人気ブログランキング |
カテゴリ:エピソードG感想(18巻)( 7 )
クロのん大ハリキリ

聖闘士星矢EPISODE・G 18 (チャンピオンREDコミックス)

車田 正美 / 秋田書店



実に2年と2ヶ月振りのコミックまとめ。
今回は特装版無いんじゃよ。
付録には眉間にシワ寄せてた管理人ですが、
特装版自体が無いのは寂しいのぉ〜


まずは表紙。
左半分には、左上を見上げた獅子の立ち姿。
そして右下には、マントばさーっ!の下から
クロのんが顔見せてます。(笑)

一方、中表紙は今年の7月号の本誌表紙を飾った
握りこぶしアイオリア様っす。
でもこれ19巻収録予定の80話の時の表紙にゃ。

2年近い休載の後の初単行本のせいか
目次の上の方に簡単なあらすじが。
(今迄無かったよね?)



外伝「堕天セシ者」
前話である第73話「闇ヲ取リ戻セシ者」のラスト、
ムネモシュネによって記憶を戻され覚醒したぶり王が
シャキーン!と楚真を装着を完了するまでを描いています。


第74話「命ヲ狩リ取ル者」
変更修正点は無いようです


第75話「絆 結ビシ者」
変更修正点は無いようです


第76話「霧ノ中ニ立ツ者」
p.64 クロノスの台詞「刻を狩り取る」が「刈り」に訂正


第77話「同胞ノ力ト共ニ在ル者」
p85 一コマ目のアイちゃんの叫びの描き文字がホッソリ明朝体風に変更
しかしラストp.128の『いるだんゼ』が直ってねぇ…orz


第78話「大神ヲ守護シ立ツ者」
サブタイトルが「砕ケヌ盾トナリ 切リ裂ク剣トナル者」から変更
p.152 「聖剣抜」が「刃」に修正


第79話「光ニ救イヲ求メ 奪ウシカ無イ者」
サブタイトルが「決シテ揺ルガヌ者」から変更
p.192-193 「聖剣抜」が「刃」に修正



今回の変更箇所は、殆どが誤字修正だなぁ。
サブタイトルが2話分も変更になるとはっ!
…となると、80話以降のサブタイトルループも解決?w
by masaki_rui | 2011-08-28 20:28 | エピソードG感想(18巻) | Trackback | Comments(0)
クロのんってばw(後に変更)
第79話「決シテ揺ルガヌ者」
 →「光ニ救イヲ求メ 奪ウシカ無イ者」


メガスドレパノンを握りしめたまま、
ぷかぷか浮いてるクロのんってば、いとおかし。

エロ親父(※注:ゼウスとーちゃん)が憎いのは分かるが、
一応“アテナの”聖闘士を名乗ってる黄金クンたちを
ネチネチいじってもなぁ〜
確かに親父に託された地上ですけど…。


そんな憂鬱な気持ち(?)を、すっからか〜んと吹き飛ばす獅子。
どんだけ兄&ガランさんスキーなんだよ、アイちゃんwwwww

言うだけ野暮だと分かっちゃいるが…
なんつーか、次元が違うよなぁ。
流石、神様とやりあってきただけのことはある! (^^;

『だから信じるンだ
 愛した者が守りたかった
 世界だからーー平和だから

 そして愛した者が貫き通した
 何より大切な正義だから

 それがオレにとって
 唯一の真実だ』

なんて、真顔でドーンと言われちゃたら
凡人は「へへーっ!!」(ひれ伏し)って感じだよ。(笑)


しっかし…神様たるもの、そんな程度で納得してはイカンのです。
「こっちにも有るんだもんね〜v」とリトスちゃんご指名。
………って

ぷっ=3

おいおいおいおいおい…
相変わらず、素で笑いをとるクロのん。
でもレアさまの立場ってものがなぁ〜ぶつぶつ…


親衛隊の面々は、王の変化に驚いているのに、
“次元が違う”獅子は悠然と、リトスちゃんへの誘惑阻止!(笑)
あークロのんが癇癪起こしたー ←ちょっと棒読みw


さっきの変貌に慌てたのか、
今月も技名間違ってます、シュラさん…
「聖剣抜」ではなく「聖剣抜」っす。(涙)

あらあら…いつも眠そうなオメメしてた(失礼;;;)
カッちゃんの瞳が真剣な光りを!
テニスのレシーブみたいな格好で極小氷晶ダイヤモンドダストを放つ。


黄金クンたちに支えられ、王に一矢報いるアイちゃん。
シッカリ説教たれてますが、クロのんは全然聞く耳持ちまへ〜ん!
まぁね、理不尽で唯我独尊だからこそ神サマな訳で。

…って、今月ココマデ!何か短くね?
数えてみたら、28頁だったヨ。

来月号は表紙に登場とのことなので、
美人さんのアイちゃんに会えるのを楽しみに待ちまする〜
by masaki_rui | 2011-04-23 14:02 | エピソードG感想(18巻) | Trackback | Comments(0)
今回も長いぜサブタイトルw(後に変更)
第78話「砕ケヌ盾トナリ 切リ裂ク剣トナル者」
 →「大神ヲ守護シ立ツ者」


あらあら、闇乃鳴動を引き起こしていた4本のオテテが
「ギャアアア」と叫び声を上げながら砕けていきますよ。
瞬ちゃんの鎖さんよりキャラ濃いんだなぁ。

途端に態度がデカくなるアイちゃん。(笑)
イアっぺとも濃い様とも、ヒュペとも闘っていながら
守護惑星の存在を、すっかーり忘れていたような獅子。

ま、周囲で見てたミロたんも同レベルだった様で。
おまいら、ホント似た者同士やのうw


うぎゃぁあああー
まぢ?まぢっすかー!?
クロのんの、あのぴんぴんアホ毛って
風船の紐だったのかっ!!(違)

おおっ!ギガス九兵神残りの3柱まとめて登場。
 翡翠(ネフリティス)ノ鎧(ホプリスマ)
 琥珀(エーレクトロン)ノ獣(テール)
 真珠(マルガリーテース)ノ竜(ドラコーン)
はい拍手でお迎えー!

人形の時は、順に髪が長くなってるようです。
ムウたまとイアっぺ戦の後、
王が呼び出したギガス兵はちゃんと9名いますね。
鎧さんっぽい方って、左端?(3巻参照)


うっひょ〜♪
アイオリア様親衛隊、やっと活躍の場が!
『負ける事など考えぬーー!!
 我々は勝つ為に来たのだからーー』
っちゅーアルデバラン格好よすv


二番手シュラさん、久々の聖剣抜刃!
…って「刀」になってますよぉ〜
別の技ですかぁ〜(禁句)

『お前達がクロノスを守る為に来たのならばーーー
 我等は地上の平和と仲間を守る為に来たーーー』

そうキメてるシュラさんのバックで、牛さん役得。
オレも、俺もアイちゃん抱っこしたいーっvvv←落ち着け!


竜さんは水竜なんですね。
桶兄が休憩中(嘘)なので「水」ときたら、この人。

『戦神アテナの名の下に集いし我等ーー黄金聖闘士
 全ての命を守り
 仮令 相手が神であろうとーー
 未来という二文字を生んでみせる』

和菓子の真剣な表情も久し振り〜←褒めてます


共鳴振動波って…鎧さん、
やってることがジギーロスと同じやん。
ムウたまの居ないこの冥府で、
エレベーター役として活躍するのはヲトメさん。


そして“我等が”ミロたんがトリを飾ります。(大ボラw)
『黙らんか!!!』って…ミロたん、自分の実力を…あわわ

『我等 戦神アテナに選ばれし
 地上を守護する者なりーーー!!
 十二人の黄金聖闘士!!!』

そっか、自分だけじゃないから、そんな台詞が…おっとととw


三巨兵が現れてから守られ続けてた
にゃんこ姫が遂に始動。
アルデバランに投げ上げてもらい上空から雷光放電。
雷(ケラウノス)の力は効果あったかな?

しかしアイオリア様を始め、
親衛隊の想いはクロのんには通じず。

あーーーっ!言っちゃったぞ、クロのん。
今の獅子にとって超禁句『民なンか知らナイ…』って。

クロのん、他にもひでー事言ってましたが、
最後のコマのアイちゃんの横顔に見とれてて俺様スルーw


今月は親衛隊の“活躍”は見られたし
40頁超えてるし、可愛いアイちゃん復活で、
満足満足〜vvv しゃーわせです♪
by masaki_rui | 2011-03-21 15:45 | エピソードG感想(18巻) | Trackback | Comments(0)
長かった…連載再開までと副題w
第77話「同胞ノ力ト共ニ在ル者」


およそ2年。
この時を待ちに待ってたよ〜ん!
表紙と巻頭カラーだーいv

…アイオリア様、化粧濃くなった?(爆)
それに何とな〜く表情に元気が無いような???
「やんちゃっ仔」(オイ…;;)から「お姫」へ
路線変更するのかと思ったぜい。←え"?


さて本編。
クロのんに真っ正面から突っ込む獅子から始まります。
ホントこの仔は、それしか出来ない仔やねぇ〜(苦笑)

アイオリア様親衛隊のメンバーは相変わらず実況中継役。
う"っ、うむむむ…皆揃って丸っこくなってない?
そんな姿になっても一人表情が変わらない乙女さん。

なぬっ!?また獅子が脳みそやられたとなっ!?
嗚呼またこれで、
二十歳アイオリア「ぽにゃにゃ〜ん」化へまた一歩。(^^;


シャカの冷静つぶやきに我に返ったか
今度は牛さんまで落ち着きまして…
リトスちゃんを元気づけてくれてます♪

いい奴だよな〜アルデバラン。
おみやげツアー以来の、この二人の会話に癒されるぅ〜

そんな応援団の中で、
相変わらず一番賑やかに叫んでいるのはミロたんだけw
君は本当に「『エピG』のなごみ」だなぁ。(笑)


突然舞台は変わってエジプトへ。
(今となってみれば、何ともタイムリーな場所)
出たー!水浴び大好き サg 蜥蜴さん。
…ってか、こんな事で集中出来ないのかね、ちみは。

因みにムスリムはガードが固いので
同性同士でも下半身を見せません。
ハマム(公衆浴場)でも腰巻きしたままですから。

地元の人が居る場所で脱いではいけませんぞミスティ。

 すっぽんぽん ダメ絶対!(笑)


美子さんはアイアイ兄弟で免疫が出来てるでしょうけど、
レツくんへの精神的ダメージが心配です。
(その心は三角センセイ ///)
「聖域って変な奴ばっか…」ってねw


再び舞台は冥府へ。
“いの獅子”にゃんこ姫がクロのんにガチ攻撃…
と思いきや、こんな技が使えるなんて〜!(◎_◎;

電撃をブーメランみたいにカーブさせ、
闇ノ鳴動を引き起こすオテテを4本とも同時破壊。
いやぁ〜「あの」アイちゃんとは思えない技でごわす。

…と思ったら、濃い様の力のお陰なんだね。
良かったぁ〜←何がだ?


ヒュペも力を貸してくれているのだと、
その事を熱く語るにゃんこってば、最後の最後で
「…いるんだんゼ」って、何処の方言や…www
カノンの「だぜ!」かと思ったゼ♪



全体的に皆さん、クロのんがブリ王の頃から回してた
マニ車 金剛石乃砂アダマス プサンモスの影響か、
まん丸く幼くなって…(^^;

また、コマによっては主線が細いっつうか
シャープな力強さがなくて、ちと哀ぴかったっす。

来月発売の「5月号に続く」となっているものの
最後の方の来月予告に名前が載ってないので
ドキドキしながら次号を待ちまーす。

頑張れ〜!
にゃんこ姫、毎月見たいにょーv
by masaki_rui | 2011-02-27 20:49 | エピソードG感想(18巻) | Trackback | Comments(0)
完結フラグですか?
第76話「霧ノ中ニ立ツ者」


クロのん、やはり“ぶり王”時代の記憶があるみたい。
「刻を刈り取る」(「狩」の字を使ってたけど、
「刈」じゃない?鎌なんだから…)
って、
例の“マニ車”廻してたこと言ってるんだよね?
 ↑金剛石乃砂 アダマス プサンモス だってばっ!

意味も分からなかったのに、そんなに沢山廻してたのけ!?
そこへ…またもや一人しっかり突っ込み入れてるミロたん。
この子が居ると、話のポイントがいちいち確認出来てエエわぁ〜
でも、相手は「時」(元々は「農耕」)の神なんだからね!


舞台は地上…エジプトへ。

あ、もしかして!
わ〜いレツくん久しぶり〜♪
クロのんの影響受けたのか若返り?(笑)
顔つき“ふっくら”してますヨ。

更に新“怪物クン”も登場だ〜い!
…レツくんって人外とばかり戦ってるよね。
ミロたんは(元)人間だったのに。(禁句?)


エウリュアレを一発で倒した裂爪疾風も、
何故かこの新怪物クンには効果がありません。
「アンデット系にはホイミか薬草が…」って、
えええええ”ー!!!誰?(爆)

はい、海将軍・海馬バイアンではなく、なんとアノ
蜥蜴座ミスティ(やっぱり腰細!)堂々の登場です!!
今月号は「小学生大活躍」号だっ!


そしたらもっと追加でうおおおおおー!!!
美子さん(推定みそじ近辺)まで再登場。
でも「エジプト考古学」というより
「エジプトモンスター学」って領域だよな?
(今回は日焼け対策ばっちり!っすね♪)


美子さんの、アイちゃんへの言葉を読んでたら、キましたよぉ〜
ちゃんと正体を明かしてからのハナシらしいので、
外伝内で言ってた以外にも、0巻描き下ろしで
兄ちゃんがダウジングやってる時に色々教えてあげたのかな?って。

アイオロス→アイオリアのラブラブっぷりは直に見せつけられたけど
アイちゃんからの逆ラブは「常軌を逸して」ない程度でしたからネ。(笑)
『大切な…大好きなお兄さん』って言われてるよ…

この馬鹿兄弟はっ!大好き!!!(大笑)

ただ、もうアイオロス兄ちゃんが居ないことを考えると辛いものがありんす。
この辺りのこと、どう美子さんに話したんだろうね、聖域側としては。


こうした地上の危機に聖闘士を派遣したり、きちんと対応しているトコロをみると、
「サガぴょ、ちゃんと教皇としての仕事やってるじゃん!」って思った。
聖域内…というか、聖闘士同士の纏まりもしっかり有るようだし。
この時代を経た聖闘士たちが、教皇を中心に結束しているのが納得いったな。


…と、なにやらシリアス感想で締められそうな今回ですが、
ちっこいアイちゃんが“難しい”日本語で一生懸命
「兄らぶ」を美子さんに訴えている場面だとか…
再会した時に「英語上手くなったねv」と言って
美子さんから黒帯ハリセンくらうとか…妄想してました♪

そして、今度はアルゴルも宜しく!と
飯田橋の方向へ念を送ったゾ。(笑)
by masaki_rui | 2009-05-20 07:16 | エピソードG感想(18巻) | Trackback | Comments(0)
何故か笑いが…
第75話「絆 結ビシ者」


あの〜『エピG』って「一話20ページ台」が
デフォルトになっちゃいました?
今月は前回より1頁減の24頁です。
寂しいぜ………


クロのんが繰り出した新技?は
刃の振動を利用して、離れた相手の小宇宙をも切り裂くもの。
でも、効果が及ぶ範囲は狭そう。

だって「アイオリア様お助け隊」より近くに居る筈のリトスちゃんには
全く被害を与えていない様子ですから。

一方的にクロのんの攻撃を受け、膝カックンの獅子なのに、
ヒュペリオンとの約束は忘れていなかったようです!

でも、わざわざそのコトを口にするもんだから、大神お怒りモード。
アイちゃん、胴体ザックリ斬られてます〜;;;
リトスちゃんを“守る”んだから、泣かせても駄目なんだぞぉ〜


崩れかけた獅子に、
見開きでラリアットをくらわせた(嘘)者とは…!?
正体が分かった途端に笑い出してしまったワタクシ。

だって、ねぇ?あのミロたんですよ!!
こうゆう「美味しい」シーンは、速さも必要だろうから
シュラさんとか、シャカとかが持って行きそうなのに。

でも蠍の尻尾パーツが変わってたから、
カミュに続いて「なんちゃってミロたん」かもしれない!(笑)

あっ!クロのん相手に戦おうとまでしてるゾ。
しかし真紅光針スカーレット ニードル不発。
(渾沌豪雨カオスヒュエトスの技の方が、針の数圧倒的に多いもんなぁ)
相手に届く前に、王の周囲に浮いてるオテテに阻まれてしまいます。
何だか瞬ちゃんの、星雲鎖を思い出させる性能だ。


アイちゃん…
親衛隊全員orミロ個人が「冥府に堕ちた」と思ってたってか!?

ここにきて、ミロたんが獅子に対し
「友じゃないけど仲間」宣言!
そして次々に姿を現す「アイオリア様親衛隊」の面々。

見開きで6名の黄金聖闘士が並び
『地上に生きる 全ての命を守るのが…我等
 聖闘士の使命』と見得を切る。


あ〜やっぱ黄金聖闘士ってばカッコいいぜ♪
…バカ猫と節足動物以外が、一気に老け込んで見えたケド(爆)

黄金クンたちによってテンションが上がるのは
何も真紀だけではないようです。
2つ前のコマまで「かろうじて起きてる」状態だったにゃんこ姫。
いきなり復活して態度でかくなってます。
ここで「次号につづく」。


『エピG』本編を読みながら笑えたのって、
ポン太郎の「変質者ルック」とか
ガランさんヒヤシンス事件の時以来だ〜

これからもちょくちょく笑わせて下さい!
 ↑そっち路線かよ!?
by masaki_rui | 2009-04-18 23:56 | エピソードG感想(18巻) | Trackback | Comments(0)
「花嫁の父」かよ!?
第74話「命ヲ狩リ取ル者」

まずはクロノスのモノローグ。その1頁目から「?」な台詞が。
3コマ目の「人」って意味通じんけど…。「身」の方が良くね?

母親ガイアより与えられし使命に肩を押されるように、
大鎌メガス ドレパノンを振るい冥府の地面を“ざっくり”。
12巻掲載の外伝と同じく「母様」を「ははさま」と読む元ブリ王でした。

 ところで、他の“お助け隊”の面々はどこ〜???


と、突然ミロたんみたいな言葉を吐く王。
『「服従」か「死」か』と。…おいおい、
『二つを選べー』って、選択肢自体が「二つ」しかないよぉ〜!
「どーしろっちゅーんじゃ?」と悩んでいたら、
今度はリトスちゃんに対して勧誘を始めちゃいました。

 ほう、記憶喪失時代の「記憶」って残ってるんだぁ。
 となると、己の「ぶりぶり度」は恥ずかしくならねえの?
  ↑ たぶん“神サマ”なので次元が違うのでしょう… (夢違風思考)

しかし『一人だけじゃ幸せになんてなれません…』と
誘いを断り、相手を説得しようとするリトスちゃん。
何だかまだ「朦朧としてる」風の“クロのん”は、
レア様のこと忘れた様子で短絡的な方法を取ろうと…

おっ!アイオリア様の“ふざけんなぁ!!!ボルト”炸裂!!
でも、しっかりカウンターアタックを返されてました。
クレイオスの剣と同じく、肉体と小宇宙両方を斬る武器のようです。


…えっ!?
あんなに惚れてた(笑)アイちゃんのこと忘れてんの、クロのん!?
「こいつは…」と眉間にしわ寄せつつ頁をめくったら
アイオリア様まで爆弾発言。

いつから“親”になったー!?

最初に“兄貴”宣言はしたけど、
飼育 世話されてるのはあんたの方だろ、獅子よ。

今度は、口ぽか〜んとしながら次頁へ。
新技?を出そうと構えるクロノス見開きで、イキナリ終了。
うっ、短い…。

数えてみたら25頁。
う〜ん、完全復活は夢だったか…。


まっ、「お前なんかに、リトスをやれるかっー!!」と、
ちゃぶ台をひっくり返すアイオリア様が浮かんで楽しめたからいっか?
(↑アイオロス兄ちゃんでも応用可能ネタ  笑)
by masaki_rui | 2009-03-20 17:41 | エピソードG感想(18巻) | Trackback | Comments(0)