<   2016年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
キャベツ会話からの、この流れ


絶体絶命大ピンチ!に陥ってからが長かった。
間に特別編をぽちぽち挟んだ対熱海くん編の続きです。

「お前には、もう戦うための武器が無い」と、
自身の勝利を疑わない熱海くん。
それに対して『いやまだ命がある』と反論するシュラりん。


しかーし、ひと月近く過ぎてしまったら、
熱海くんってば「命」を「魂」に変換してた。(・ω・)
ま、聖闘士の魂も心も命も皆、小宇宙でオケ?(おい

闇堕ちし、両手両足をも冥衣化してく山羊座の聖衣。
それでも戦う事を諦めないシュラくんに敬意を表しながらも、
本気の一撃(2度目…か?)で応える熱海くん。


その際の言葉『全力で』から、シュラりんの思考は時を遡る。
『斬ってみせぃーー』とは、弟子を斬り殺す気で相対する師の、
技、力、魂、力、小宇宙、命全てを引き継ぐ事だった。


お師様が語る「友」のくだりは、
自分としては“単独”任務が多いと考えてる黄金聖闘士ではなく、
星矢ちゃんたち青銅聖闘士の戦い方っぽいなぁと感じた。

現役の頃に、そういう戦いがあったって事なのかな?
で、お師様は“友”に庇われて命長らえたと。
反対に、斬った強敵の“命全てを背負った”事も多数で…


お師様の言葉通りに、死の淵から立ち上がった少年山羊くんは、
ローリング聖剣抜刃で師の背後に回って刃を放つ。
それは見事に決まり、師より山羊座を拝命するのだった。

見た目は一輝兄さんの卒業試験に似てるけど、
中身は全然異なってたわ。
聖衣を受け継いだ時点で、背負ったモノがこれだけ違ってたのだなぁ〜



ちびシュラくんに語るお師様の言葉が熱くて熱くて…。
月並みだけど、ジーンとしてました。

そして当時、まだボクっこだった山羊くんが、
これを機に「俺」とか言いだすと、ムッチャ萌えるぞ。




[PR]
by masaki_rui | 2016-08-28 00:08 | エピG.A.感想(9巻) | Trackback | Comments(0)
2016年獅子誕(希国タイム)
富士樹海。
常人の目には捉えられない何かが、二名の人の姿に変わる。


「アイオリア、そろそろ小休止するぞ」
「いや、俺はまだ一人でも続ける!」
そう断る少年を、最初に声を掛けた青年が実力行使で止める。

「駄目だ。自分を追い込むばかりでは突破口は開けないぞ」
「…。」

二人の記憶は同じ二十歳過ぎまで有る。
しかし少年の姿で時を超えたアイオリアと異なり、
ミロは嘆きの壁を経験した頃の肉体で現代に現れた。
幾ら実力差は無い黄金聖闘士同士とは言え、
手足のリーチの差は如何ともし難く。

これはあくまでも修行の一環であり、
また、ガランからも以前同じ注意を受けた事を思い出し、
ミロの拘束から抜け出そうという動きは数秒で止まった。


少し不貞腐れた表情で水分を摂る獅子を目にしていると、
ミロの頭に、ふとある記憶が蘇った。

「お前と俺とで、修行みたいな事をしたよな?子どもの頃に。
あれは…聖域でではないな。お前、もっとチビだったし」

「チビ」と言われて、更にブスっとした顔でアイオリアが答える。
「聖闘士になる前、
…ミロス島で」


「あ!そうだそうだ。
俺の師匠に、お前達が挨拶に来た時だ。
同い年の聖闘士候補同士だと紹介されたんだった!」

あの頃の兄を想い獅子の表情が微かに乱れたが、気取られる前に自分を抑えた。

「それにしても、よく覚えてるなぁ!」
素直に感心しているミロに対し、
「海で火傷するなんて初めてだったし…」
とアイオリア。

「あ…;;;」

a0013719_00573522.jpg






あれは二人が5、6歳の頃の盛夏。
師匠同士の話が有るからと、弟子二人で組手をさせられてた。それ以外に、今日の修行メニューをこなせば遊びに行って良いと言われ、俄然張り切りだしたのだった。

この年頃の少年達は遊びですら全力で、良い運動になる。ましてやお互い聖闘士候補生。それを見越しての「遊び」許可だった。


自分のテリトリーであるミロス島を縦横無尽に駆け回るミロに対し、初めての土地にも関わらず、よく追いついていくアイオリア。
全メニューをこなし終えた頃には陽も高く昇り、絶好の海水浴日和となっていた。


泳ぐにしても、普通のビーチではつまらない。船でしか行けないカラモスビーチへ行く事を思いついたミロ少年。

「なあ、海で泳ごうぜ!
オレ達にしか行けない所でさっ!」

a0013719_00573503.jpg


一応、周囲に人が居ない事を確認してから、泳ぐ格好で絶壁を思いっきり駆け下りた。

「「ひゃっほぉー!!\(^o^)/」」


最初は「あれ?熱いな」と感じただけだったが、一歩、また一歩進む度に、耐えられない熱さになっていった。まるで熱せられたフライパンの上に乗ってるかの様に。

「「あぢー!あぢぃー!!あぢいいぃ!!!」」

この熱さから解放されるには、もう思いっきりジャンプして海に飛び込むしかない。同時にそう悟った二人は、知らない人が見たら目を疑う様な距離を飛んで難を逃れた。



「足の裏痛い…」
プカプカ浮かびながら、ちびアイオリアが不満げに口を開いた。

「フンッ!この程度の熱さにも耐えられないのか?」
偉そうに反論するミロのソレも、同じく真っ赤になっている。

これですっかり泳ぐ気を削がれた少年達は、只々無言でプカプカ漂って過ごしていた。


「戻らなきゃ」
どちらともなく、砂浜に上がる。先程火傷した部分がヒリヒリ痛む。海水で湿っている部分はまだよい。そこから先、日光をたっぷり浴びた砂や岩はかなりの高温だ。

海岸線から崖を登りきるまで、聖闘士候補生の足でも数歩は必要か。修行中に数々の怪我は経験しているが、火傷はそうそう有るものでは無く。

いつもとは異なる痛みに涙目になりながらも、幼いながらもプライドで耐え切り、師匠達の元へと戻ったのだった。





「ミロス島ってのは、鉱物資源が豊かな所でさ。
あの場所は特に、熱を溜めやすい金属成分が多い場所だったのかもなぁ〜」

足の裏のヒリヒリに耐えながら過ごした、その後の数日間。懲り懲りとした口調でミロが言う。

「何も同じルートで戻んないで、少し泳いで別の場所から帰れば良かったんだよなぁ〜」
その発想は、当時の二人には浮かばなかったのだった。

と、アイオリアが吹き出した。ミロの問う視線を受けて答える。
「ああ。お前の言う通り、思い込みは良くないな」



地上の平和を乱すものと戦う。
あの頃は、それが目的で修行していた。

だが今は「兄」を止めるという、自分に課せられた責務を負ったから。



[PR]
by masaki_rui | 2016-08-16 21:36 | 獅子ネタ | Trackback | Comments(0)
2016獅子誕
やーさす!
5年ぶり、遠足中の獅子誕です。
今度こそ本当にギリシアでこの日を迎えております。

これから頑張ってバースデー小話を書き始め、
今日(ギリシア時間)中にあぷ出来るよう頑張りまーす!

さてその前におめでとう写真をば。
ハピパバージョンが無くてコレにしました。
両方とも、ギリシアでメジャーなメニューであります♪

アイちゃん、お誕生日おめでとう!( ´ ▽ ` )ノ
a0013719_20453071.jpg


[PR]
by masaki_rui | 2016-08-16 20:37 | 獅子ネタ | Trackback | Comments(0)