割り込まれたw
第25話「ダウンバースト」


前回、手を凍らされちゃったヨウジヨワダツミ。
わ〜シグルスみたいになっちゃったー!(笑)

もうね、今回は最初から最後までブチ切れてた感じ。
このテンションをずっと維持すんのって凄いなぁ〜←そこ?
「うけけけけけ〜」ってノリでした。


巻き起こした竜巻を一気に地面に下降させ
人工的にダウンバーストを起こすヨウジヨ。
その勢いでシュラりんが飛ばされる一方、
氷と水の魔術師を継いだバーテンダーが水分を凍結させた。

氷は分厚い氷壁となって、敵対する者同士を引き離した筈だが…
それを切って何者かが小宇宙ダダ漏れで近づいて来る。
(この形容詞だと、フツーは一輝兄さんなんだけどねw)


シュラりんには覚えがある小宇宙だと言う。
ローラン?…かと思いきや、
ヨウジヨに暗殺を依頼してたランスロットじゃありませんか〜
君、結局何がしたかったのだ?(・ω・)

氷河に対して自己紹介はしたけれど、
元々シュラりん(“我が王”認定者)にしか興味が無い彼。
ヨウジヨの存在など忘れたかのように、早速再戦の申し込み。
ひでぇ〜w


自分の仕事中に依頼者本人に介入され、
ターゲットと思しき相手と勝手に戦いを始める様子。
そりゃあ怒りますって!(笑)

そしたら氷河が更に火に油を注ぐ発言を! ^^;
子供扱いされて、ヨウジヨ切れまくり。
(何故かこの辺りまでで、「もしや男の娘なん?」ってオモタ)


あっと言う間に
 シュラりん vs. ランスロット 2回戦
 氷河 vs. ヨウジヨワダツミ
と対戦カードが決定。

バーテンダーの本気の戦い、
ランスロットの割り込みで次回以降に延期!
というオハナシでしたw
[PR]
by masaki_rui | 2015-05-17 23:32 | エピG.A.感想(4巻) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://phoebus.exblog.jp/tb/21237702
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 山羊くん不憫…(涙) 先輩の助言でクールに! >>