人気ブログランキング |
<   2018年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
年上後輩と年下先輩


アイちゃんキターーーーー!!ヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ

いや、サブタイを見た途端に予想がついたんだけどね。
なまじバックの色がロスト側と同じだったので、
どっち?どっち??とドキドキでした。


第36話で、聖闘士同士が争う業カルマを断ち切ると宣言してた獅子。
その業の“始まり”は、何時何処で誰が…?と
自己に問いつつ歩いていたらトリップしたらしい。^^;

目の前に立ちはだかるモヤモヤさん。
サブタイもあるし、『お前はーー我で有るーー』の台詞で
ゼウス父ちゃん決定。


聖域と冥王との戦いにより、この次元の器を失った父ちゃん。
もう諦めてると思ってたのに、
過去から若いアイちゃんがやって来たら
早速目をつけやがったか…

一度は己の企みを阻止したアイオロス兄さんも、
この正史世界には居ないもんな…
今回は楽勝〜♪って思ってるかもしれん。


それにしても
『どの世界でも
 どの次元でも』
って、どんだけ子猫のストーカーしてんの!?(笑)

一方、恐皇兄さんが50話で言ってた
『幾度 世界を毀そうと』からすると、
全ての次元で狙われた弟を護って…?
でも結局うまくいかなくて…?? って、恐っ!!


獅子の問いへの答えが、ロスト世界のソレだったせい?
もしかしてこの父ちゃん、ロスト側か?
聖戦時とは異なる時代の獅子を、呼んだ理由に繋がるのか?

これで現世のアイちゃんにも
ロスト側の記憶が流れ込んでいくのかな?
それでも『消えろ』の一言で退けた仔猫、凛々しいvvvvv


そんなアイちゃんの前に現れたのは星矢ちゃん。
神剣は無事に手に出来たのでしょうか?
(ここって熱田神宮の近くないしは境内だよねぇ。
 なのに干渉してくる父ちゃんってば、他所の神さまなめてね?)

さっきまで年相応の可愛い表情していた仔猫が、
既にずっと年上とは言え、かつての後輩を前にしたら、
キリッとなってるのが微笑ましくてvvv

良いわぁ〜
この逆転状態の先輩後輩の会話♪




by masaki_rui | 2018-06-17 23:50 | エピG.A.感想(ネタバレ) | Trackback | Comments(0)
主役取られそう


ジィジ!マジでジィジになっちゃったよ和菓子wwwww
でも、あのまま歳を重ねていたとしても
アラフィフにも達してない若いじーちゃんだよ!!

そのじーちゃんに足止めを食らわしてた一人モフモフさんが
「俺らの技の効果、短かっ!」(意訳)と言ってたコマ見て大笑い。

いや、そんな大変な状況で
何で何人もの黄金聖闘士が固まっちゃってるのwwwww
次の手を考えてるのは分かるけど、ちょっとお間抜けwww
この空気の中、自分の欲望に忠実な蟹さんナイスだ!(笑)


それにしても、ナターシャちゃんは
“星矢ちゃん”呼びか…(^ ^)
アイちゃんは“アイオリアちゃん”と
呼ばれていたのだとしたら萌ゆるなあ〜

そんな可愛らしいナターシャちゃんに
挨拶する和菓子もぷりちーだなぁ〜
(ヨシノちゃんとデッちゃんの喧嘩も勿論可愛い♪)

しかし彼女の名前を耳にした時に
「娘にまで母親の名前を付けたんかい!?」と
心の中で突っ込んでた、に1票!



大円団を迎えたところで、サブタイの意味は?
シュラくんに関係無いまま???と焦ってたら、
熱海に居ると思ってた星矢ちゃんが熱田神宮へ。
ムウたま攻撃が終了して、神社のメンバーもホッとした頃かな?

 神剣に呼ばれた。
 神剣を「纏う」者
って言うと、ついついオーディーンローブ星矢を思い浮かべちゃう。
そして剣の使い方がワイルド過ぎた獅子よりかはずっと
安心して任せられる気はする〜


和菓子が正気を取り戻したのはきっと
“ナターシャちゃんの「生まれ変わり(蘇り?)」”
にも関係してると思うんだ。

まあ、それが瞬先生のイヤ〜な予感と繋がってきて、
怖い考えになりそうなのですが…


神剣に相対する星矢ちゃんの肩にはコクトーが。
そしてケルベロスたちも見えるから、
冥王も見てると考えられるんだよね。

“現世の”瞬たんと冥王は、お互い不可侵のまま…って気がするが、
ロストの、冥王の意識もある瞬たんの記憶が
流れ込んでるせいなのかな?



折角二話続けて主役してた山羊君なのに、
元々の主役に神剣を振るわれたら、
ますますの空気化が進みそうで怖いっすw

あとヨシノちゃんが聖闘士同士の連携プレイに感動してたけど、
元青銅組だったメンバーはともかく、
歴史的にもすっげー協調性が無いのが黄金聖闘士らしいから、
女神を失望させないように何か対策を取った方が良いと思うw




by masaki_rui | 2018-06-10 23:53 | エピG.A.感想(ネタバレ) | Trackback | Comments(0)