでも悔しがる事無く、余裕すら感じる。


もう地上に戻る事は無理であると。
幾ら蟹座とは言っても、デッちゃん一人が加わったところで、
何も出来はしないだろうと。

う〜ん、この闇オロス兄さんってば
アテナの言いつけ結構守るマンなのでは?
その位、AE!を予想してなかった顔してたよ。


それに比べてデッちゃんwww
あれだけの禁断の技を『取っておき』ってwwwww
そうですな、初めてじゃないもんな、二人共。^^;

熱海くんが破れ、シュラりんは生き残り。
サガぴょと共に山羊くんを取り逃がす。
2連続失態の闇オロス兄さんの余裕、
次回も続いているか否か…!?





ちょこっとお知らせ
[PR]
by masaki_rui | 2016-12-11 23:23 | エピG.A.感想(10巻) | Trackback | Comments(0)
マッパは続いているけれど
 →単行本収録時「デストール」


いや〜あらすじ書いたらさ、
ネタバレの連続になっちゃう回だったよ。


まずはお師様に続いて、先代の師匠キター!!
蟹座技はやっぱ特殊だもんなぁ〜

お師様があんなに頑張ったのに、
→聖戦の頃に命を落としたものの、
 気づけば現世に戻って来てて
 次代の山羊座を“最強”に育て上げる
軽々とそーゆー事を超越してしまう前蟹座さん凄い!

そして丁々発止でそんな師匠とやり合えるデッちゃん素敵v
んもう蟹が格好良いのはデフォ!
嗚呼GAよ、ありがとう♪(笑)


でさ、黄泉比良坂がこんな状態でもヘーゼンと出現出来る先代。
十二宮編の、対しるー君との戦いの時は、
“某兄さんの仲間”という理由で自分の弟子より優先したのか?

はたまた彼にはあの時に実際に遇ってて、
某兄さんみたいに“いい男”認定済みだったか?(^з^)-☆


はいその“「弟大好き」某兄さん”も登場!
日光編から、さんざーんさんざーーん待たせた上で、
やっと少しだけ顔出し。(でも嬉しv)
やっぱ物陰から覗いていたねw←(元)青銅一軍大集合時

何だか10代の頃より、枕詞が凶悪さあっぷ!
なのに「希望」認定されてる爽やか兄さんwww
デッちゃんと共に冥界で大暴れキ・タ・イ☆


場面は、蟹さんより少し下、年長さん達の戦いへ。
元祖弟スキー兄さんが、アレだけ突き抜けているのは、
迷いを捨てた状態だからなのだと、実感した台詞。

純粋な悪…って自覚してるんだぁ。
でもそれは「世界」を守る為なんだよね?
いやその陰に、弟が生きてる世界を残す目的を隠してるの?


闇オロス兄さんは攻撃の手を緩めず。
雷光爆縮ライトニング インプロージョン かーらーの
厳霊乃極ライトニング テリオス をまたもや放つ。

一方、もう師走に入ろうとしてるのに、まだマッパなサガぴょ。
善と悪の心の葛藤が未だ残ってるという事は、
シオン様は亡くなってる世界なのだと思うんだよね。

だから沙織さん側の聖域に居るらしい教皇の正体に悩む。
慟哭組が軒並み沙織さん側という理由からだと、
蘇り組として、その地位に就いててもおかしくないか???


 残る和菓子は、後継者が沙織さん聖域側なので、
 巴さん側かな?って考えてるが…


あ!主人公の事を書くの忘れたw
ずっとぶる下がってるだけだったヒロイン山羊くん、
遂に行動開始!

闇オロス兄さんの攻撃からサガぴょを守り、
先の戦いで身につけた「業」で対抗する。
しかしどうにも敵わなくて…。

そんな時に登場した、
沙織さん側(と思われる)の教皇だったのでした。




[PR]
by masaki_rui | 2016-11-27 23:18 | エピG.A.感想(10巻) | Trackback | Comments(0)