力尽きたらしい
第64話「無限ヲ背負ウ者」

何だか説明くさい展開だなぁ〜と思っとったですよ。
以前、冥府にアイオリア様が乗り込んだ時と似た雰囲気。

うっしょー!?イヤ〜ンな予感的中。
極端な頁数減です。20頁。
いつもの半分っすよ、半分。
「ヒュペリオンとにゃんこ様のガチンコ勝負が始まった!」
ってトコで終了です。がっくし…

心配してた通り、一度に集中しすぎちゃって
力尽きてしまったのでしょうか?


んと…そのバックに爆発した(かのような)漆黒之太陽を背負ったのが
「超本気戦闘態勢ヒュペリオン」なんだそうです。
「ならば…」と、こちらも全開のアイちゃん。

初戦では、黄金聖闘士の光速の動きに遅れをとっていたヒュペ。
そのつもりで接近戦に持ち込む獅子でしたが
記憶とともに能力も取り戻したらしい神には通じず。
…っつうより、光を利用した残像作戦か。

戦いを有利に運ぶために「太陽を背にする」っていうのがあるが…
ちとセコくね?太陽神。
おーい!「大剣」なんだから、
そんな近くからじゃ攻撃出来ないのでは?


今回のアイオリア様、とっても幼い顔つきで
“ぶり王”といい勝負でした。
ちょっと前に書いたように、獅子座聖衣のヘッドが
「ライオンの着ぐるみ」みたいで、
G聖衣フル装備により、可愛いさ20%アップ。(教団比)
“ロリ系”“ショタ系”どっちでも通じそうな感じです。

やっぱり『外伝』のぷちアイオリアの描き過ぎですか?
嬉しいような哀しいような…複雑な気持ちだぁ〜
[PR]
by masaki_rui | 2008-04-19 16:23 | エピソードG感想(16巻) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://phoebus.exblog.jp/tb/7023557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< カラー!カラー! 5月に集中? >>