0巻感想追加
Prologue 「探求セシ者」

こちらはカラーの描き下ろし。
コミックの値段から増頁を密かに期待しておりましたが、念は通じず。
いつもと同じでごわした。

プロローグの名の通り
美子さんが“問題の”遺跡の入口を発見した場面が描かれています。

そして…「砂漠に駱駝」という
激ベタなネタに笑ってしまった管理人ですが
よくよく見ると、ちっこいアイちゃんが乗ってるぅ〜vvvvv

駱駝の手綱を引いてる真面目モードのお兄ちゃん。
↑このコたち怒らせると、むっちゃくちゃ臭い唾を吐くから気をつけて!



Epilogue 「探求ヲ命ズル者」

こちらも描き下ろし。カラーじゃないけどね。
しかし、何っつーか…

歩いて帰れYO!(光速で)

今回の任務には“人件費かけ過ぎ”って面があるけど
あのガランさんが付いて来てるんですから
交渉に使った金額だって、最小限に抑えたに違いない!
(脅しも含めてネ! 笑)


『さっきぶり…』と、照れてるぷちアイがかわえぇ〜vvv
「おみやげ」って言うと、牛さんを思い出すのですが…。

 既に彼がこの当時、聖域に居たとする。
 “最強”と呼ばれた憧れの聖闘士アイオロスが
 各地に派遣される度にお土産を買って来てくれる。

こうした経験に影響されて「買い物好き」に育ったんだとイイなぁ〜♪
そして…「お兄ちゃんと手を繋いでいるぷちアイちゃん」というのは、
とことんオイラをほわぁ〜vとさせてくれます!
[PR]
by masaki_rui | 2008-05-22 23:47 | エピソードG感想(0巻) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://phoebus.exblog.jp/tb/7137578
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 重箱つつきたい 地味だぜ楚真 >>