<   2017年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
予想外れた
 →単行本収録時「タウラス」


今回のサブタイトル…そ、そばって
ヨシノちゃんの“「側」に居た”の意味かと思ってたのにぃ〜!
マジで「蕎麦」だったwwwww

シュラりん、今回は山奥なので食べ歩き出来ず、
郷土家庭料理ときたか?!(笑)


この勝負に至る2人の台詞から、
『エピG』6巻の描き下ろし外伝7「己ノアル地」での
獅子宮の主従のやりとりが浮かんで来たよv

そしてアルデパパンの言葉は、
同じく9巻に収録されている第35話「剛力ナル者」で、
レア様が召喚したヒュドラに対して言った
『こちらも力で迎えるのが 礼儀』。

19巻第80話「砕ケヌ盾トナリ 切リ裂ク剣トナル者」での
翡翠ノ鎧さんへの台詞『力で来るなら 力で返すが義』を、
それぞれ思い出させてくれる。


しっかし、ずーと逢っていなかったのに、
息がピッタリだな牛山羊w
ローティーンの頃の共闘(↑)が功を功を奏したか?(*^^*)

一方のサガぴょは、このノリについて行かないんだなぁ〜w
この時のヨシノちゃんとの会話で、ケルベロスの語彙力が
更にパワーアップしているのに驚く。
そしてプリけつも拝ませて頂きましたわ。ぷりち〜♪


こんなシチュに笑いながらも、コクトーの牛論にしみじみり〜
そうだよね、確かにアノ12名の中で彼が1番に選ばれたのには、
非常〜に納得してしまう。
(その役がアイオロス兄さんでなかった事がまた…悲しい)

68話で、落ちぶれたホストさん(仮)との会話で“神”に触れた時、
アテナは聖闘士として勿論のこと、
何故かヨシノちゃんにも“選ばれた”感じがしてたから。


 ところで牛さん復活の過程って、お師様と似てね?
 「やり残したこと」があったか否かの違いは有れど。
 「なすべきこと」の為に現れたのは同じかな。

 そんなだから、二人に対する聖域の扱いが重なって見える。
 パパンが語っていたように、お師様の存在も、
 関係者のほんの一部しか知られていなかったのかも。
 そしてシュラりんが継ぐまで、その座は空位で。


ここまで火野デバラン父娘の存在が知られていなかったのは、
ヨシノちゃんの存在をそれ程までに隠しておきたかったからなんだろうな。
青銅からの昇格組メンバーにすら知らせてないのは、
沙織さんの力の殆どがヨシノちゃんに閉じ込められてる状態なのか?

城戸家はともかく、聖域にも不在っぽいもん、女神。
(元も含め)青銅ズとは付き合いが長く深いから、
接触する事でバレないようにとの聖域側の配慮かな?


ヨシノちゃんが居眠りから目覚めるのと同時に
秘密の話は一旦引っ込む…の筈が、
前回からファンの間で喧々囂々と推測されていた(笑)“お義母さん”帰宅。

え?化けてるんじゃないんだ!?(おい)
じゃあ、今回の導入部に出て来てたのが、
任務中のシャイナさんかあ!

いや大穴で、黒髪から変装中のレツ君て事も?(え?
彼だって爪技だおー!(おいおい)


Ωでは、光牙の“頼れるお父さん”的存在だったシャイナさんが、
しっかりお母さんしてるぅ〜( ´艸`)クスッ
いや、原作からして一番“女性っぽい”と
思ってましたよ、シャイナさん。

あのデッちゃんとですら、対等にやりあえるヨシノちゃんを、
(いや実力はヨシノちゃんの方が上か? 笑)
軽く手玉に取れるお母さん凄い!
男性陣がフォロー出来ないでいるwwwww


ブラジル人とイタリア人夫婦が、
山奥の神社で“養子”っぽい子どもを育てるのは、
周囲からの好奇の目も凄まじかったろうなぁ。

前回辰巳さんが言ってた「記憶操作」に近い形で、
外見も多分“日本人”として違和感無いよう細工してるのだと思うが。

コクトー曰く「剛の者」アルデパパンの強さ故の優しさ。
情の深いシャイナさん故の厳しさ。
それらが上手くかみ合って、育ててこられたんだろうなぁ。



で、パパン復活の際に根こそぎ倒した剣闘士の中には入っていなかった
アリスちゃんや巴さんに遭遇したのは、
ヨシノちゃんがもう少し大きくなってからだったのかな?




[PR]
by masaki_rui | 2017-02-26 20:11 | エピG.A.感想(10巻) | Trackback | Comments(0)
オトナだのぉ〜v


更新予定日1/24が延びたのも影響してるのかな?
1/31更新の68話は、内容盛り沢山の、頁も24頁とドッシリ感。
読み応えありあり〜



始まりは聖域の教皇の間。
先代までの雰囲気とは異なり、かなり開放的?

ナント、ここで辰巳さん登場!
Ω版とは、歳のとり方が異なってます。
一方、カノンたんがちゃんとオシゴトしてて、つい嬉し涙がw
あんなヤンチャだったのに…!←母目線


事務的で感情の乏しい会話だけでなく、
教皇の仮面を外してからみせる、邪武っちへの
(その背後にいるであろう、他の青銅二軍メンバー達へもね)
配慮を見せるオトナ〜なカノンくんvvv

しっかし、グラード財団の後ろ盾が無いと資金的に…な聖域って、
「まだアテネオリンピックの負債抱えてるんかよ、ギリシア!」
って思っちゃう管理人でしたw


あと邪武が執事を目指してるのも納得。
格好良くなったよね〜彼。
更に生き様も変わってないよな〜

Ωの牧場主よりかは、“お嬢様の近く”という点で
説得力がある気がするのだ。



さて、我らが主人公シュラりんは、今度は東北の旅へ。(違)
まだ本調子ではないようですが、
ニャンコよりかは動ける身体なので、
代わりにヨシノちゃんのご両親へ挨拶に来たとのこと。

ふ〜む、山羊くんが割の良いバイトをしたかったのは、
結納金を稼ぐ為だったのか!( ´艸`)ムププ


コクトーのネクタイ変わってたwww
これなら人型に戻っても大事な部分が隠せ………ないっ!!!(爆)

すっかり口調がコクトーに戻ってるサガぴょ。
「帰還組黄金」の説明の中に、さりげに含めてる自虐ネタ
『ーー年齢どころかトリになっているーー』にはフイタwww

そしてケルベロスの1頭が、語彙力上がってるー!
カノンちゃんの“目”になる事で、経験値大幅アプしたんか?


ヨシノちゃんの実家への道すがら、結構重要な事実判明。
高田馬場駅前で、巴さんに遭遇する直前まで電話で話していた
“お母さん”も義理の母だったのか〜

この場面より前にあったシーンにて、
落ちぶれたホストみたいな人に対する相談員を見て、
「あ、彼が関係者だったのか〜」と思ったんだよ。
最近はブラジル人も変わったことするなあって。( *´艸`)クスッ♪

でもまさか、火野デバラン、ないしはアルデパパンやってたとは…!
こんなにも原作時代とは環境設定が異なっているのに、
素直に「ああ、彼なら」と、納得出来てしまうキャラクター力。


一方のママさんは、羊さんみたいな気がする。
後継ぎの貴鬼たんが居るから、恐皇サマ側だと思ってたんだけど…。
『継いだ』というだけで、聖衣姿は披露されていないから、
これは沙織さん側フラグかな?って。

第1話でもヨシノちゃんが意識を取り戻すキッカケになった
メールを送ってきた事といい、
下宿中の娘が、学校を変わったり(?)
引っ越したりするのに動じてないし。

厳しくて、しっかりしてて美人で。
『ーーいつも笑ってばっかりいる家ーー』と、
ヨシノちゃんが説明していたし…。

アフロちゃんが、あんだけの技を使えるのだから、
ムウたまだって同様にって。


そんな2名だからこそ、遠く離れた娘が危機に直面しても、
“仲間”達の小宇宙を感じられたから、彼らに任せていたのだと。

しかしそうなると逆に、
ヨシノちゃんの周囲に両親2人の小宇宙は感じなかったんか?
山羊獅子くん達や。(^◇^;)


刀傷なのか?切り傷痕が増えてたね、アルデパパン。
ヨシノちゃんの本当のご両親が亡くなった理由って、
剣闘士または顔の無い者に関係してるのかな?

ギルドの下っ端らしかった炎使いさんは、気づいていなかったけど…。
これらの勢力に襲われた際に、牛さんが居合わせて…とかね。
理由は不明だけど、アリスちゃんや巴さんに既視感を感じてたのは、
彼女らがこの時の関係者だったからか?

ヨシノちゃん本人の身を守る為に事件以降は、
それに関する記憶も含め、能力をも封じてあるとかね。



ラストの牛山羊の再会シーンええのお〜 ///
このコンビは『エピG』19巻にて、
対 翡翠ノ鎧ネフリティス ホプリスマ戦で共闘した間柄。

あの時は「今まで殆ど接触なかったね(意訳)」って言ってたのに、
今はこんな笑顔で再び相見えてる。
つい、ジーンとしてしもうたよ。



そして超久しぶりに登場した樹海コンビですが、
アイちゃんが業を断ち切ったor得たって事は、
裏切り続出の聖域の歴史を変えられる?

または闇オロス兄さんの持つ上位技を会得したとしても、
兄さんはそのズーーーーーと先を行ってるから、
まだまだ追いつけないよ〜^^;


それより何よりミロりんが、シュラくんを抜かして
トップに躍り出るのが先ではないかと心配な、
恐皇サマの「あっちの聖闘士ぬっ殺しリスト」…。

自ら病院に乗り込んで来て、
弟姫を誘拐しそうな兄さんである。←スッゲー迷惑兄弟(・ω・)





小ネタ
[PR]
by masaki_rui | 2017-02-05 23:44 | エピG.A.感想(10巻) | Trackback | Comments(0)