人気ブログランキング |
<   2016年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
チャンバラしたくて買うたんかい?
第51話「牙むく獣」


ぜ、前回までの超シリアスは何処ー?!!!
って、叫んでおりましたよ。(笑)

今回は本編から離れた“オアソビ”回?と思いきや、
それなりに情報が小出しされていましたな。
でも、お陰で「謎は深まるばかり」ですけど〜w


先ずは剣闘士らしき同士の戦闘場面から。
仏像の天衣(グローリーじゃないやつ)
みたいなのを身につけた2名。
黄布さんが圧倒的な力で、紫布さんを撃破。

この黄布さんのデザイン、ガッツリ体型の甲虫みたい。
そしてこの剛力は、ローランの2段変身後と同じ位?

まあ、この実力差のお陰で箱根湯本は破壊されずに済んだらしいw
この時代の観光地の人々にとっては被害最小限
(数時間の封鎖のみ?)で終わればなりよりです。(・ω・)


現場検証に駆り出されたのは、主人公シュラりんと、
医者の職業柄か?の瞬たん。
断片的な証拠を積み上げていき、
聖剣戦争の真髄に迫るつもりなのかな、聖域は。

そもそも聖域が何処まで知ってるのに、
黄金聖闘士に黙ってるのかが謎だものなぁ。
小出しされた情報だけで動かされる聖闘士達が
反感抱くのがオチだと思うぞ〜^^;


この事件を振り返りながら、
別の場所で待たせてるヨシノちゃんを迎えに行く二人。
自分達が側に居られない時も、
彼女の護衛をしてくれてた蟹の話題へ。

シュラりんがデッちゃんの事を
「アイツ」「友」と呼んでくれるのが嬉しい♪
なのに、いつの間にか買い物してるしーーーーー!!(爆笑)

彼が麩菓子買ったのは、剣に見えたから?
「食べにくい〜!!あ、真ん中持てばイイのか!?」とならず、
お口サイズにポキポキ折って食べたんだよね?(笑)


さてさて、その目的地は強羅の陶芸工房。
待ち時間を過ごすヨシノちゃんを飽きさせない為のチョイスか?

陶芸デッちん可愛い〜vvv
対抗出来るヨシノちゃんツオイ!!( ´艸`)ムププ
“小手先器用な”蟹って想像通りだぁ〜♪

ほら、GAシュラりんは天然で普段はぼーとした感じだから、
ヨシノちゃんがプンスカしていても「暖簾に腕押し」。
その点、デッちゃんは反応よくポンポン返って来るので、
お互いの地が見える気がする〜

こうしてホノボノしてた所に、再び“領収書”問題が!(笑)
蟹がオイラと同じツッコミ(第37話「治癒者」)入れてたwww


領収書を書いてもらってるヨシノちゃんから
少し離れたデッちゃんの前に現れたのはコクトー。
わ〜い久しぶり〜♪って喜んでたが、
シュラくんとより仲良しじゃね?(・ω・)

それぞれ“最適”?な時代の黄金くんに接触して、
次々にこの時代に勧誘してるのかと思いきや、
蟹の台詞からすると、
この時代で初めて接触して正体を知らされたっぽいなあ。


コクトーの中の人はさおりんかと予想してたんだけど、
黄金くんのひとりなんかな?
口調からすると、老師(童虎)な気がしてきた。

でもなあ、ケルベロスを頭に乗っけてるから、
もしやハーデス様って事は…ないか?
ヨシノちゃんの中で眠る奥さん・ペルセフォネを心配して
聖域と協力してるとか。←飛びすぎ

 最初の『デスマスク』からくる『くー』は合ってるけど、
 続く『…ありがとうである』は『るー』だし、
 次の『…スマン…』は『んー』になる筈だよ、ケルベロス

 ↑ってか、1巻では「ぎるてぃー」「くだけない」とか、
  もうちょっと長く台詞を言えてたんだよな


追いついたヨシノちゃんに、場を外すと告げる蟹。
もうシュラりんが戻って来るから代わりは要らないんじゃね?
……………って、アフロちゃんwwwwwwwwww

コクトーと同じ理由なのか、はたまた女装してんのかwww
周囲に花弁が舞ってるので、その香気で幻を見せてるのか。
いやはや揃いも揃って、この時代を愉しんでるよなぁ〜(笑)


この調子だと、アイちゃんが言ってた通り
『…ボクらは此処(未来)に集う』って本当になりそう。

シグルっち曰く剣闘士を倒さないと宇宙が割れるらしいから、
聖域としては総力を挙げて事に当たるつもりなんだな。
割れる原因って、闇オロスが世界を毀しまくったせい?

顔の無い者を利用する剣闘士。
それを更に従わせるカオスアテナと闇オロス教皇。
一体総勢何名になるのでせうか?(・ω・)
by masaki_rui | 2016-03-27 17:24 | エピG.A.感想(8巻) | Trackback | Comments(0)
ぎゃーーー!兄さんっ!!!Σ(゚д゚lll)
第50話「デスマスク」


更新時間が火曜日の9時から10時に延びちゃって、
俺は午前中の気力をどう保ったら良いのか…?
と思ってたんだけど、今回は昼休みに読んで正解だったかも。

題名が全てを物語る。(^^;;



しかしまずはタイトルロール、デッちゃんへの燃えから。
今を去ること12年前の4月、王者赤の発売日。
蟹の余りの格好良さ「沢蟹祭りが…花咲蟹祭りへ(本誌感想1)」に、
こんな蟹は「今世紀最初で最後」だと書きましたが、違った〜vvv

更に年齢を重ねて渋さも加えた蟹が、またもや拝めるとはっ!
ありがたやありがたや…(なむなむ)


通常聖衣とは言え、霊血を受けた証拠の青文様入り。
『魂魄分離』コマの“聖衣アウッ!”描写も素敵v

聖衣のデザインに関しては『エピG』内でも、
初期とはかなり変わってきちゃってたけれど(笑)
GA蟹聖衣はショルダーの形からして全然違うね。

そして神聖衣のキャンスロットが黒マントだったのに、
あのデッちゃんが白マントなのが非常に印象的でした。
同時代に2つの聖衣が存在する理由も、
この違いが説明してくれるのかな?


一方、娘の事で頭イッパイになってる氷河さん、可笑しいwww
無印原作でもアニメでも、デッちゃんと氷河は、
お互い顔を見た程度で殆ど接点が無く。

どうしてこの人選なんだろ?
まあ、他の元青銅一軍から考えると、彼しか居ないのかもな。
そんな風に思ってたんですよ。

デッちゃんと直接対峙してないから、
接した事で起こりうるネタが浮かんでこないのが逆に利点だと。
デッちゃんの活躍に集中出来ると。


しかしだ。まさかこう来るとはなぁ〜
個人的には煙草は超苦手だし、
「隠密行動してるのに、ニオイでバレるやろ!?」とツッコミたかったけど…

顔の無い者を倒す為にデッちゃんが喫いかけのシガリロを落とす
          ↓
撃退成功後、ナターシャちゃんがそれを拾って返そうとする
          ↓
それに対してデッちゃんが悪態をつく
          ↓
ピキッときたパパが蟹にガンをつける
          ↓
黄金聖闘士同士一触即発の危機をナターシャちゃんが止める
          ↓
ガキとは言え、レディにお礼を言われてつれなくする伊男ではない蟹
          ↓
すかさず火を貸す氷河パパが、親として礼を述べる


この流れで三者が、一気に繋がった感が。
蟹の強さだけでない“魅力”を見せる事に成功してるよね〜
小道具の安易な使われ方でなかったのが良いなぁ〜と。

氷河が水商売してる設定って、ココで活かす為に考えたのかすら?
だって、他のメンバーで火点け出来そうな子いないもの。

 可能性としては一輝が、自分のそれから貸す形は想像可能かな?


もう一つ、『現世に還って来た 聖闘士が他にも存在する!?』
という結論に達したパパの脳内。
あれは和菓子も来てると考えてる顔だ。(笑)



さてさて、火曜日の午後を動揺の嵐にしてくれたプロローグ。^^;
GAアイオロスがかつて居た世界は、
予想通り[東照宮は残ったか?  > ↓以下は暗い妄想の世界(注意!) ]の、弟を失くした世界だったんだな…。

闇オロスになる条件として考えられるのは、
「弟を失う」事、ただそれのみって気がするのだよね。


印象として兄さんは、光の中をずっと穢れ無く生きてきたっぽい。
更に才能があって強いだけに、挫けた事が無いとか?

弟は兄さんを失っても真っ直ぐ生きてきたけど…
もしや兄さんの方が打たれ弱い?
いや、打たれ弱いと言うよりこれは、
相手を喪った年齢の違いが大きいのかな?


ただただ、大好きな兄さんを見上げていたアイちゃん。
憧れ・目標を失っても“兄さん”を目指して生きていけば良かった。
それが心の支えになってたから、辛い事も耐えられた。

片や、子どもから大人へと成長真っ只中で、
純粋に信じてた者に裏切られ、頼られ、永遠に喪い…。


サガぴょみたいに、己の中の“闇”に苦しみながらも、
それと付き合って生きてきた方が実は危なくなかったのだなぁと。
なまじ兄さんは自分の持つ“悪意”に触れる機会が無かった事で、
一度気づいてしまったら、堕ちるところまで堕ちる感がある。

救いは、兄さんの「弟バカ」が変わっていなかった事デスよ…
彼の言う『悲願』とは、最低限でも
「弟が生きている世界」だと思うんだよね。



黄金聖闘士と聖衣をあそこまで破壊可能なのって、
通常攻撃とは考えられず。A!並の破壊力が必要では?
あと、一コマ目の像ってアテナ像っぽくない気がする。

巴サンが被っていたティアラ?は
沙織さんのソレとは随分と異なって見えたので、
巴アテナ像なのかな?ってオモタ。

闇オロス兄さんはまだ10代後半〜20歳前後っぽい感じ。
G射手座聖衣とは、羽根部分も“折り目まで一直線”な所も違うな。
一方のアイちゃんが、GやGAっぽい年齢に見える。
巴サンの為に“聖域”を取り戻しに乗り込んで来た時なのかな、これ?


堕ちた兄さんの言葉が
『エピG』ポントスとプロメテウスの台詞と重なってね…

13巻でポントスとプロメテウスが、眠るガイアの前でかわす会話
 ポ『こんな世界が許されるはずがない……
   全ての母である神を虐げるなど あってはならない
   そんな世界は狂っている
   そこに生きる人間も
   それを司る神もーー皆 狂っているのだ

   そんな狂った世界など壊れてしまえ』


 プ『狂っているのは世界か……?
   人か…?それとも
   神か?』


彼らと顔見知りらしかった“リトスちゃんを助けてくれた人”は、
やはり兄さんだったのかな?
狂った世界を毀す為に“全テ乃狭間”から干渉していたとか?


シグルッちを持ってく時に、
イキナリ弟に「待て!」って言われた兄さん。
平静を装ってたけど、心臓ばくばくだったのかも?

それとも、もう既に何度も“毀した”世界で出会っているので、
「ここに居たのか」程度の心の動きだった?


あーもー!アイちゃんが敵うとは思えないよー!
絶対ほだされちゃうと思うよ、にゃんこは。

兄さんは美子さんにホッペタ叩かれるとか、
ガランさんから頭にゲンコツくらうのが一番効くと思うぞ。
「この、馬鹿者!!」とな。

そして沙織さんは、そんな闇オロスを救いたくて
GA世界に彼らを集めてるんだよね?ね?


GA界はもう相当カオスなので(好き〜v)、
双子座のカノンが出てくるかもしれないけど、
既に俺の好きなキャラが軒並み出演してて、
しかも揃ってムッチャカッコいいので死にそうです。

でも続きが気になって絶対に死ねません!(キリッ
by masaki_rui | 2016-03-06 01:03 | エピG.A.感想(7巻) | Trackback | Comments(0)