蟹足に全て持って行かれた
第35話「巴」


『俺たちを 同時に 失った日』から始まったシュラりんの台詞。
「だよー!だよーー!!」と、時差6時間のギリシアの地で
読み始めた午前3時早々に泣かされた35話でした。 ^^;
シュラりん、しっかり二閃目打ち込んどる…


緑溢れる(にゃこも戯れる)東池袋中央公園も火の海。
そこへ集う山羊くんに獅子。

取り戻した記憶は、時を超えた以降のものさえあると。
『…嘆きの壁で消える 直前で一度消え
 その後 今に繋がっている』
にまたホロリとくる。


“直前”だから黄金十二宮編の事を言ってるんじゃないよね!?
もしかして皆、消えたように見えたけど
女神の加護でどこかの時空に漂ってる状態???

未だに「嘆きの壁」事件がトラウマなオイラとしては、
『黄金魂』に続いて、その後の黄金くんを描いて貰えるのは
精神的な慰めになっておりますよ。


また一人、小羊もこの場に姿を見せます。
あ、山羊くんってば、貴鬼たんの事ちゃんと覚えてくれたんだ〜v

対する貴鬼たんの台詞にまた泣く。
また会いたいだろうなぁ、ムウたまにも。(T . T)


読んでる方がしんみりしちゃうこの場の雰囲気を壊す様にw
倒れていたランスロットが気力で起き上がる。
シュラりん、一応手は抜いていたんね…

そこへ突如姿を表す、高田馬場でヨシノちゃんと接触した少女。
名は「巴」とのこと。剣闘士が言ってたダンサーなのだと。
名前、舞の“巴御前”から取ったのかな?(・ω・)


しかしこのオナノコ、巨大な気高き小宇宙の持ち主。
さすが剣闘士を始め、元締めの兄ちゃんからも
敬われていただけの事はある。

彼女の『真の自分である事を命ずるーー』との言葉に
やはり剣闘士の資格を持つ事で、
歴史伝説上の人物のコスプレしてたのか…と思いきや。

ランスロットの鎧も含め変わっていき…
蟹座の黄金聖衣になっちゃったよ!
しかも蟹足一杯生えてるから神聖衣だよね!!??←酷い判断基準


いやあ〜エピGで見る神聖衣が、
獅子座の次に蟹座とは感無量っす!←やっぱり酷いw

巴サンが結構大事な台詞を続けて言ってたけど、
話の始めから何度も泣かされた35話だったけど、
この蟹足で全部吹っ飛んじゃった感じです。(おい







最初はティターンの霊血を受けた事があるから…
という理由で選ばれたと思ってたアサシン組黄金。

ここに来て何とな〜くだけど、
後継者が居ない星座が呼ばれるのかな?
って気がしてきた。

あ、訳知りっぽい獅子は例外ね。
そしてもしや星矢ちゃんの命が危ないのなら、
アイオロス兄さんもヘルプにやって来るのかな?

天使兄弟の破壊力、凄まじそうだわ…


牡牛座
双子座
蟹座  ←来た
蠍座
山羊座 ←来てる
魚座

後継者が育ってなさそうなのは、こんな感じか?
[PR]
by masaki_rui | 2015-09-07 23:52 | エピG.A.感想(5巻) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://phoebus.exblog.jp/tb/21623875
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 第12話「誕生!神器グングニルの槍」 コクトー達の正体って? >>