やっぱり獅子宮一家スキー
『エピG』やら、オタク関係の貸し借りをしている同僚
よこたま番長から貸してもらいました。 ↓

シナン 上 (1) (中公文庫 ゆ 4-5)
夢枕 獏 / / 中央公論新社

オスマン帝国最大の建築家シナンに関する本なんですが
彼が仕えたスルタンの一人スレイマン大帝と、
その腹心で大宰相にまで上りつめたイブラヒムの描写を読んでいると
浮かんで来るビジュアルは、獅子宮の主従。←オイ;
(こちらは「従」の方がギリシア人なんですがね…)

いやはや、年下の「主」に仕える
優秀な年上の「従」って、つくづくツボらしい。

『エピG』読むまでは、全然そんな傾向なかったのに…
こんな体質になってしまった責任をとってもらえますか?(大笑)


↓ まだ下巻までいってませんが、この主従もまだ出演するかしらん?
 でないと、読むスピードが落ちるやんもしれません。
シナン 下 (3) (中公文庫 ゆ 4-6)
夢枕 獏 / / 中央公論新社



4/15追記
 “やんちゃ”は若い時に済ませておくべきなんですね…
 余りに物わかりが良すぎると、後になって隙が出てきてしまいます(え"?)



 あっ…主人公のこと全く書いてないや。
 お詫びにシナン像と
 彼の最高傑作のひとつ、エディルネのセリミエ・ジャミィの写真をば。

a0013719_2259523.jpg
[PR]
by masaki_rui | 2008-04-11 23:01 | エピソードGネタ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://phoebus.exblog.jp/tb/6997908
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 超今更 十二宮を一周したことですし >>