コクトー達の正体って?
第34話「反逆者?」


心配してた非“シュラりん”の時間は短くて、
ホッと一安心した読後だけれど…
もしや「墜ちかけていた」としか記憶無いん?
ならシュラりん、落ち込んだりしないよね?ね?


何言ってんのかと言いますと、
今の高校生シュラりんから本編で倒れるまでの歴史を、
この世界のこの時に追体験させられてる?って状況。

だから聖戦の時に敢えて纏った冥衣へと
黄金聖衣は変化し、魂は冥府の闇へと堕ちていく。


己を失いかけて、何者かと問い続ける山羊くんに、
「トドメさしてあげるv」とばかりに後ろから毒刀振るう
ランスロットよ、あんたホントずっこいなwww

全く抵抗しないシュラりんに対して、
楽しげに攻撃を繰り返してるランちゃん。
しかしその後ろから…コクトー!?


いけフクロウでお留守番させられてた筈のコクトーが
金色に光輝きながら落下する山羊くんの後を追って来た!!?
翼が大きく羽ばたいた後…

………さおりん来たーーー!!!
え?え??ええ???
コクトー→女神に変身しなかった?
ティアラの文様が鳥(フクロウ)の目に見えるもん!


女神から名前を呼ばれる事で記憶を取り戻し、
冥衣から、霊血により再生した聖衣と肉体に変化を遂げる。
そして一閃で裏切り乃剣を破壊する聖剣エクスカリバー。

うほほ〜毎度のことながら、熱きバトルでございました。
ご馳走様でした。(おい)


ところでさ、コクトーにさおりんが憑依したんならともかく、
女神自身が変身した姿だとしたら、
女神と山羊くんの会話は可愛い…という事になる。←そこ?


でもまあ、アイちゃんが「鳥」扱いしてたし、
氷河も何も感じなかったみたいだから、
この時だけの憑依説が強いかな?
[PR]
by masaki_rui | 2015-09-06 20:09 | エピG.A.感想(5巻) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://phoebus.exblog.jp/tb/21623644
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 蟹足に全て持って行かれた 第11話「復活!アスガルドの邪... >>