人気ブログランキング |
<   2015年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
久々のお星ネタ
先週書こうと思いつつ、
暑さにやられてこんなに時間が経ってもうた…
ニューホライゾンズ冥王星接近成功おめでとう!\(^o^)/

 一昨日の記事ですが…⇦この記事を書いてから、ホントに9年過ぎたよ。
 そしてまさか黄金くん達の新作見ながら続報を書けるとはなぁ〜

まだまだ新しい映像が送られて来てるし、
解析そして謎の解明が進む事を期待します。
写真を見てるだけでワクワクしてくるよ〜ん♪
by masaki_rui | 2015-07-27 23:55 | お星ネタ | Trackback | Comments(0)
もう一つの刻ノ迷宮
第31話「枷」


私服シュラりんが遅れを取ったのは躯が重かったからなのか〜!
中々聖衣を纏おうとしなかったのも、そのせいだったのかも?
生半可な状態で聖衣を身につけるとプロテクターどころか、
逆にその身を縛る“枷”となると。

通常の動きも出来ないシュラりんは、
再びヴィヴィアンの攻撃を受けてしまう。
その姿に失望を隠し得ないランスロット。


自分の理想の人を探し出して勝手に認定して、
その理想型から外れると八つ当たりするのって…^^;
山羊くんに平手打ちを食らわす、とても迷惑千万なランちゃん…(笑)

ギリギリで避けたシュラりんだけど、マスク飛ばされたーーー!!?
エピG〜GA通して初めてじゃまいか?
クレイオスとの最終戦で自ら聖衣を脱ぎ捨てた時以外は。


乙女なランスロットの暴走はまだまだ続く!
この想いを受け止めてv って言いながら、
溢れ出すその“想い”ってば「狂毒煤煙」って、アンタ…^^;

火事の次は、その毒素に襲われるサンシャインビル。
都庁以上の被害ですな…
またもや氷河さんに凍結してもらわないと?


一方、真面目な(笑)戦況分析会話を続けてる仔猫と貴鬼たん。
山羊くん不調の原因は、世界が異分子を排除しようとする力の為と。

使命の傍で、未来日本ライフを満喫してた彼らですが、
自分達の存在の不安定さ・危険度はちゃんと認識していたんだなぁ。( ; ; )
前回はアイちゃんの台詞から、黄金結合を期待しちゃったんだけど、
『還れないーー』に古傷が痛む。←嘆きの壁症候群


世界からは排除され、歴史(過去)と未来にも認められない存在。
それでも『この世界を守る』と言う獅子。
シュラりん討伐指令だけでは、そんな思考にならないだろうから、
此方に来てから受けた女神の神託が根元に在るんだろうな。

そこまでして(最初に)山羊くんを呼んだのは、聖剣が必要だったから?
そして追討者に獅子が選ばれたのは、サガぴょの悪意wレベルではなく、
人選に女神の意思も反映されてるんだろうか?


「『エピG』の主役だったから説」がもしや一番可能性高い?(笑)
でも獅子としるー君に勅命が下ってる事からすると、
シュラりんを中心として、ワダカマリを心に抱えたままの人の
“解消・救済”の意味もあるのかな?って。

アイちゃんの場合、既に随分と仲良しになってるけどね。(-_^)



そんな中、不調を抱えながらも目に見えぬ一閃を放つ山羊くん。
ランスロットのマスクを半分飛ばしたぞ。お返し?

しかし益々“身の危険度”が上昇していくシュラりんに、
勝機はあるのか!?ってところで次回へ続く。
2週続けて更新はあるようで嬉しす♪



by masaki_rui | 2015-07-26 11:51 | エピG.A.感想(5巻) | Trackback | Comments(0)
キラキラキラ…
a0013719_20213244.jpg

キターーーvvv
発売日前の23日に到着しましたぁ♪
よりによって(笑)真紅の公開日ですよ〜\(^o^)/


取り敢えず、到着した夜に1回流し見したところ、
所々新しいカットありましたね。
デッちゃんの描き直しも多かった気が…
(ミロたんのズッコケも軽くなってましたw)

OPの後半も、第2バージョンを最初から使ってましたね。
あの絵のサガぴょが「ミロたんかよ!?」
になってたから、本気で直しにかかったのかにゃ?^^;


あとこれ「sound of gold I」を聞きながら書いておりますが、
web公開の時に感じてた
「音楽の厚みが足りない感じ」が払拭されました!



2巻発売まで、またひと月わきわきしながら待ちまする〜
更新が無い週の週末を楽しく過ごせましたv
(ところで、お盆時の更新はあるのかなぁ?)

その他諸々(こっちの方が長い)
by masaki_rui | 2015-07-25 20:44 | 『☆矢』全般ネタ | Trackback | Comments(0)
第8話「バルドル!神に選ばれし男」
前回の復習。
まるで共同作業でスルトはんを倒したような山羊水瓶説明に、
製作側の苦しさを感じるのでしたw

タグ付されておりますが、今回は正に“カニとカミ”!(笑)
絵もだいぶ美しくなってて、集中力が削がれずに済みました。感謝♪



さて、まずはカミの方から。
長いこと座禅してたせいか、テンション低め。
でも言ってる事は、かなり上から目線の乙女さん。

退かぬならば…と、六道輪廻を放つ。
一輝兄さんも早々に聖衣壊された挙句、この技受けてたなぁ。
六道の丁寧な説明を始める乙女さんw

あの時の処女宮戦と同じ感じで、
六道を抜けても仏陀の掌の上のバルドルさん。
その後反撃するのも同じく…
ただ、兄さんどころのレベルではなかったっす。


パッツン毛先で、扇の様な髪の毛で対峙する二人。
まるで紙だよ、あれ。荒木なびき髪が恋しいです〜

六道に対抗?
今度は逆に、バルドルさんが北欧神話の世界観を見せつける。
「異次元へようこそv 」対決なんか?これ。

神話のバルドルと同じく、何モノにも傷つけられない「神」扱いなのは、
アンドレアスさん公認らしい。
でも、青銅くん達は映画とかでも神さま倒してるし〜


乙女さんのお次の技は、天空覇邪魑魅魍魎。
これで決まり!って感じのドヤ顔シャカにワラタ。
しかしバルドルさん、左手に宿るZに似たルーン文字ユルで対抗。
更に彼の取り巻き戦乙女達4名が切り裂く。

その勢いのまま追撃。
右手に宿るFっぽいルーン文字アンスール。
オーディンを暗喩する文字ということもあって、威力大。

だが乙女さんもカーンで防ぐ。
その刹那に見えるバルドルさんの秘密。
神そのものであるのだと。(自称だけどな)


再びアンサールを使うバルドルさん。
六道輪廻みたいな技で、己の過去劇場へとご招待です。
…ってかアスガルドって、命の危険すらある貧しい村ばっか!?^^;

ううむ、幼い頃に人の世の悲哀を憂いていた乙女さんと似てる。
あの時に、明確な解答では無いものの、答えてくれた神仏と、
ショタバルドルさんが出会った“神”とは質が違ってた模様。

大体さ、彼がオーディンだと信じてた“神”の声って、アンドレアスさんじゃね?
この場面に「フランダースの犬」かよ!?って突っ込んでたら、
同じように感じた人が多かったらしく、タグが付いてたwwwww


その“神”からの恵みを与えられた幼バルドルさん。
「全アスガルド人助けの旅」をしてるんかと思ったら、
より良い職場を求めての放浪だったらしい。

それまで寄り添ってくれてたモフモフが弱り倒れても、
そのまま振り返る事なく置き去りにして、
辿り着いた先は剣闘場?

しっかし、自国の戦士達を倒しまくって、何が神の力なんでしょ?
ヴァルハラへ大量に送り込んでやった…って事なの?(・ω・)


アスガルド1だしー!神闘士に選ばれたしー!と自慢してますが、
乙女さんからも同じ様なツッコミを入れられてました。(笑)
更に、お前は神じゃねーし、
最高神オーディンだと思ってた相手に騙されてんだよと断言。

 封印壺?の背後にある石碑。
 これが黒幕の手がかりか?
 デカイ二本の角を持ってたね。


エリシオンで壺入り中の女神に問い合わせても返事をもらえなかった過程で
その確信を得たらしいよ、シャカは。沙織さんGJなんだかBJなんだか…^^;
そして地上代行者を、いつの間にか依り代にしてるんだって、偽オーディンは。


天舞宝輪→オームで、バルドルを倒すシャカ。
結果的に、その偽オーディンの呪縛に囚われている彼を救った。
かつて弱者に対する慈悲の心は無い!と言い切ってた乙女さんなのにねぇw

シャカの慈悲の心は更にもっとパワーアップしてた。(笑)
偽オーディンの加護がバルドルから消え去り、
これまで感じずに済んでいた、過去に受けた攻撃の痛みが蘇る。

それを天舞宝輪の触覚剥奪で消してあげてたー!
鬼畜技だと思ってたけど、こういう応用も出来るんだなぁ〜



お次はカニ。
ドーピング絶好調のファフナーに飛ばされる羊さん。
その力の源が、アスガルドの村人達と知らされて、
思わず神殺しの短剣を構えちゃうムウたまwww

そこへ水を差すのは(魚介類なだけに…)デッちゃーん!!\(^o^)/
どこの間へ出るか分からない階段だったのに、
ちゃんと仇に辿り着く執念の人ww

そして、いきなり先制攻撃。積尸気冥界波炸裂!
一方で、羊さんだけでなく蟹にも、
最後まで台詞を言わせてもらえないファフナー哀しす(笑)


かにー!!かにーーー!!ホームラウンドwの黄泉比良坂だあ。
デッちゃん、正義の味方みたいな台詞でキメてたけど、
とっくにヘレナちゃん弟妹を確保してあったファフナーさん、上手。

最初だけかよ? …って調子で、やられる一方の蟹さん。^^;
多分、自分の過去の所業からもジワジワやられてるんだろうなあ。


あとね、デッちゃんの覚醒の為とは言え、
子どもに“自分達の命はいらない”的な台詞を言わせるのは、ちと勘弁。
「今の自分達の状況は怖いけど、その悪い人をやっつけて」くらいでいいのでは?
第一、デッちゃんを恐がっていた4名なんだし…。

確かに「お前が言うか!?」な蟹になってたけど、
取り敢えずの命の危険が無い“外界”で、
張り詰めていたモノが取れたから気づいた本来のオノレ…

そう考えると、しるー君との戦いが
この“成長”のキッカケにもなっていたのだと、
そんな風に思えるのですよ。


『自分が死んだら、あの幼い弟妹達も死ぬ』と脅されてるのに、
それでもデッちゃんがとった行動とは…
えええええーーー?新技ーーーーー???!!!

こんな土壇場に来ての新技とは!?(嬉)
相手の魂を縛り、黄泉比良坂に永久に幽閉す。
歩く死者達に踏まれるところが、蟹さんの悪意wを感じる。

そして死んではいないから、幼い弟妹達の命も無事。
で、この技、蟹リタイアと共に解けたりしないよな?^^;


「先に行け、後からすぐに行く」は、ここでも死亡フラグでした。
黄泉比良坂から戻り、知恵の間の像の破壊まで済ませた蟹。
でも不摂生が祟り体力落ちてたからか?ここで脱落って…(°_°)



カニカミ回である証拠としてもう一つ。
二人で画面を二分して神聖衣装着が格好よかったーーー♪
蟹…吠えるの?(笑)
乙女さんは『響け!』でした。



カニカミの活躍の合間に、ちょこっと挟み込まれたヘルヘイム。
昇龍覇?を繰り出した時の、腕の長さが変な天秤くんに涙す。
キメ!の必殺技の時に手を抜かんといてくらさい…orz


憑依されたままだけど、リフィアちゃんは動けるのだなぁ。
但し、1話の時とは異なり、憑依体自身の意思で動いているとは思えず。

リフィアちゃんに意識が向かいがちな童虎を攻撃するウートガルザ。
彼の口調、“貴殿”と“我”の呼称に、ニヤリが禁じ得ないエピGファンの俺。
あーなんか、クレイオスに雰囲気似てるかも〜♪

そしてリフィアちゃんに『最後の使命を果たせ』と命令するのって、
黒幕 ー アンドレアス ー ウートガルザ ー リフィア
と、関係者がこんなに居るってことかな?



垂れ目がかなぴーサガぴょ、Cパートに登場!
霧の間で待つのはシグムンドでした。
こちらも再戦…だね。


……………ええと?
今回はアイちゃんの新作カット無し…ですた。orz







第9話「サガ!熱き兄弟の絆」予告


おいおいおいおいおい…まじでカノン出るんすか?!(嬉)
双子弟もヨロシクねv と、叫んだ甲斐がありました♪←先走り中
by masaki_rui | 2015-07-18 23:05 | 黄金魂感想(ネタバレ) | Trackback | Comments(0)
一緒に戻って来たのか?
第30話「超越」


極小氷晶ダイヤモンドダストの一撃でヨウジヨワダツミを倒した氷河さん。
本体である異形の方は氷結し粉々に砕け散ったけど、
ヨウジヨの身体の方は丸々残っておりました。

彼の目は、ヨウジヨの首部分に継ぎ接ぎ跡を捉えます。
そこから、複数の死体の寄せ集めであると推測。
自分達の目的(仕事でもあり趣味でもあり…)の為に
この様な非道な行いをする輩に心底腹を立てる氷河さん。

いやあ〜『外道共…』から『必ず弔うーー』に至る台詞は、
ジーンとくる格好良さだたよ♪
何度も言うけど、大人になったよね〜(笑)


暫し許しを請い、鎮火に時間をもらう氷河さん。
火を消す為に小宇宙を高めようと叫んだ台詞が
毎度お馴染み『燃え上がれ』だったので、笑ってもうた。
もしかして、ワザとやってる?^^;

更に追加で自分を鼓舞しながら、
脳裏に浮かべる和菓子の姿。
きゃーーー!カッちゃん出たーーー!!!\(^o^)/

先週のG魂カッちゃんが、ちょいと残念な人になってたので、
この一コマ出演だけでも癒された〜
ホント美人さんなんだから、和菓子はv (おい)


火消し完了。
ヨウジヨの身元は必ず突き止めてみせると、
氷結唐櫃フリージングコフィンにその軀を納めながら決意を語る。

ちょっとヤダ、氷河さんてば、マント使いまで決まってて
マジで格好良いじゃんよ!?
10代の頃の、あの賑やかでユニークな姿から、
一番遠くまで来てるんじゃまいか?(失礼)



現代の水瓶座の闘いの一部始終を見届けた仔猫獅子と貴鬼たん。
水瓶座聖衣の継承に関して『天啓』と言う貴鬼たんの言葉にホロリ。
カミュに限らず、継がせた側の判断は間違っていなかったと、
そう言ってくれてる様でね…(嬉)

続く『貴方たちが守ったこの世界をーー』にも泣けた。
ムウたまも入ってるんだよね、その「たち」の中に。
あの頃の事を、淡々と語れるようになるまで、
どれだけ涙を流したんだろ?って。


一方の、獅子の心境もなぁ〜(/_;)
裏勅命を受ける際に聞いてor悟っていただろうけど、
自分たちが命を賭して託していった世界の未来に立つのって…

まだ託した当時の年齢に達していないからね…。
エピG7巻でミロたんに語ってた『…いつか……刻が過ぎて………』
以下の気持ちからは遠くなってしまってるのかも。



あれれ?まだ炎上を続けるサンシャイン60展望台。
一人立つランスロット。
彼に向け横一文字に剣撃が放たれた。

シュラりーん、北欧ロケから帰還!!(G魂)
となると…リタイアも同時だったし、
和菓子と一緒に戻って来たのか山羊くんは?^^;

ランスロットの攻撃による衝撃で、
身体が動かなくなってた私服シュラりんでしたが、
聖衣を纏っての再登場っす♪


ランスロットさん、Gアフロちゃんみたいに
流血による紅で彩る…等々言っておりましたが、
それより何より驚いてしまったのは獅子の台詞。

『足りない』→『世界を守らなきゃ』に続けて
『其の為にボクらは此処(未来)に集う。』と。

山羊くんと二人だけなら、「行く」「飛ぶ」程度の単語を使うと思うんだ。
ワザワザ「集う」を使うのって、もっと多くの聖闘士…
つまり当時の黄金くん達がやって来るって事なの!?と。


管理人超ワクテカしてるので、
「アイちゃんは日本語が不自由だったから」オチだけは
やめてくらさいね…(切実)
by masaki_rui | 2015-07-12 21:40 | エピG.A.感想(5巻) | Trackback | Comments(0)
第7話「激震!神聖衣vs神聖衣」
5名の黄金くんがバラバラに戦う事になったので、
“前回までのあらすじ”の後は、部屋ごとの切り替えが早い。
お陰で脳内の消化が追いつかない〜

何が起きたかは、さすがに分かるんだけど、
感情が置いてけぼりなのですよ。
“納得”まで行かないまま次の段階へ…っつうの?(・ω・)



最初は、アイちゃんがやって来た勇者の間ヴァナヘイム。
獅子に説得されるようでは、敵キャラとは言え心配しちゃうから(酷)、
フロディくんの主張は分かるよ。

所詮はアンドレアスさんの駒に過ぎないのだから、
彼らが事の本質より、現時点での状態から判断するのは止むなしかな?


ココでは何より、新オーディンサファイアの威力を見せつけた後の台詞
「おーどろいたか!?」にまずフイタwww
そしてどうもソコから、流れは可笑しな方向へと一直線。(笑)

まず、一旦弾き飛ばされた獅子のとる中腰ポーズが妙。
同じ格好でもさ、角度で美しく見せないとー!
タダでさえ、皆さん寸胴体型になっているのだから。

そして睫毛も美しくない〜(>_<)
アイちゃん、何ですかその虫のあんよみたいな睫毛は!?
黄金聖闘士は、目を閉じた顔も美しくなくてはならぬのだよ。(きりっ)



お次は牛さんのターン。
アルデバラン、自分の周囲に結界張ってんの?って感じの場面が続く。

ここでのお笑いポイントは、新しい理屈。
『速さが足りなければ力で補う』。
「それを上回る速さで…」と来なかったトコロが斬新w


もう一つ笑いポイント追加。
ドーピング神闘士と化しても相手にされないヘラクルス。
勝てない理由を認めようとしない、彼のハッチャケ攻撃を物ともせず、
アルデバランが繰り出した技は…張り手www 酷いwwwww

いや、牛さんすっげー格好良いんだけどさ、
「聖闘士から相撲取りになったのかYO!?」ってwww
神聖衣見せてー見せてーー!とねだられ続けて、
辛抱強い牛さんもいい加減嫌になったのかのぉ?^^;

ドーピング状態から救い出す理由もあったろうけど、
遂には、神聖衣を纏うアルデバラン。
ヘラクルスを、グレートホーンで軽く一掃す。

実力だけでなく、人格の差も大きかったのだね…
雑魚キャラ表現になってたヘラクルスが気の毒でした。


その後、衰弱したことで
ユグドラシルに吸収されそうになってたヘラクルスを、
男気溢れる牛さんが助け(まさかの姫抱っこ!?)たトコロ、
彼まで取り込まれる羽目に。節操無しのゆぐどらしる…

でもこれはアンドレアスさんの作戦の内なのかな?
自軍の手駒を失おうとも、
各間の像さえ守りきれば良いという。


駄菓子菓子!第7話一番の男前はアルデバランですから、
そんな思惑通りにはさせませんよ〜
ユグドラシルから脱出する事よりも、
巨人の間の像を破壊する事に残りの小宇宙を使う牛さん。

何から何まで、“完全な負け”を悟りながら逝くヘラクルスと共に、
ユグドラシルの根に取り込まれてしまうのでした。



知恵の間のムウたま女王は、前回と変わらず。
しかし一方的にやられてたファフナーにも、
ドーピング効果が現れてきた模様です。

あれを作ったの、ファーフナーだろうに、
アンドレアスさんのチョイ加工で、
製作者の意図をも超えるシロモノになっちゃったのかな?



死者の間で死人に囲まれる天秤さん。
像の前に立つ“番人”と思われる人物に攻撃を仕掛けるも、
別方向から跳ね返された。

その正体はウートガルザ。
仲間達との集合時には一言も発していなかったのに、
すっげー可愛い声で自己紹介してたよ。(・ω・)


野島さん、LoSの一輝兄さん役の時みたいな、
低めの声でいいのになぁ〜
それとも役作りの結果なの?

更に像の前の人物がリフィアちゃんであると、
あっさりと正体をバラしたぞ。
憑依…っちゅうーか、目を開けたまま意識を失ってる感じで。



さてさて〜今回のメインディッシュ(らしい)山羊くんvs.和菓子。
拳を交えつつ、慟哭キャンディーズだった頃の思い出話を始める。(笑)
でな、映画を含めれば「3回目の一緒に蘇り」だぞ、カミュよ。

 小宇宙を高める時の言葉が
 和菓子「煌めけ!」
 山羊くん「研ぎ澄ませ!」
 と、やっぱりΩっぽい『黄金魂』。


互いの小宇宙が高まると共に、神聖衣に変化を始める。
こんなにヒョイヒョイと変えることが出来るんだー(棒)

地上の安寧の為にと、
女神の聖闘士として覚悟を決めてる山羊くんはともかく。
(きっと中々出て来ない間に練習してたとは想像しとるがw)

本人だけは「決意は固い」と思ってても、
側から見れば“宙ぶらりん”な和菓子まで神聖衣になるのって
やはり納得がいかんなぁ…^^;


互いの必殺技がぶつかり合った衝撃で場面暗転。
その中で動く者とは?スルトはん、このタイミングで姿を現すか…
彼の目的は、力尽きて寝てる倒れてる山羊くんにトドメを刺すこと。

いやさ、自分の力で倒したのなら
ー 相手に敬意を払いつつも不安要素は全て消す ー
という意味では理解出来る行動なんだけど…

カミュがやった(にやらせた?)にも関わらず、
何でお前さんが手柄を持って行くよ?(・ω・)


シュラさんが動けないほどダメージを負ってるのに、
一方の和菓子が動けて喋れる理由とは?
「元からカミュを倒す事ではなく、像の破壊を目的をしてたから」。

するーてーと何か?
山羊くんがそういう性格であると知っていながら、
カッちゃんは全力で相手に技を放ったと?………酷くね?


何だか、和菓子が『黄金魂』に於ける
“自覚無き”狂言回しに思えてきたよ…orz

仲間と対決するのって楽しいね〜って内容の事も後で言ってるし。
そこまで行くと、いくら“不思議ちゃん”でも鼻につきますぞ。
空回りするにも「程度」ってもんがなぁ…(゚Д゚)

しかも氷の間には秘密があり、氷の像を破壊しても、
炎の間ムスペルヘイムは残っていると。
無駄死にだったと嘲るスルトはん。


いやはや、この後のシュラくんのブサイク度には涙しか出ない。
あんな顔して寝てるの見たら、100年の恋も冷めるってもんだよ。(笑)
第7話の男前度トップを、牛さんと競っていたのに詰めが甘かったな。
(そういうトコロが山羊くんなんだけどさ)

もうね、シュラりんはGA(2週休載中!!)ロケで日本に戻らなきゃならなくて、
急遽立てた代役が、あのシエスタみたいな寝方をしてたんだと思う事にした。
シュラりんなら身体が動かなくなったとしても、
前に進む意志を示して、前のめりで倒れる筈さ!(信じてる)


和菓子の制止虚しく、炎の剣を山羊くんの胸に突き立てるスルトはん。
芋羊羹切ってるみたいに柔らけーな、黄金聖衣。(・ω・)
代役(妄想)シュラくん、ユグドラシルによって運ばれて行きました。

ミロたん相手に炎の罠を仕掛けて小宇宙や体力を消耗させ、
闘士として戦い抜いたシュラさんにも、敬意を払うこと無く手を下す。
「もう貴方にはついて行けない!」となってきた和菓子。


蘇った地にスルトはんが居た事で、
「運命の導き」なんぞを感じちゃったのかね、和菓子は。
頑なな心に寄り添っていれば、何時かは氷解するものだと。

その決意をして以降に、スルトはんが神闘士として
「他の黄金くん達と敵対関係にある」と知ったのなら、
まだ流れ的に納得いくかも…。

しかしそうなると、女神の聖闘士達とガチでやりあう覚悟は、
余り出来てはいなかったんでは?と悲しい考えになっちゃう。


過去語りで、聖闘士候補生だったと明らかになるスルトはん。
妹シンモラちゃんを亡くして心を閉ざした挙句、
聖闘士修行も止めたらしい。

…ホント、聖闘士(元や候補生含む)ってタチが悪いなぁ〜^^;
しかも一般人と違って、「北風と太陽」に例えるなら、
「超強力北風」でトコトン叩かないと目を覚まさないし。


やっと↑の法則を思い出したらしい和菓子。
スルトはんの蒼い炎の剣を受けながらも立ちはだかる。
あ、自称が「私」に戻った!

「スルトはんの友」としては「俺」で、
「聖闘士」としては「私」なんかな?

だが、ここの泣き顔も変だったよ、和菓子〜
目尻と目頭からの涙を合流させた、滝涙の方が似合ってると思う。
その後の動きが良くて、じっくり見ないとツッこめなかったけどなw


先程のvs山羊戦のナンチャッテ神聖衣とは異なり、
天女の羽衣付きに変化する水瓶座聖衣。
スルトの凍てついた炎を溶かすカミュの熱き氷。

この“よく分からないけど、きっとスゲー!”って表現が
『⭐︎矢』だと思いましたw
その通りに、必殺技一発でスルトはんをKO、像も破壊。


崩れゆく氷の間改め炎の間。
倒れつつもスルトはんの近くまで這いよる和菓子。
感動的な場面な筈なのに、「やはり太陽ではダメだったね」と、
またもや実感させられる汚れちまったオイラでした。^^;



Cパートでは、乙女さんが光の間に到達。
偉そうな乙女さんでこそ、シャカの本領発揮ってものよ。(笑)

バルドルが不死身である理由を
勿論知ってるんだろうな、アンドレアスさんは。
さっきの像を破壊された焦りと怒りの表情から一転。
立ち直りの早い大将ですことw


これで残った霧の間の番人はシグムンドと決定?
サガぴょとの再戦になるのか。活躍まだかなまだかな?
双子弟も、どうぞ宜しくね♪







第8話「バルドル!神に選ばれし男」予告


乙女さんの扱いナレが、蟹とは違うように感じるんすけど…(笑)
Gシャカみたいに、神様相手でも引けを取らない戦闘シーンを期待〜

ちゃんとお互い名乗りを挙げるトコロ、『⭐︎矢』らしいなぁ〜♪

ゲームCM
by masaki_rui | 2015-07-04 23:52 | 黄金魂感想(ネタバレ) | Trackback | Comments(0)