人気ブログランキング |
カテゴリ:エピG.A.感想(6巻)( 8 )
熱っ!
第43話「アテナ」


『エピG』の頃からのクセなんですが、
その回のサブタイトルに気づかず読み進め、
読了の後に「なるほろ〜」と納得したり笑ったり。

しかし今回のタイトルさんの登場より、
シュラりんを助けに来た時の方が衝撃的かつ
感動的だったので、複雑な気持ちデス。
何でだろ?意外性が無かったからかな???

とは言うものの、連載サイクルを崩してまで(想像)
星矢ちゃんの誕生日にぶつけて来た話だけはありました!


紫龍くんの、死力を尽くした蘇生打撃は失敗したのだと。
そもそも人間とは、儚き希望を抱きながらも
叶わず倒れていくのだと。

優越感たっぷりに負けフラグを更新し続けるシグルスさん。
しかしその目の前で、再び小宇宙が増大し始める星矢ちゃん。
その描写は、修行の末ペガサスの聖衣を手に入れた晩に、
シャイナさん率いる追手から逃れた時のエピソードを彷彿させる。

紅葉の進んでいる日光の地には、
燃やすための落ち葉もたっぷりあることでしょうw


蘇生後の“本番”星矢ちゃんを容赦なく打ち、
聖剣屹立するシグルスくん。
すると星矢ちゃんが女神の名を口にする。

「勇者」は、今でも最大の称号なんだね。
亜麻色の髪の沙織さんの台詞で
「」付きで“永遠”とあるのが気になるけど…

髪の色が藤色に変わるのは、沙織さん→アテナの暗示かな?
瀕死の状態(っちゅーか一度心臓止まった)でも戦い続ける
星矢ちゃんの加護に現れた女神には、
池袋の時と同じく梟の模様のティアラが…。


星矢ちゃんが放つ流星拳はグラムの映像を打ち砕き、
そのままシグルスっちをも貫く、正に聖なる矢。

更に女神の加護を受け、聖衣が変化してた。
シュラりんの場合は霊血で青く輝いていたそうだけど、
(ランスロット談)
星矢ちゃんの場合は神聖衣化。

こ、これは加護度の違いなのか?
それとも主役パワーの違いなのか…?? ^^;



でな、来年のシュラくんのお誕生日も火曜日なんですが…
こちらも盛大なサプライズが待っていると考えていいですよね?ね♪
by masaki_rui | 2015-12-06 10:01 | エピG.A.感想(6巻) | Trackback | Comments(0)
姫、本気出す
第42話「蘇生打撃」


歯ぎしりしながら、更新待ってたよ〜 ^^;

やはり期待に応えてくれたね、しるーくん!
神龍の神息を無理矢理破り、
全身から血を流しながらも、星矢を助けようと前へ。

剣撃で貫かれたので、Gアイちゃんの
“ウロボロスの能力を利用した心臓再生法”かとオモタら、
無印原作コミックス2巻(手持ちは6刷です)のアレ来たーー!


「死闘!天馬対龍の巻」の再現フィルム。(おい)
春麗の必死の懇願は、当時のそれとほぼ同じ台詞だ。
違うのは、救う側と救われる側が逆になったこと。

そして距離こそ離れていても、
“あの時”と同じ様に2人を助けようと願う瞬たんと氷河。
彼等の台詞も当時と近かったのがまた良いのだ〜!

しかも紫龍くんの星(聖)矢ポエム(しつこい)ってば、
「ペガサス幻想」の歌詞にも重なってきて、
「うわ〜vうわ〜v」としか言葉が出なかったよ。


前回も書いた「聖闘士は心臓が止まってからが本番」に並んで、
「聖闘士は、心臓が止まったぐらいじゃ死にません」とも言えるから。

そりゃ、シュラりんにも暫く逢えてないのは寂しいですけど…
『☆矢』の根っこの根っこを踏まえたこのエピソード、
このまま胸熱展開の決着が見たいです!!!
by masaki_rui | 2015-11-29 22:34 | エピG.A.感想(6巻) | Trackback | Comments(0)
主役で無い方が存在感が増す
第41話「勇者」


いやもう今回こそ正に『聖闘士星矢』。
主役は星矢ちゃんですたよ。
シュラりんなんか、影も形も無いっす…^^;

『☆矢』って、ホント不思議な作品で、
本人が主役張ってた頃より、
別のキャラが主役してる作品でこそ輝いてない?(・ω・)


紫龍くんのポエムいやいや説明によると、
冥王の剣による呪いは星矢ちゃんの身体を蝕み、
生きているのも不思議な状態になっていたみたい。

仲間達に余計な負担をかけぬよう、
黙って完全に消息を絶った…って事だけど。
ちょっと“らしくない”と感じちゃった。

それは決して生きるのを諦めた訳ではないから、
“星矢らしい”とも考えられるかもしれないが…
言葉が無くても気持ちは伝わっているかもしれないけど、
それがいつ頃の話かまでは分からないけど。

かなりの割合で、
その後の仲間達の生き方に影響してると思うよ。
同じ青銅組だけでも4人プラス5人。
こんだけ居ても“星矢の力になってあげられなかった”と。

その傷を抱えながら戦ってきたんだなぁ彼らは…
そりゃ大人にもなるわな、あの頃と比較して圧倒的に。


しかしその痛みさえ、軽々と癒してしまう存在感。
『神の力を持っていても
 人に仇なす事にしか使えないならーー
 神を名乗るな』

これって、ムッチャ格好良くね?
あーGアイちゃんの後継者でもあるんだなあ〜って、
ちょいとホロリときました。


その後の無言、無音のバトル。
“手に汗握る”とはこういうものを言うのだー!!(聖闘士風)

…と、それまでガチンコ勝負してたシグルス君、
突如矛先を変えてきた!!?←ワダツミ長と同じかYO!?

狙いは動けない紫龍くん。
それに気づいた星矢ちゃんは、身を呈してしるーを護る。
ちょっと紫龍くん!幾ら何でも、姫ポジを固持し過ぎ!!(泣笑)


シグルスっちの刃は、冥王に傷つけられた場所を
またもや正確に貫いた模様。
飛び散る鮮血。

「聖闘士は心臓が止まってからが本番」とは言っても、
友のこの姿を見て黙っている紫龍くんじゃないよね!?
5人の中では、一番のゆーじょーこんじょーの君だよ?
それに聖剣戦争に参加してるのはしるーなんだよ?


そんな訳で、明後日の紫龍くんの反撃が激しく 見 た い !!
また、アイちゃんが受けたという“女神の密命”って、
星矢ちゃんにも関わってるのかな?
…そんな事を考えてます。

あとさ、ヒュペリオンのウロボロスの力を借りて、
心臓を復活させたアイちゃんの悪知恵プリーズ!←戦法と言え
by masaki_rui | 2015-11-15 22:27 | エピG.A.感想(6巻) | Trackback | Comments(0)
サブタイ探したw
第40話「聖闘士星矢」


前回も、紫龍くんのヒロインポジに笑っていましたが、
今回は初っ端からヒロインっぽさ大全開のポエム付き!
多分、妻子持ちだと予想されるアラフォーなのに、
どういう才能なんだろうね、これ。(笑)

そのヒロインの肩に手を置くヒーロー星矢ちゃんは、
予想していたとは言え、シグルスくんによると「死相が見えてる」って。
ひえ〜ん!!!( ; _ ; )


友を守る為に戦おうとする星矢ちゃんを
必死で止めるしるーくんの言葉から察するに、
彼だけ時の流れを止める処置でもされてたのかな?

何だか口調が十代の頃と変わりない感じなんだよなぁ。
となると、ミソペサ処置ではなく眠り姫パターンとか?
だから起きて動いてる星矢ちゃんを目にして“奇蹟”だと?


そんな星矢ちゃんに対して、シグルスくんってば死神宣言。
贔屓の引き倒しだと、自覚がとぉーってもあるけれど、
『エピG』1巻でのアイちゃんのそれの方が色っぺw
そして気分も盛り上がったなぁ〜♪( ´▽`)

だって、一度しるーくんに退けられているからか、
今回のシグルスくんってば、やたら「自称:神」台詞多くて…
まるで“プライドをしこたま傷つけられて、
もはや出自に頼るしか無い”雰囲気なんだもの。^^;


その「自称:死神」さんを前に描く、ペガサス座の星の軌跡。
聖闘士2人に降り注ぐ憤怒之雨を、全て弾き返す光は………
流星拳きたーーー!!!\(^o^)/

星矢ちゃんが纏うは、破損した状態のペガサス聖衣。
胸部にはハーデス様に刺された傷跡もクッキリと。


ううむ、やはり時が止まってた感。
更に、巴さん側と思われる金の翼を持った兄ちゃんに、
射手座聖衣を持って行かれてる感もたっぷりだ。

そしてこれだけ感動的なシーンなのに、
パーカー私服の上から纏う聖衣って斬新www
まあアニメ版でも、入院中の病院に日本出張中の獅子が現れた際、
パジャマの上から射手座聖衣を纏わされた前科があるもんなw


一方、影が薄い(禁句w)主役の山羊くんは被診察中。
過去に命を落とした人間が、生の肉体のまま未来に居る不自然さ。
それをフィリップスおじさまに指摘されてる。

ましてや敵も味方も欺く作戦だったとは言え、
冥衣を纏い、冥王が与えた肉体に宿ったこともある魂。
『冥府に常に引かれている』というのは重いな…

冥王の影響力が悉く小さくなってる(筈の)この世界で、
聖闘士の宿命ではあるけど、魂を闇に染めない為に
戦い続けなくてはならないのは。

その名の通り“修羅”にならなきゃいけないのかな?
おじさまの弁によると、星矢ちゃんも同じ状態みたいだけど…



 慟哭キャンディーズを始めとした役者聖闘士達の冥衣って、
 冥衣の材料を使って新たに作った
 “なんちゃって聖衣”という認識だったのだけど、
 今回のフィリップスおじさまの言葉を読んだら悩んでしまった。

 シュラりんの小宇宙が弱まると、その魂は冥府に引き寄せられ、
 守護してくれてた聖衣も冥衣と化して冥府へと誘うというくだり。
 確かに対キャンスロット戦で聖衣が冥衣(もどき?)に変化したものなあ〜

 その聖衣を纏う正統な聖闘士の魂が闇に堕ちると
 聖衣まで変化させちゃうんかな?
 (それ考えると、デッちゃん時代の蟹座聖衣は
  素行の悪い持ち主を戒めるだけの余裕あり状態だったか? 笑) 
by masaki_rui | 2015-11-01 23:05 | エピG.A.感想(6巻) | Trackback | Comments(0)
題名詐欺解消(笑)
第39話「神龍」


前回ギリギリして更新を待っていたら一週延びて、
歯ぎしりのせいで歯痛が起きそうな二週間ですた。(笑)


初っ端から迅速かつ重い攻撃をくらった紫龍くん。
前章での、ランスロットvs.シュラりんを思い出させる出だし。

続けて断絶封印という神龍の神息ー
シグルスくん曰く「オレの命を削る技」によって
身体と小宇宙の自由を奪われ動けなくなる。

しるー君、絶体絶命!の事態なのだが、
シグルスの台詞がまんまジャミール急襲時のイアペトスなので、
反撃されちゃう感たっぷり〜w


聖剣グラムで首を落とそうとするも手応え無し。
訝るシグルスくんの視線の先には紫龍くんと…
謎のパーカー男が。(笑)

しるー君の小宇宙を感じた前回。
それを頼りに、この場に飛び込んで来て、彼を救った者。
予想通り、星矢ちゃんでしたー!←40近くの男に「ちゃん」は失礼?


二人の会話からすると、長いこと逢っていなかった様子。
そして星矢ちゃんの姿に驚いてる事からも、
余程具合が悪かった状態が続いていたのかな?

シグルスくんによれば、
今のしるー並に小宇宙が感じられないそうだし。


しかしこの場で星矢ちゃんが小宇宙を燃やすと、
シュラりんだけでなく旧青銅揃って、
文字通りすっ飛んで来そうだなぁ〜

星矢が活躍してない『聖闘士星矢』シリーズとの指摘も、
これでオサラバとなるか!?(笑)
明後日の更新も歯ぎしりして待ってます♪
by masaki_rui | 2015-10-25 15:54 | エピG.A.感想(6巻) | Trackback | Comments(0)
甘々パパーシャ
第38話「アルケウス」


あのぉ〜
場所の説明欄(ト書き)が空欄ですぅー
どんだけ慌ててたんだYO!(笑)

文字は今日現在も追加されていませんが、
「東京都練馬(区)光が丘病院」が含まれていることは
想像に難くないっすw


さて、登場キャラは瞬先生だけでなく踊り子も。
日光旅行御一行様を話題にしています。
あれ?氷河さんパーマかけた?
ミロたんみたいなくるくるで、カワイイw

彼らは池袋事件の主犯ワダツミ氏から、
情報を聞き出そうと画策しているようです。
聖域が先に聴取したけど埒があかなかったそうなので、
隠れて暗躍している訳ではなさげ。

市センパイによるヒドラの毒では抑えておけないらしい、
この「顔の無い者」の長の一人。
バーテンダーによる絶対零度の力で
氷塊の中に閉じ込めてるそうな。


会話の内容から、この時代の黄金勢の中で、
貴鬼たんにはコンタクトを取ってるみたいな沙織さん。

止めても聞かない、以前なら星矢ちゃんが担ってた役。
今、それを代わりにやってるような氷河の耳に入れると、
一人突っ走ってしまうのを心配してるのかねぇ?


彼らも黄金聖闘士を継いだけれど、
受け取った聖衣を神聖衣化させた経験は無さそう…
となると、黄金魂の設定が生きてくるのかもなぁ。
 ↑いつでもスタンバイOK

とまあ、前回のアレと雰囲気違うし(笑)
こちらは色々真面目に推測してたのに…
『ーーこ…これからは
 叱っていく予定…』
って、何だよパパーシャ!?wwwww


その甘々な相手、ナターシャちゃんの診察が始まってます。
瞬ちゃんは外科のお医者さまなのかな?って思ってたけど、
彼のその技術では判断治療が出来ないモノなんだね。

寧ろ、代々聖域に伝えられてきたっぽい技を持つ治癒者だけど、
そんな人材すらも失くした、または育てられたかったのか…
教皇の座を継がせられず、且つ先代黄金くん達の一斉退去は、
選択の余地が無かったとは言え、やっぱ無責任だよな〜(おい


診察の間に言及された
「神」と闘った人間ーーって、
一番傷が深いのは星矢ちゃんだよね?

でも『エピG』世界を通って来たのなら、
アイちゃんだってシュラりんだって同様だと思うんだ。
強いて言うなら、事前に霊血の加護を受けてたって事か?


そう考えてるそばから格好良く登場する山羊くん。
『黄金魂』で、美味しい登場の仕方を身につけたに違いないw

ここで「理(ことわり)」という単語を口にするフィリップスおじ様。
後で紫龍くんにお使いを頼む事といい、
前回シグルスくんと話していた学ランもどきさんっぽい気がす。


こちとら、う〜んう〜んと考え悩みながら読んでるのに、
シュラりんの天然、今回も炸裂!(笑)

侘び寂び好きだろ山羊くん!
抹茶味の山羊座パフェに続いて、
ここでも抹茶カキ氷を注文wwwww

更に湯葉料理もチェック済み!
このマイペースっぷり、
同じB型として誇りに思うよ、シュラりん。(笑)


さてさて〜皆の保護者、やっと登場です!
横浜ラーメン会で対面済みらしいヨシノちゃんを労い、
フィリップスおじ様にもちゃんと挨拶する紫龍くん大人!!

年齢的なものもあるけどさ、
先代黄金のメンバーに見習わせたいっす。(笑)


そんな常識人を、すぐに遠ざけようとするおじ様アヤシス…
確かにケータイ等の通信機器を持ってる素振りが無かったけど、
山羊くんだって持ってるんだし借りればいいじゃん?

東照宮(ああ、また世界遺産ハカイダー…)で
シグルスに遭遇しちゃったのはおじ様のせい?
それともその近くに現れた謎の人物に会わせるつもりだった?


その謎の人物。
そろそろ一輝兄さん(地獄の獅子座?)の出番じゃね?
って思ってたんだけど、体型とか服が全然別人。
髪や瞳の色も異なる。

オーラ(?)は翼を表してるように見えたので、
これらの要素からも、星矢ちゃん…なのかな?
しるーくんも『我々がご迷惑を』って言ってたし。

ただね…台詞が少し違和感あるんだよね。
おじ様の所でずっと療養してて仲間に会ってなくて。

近くで突然大きくなった小宇宙の一つが、
久しぶりの紫龍くんだったーー
って言うなら、分からなくもない言葉なんだが。

ああもう、次回が待ち遠しい!!!!!(逆ギレ)
もう少しの辛抱…もう少しの辛抱………ぎりぎりぎり
by masaki_rui | 2015-10-11 23:56 | エピG.A.感想(6巻) | Trackback | Comments(0)
誕生日プレゼント?
第37話「治癒者」


次の章が始まりました。
今度は日光に舞台が移ります。


最初に出て来たのはシグルスくん。
彼、ほんと柄物好きだなぁ〜(笑)
(好みが関西のおばちゃん?)

そして話し相手が謎の黒衣の男。
一見学ラン風にも見えるし、
お帽子がオサレwなので、JOJOかYO!?ってオモタ。


彼は剣闘士(ロスト聖闘士)側とも、
聖域側とも接触がある様子。
シグルスくんが「どっち側なんだ!?」と迫るものの、
うまく煙に巻いてしまいました。

「始まりであり終わりであるー」って、
この物語を見届ける者って感じなのかな?
『理(ことわり)』とは、世界の理だとしたら、
今のシュラりんにキツく当たる立場だよね?



さてさて〜GAのオアシスの登場でっす!(笑)
ヨシノちゃんとナターシャちゃん(別名:お孫ちゃんw)が
食べ歩きレポートしてる〜♪(違)

管理人は、会社で読んでるというのに、
「領収書の宛名:聖域」でフキましたwwwww
グラード財団じゃないの?wwwwwww


そして仕事で一緒出来なかった氷河(パパ)が、
ナターシャちゃんのお出かけ服を選んだそうで…
その気合入りまくり!に、腹筋が痛いです。

ただあのチョーカーは、首の傷を隠すためなのかな?って。
ちょっとシリアスになった。


ところで、彼女らの同行者は山羊くんでした。
色々と狙われてるオナノコ逹を放っておいて、
何やってるんだか…←ヨシノちゃんもプンスカ

そこへひょっこり現れる紫龍くん。
シュラりんはしるーくんと待ち合わせしてたんか。
しかし、中って…ここ何処?


………………山羊くんスタンバッてたあーーーーーwwwww
その格好でしるーくんが来るまで待ってたんかwwwwwww
しかもただの露天風呂でなく貸し切り!!
引っ越しそばといい、シュラりんの知識の元ネタは一体何だ?

あと入浴の注意点として、水着不可より
遊泳禁止を大きく言う紫龍くん素敵v
今の彼にとったら、高校生シュラりんは息子扱い?(笑)


そして髪を纏めてるしるーと、
手拭い載せてる山羊くんの入浴スタイルに腹筋崩壊…orz
しかも話してる内容が超真面目。
こ、これがギャップ萌えと言うものか…!?(笑)

現在の聖域の窮状についての説明。
そして紫龍vs.シグルス戦の後で、
自分はまだまだだと落ち込んじゃったしるーくんに対し、
全ての記憶が戻った“今の”シュラりんが謝意を伝える。

憧れのセンパイに認められて本当に良かった良かった。
今日10/4は紫龍くんの誕生日だから、
バースデープレゼントの意味もあったのかな?
(ラーメン会では、浮上まで行かなかったか!?w)

 『強いことのみに固執した』って、
 G山羊くんとは違うのかな?
 クレイオスと戦った山羊くんが成長しても、
 そうはならない気がしてる。


そのまま一杯酌み交わそうと目論むシュラりん、かわゆす〜
治癒者ヒーラーの治療を受けるんデショ?!
守護すべきオナノコ2人も居るじゃないの! ^^;

ここでシュラりん18歳未満と
紫龍くん輸入業が判明。
やはり星矢ちゃんに効く薬を探してるんか?
そしてラーメンの材料も手に入れられる立場?(笑)


山羊現天秤が、こんな感じでほのぼのしている頃、
オナノコ逹には、不可思議なヒゲのダンディが接触。
このフィリップスおじ様は聖域の事もよくご存知。
………って、最初に出て来た学ランくんなのか!?

彼は医師を名乗る。
ナターシャちゃんと、シュラりんが治療のために会う相手って、
別々?それとも同じ“治癒者”なのかな?
同じだったら、フィリップスおじ様が腕利き治癒者か…
↑色々想像してるw

あ、でも同じスペイン系のようだから、
案外話が弾むかも…?
by masaki_rui | 2015-10-04 20:52 | エピG.A.感想(6巻) | Trackback | Comments(0)
今度はパパに持って行かれた
第36話「失われし聖闘士」


先週、全てを持って行った蟹足は、まだ成長を続けております。
呆然として見守るシュラりんの台詞
『俺たちが誰よりも知り 誇りと栄誉と至高を その身に携えしーー』
これ、デッちゃんに対する褒め言葉カナ?(笑)

貴鬼たん曰く、デッちゃん以降、蟹座の聖衣は継承されていないと。
では、このキャンスロット[キャンサーのランスロット]が纏う聖衣は…
女神の霊血さえ受けているらしい神聖衣は…
デッちゃんが纏っていたものを、ここまで呼び寄せたのか?


「失われし聖闘士ロスト セイント」の説明は、
暗黒聖闘士を思い起こさせるなぁ〜
となると、表立ってる聖衣と同じ数だけ、
失われし聖衣が88体存在するのかも?

この巴サンの説明を引き継ぐのは、
22話に於いて全テ乃狭間で仕切っていた金の翼の兄さん。
『地上を守護する 女神の聖闘士』との言葉を口にしつつも、
ルビは「めがみ」であって、「アテナ」ではなく…

彼の金色の翼が、どうしても射手座のソレにしか見えなくて。
羽根が舞う表現も、天使アイオロスの時とクリソツ。


唯のコスプレ集団かと思ってた剣闘士だけど、
ランスロットの話からはモノホンが生き直ししてるみたいで。
その「チャンスをくれた神」と「生かしてくれてる巴サン」は
一致してるのか別物なのか?

復活する時に約束したから、
「アーサー王」と勝手に重ねてるシュラりんと対立し続けると。
そう宣言して一旦退却する巴チームでした。



それまでじっと黙っていたアイちゃんが異なるフォントで語り始めたのは、
剣闘士だった少なくとも一人が聖闘士…それも黄金聖闘士で、
この相手から敵対宣言を受けて険しい顔してる山羊くんの言葉に対して。

もうさ、長年ファンやってると「黄金聖闘士は纏まりないから〜」と、
一種の笑い話として受け入れちゃってるんだけど。
この業カルマを断ち切ると決意してる獅子がさぁ…

この聖闘士同士の争いで兄さんを失ってるんだもんね。(T ^ T)
もう誰一人、同じ様な哀しいめに遭わせない!
そう心に決めたんだろうなと。


自分のことを「我」と言ってるので、何かに憑依されてる気がしないでもないけど、
『エピG』でアイちゃんが散々言ってた「人間が奇蹟を生む」
「宿命に捉われずに自分の運命を掴み取る」と同じ意味の台詞だから。

13,4歳程度で、これだけ理不尽で厳しい未来の歴史を知ってしまっても、
折れる事がない黄金にゃんこの力を信じたいと思うのです。


 他の聖闘士(貴鬼たん)が居る場面で、
 山羊くんがアイちゃんの名前を口にしたのって初めてな気がする。
 同じ黄金同士でも、名乗れない相手と名乗れる相手が何故居るのかな?

 あと、同じ時間と時空から獅子山羊2名がGA世界に来ちゃった訳だけど、
 元の世界では欠員が出た事にならないの?
 全員揃わないから色々歴史が変わりそう。
 慟哭キャンディーズの構成員とか嘆きの壁とか…

 やっぱり志を果たしたら、従者さん達の元に還って来て欲しいぞよ〜



同じ池袋でも、此方は60通りの方。
あ!ワダツミちゃんの意識が戻ってる!!??
自分で作ったフリージングコフィンなら、溶かせるのか氷河さん。

元々の身体の持ち主の人格を取り戻したらしいワダツミちゃんは、
氷河氏が最初戦うのを躊躇した“見かけ”そのものになってました。
見知らぬ場所に、見知らぬ人の前に一人立ってる恐怖。

それを目にした氷河さんの父性愛大爆発!
あっと言う間に未婚の父1名出来上がりです。(笑)


この辺りの台詞、記憶喪失クロのんを包み込む、
アイオリア“兄さん”と同じで、
「あ〜こんな事も受け継がれてるんだなぁ〜」とほのぼのしてたのですが…

またもやマーマ攻撃をくらってしまい大爆笑!!
この時代でもお笑い担当なんですか、氷河さん!?(笑)
前半の、痛いくらいのシリアス度が台無し!!(褒めてますw)
by masaki_rui | 2015-09-20 21:32 | エピG.A.感想(6巻) | Trackback | Comments(0)