そつがない
1/5にGA更新が無かったため
今日が2016年最初の投稿です。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。m(_ _)m


さて、年末年始の逃亡先はアフリカの南大西洋に面した国でした。
観光のハイライトのひとつEtosha国立公園でのサファリを見終え、
入口付近にあるロッジのレストランで昼食。

再出発までの時間にお土産物屋さんを冷やかしてから外へ。
店のガラス戸には、数多くの旅行社シールが貼ってあります。
ここでギリシア文字に鋭く反応する真紀。^^;←業ですな

a0013719_20145423.jpg



………って、カノン!!!???
よりによって、カノンに壺wwwww
何この⭐︎矢クラスタが興奮する組み合わせwww

帰国してURLにアクセスしてみたところ、
世界各地を対象としている旅行会社みたいです。
でもギリシア以外の旅先で、ギリシャ人に遭った事ないなぁ〜



海皇勢と言えば、行く前は
「初めてソレント君管轄の海を見るんだ〜♪」と喜んでおりました。
ところがところが…

この国、北部沿岸がスケルトン海岸(白骨海岸)と呼ばれてまして。
その名の由来が「沖合を寒流が流れているため
霧が発生しやすく船の遭難も多い。

何とか岸に流れついても“何もない”砂漠だったので
結局死を待つしかなく、その人達の骨がゴロゴロしていたから」
と聞いて、舞台の場所こそ違えどセイレーンぱねえ…とガクブル。


ううむ…南北大西洋将軍コンビに、
すっかりしてやられた旅行でしたわ。(・ω・)
[PR]
by masaki_rui | 2016-01-11 21:48 | 『☆矢』全般ネタ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://phoebus.exblog.jp/tb/22142676
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 聖域だって負けてない 鋭い山羊くん♪ >>