EX.EX.カリバーンって有り?
第33話「漆黒」


こうして、アイちゃんの誕生日にGAの感想が書ける嬉しさよvvv
お誕生日おめでとう〜黄金の獅子!\(^o^)/


…と言いつつも、33話には仔猫は登場せず。
半分がランスロットのポエムだったよ。^^;

まさかと思ってたけど、シュラりん本気で調子悪かったみたい。
散々攻撃を食らって伸びてる(でも仰向けぢゃない!)彼に、
トドメの毒剣による数多乃剣炸裂。

 その前の「我は王と共にーー」シーンのランちゃん、
 むっちゃキツそうなポーズしてません?(・ω・)


シュラりんに勝ったとしてもさ、
他のメンバーにも勝たないと“聖剣を統べる者”にはなれないよね?
この戦闘で燃え尽きちゃった感のあるランスロットが、
この先まで進んで行ける気がしないんだよね〜(失礼)



仔猫も小羊も居ないGAのオアシスは、やはりこの子♪
ヨシノちゃん久々の登場です。

え?アイちゃんってば、転校までさせる気なんか!?
しかもマンションなんて、近隣の皆様にご迷惑が!(笑)
城戸邸イチオシだと思うんだけどな…


彼女の引越し準備のお手伝いも、池袋事件で行けなくなった模様。
一人にするから、また因縁あるらしい方が近づいて来ましたぜ。
ん??今度の方は予言者なんか?


彼女が言った幾つかの単語。
 世界
 黒き鎖
 切れる

最初、シグルスが言ってた『宇宙が割れる』
に関する言葉なのかと思ったけど、
続いて『修羅』『鬼』と来たので、シュラりんを心配する。^^;


その頃、意識を失い小宇宙すらも尽きようといていたシュラりん。
何故か立ち上がり、頭部には二本の黒いツノを生やす。
説明では『冥界から還りしーー悪魔パフォメット』と。


この姿…幻朧魔皇拳が発動した時の山羊くんに似てる〜!
悪鬼に取り憑かれてしまった、あの時のシュラりん。
正しき事のみに使われるべき聖剣を、鬼と化した時に使ったから、
それを自ら折ってカリバーン・改としたじゃない?

その時に『たった一度だけ鍛え直される』って言ってたから、
もう正気に戻ってもシュラりんの振るうべき“聖剣”は無いの…?
正に“聖剣所持者”達が言ってる「二振り目」だったのでは?


“シュラりん”でないまま戦うのは見てて辛いので、
元に戻って欲しいのはやまやまだけど…
相当落ち込むよね、戻ったら戻ったで。
それこそ引退を決意しちゃうんじゃないかと心配です。

まさかなぁ〜
オタクの聖地で歳上の後輩とお茶(パフェ)した後に、
こんな展開が待っていようとは!だよ〜
[PR]
by masaki_rui | 2015-08-16 23:44 | エピG.A.感想(5巻) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://phoebus.exblog.jp/tb/21554483
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 顔出ししたけど… 第10話「決戦!アイオリアVS... >>