人気ブログランキング |
<   2013年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
第84話「迫る影!アテナ守りし黄金聖闘士!」(感想ネタバレ有)
(2週続けて、感想書いてる途中で勝手にログアウトされ、
文章消された。やる気削がれたので、短くいきます…orz)


第4班のお話。
切り込み隊長の星矢と貴鬼たん。
わらわらと迎え撃つ4級さん達を必殺技で一掃。
スタエクは掃除して道を開ける為か?(酷)


既に1〜3班まで2級、ところによっては1級に襲撃されてるのに
余りに手応えのないコース内容を不審に思うフドウ。
そうこう言ってるうちに迷宮が消滅して大広間に出る。

背後で待ち受けていたのはパラ姐!
金色のにーさん4人も居ながら、姐御に隙を2回もつかれてる。
あれ、絶対守る気無いよね?どーにかなるって思ってるよwww

アテナを救ったのは、インテグラちゃんのビーム。
そこから姉妹喧嘩に突入です。


この双子を心配したり、止めようとするのはハーさんのみ。^^;
古参達は揃って“宿命”で済ませてしまってるけど、
新参者のハーさんは、未だ一般人の感性を持ち続けている様子。

一度は女神に止められた“いい人”ハーさん。
流石に見ていられなくなって、グレーテスト ホーンで介入。
いや…心配してるのは分かるんだが、
パラ姐さん今迄で一番ダメージ受けてね?(苦笑)

一期では宮もお隣だったし、知り合いっぽかったし。
実の姉妹同士の殺し合いを本気で止めようとしてくれてる。
うん、漢だハーさん!


逆に、アテナを妄信的に慕ってるインテグラちゃんが心配。
ちょっと女神を買い被り過ぎだと思うの、彼女。^^;

その“勘違い”頑張りで、
双子座の最大奥義のぶつかり合いの均衡を破る妹。
(姉の方はギャラクシアン アルティメーション)
見学してた金色にーさん達の解説曰く「勝負あり」。

躊躇しつつも、トドメをさそうとしたインテグラちゃんを制し、
パラ姐さんの治療を始めちゃったよ、アテナ。
カノン パターンで行くようだぞ。


動けるようになったパラ姐さん。
しかし身の処し方を決めかねている…
そんな所へ武神光臨剣を先頭に現れるガリアさん。

もう!金色5名も揃っていながら何やってんのっ!?
むざむざと“お仕置き”されちゃったじゃないの、パラ姐さん。
「黄金聖闘士は滅多に役に立たない」を
Ωでまで証明せんともエエから…(>_<)










次回 第85話「運命に抗え!反逆の告白!」
姐さん、まだ息はある模様。
ヘッドギアが外れたインテグラちゃん?
ガリアさん相手に拳をふるってるようだが、大丈夫?

で、ガリアさんは金色にーさん達全員を相手に大立ち回り?
アテナをゴールさせないと
“あのお方”の復活に差し障りがあるのでは?


Ωのサブタイトルにありがちなんだが、
「反逆」の主語は誰になるのかな?


…ってところで、また来年も宜しく〜!
(これからは、テキストソフトで書いてからアップしよ…
 今日は2回も消されたから)
by masaki_rui | 2013-12-22 19:58 | Ω二期感想(ネタバレ) | Trackback(1) | Comments(0)
15とは…(少々ネタバレあり)
番外(になってた)編を読みましたですよ。
わ〜い、リトスちゃ〜ん♪
獅子宮の日常が拝めて、むちゃ嬉しいのですが…

絵柄までムチャクチャ変わってね?(爆)


アイちゃんが姿を現した時は、
何処の魔女っかと思いましたぜ。^^;
そりゃ可愛いのはにゃんこ姫のデフォルトですが、
“凛々しい”が付いた上であってだな…w


あと、流石にレモンとバラの香りの違いには気付くとは思うけど
「アフロディーテくせえ!」とか言いそう。
そしてピスタッチオと胡桃が入ってるのが分かる程、
繊細な舌はお持ちでない気がしまふ。(汗)

ま、アレだな。従者想いのアイオリア様が
リトスちゃん手作りのバクラヴァに報いるべく、
己の小宇宙を最大限に燃焼させて
能力以上の嗅覚と味覚を発現させた…っちゅーことでv


で、肝心のストーリ。
物語の6年前、シュラさんが受けたのと似た任務に出る獅子。
それで投稿されてたイラストが、あの二人だったのかも?

冥府でのティターンとの戦いの過程で、
アイオリア様のシュラさんに対するわだかまりも
かなり解れてきたと思うんだけど。

更に今後、同じ様な立場に立つことで
彼の抱いてきた哀しみ、そして誇りへの理解が進むのかもなぁ。


最後に、題名の通り掲載誌変更だったっす。
オイラ、「月刊『聖闘士星矢』」なのだとばかり…。
隔月刊誌以上にショックだったよ、傾向が傾向だから。^^;

もうさ、こうなったら、かつてそうであったように、
掲載誌のカラーに染まらぬ独自路線を貫いちゃって下さい!
by masaki_rui | 2013-12-21 02:13 | エピソードGネタ | Trackback | Comments(0)
一気にテンションアップ
素直に喜ぶ〜!
『エピG』新シリーズ♪ ↓

****************************************************************************



*****************************************************************************

もうこの、美しいシュラさんを目にした途端に吐血!(笑)
山羊ファンとして、Ωで血涙流し続けた1年半。昇華された気がした〜w
そしてアイちゃんは、相変わらず可愛くてvvv

よりによって、このペアをぶつけてくるなんて、反則!反則ー!!←取り乱し中
(獅子座ペアで、ガランさんが出てきても、はなぢモノだたよ…)
「期待が高まる…」なんてレベルじゃないっす。(滝涙)


来年の4月が待ち遠しくて仕方ないけど、
まずは今週発売の特別編で、体温上げまする〜^^

そして
 エピGbotに20巻までの台詞を追加すること
 20巻の感想を纏めること
 中途半端になってる4巻の感想を仕上げること
再開までに、出来るだけ進めてみるお!

そこは…
by masaki_rui | 2013-12-17 23:39 | エピソードGネタ | Trackback | Comments(0)
第83話「紫龍と龍峰!五老峰の魂!」(感想ネタバレ有)
新OPに変わってから数週間。
イキナリSEがシャキーンシャキーンと鳴り響いとる。
でも途中で力尽きたらしく、最初と最後だけだったw


さて本編は先週のおさらいから。
だから〜兄さんの『地獄に付き合ってもらうぜ!』は
“つっかけ履いて、ちょっと里帰り”レベルだからっ!

こちとら全然心配してないのに、しるーが滝涙。
1班でも、涙を流す瞬先生の背後で、生徒達が気まずそう。(笑)
しかし瞬たんは『命を燃やして…』としか言ってないからっ!

4班では、貴鬼たんまで泣いとる!
『彼はまた我等のために命を…』って言ってたので、
甦ってきた認識は「ある」ようですw


大きく弾けて消えた一輝の小宇宙を、2班でも感じた模様。
立ち止まってしまったΩ青銅に対し、先へ進むべく促す踊り子。
それに対して『冷たい』と訴える昴の肩に、手を置く栄斗さんw

同じく、察した王子も昴に頷き、氷河とは少し距離をおいて歩き出す。
この二人、何て“お兄ちゃん”になったんだ!(笑)
勿論、踊り子も滝涙を流してましたわw


それにしても、作中と視聴者で「温度差」がこれだけあるのも、
『☆矢』という作品故かすら? ^^;
これじゃ兄さん、直ぐに還って来ずらいよね?

あ!もしや超短期間の出番にも関わらず、その存在感あるキャラ故に
2回目の人気投票で強力なライバルになる事を危惧したレギュラー陣の
「泣き落としで一輝を出にくくする作戦」か!?(笑)



場面は、パラスたんの前に集合してる3名の四天王へ。
いや、まさかテンプレート直球で来るとはっwwwww
『四天王の中で一番の小物』と来たかw

パラ姐さんをスカウトしたガリアさんと、
何にも興味を持ってなさげなハイペリオンが牽制し合う場を離れ、
タイタンがひとり向かったのはレア君の お 部 屋 ♪←やめれ


最初、時貞さんの氷の像を砕いてるのかと思ったwレア君は、
オリハルコンの柱を、その右手に宿った“神の槍ゲイボルグ”で貫く鍛錬中。
へえぇ〜二級さんの中で最強だったのか、レア君。
エウロパさんが最強だと思ってたYO!

タイタンは第3コース・ドヴェルグへの出動を要請。
この時、龍峰のことを“黄金潰し”と称していたけど、
それってハティ氏が栄斗さんを呼んだ異名だったんでは?
2人がかりで時貞さんを倒したので、同じ称号をもろたの??

そこへハイペリオンまでやって来て、
己の聖剣に傷を付けた“天秤座”に対する注意を促す。
「任せて下さいよ!」って感じでレア君出動。



その出張先の第3コース。
対戦場の前に立ちはだかる大量の4級さん達。
対応人数が少ない3班二人は、どう立ち向かう?
おおおおーーー!ダブル昇龍覇デターーーーー!!

その勢いで闘技場への扉を打ち破る。
現地では、レア君がスタンバイOKっす!


これ迄のパラサイトと異なり、武器を手にしていない相手。
それを“潔い”と、サシで戦いを挑む、とーちゃん紫龍。
息子の龍峰は見学兼お勉強ね♪

しかし…何かデッサン人形2体が地面から出て来たんすが。
それらを使役して戦うことも可能だそうで。
…彫刻具座のミケランジェロ氏を思い出しちゃったよ。^^;


デッサン人形の攻撃にも怯まず、簡単に片付けた父ちゃんだけど、
その一瞬の隙(態勢を崩したとか…)を突き、神の槍が襲う。

天秤座の盾で防いだのかと思いきや、何と右手。
シュラさんから受け継いだ、聖剣エクスカリバー発動!
聖剣抜刃が、戸谷シュラさんの叫びに激似で震えたー!!(>o<)/
レア君を聖剣で一閃です。

 ここで是非、シュラさんのお姿とか、せめて名前を出して、
 Ωが始まって以来、血涙を流し続けている山羊座救済して欲しかったよ〜
 今日はゲストが多いし、廬山ファミリー優先だから難しいだろうけど…。
 (ならせめて、王虎も来て欲しかったぜw)


全てを貫く槍と全てを断ち切る剣。
本当なら鍔迫り合い可能でありながら、自分が負けた理由を
紫龍の口から聞かされる。武器に頼った瞬間に、覚悟が鈍ると。

これ、逆に防具の場合でも通じるよね。
それで『エピG』対クレイオス戦時のシュラさんの台詞を思い出した俺。
             ↓
 『己を守るべきものを持たず 死と隣り合わせの一瞬
  この恐ろしい程の緊張感が 己の内にある小宇宙を 極限まで燃やし
  —— オレを加速させる』

一方、観戦中の龍峰も、格好イイとーちゃんに「ほわわ〜///」。(笑)



諦めきれず、再度槍を繰り出すレア君。
『聖闘士に同じ技は…』とか言いながら、
身代わり攻撃使われたら通じてんぢゃん、しるぅ〜 orz

さっきのデッサン人形と入れ替わり、左脇腹を狙ったレア君。
何でそんな変な場所? ^^;
しかし父ちゃんを倒すことに成功する。

紫龍を庇い、龍峰が戦いを挑むが、かなり一方的にやられてしまう。
でもレア君は、武人なので見逃してくれるそうです。
顔も性格も良い人やぁ〜(パラサイトだけど“人”でええの?)


立ち上がる父ちゃん。
息子達の世代は、自分達を凌駕する力を秘めているのだと、
敢えて龍峰を逃がそうとしない。

それに対してレア君、『親馬鹿め』ってwwwww
いや、この程度で驚いてたら、一輝の「弟馬鹿」に耐えられんぞ!(笑)


聖戦前の五老峰キターー!!老師の新しい教えだぁ!(笑)
枝を持って喋ってるだけでも微笑ましいのに、「葉」と言わず
「葉っぱ」「葉っぱ」言うから、むっちゃ可愛いwwwww

でも教えの内容は、この後に聖戦が控えているのだと思うと深い。
次世代を強く育てる為に、自分が犠牲になることを厭わないと、
この時既に弟子に伝えていた訳で…。
(サボってた玄武ちゃん、聞いてる?w)


“褒めて伸びる子”?
龍峰も立ち上がって小宇宙を燃やす。
(台詞は『湧き上がれ』だけどなっ!)

そして並び立つ五老峰ファミリー4名。←王虎いない(泣)
第3班は、黄金と青銅各1名なのではなく、
黄金3名とそれに勝る力を秘めた青銅1名なのだと知る。


3代に渡る聖闘士スピリットの継承。
なんとも感動的な場面の筈なのに、
龍峰の“聖衣全あうっ!”で爆笑シーンへと変わった。^^;

『貴様、何故脱ぐ!?』って指摘されたぁwwwww
(今、陰でパラ姐さんが鼻血出してると思う。)
上半身のアンダーウェアまで脱ぐのは、龍座のみの伝統か…(遠い目w)

もう、レア君の指摘がイチイチゴモットモで、観てて辛いwww
既に大きいお友達だったから旧作も笑いながら観てたけど、
ここまで腹筋を鍛える番組じゃなかったYO!


Ωに開眼したかのような龍峰の小宇宙だったが、
デッサン人形を百龍覇?で撃破した時点で力尽きて倒れてしまう。
あ、病弱設定どうなったんでしょうね?
セブンセンシズに目覚めた事で解消? ^^;

ここからは、演技派父さんがヤラセを止めた。(笑)
実は、龍峰の覚醒を促す為に、やられたフリしてましたぁ〜って。
“真面目過ぎる男”の異名を持つ紫龍も、大人になったものよ…

流石に気がとがめたのかwお詫びに全力で相手をすると。
でもさ、聖衣纏ったままだし昇龍覇だし。
全然本気とは思えまひぇ〜ん!


金の龍によって車田落ちレア君。←今回はこういう構図多いにゃ♪
何度もやり直せた3級さん達と違って、
一回で退場するには勿体無いキャラだよね〜(>_<)

…って、今際の台詞が『何という親馬鹿…』wwwwwwwwww
もう勘弁して下さいよ〜(笑) 美形キャラの最後がコレ!?
笑い過ぎで腹イテェwwwww



意識が戻った龍峰くん。
父ちゃんに褒められた途端にニコニコ可愛えぇ〜

息子が目を潰したりしないで済むようにですか、紫龍?
追い詰められなくても力が発揮出来るよう精進しろと。
素直に頷く龍峰。ほんに良い子だのぉ〜(^^)


あ、また聖衣纏って走り出してるぞ!(笑)
それを見つめるエウロパさんの『ハズレ〜』の声。
これがもしや「究極の試練を与える」の正体か!?

大層な名前を付けた道を用意しておきながら、
4本とも無限回廊のハズレの道だとさ。(・ω・)
やっぱ、彼が行き来してた屋根の上を行けば良かったんだよ!w


処女宮とか、双児宮の迷路を彷彿させる舞台だな…と
思ってたトコロにデタァーーー!(爆笑)
龍親子を見つめるパラ姐さん!!
でも関心は妹との決着に向いてしまってるそうです。(自己申告)










次回 第84話「迫る影!アテナ守りし黄金聖闘士!」
姐さん、第4班要員なの?!
黄金勢の前で、繰り広げられる姉妹喧嘩…に、
でじゃぶー感じるのは何故かすらw

絵のレベルが下がっているせいなのか?
“この姉妹喧嘩にドン引き”に見えるよ、黄金達。^^;


お?もしや次回が、今年最後の放送ですか?
来年はキレイな絵で観たいものですにゃ〜
1/5はまたもや留守にしてるので、感想アップ遅れますぅ。
by masaki_rui | 2013-12-15 23:25 | Ω二期感想(ネタバレ) | Trackback(1) | Comments(0)
第82話「闘志の極み!一輝対アイガイオン!」(感想ネタバレ有)
一輝兄さん、今朝も結構喋る。
攻撃的小宇宙燃やしっ放しだし。
↑元栓閉めんとダメじゃね?ってレベルw

お手伝いを申し出た光牙くんに対しても
『失せろ』の一言。(笑)
アラサーが10代相手に言う台詞かよwww

でもね、弟には通じてるからv
もうそれだけで、兄さん満足よね?(大笑)
(ユナたんが兄さんを「さん」付で呼んでる!)


場面変わって第4班。
水戸黄門風の布陣から、3名が先発に立ったようです。
ハーさんが4級さん達相手に片手グレート ホーンを放つ。
………壁際に跳ね飛ばされる4級さん達の動きが妙。

それを見て、彼を背後から褒め殺す貴鬼たんと星矢。(爆)
ハーさん照れちゃって照れちゃってwwwww
もしや一輝兄さんと同じタイプ?(笑)

褒める口実に『聖衣に認められた』って星矢は言ったけど、
いやあのマルス編十二宮の後では、
ちょっと信用おけないっす。^^;
↑旧作でも“聖衣の我慢強さ”は指摘可能w


牡羊座と牡牛座に背後を任せて先陣を切る星矢。
この時の貴鬼たんとの会話にほわぁ〜v
背中を預けられる闘士に成長した貴鬼たん♪

更にちび貴鬼たん出た〜v
背景からしてポセイドン編の様子。
昔の話をされて、新加入のハーさんチョイ機嫌斜めw

かなり後ろを進んで来るアテナ。
お不動さんと二人っきりにして、大丈夫なのかよ?(笑)
乙女座を引き連れるのは、ハーデス編以来の伝統か?


目的地である、パラスたんの御座所。
実況報告に来た4級さん、あはれ…
命令違反の、アイガイオンの行動に怒ったパラスたんに消されてもうた。
(『何それ?』が、激おこ前の感情が籠ってて迫力あり!)

我を忘れる位、感情を高ぶらせたのは2回目ね。
両方ともタイタンが鎮めた訳だけど。


さて、メインディッシュに戻ります。(笑)
重爆雷斬刃で重力をかけてくるアイガイオン。
“籠の中の小鳥”にしたかったらしいけど、
兄さんは放浪癖もあるから無理!(違

小宇宙を燃やし立ち上がる不死鳥。
その勢いで、(お絵描きを少しでも楽にするべくw)
シールドやその他を飛ばしたぞ。

今度は雷攻撃に出るアイガイオン。
その攻撃に耐えたばかりか、前進する兄さんに恐れをなしたか
落雷式攻撃へ。あ…焼き鳥兄さんだwww


アイキャッチの言葉が白々しいゾwwwww
当然の如く立ち上がる一輝である。
聖衣は粉々に砕け散ったまま、生身の拳を放つ。

兄さん強すぐる!(笑)
拳を重爆雷斬刃に叩き込んだところ、大きなヒビが!?w
聖剣、ちゃちいな… ^^;
再び鳳凰の聖衣を纏い、鳳翼天翔によって剣を完全に砕いた♪


 このシーン、絵との尺の関係でしょうが、
 「鳳翼」と「天翔」の間の溜めと、
 「天翔」部分の伸ばして言う箇所が無くなってしまい、
 早口で軽い印象を受けてしまっただよ。

 お次の「鳳凰幻魔拳」も同様。
 微妙なさじ加減なんだけど、
 一輝らしさを表現するのに、大事な部分だと思うんです。

 あと、『八つ裂きにされようと…』以下の台詞が
 「ハーデス編ドラマCD」内の一輝のソレと激似で燃えた!
 (in エリシオン)


神から授かりし聖剣が人間に折られたと
動揺するアイガイオンに対し、
第1班メンバーの度重なる攻撃によって
寿命が尽きていたのだと説明する兄さん。

やはし見てたな!!(爆笑)


四天王が仕える、真の敵である神の名を聞き出すため
自白剤として幻魔拳を使う一輝。
カノンも、よう喋ったもんなぁ〜ww

しかしそこは腐っても四天王の一角。
自ら“精神と肉体を破壊して”、幻魔拳の呪縛から抜け出す。
エコーかかってた「神」の声、水島さんだった?


『天晴』頂きましたぁー♪
砕け散った聖剣を捨て、拳で倒す決意をするアイガイオン。
受けて立つ兄さんの小宇宙とは拮抗してる。

これは千日戦争状態かぁー!?って思ったのに、
お互い全力でぶつかってる割には、会話が詳しく長い。(笑)

『青臭い後輩達』にはワラタwwwww
「屍を乗り越え」とか「仲間達の魂を背負って」とか
「未来を託す」とか、もう!何て『☆矢』なんだ!!(爆笑)


瞬ちゃんには挨拶していくんだな、一輝w
台詞回しとか、旧作での処女宮の戦いに近いね。
いやもう、当時は本気で終わりだと思ってたから、
あの回では泣いたわぁ〜

なのに今や耐性が出来ちゃって、
沙織さんとか星矢が泣いているのが理解出来てない俺。^^;
瞬たんが泣くのは辛いですけどね…

いや還ってくるでしょ、兄さん。
貴鬼たんが冷静なのは、
時空の酷く捩じれた所に居るのを感じてるからでしょ?w


大きく陥没した戦いの跡。
エウロパさんがやって来て、聖剣の柄を回収。
君もミラーの真似して、アイテム収集(4個)に目覚めたのか!?w

力の拮抗した者同士を戦わせて漁夫の利を得るのって、
『エピG』のポン太くささを感じたっす。
まだ他に関与してる神が居るんか?(・ω・)


四天王同士、仲悪りぃなぁ〜 ^^;
そしてお次はガリアさんが出陣の模様。
え、龍親子??パラ姐が待ってるんじゃないの?!


ところでさ、一輝が『四天王の一角を崩す』って言ってたが、
「一角」ではなく「二角」崩れてるよね(笑)
あと今日の昴はイイこと言ってたのに、
若人を見つめる踊り子の角度と表情で台無しになったww










次回 第83話「紫龍と龍峰!五老峰の魂!」
あ、レアくんも出陣だ!二級ですからねぇ〜 
“黄金聖闘士に匹敵”って事でイイんかいな?
へえ〜槍の使い手なんだ!…クリシュナ系?w


そして聖剣!?(^O^)/
聖剣抜刃が出るとなると、
昨年から血涙を流し続けてる山羊座にも光が当たる?!^^;

おお、老師またもや登場。
五老峰三代話にホロリとしてたのに、
遂に親子脱衣かぁーーーwwwww


次回予告も含め、30分笑いづくめで腹筋痛し…orz←這い蹲ってる
by masaki_rui | 2013-12-08 22:12 | Ω二期感想(ネタバレ) | Trackback(1) | Comments(0)
第81話「刻衣装着!四天王の衝撃!」(感想ネタバレ有)
今日の絵は崩れてる程ではないんだが、顔が皆同じである。
それこそ、オッサンのアイガイオンから
(男前だけど)オナノコなユナたんまで。


元老院の貴族様のお屋敷を想像させる第1班コース。
彫像が立ち並ぶ廊下を抜けると、広い中庭へ出ました。
にわかにかき曇る空、正面の入口からは“強大な”小宇宙が。

“重爆雷斬刃の使い手、一級パラサイト
グラビトン テクターの”アイガイオン登場。なげえ…w


一級による聖闘士一掃を喜ぶパラスたん。
でもタイタン曰く「アイガイオンの目的とは違う」と。

“あのお方”も近づきつつある今、
パラスたんの身を心配してます。
“近づいてる”って、むっちゃネタバレやん!w


一方、第2コース。
昴、時貞さんの氷の彫像にスリスリすなっ!!(爆笑)
何かもう、可哀想なくらい辱めを受けてる時貞さんである。^^;

監視の為に付いて来たのに、単刀直入に尋ねる王子。
「お前は一体何者だ?」って、
記憶あっても「敵ですv」とは答えまいww

昴は『…それ以外の何者でもない』と言っていたが、これが
『…ただそれだけだ!』だと、より☆矢らしかったぞ。(笑)


二期に入ってから、周りの野郎共の影響を受け
すっかり脳筋になってしまったユナたん。
3人揃って真っ正面から突っ込みます。

↑瞬たん、読みが甘かった!(笑)
声を掛けるのが遅過ぎたぜ。

聖剣が操る重力によって、
殆ど近づく事もなく弾き返される若人達。
ほんにΩ青銅は、こんな事の繰り返しだすw


お次は瞬先生が相手です。
何故か瞬たんの正体を知ってるアイガイオン。

一輝の弟である事も知ってるのは、どうしてなの?
兄さんとの勝負の後、ファンになって身辺を探ってたの?(笑)
対ミラー回では、「奴が来る!」って結構焦ってたよなぁ〜


サンダーウェーブが、モロに入ったものの、
重力刻衣グラビトン テクターは傷つかず。
あー姿現しちゃった。格好悪い…^^;

アイガイオン曰く、重力刻衣は蠍座射手座天秤座を合わせたモノと。
何でも合わせりゃ格好良くなる訳ではにゃいぞ。
大体、さっき聖衣姿の玄武ちゃんを挙げて“紙切れ”言ったのに…

そして言った順番とは違うけど、
天秤〜蠍〜射手と、夏の星座を中心に揃えてる。
どういう選び方をしたのか“実に興味深い”。(笑)


ネビュラストリームの束縛を剣で一閃するアイガイオン。
そりゃ確かに、重力の強い星の側では光も歪むけどさ、
それと雷を呼ぶのと、どういう関係が?(・ω・)

剣と同名の技を瞬たんに放つ。
いや、重爆雷斬“覇”とでも言うのかすら?
ちょっとこれは「兄さん召喚レベル」の痛めつけ様です。

対スルト回同様、瞬たんが自分達を守りながら戦っていたと、
その為に全力で攻撃出来なかったと、
アイガイオンの説明で知るΩ青銅ズ。

先程の攻撃によって時が止められ、
下半身が石化している瞬たんの代わりに立ち上がる。
“想い”は人を強くするんだよ、と。

しかし頭までは賢くしない模様。(・ω・)
またもや正面からぶつかっていく主人公。
それを見ていたユナたん・蒼摩も同じ様な攻撃を…


いい加減、少しは知恵を働かせろよ〜と思ってたら、
「とにかく剣を壊せば攻撃出来なくなる!」作戦に。
そしてユナたん、故事を披露する紫龍役にw

…って、相変わらず真っ向勝負かYO!? ^^;
結局、3名纏めて重爆雷斬刃をくらう羽目に。
でも、瞬たんみたいに時を止められてないのねん?


まずは瞬たんにとどめを刺そうと近づくアイガイオン。
さっきから、「兄さん今だよ、今!」とジリジリしてる俺。(笑)
すると、光牙くんがセブンセンシズ発動?
あー!兄さんの出番が無くなる〜(魂の叫びw)

どんなに絶望的な状況でも、決して諦めない!
ボロボロになっても立ち上がり、
超至近距離からの彗星拳を打ち込む主人公。


聖剣に2つ目のヒビを入れることに成功!
それによって瞬たんも再び動けるようになったん♪
このまま現代っ子の頑張りで片を付けちゃうのかな?
…って思ってたら、羽根手裏剣!!

兄さんきたーーーーwwwww

瞬たんの最大の危機に出遅れたので焦ったのかw
凄い勢いで飛び込んで来たゾwwwww
映画2作目の『しゅーーーーーん!』走りを彷彿させたわ。(笑)

勝負の為に“舞い戻って来た”と言ってたけど、
瞬たんをズーと見守っていたの、分かってるからv

しかし、登場した途端に
「今迄の、対アイガイオンの戦闘は何だったのよ?」
って雰囲気にさせる兄さん、凄し…w










次回 第82話「闘志の極み!一輝対アイガイオン!」
で、来週予告がまたもや時代劇!(爆笑)
 否、闘争こと本性
 煉獄こそ故郷
 地獄の炎で身体を冷やし
 不死鳥は歩む、修羅の道を
…ってwwwwwwwwwwww

ところでさ、幾ら再生能力があるからって、
やたら砕かせないでくれよ、兄さ〜んw
そのうち「紫龍並に脱ぐ」って言われちゃうお!(笑)


第4コースの黄金勢も姿見せたのに、
兄さんの暑っ苦しさに、霞んでしまいましたw
by masaki_rui | 2013-12-01 12:14 | Ω二期感想(ネタバレ) | Trackback(1) | Comments(0)