蟹氏でした
主人公2人が、左右中央の上下に位置して張り合ってるw
コクトーはでっちーと仲良いよなぁ。

この巻は「沙織さん側の聖域」と言ったところかな?
裏表紙は霊血発光した聖衣纏ったアフロちゃんでし。


そしてそして…皆さんお楽しみなカバー下描き下ろし。
今回はデッちゃんでありました。
『死ぬの慣れてるし』に苦笑い。だね…^^;

お師様に育てられたからかなぁ?
シュラりんが辛気くさいの分かる分かるwww
ジジイ呼ばわりされてるしwwwww


でな、中身。
中表紙の大小山羊に萌えるv
キャベツばっか食べてると、筋肉つかないよ〜(おい

そしてアフロちゃんの“間違った日本語”
『上がりなさい』が好きだったのに、
正しい『下がりなさい』になってて涙目。(笑)

一方、陶芸の後の蟹-コクトー会話で、
ケルベロス達の言葉がちゃんと末尾の音に直ってた。
こういう訂正なら良かったのになぁ。


その他、技の名前等の大文字が、
黒色から別の薄めの色に変わってた。

以上、ザックリと連載時との違い探しでした!




[PR]
# by masaki_rui | 2016-09-25 23:56 | エピG.A.感想(8巻) | Trackback | Comments(0)
聖域に受け継がれて来た宝剣(紫龍談)
第61話「業物」


オールスターキャスト来たー!!ヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ
両手両足が冥衣に侵食され
思ったように動かなくなってるシュラりん。

何度も熱海くんの渾身の攻撃をくらってるもんだから、
もう身体がもたないだろうと心配する面々が。
在ニポンの黄金聖闘士達と星矢ちゃんが勢揃いだよ〜ん♪

 で、訓練止まってるぞい、獅子と王子w

『オレたちが揃う前にーーー』って事は、
以前アイちゃんが言ってた通りに
『ーボクらは此処(未来)に集う』なのかな?


先手必勝の山羊くんの刃は、これまで同様
熱海くんの鎧に傷一つ(?)付けられず。
そのまま反撃の鉄拳を浴びてしまう。
…だから顔はやめれ!(力説)

拳の勢いに飛ばされて、地面に倒れるかと思われたシュラりん。
この流れ、『エピG』6巻の獅子vs.濃い様みたいだと思ってたら…

GAにも守護天使キターーーーー!!!!!(笑)
アイちゃんのソレは、勿論あの世界のアイオロス兄さんだし、
山羊くんのはお師様であったよ。


守護天使だからお師様も黄金聖衣を纏ってるよ!
渋い姿も、若返った姿も格好良いよ〜vvv

お師様の聖衣とGA聖衣はデザイン違うな〜
やはり纏う相手に合わせて変化するんだな〜
あの腰回りタイトなデザインは、原作版山羊座聖衣なんですね。

そしてお師様は以蔵さんだったのだなぁ…
何と壮大な原作オマージュ!


もうお師様ってば、和菓子をも凌ぐ超弟子らぶ!
兄さんでさえ「お前にはまだ命が残っているだろう?
ま、私も常に見守ってるけどね」って励まし方だったのに。

「辛い時にはわしを思い出せよ」って言いつつ、
シュラりんの冥界堕ちをキレイに阻止する甘やかし振り。
角、生えたらまた切ればいいんですね。←サイヤ人の尻尾かー!?

 ずっと側に居た(アイオロス兄さんパターン)って事は、
 教皇側についていた時とか、
 冥闘士として聖域に乗り込んで来た時とか、
 歯がゆかっただろうなぁ〜

 でも顔見知りだったシオン様とかも、
 弟子以外は全然気にかけていなそうなお師様w


インド系の聖王・熱海くんに対抗するには、
ニポンの土着の宗教と、伝わってきた仏教との混合技しかない。(?)
とまあ、西人とは思えない(お師様の教育の成果や!)展開で、
繰り出したる刃は冥剣抜刃エクリプス カリバー

守護天使が来る前から、己を侵食していく(仮)闇の小宇宙から、
残る黄金の(仮)光の小宇宙を避けて集めてた山羊くん。
ここでこう使ったかぁー!

存在しない幽体乃鎧を切ったこの「技」。
熱海くんによって「技を超えた」と認定さる。
アイちゃんより先に「業」の域に達したね、シュラりん!


このままだと、「業」対「業」で
兄さんに対抗出来るのは、山羊くんのみになっちゃうぞ。(・ω・)




[PR]
# by masaki_rui | 2016-09-18 23:05 | エピG.A.感想(9巻) | Trackback | Comments(0)
山羊くんver.2


まさかまさかの、2週連続更新!!\(^o^)/
山羊くんあんなに可愛いかったのに、バージョン2に変身したー!!


『古き戦』とは、前聖戦の事なのかな?
聖剣の継承をし損ねたまま斃れてしまって…。

最初で最期の、つまり“唯一の”弟子に全てを授けられて、
お師様とても満足そうだった。
こういう形の別れではあったけど、お互いに出会えて良かったね。
幸せな師弟関係だったね。


お師様の言葉に感動しながらも、デジャヴを覚えた俺。
そうそう、あれだよあれ。
『エピG』7巻で、クレイオスに切られてフラフラなシュラりんが、
(命令だから嫌々だけどw)加勢しようとするアイちゃんにお断りした場面。

「信用出来ねぇ!」と反論されると、
「オレを信用出来ないのなら、(オレと戦った)お前の兄を信じろ」って、
よく分からない説得してて。

しかし今回のお師様の言葉『己を信じれないのならばー』以下を読んで、
「この師匠にしてこの弟子あり」と、納得。(・ω・)


あと同じ巻で「聖剣を受け継がせるまでは死ねんのだ」という事も言っていて。
それを考えると、あーゆー状態だったので、
紫龍くんに聖剣だけでも受け継いで貰えたのは良かったんだね。

「負けるという事は、お師様の名誉にも傷がつく」。
これも『エピG』13巻で、
これまで戦った相手の小宇宙を汚す行為だと言ってたよな、山羊くん。


そして『エピG』では善バージョンの髪色サガぴょん登場。
あれ?霊血の青模様が浮かんでません???

彼の口から、黄金聖闘士同士は対等の同士(友)という言葉が出て,
その後コクトーがシュラくんに呼びかけてきたので、
やはり双子兄なのかな、正体?

それなら一巻で「我が友」と言ってたのも納得。
(でも口調が全然違うんだよなぁ〜)


山羊双子が向き合ってるコマの台詞。
これも『エピG』3巻で、山羊くんが教皇の間に乗り込んで行ったけど、
結局返り討ちに遭っちゃった時の場面が浮かぶ。
『「正義」なのだよシュラーーー』というあれ。


…とまあ、ついつい過去(『エピG』)を思い出しちゃう言葉が多い今回のお話でした。




[PR]
# by masaki_rui | 2016-09-04 23:43 | エピG.A.感想(9巻) | Trackback | Comments(0)
キャベツ会話からの、この流れ


絶体絶命大ピンチ!に陥ってからが長かった。
間に特別編をぽちぽち挟んだ対熱海くん編の続きです。

「お前には、もう戦うための武器が無い」と、
自身の勝利を疑わない熱海くん。
それに対して『いやまだ命がある』と反論するシュラりん。


しかーし、ひと月近く過ぎてしまったら、
熱海くんってば「命」を「魂」に変換してた。(・ω・)
ま、聖闘士の魂も心も命も皆、小宇宙でオケ?(おい

闇堕ちし、両手両足をも冥衣化してく山羊座の聖衣。
それでも戦う事を諦めないシュラくんに敬意を表しながらも、
本気の一撃(2度目…か?)で応える熱海くん。


その際の言葉『全力で』から、シュラりんの思考は時を遡る。
『斬ってみせぃーー』とは、弟子を斬り殺す気で相対する師の、
技、力、魂、力、小宇宙、命全てを引き継ぐ事だった。


お師様が語る「友」のくだりは、
自分としては“単独”任務が多いと考えてる黄金聖闘士ではなく、
星矢ちゃんたち青銅聖闘士の戦い方っぽいなぁと感じた。

現役の頃に、そういう戦いがあったって事なのかな?
で、お師様は“友”に庇われて命長らえたと。
反対に、斬った強敵の“命全てを背負った”事も多数で…


お師様の言葉通りに、死の淵から立ち上がった少年山羊くんは、
ローリング聖剣抜刃で師の背後に回って刃を放つ。
それは見事に決まり、師より山羊座を拝命するのだった。

見た目は一輝兄さんの卒業試験に似てるけど、
中身は全然異なってたわ。
聖衣を受け継いだ時点で、背負ったモノがこれだけ違ってたのだなぁ〜



ちびシュラくんに語るお師様の言葉が熱くて熱くて…。
月並みだけど、ジーンとしてました。

そして当時、まだボクっこだった山羊くんが、
これを機に「俺」とか言いだすと、ムッチャ萌えるぞ。




[PR]
# by masaki_rui | 2016-08-28 00:08 | エピG.A.感想(9巻) | Trackback | Comments(0)
2016年獅子誕(希国タイム)
富士樹海。
常人の目には捉えられない何かが、二名の人の姿に変わる。


「アイオリア、そろそろ小休止するぞ」
「いや、俺はまだ一人でも続ける!」
そう断る少年を、最初に声を掛けた青年が実力行使で止める。

「駄目だ。自分を追い込むばかりでは突破口は開けないぞ」
「…。」

二人の記憶は同じ二十歳過ぎまで有る。
しかし少年の姿で時を超えたアイオリアと異なり、
ミロは嘆きの壁を経験した頃の肉体で現代に現れた。
幾ら実力差は無い黄金聖闘士同士とは言え、
手足のリーチの差は如何ともし難く。

これはあくまでも修行の一環であり、
また、ガランからも以前同じ注意を受けた事を思い出し、
ミロの拘束から抜け出そうという動きは数秒で止まった。


少し不貞腐れた表情で水分を摂る獅子を目にしていると、
ミロの頭に、ふとある記憶が蘇った。

「お前と俺とで、修行みたいな事をしたよな?子どもの頃に。
あれは…聖域でではないな。お前、もっとチビだったし」

「チビ」と言われて、更にブスっとした顔でアイオリアが答える。
「聖闘士になる前、
…ミロス島で」


「あ!そうだそうだ。
俺の師匠に、お前達が挨拶に来た時だ。
同い年の聖闘士候補同士だと紹介されたんだった!」

あの頃の兄を想い獅子の表情が微かに乱れたが、気取られる前に自分を抑えた。

「それにしても、よく覚えてるなぁ!」
素直に感心しているミロに対し、
「海で火傷するなんて初めてだったし…」
とアイオリア。

「あ…;;;」

a0013719_00573522.jpg






あれは二人が5、6歳の頃の盛夏。
師匠同士の話が有るからと、弟子二人で組手をさせられてた。それ以外に、今日の修行メニューをこなせば遊びに行って良いと言われ、俄然張り切りだしたのだった。

この年頃の少年達は遊びですら全力で、良い運動になる。ましてやお互い聖闘士候補生。それを見越しての「遊び」許可だった。


自分のテリトリーであるミロス島を縦横無尽に駆け回るミロに対し、初めての土地にも関わらず、よく追いついていくアイオリア。
全メニューをこなし終えた頃には陽も高く昇り、絶好の海水浴日和となっていた。


泳ぐにしても、普通のビーチではつまらない。船でしか行けないカラモスビーチへ行く事を思いついたミロ少年。

「なあ、海で泳ごうぜ!
オレ達にしか行けない所でさっ!」

a0013719_00573503.jpg


一応、周囲に人が居ない事を確認してから、泳ぐ格好で絶壁を思いっきり駆け下りた。

「「ひゃっほぉー!!\(^o^)/」」


最初は「あれ?熱いな」と感じただけだったが、一歩、また一歩進む度に、耐えられない熱さになっていった。まるで熱せられたフライパンの上に乗ってるかの様に。

「「あぢー!あぢぃー!!あぢいいぃ!!!」」

この熱さから解放されるには、もう思いっきりジャンプして海に飛び込むしかない。同時にそう悟った二人は、知らない人が見たら目を疑う様な距離を飛んで難を逃れた。



「足の裏痛い…」
プカプカ浮かびながら、ちびアイオリアが不満げに口を開いた。

「フンッ!この程度の熱さにも耐えられないのか?」
偉そうに反論するミロのソレも、同じく真っ赤になっている。

これですっかり泳ぐ気を削がれた少年達は、只々無言でプカプカ漂って過ごしていた。


「戻らなきゃ」
どちらともなく、砂浜に上がる。先程火傷した部分がヒリヒリ痛む。海水で湿っている部分はまだよい。そこから先、日光をたっぷり浴びた砂や岩はかなりの高温だ。

海岸線から崖を登りきるまで、聖闘士候補生の足でも数歩は必要か。修行中に数々の怪我は経験しているが、火傷はそうそう有るものでは無く。

いつもとは異なる痛みに涙目になりながらも、幼いながらもプライドで耐え切り、師匠達の元へと戻ったのだった。





「ミロス島ってのは、鉱物資源が豊かな所でさ。
あの場所は特に、熱を溜めやすい金属成分が多い場所だったのかもなぁ〜」

足の裏のヒリヒリに耐えながら過ごした、その後の数日間。懲り懲りとした口調でミロが言う。

「何も同じルートで戻んないで、少し泳いで別の場所から帰れば良かったんだよなぁ〜」
その発想は、当時の二人には浮かばなかったのだった。

と、アイオリアが吹き出した。ミロの問う視線を受けて答える。
「ああ。お前の言う通り、思い込みは良くないな」



地上の平和を乱すものと戦う。
あの頃は、それが目的で修行していた。

だが今は「兄」を止めるという、自分に課せられた責務を負ったから。



[PR]
# by masaki_rui | 2016-08-16 21:36 | 獅子ネタ | Trackback | Comments(0)
2016獅子誕
やーさす!
5年ぶり、遠足中の獅子誕です。
今度こそ本当にギリシアでこの日を迎えております。

これから頑張ってバースデー小話を書き始め、
今日(ギリシア時間)中にあぷ出来るよう頑張りまーす!

さてその前におめでとう写真をば。
ハピパバージョンが無くてコレにしました。
両方とも、ギリシアでメジャーなメニューであります♪

アイちゃん、お誕生日おめでとう!( ´ ▽ ` )ノ
a0013719_20453071.jpg


[PR]
# by masaki_rui | 2016-08-16 20:37 | 獅子ネタ | Trackback | Comments(0)
渋いぜ(うはv)番外編2
例のTwitter企画編だと思ってなくて、
余りの舞台の変わり様に、「第二のキャベツ話」か…?
などと思ってしまった火曜日のお昼でした。


アンケートの結果通り、氷河の勤めるバー
「ヴィディアムー」が舞台。
ここに誰かが(確か結果では黄金聖闘士が)
やって来るオハナシのはず…。

とっくに店内に居たのはオーナーの蘭子ママ。
前回の登場は真冬だったせいか、
隠してあった腕の筋肉が眩しいです。(笑)
髪型も変えてました。オサレ〜w

そしてどうやら、1人のアルバイトを雇えと、
かなり強制的にマスターにお願いしに来ている模様。
だが、一片の迷いも無く断る氷河。

 客商売なのに不愛想でいいのか?(・ω・)
 マスター目当ての女性客ばかりなの???
 ↑店主、激しく嫌がりそうだけどな…


でも蘭子ママは強引なので、アルバイト候補を招待済み。
現れたるは、我らが主人公シュラりん!!(*^◯^*)
顔でオーナー面接はパスした様子。(笑)

しっかし、紫龍くんが知ったら、
全力で止めにかかるのではないだろうか?
シュラりんのバー勤務。←未成年
そして、聖闘士はやはりガテン系だよねw


何とか口実つけて断る気満々のマスターに対し、
戻った全ての記憶のお陰か?弱点を突いてくる山羊くん。(笑)
尊敬するお師様の話をすれば、確かにイチコロですよwww

それに氷河にとっても、今のこの仕事自体が、
師や友に対する祈りに繋がるのだと知らせてくれた訳で。


シュラりんの祈りたい相手は、「切った相手」なのかも。
だからお師様と、アイオロス兄さんなのかな?と思ったり。

そして、だからこそ記憶が完全に戻った後で、
しるー君と「強敵(とも)」として飲みたいと強く願ったのかな?
酒好き…というのもあると思うけどね。

確かに、この内容だとお師様が出てからでないと、
公開不可能だったよな〜


氷河の待ち受けが、毎日撮ってるナターシャちゃんの写真とか、
(色々やってきた蘭子ママだから、あれこれ詮索しないんだろな)
踊り子だから、カクテル作ってる時も舞ってたとか、
ボイストレーニングとか、ダンスレッスンとか何なんだよwwwとか、
大体、店長もバイトも同じ時に居なくなるんでないかい?(・ω・)


夜、一人お留守番してる娘ちゃんの面倒をみている瞬ちゃんも、
パパーシャのところに行けると喜ぶナターシャちゃんもカワユス♪

だからこそ、彼女の傷跡が痛々しい。
長袖ハイネックなのも、これらを隠す為なんだろうなぁ。
そして断固“他人”に預けない理由でもあると思うのだ。


前回までの、殺伐とした空気からキャベツ話に飛んだ様に、
ホッコリ笑えた特別編でしたvvv





 さて、次回の更新は8/9とのこと。
 管理人、今年はいつもより早めの夏休みのため、
 感想アップは月末にずれ込みそう…。

 獅子誕も遠足先で迎えるので、
 ここ(伝言板)に何かをアップしたいなと、思っちょります。
[PR]
# by masaki_rui | 2016-07-31 22:29 | エピG.A.感想(8巻) | Trackback | Comments(0)
草食山羊
第58話「妖刀」


かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい…(*^o^*)
いやいや山羊くん、全身をボロボロにされながらの、
血みどろの闘いが続いてるんだけどさ。


こんだけ打たれまくってるから、もう出ないのでは?
そう勝手に思ってた「聖剣屹立」→「聖剣具現」の流れ。
その狭間にシュラりんの瞳の色が紅に変わってもうた。
またもや冥界に引かれていく山羊くん。

その気配を感じ取ったのが、ナンチャッテ慟哭ペアなのがまた嬉しい!
そうだよな、シュラくんと同様、冥衣を纏った仲だもんなぁ。
アフロちゃん、ムッチャ心配しとるv

で、あれ?暫く振りに登場のコクトー!
折角、池袋事件の時に山羊聖衣を霊血込みにしてくれたのに〜
それにしても聖衣の冥衣化に反応したのが、
この3キャラというのが意味深に思える。


2度目の闇落ちシュラりんの名を呼ぶのは、
前回ラストに出て来た謎のじーちゃん。
やはり、お師匠でしたか〜!

Ωショックを受けた奴なので、
あの渋いじーちゃんがお師匠で良かったと心底オモタw


ここから、ガラッと画面の雰囲気が変わったよなぁ。
最初、子供の頃の貴鬼たんかと思って、
「緑溢れるジャミール?」とか。(あいぽん画面なので請うご容赦w)

ピレネーに在るモンテ・ペルディード。
「失われた山」「迷子の山」(←wikiで調べた)って、
今のシュラくんにとっては象徴的だなぁ。

「お師匠様」でなく「お師様」という言い方が
シュラくんの可愛さを際立たせておるvvv
具体的なお名前は出てこないんだけど、
もうこの2名のキャベツ会話が音声付きで再生されてるよ、俺。


力があり過ぎて聖衣を授けてもらえない山羊くん。
強い事ー『切れ過ぎる刀』ーは『悪とされる』とお師匠。
禅問答の様な解説に対し、
ぽよんとしているシュラりんがもうっ!もうっ!(笑)

お師匠の解説で「なるほろ〜」と思ったのが
『日本には“聖剣”は無い』のくだり。確かに確かに…!
でもそんな場所に、“聖剣”持ちの山羊座聖衣が在るのは何故だ?


「妖刀」の解説を始めるお師匠の右手、
山羊くんの持つ“聖剣”とは形が全然違う〜
それでも周囲の笹の葉を切り刻んでるんだな。

全身に刀傷の様な切り傷が刻まれてるお師匠の左眼は、
傷があるだけでなく見えてないみたい。
そして一輝兄さんのギルティ試験みたいな展開となる。


形の無いモノ、妖すら切れるー。
そう言ってる師匠は既に、「形無きモノ」「妖」なのか…?
紅眼シュラりんのまま師匠を思い出したのは、そのせい???


こんな緊迫感溢れる展開ですが、どうしても一言いいたい。
 氷河にスイカ
 シュラにキャベツ
…おそまつ!
[PR]
# by masaki_rui | 2016-07-10 23:51 | エピG.A.感想(9巻) | Trackback | Comments(0)
行って来たよ30周年展
多くの方が報告されているので今更なのですが、
老体にムチ打って行って来ましたよ報告。


名セリフが刻まれた壁の道を進むと、無印の生原稿コーナー。
あれから30年というのに、大変綺麗な状態です。
あと線画も美しい。色も素敵。

こういうお宝を目にしてしまうと、
G、GAのそれも(いやGAは殆どデジタルか…)も見てみたいなぁ〜


お次はアニメのコーナー。
熱心に見ているお嬢さんが居て近くに寄れなかったけど、
真紅のメンバーはちゃんとチェックしました。
Ω関係はやたら少なかったね…。

隣ではバーチャル体験やってたんだが、
先にギリシャ展を見学して重いパンフを背負ってもいたし、
年寄りの冷や水はやらないで右手へ。


新作画像も含む映像コーナー。
オールデジタル化?は確かにキレイなんだけど“熱”が無いなぁと。
荒姫作画で見てきた、極端にも思えるパースが無いから大人しい印象。

ブラジルの方だったのかな?
背後に流れる主題歌を日本語のまま一緒に唄ってて(笑)
インターナショナルだのうw


その先はお待ちかね?の黄金聖衣12体展示コーナー。
ここからは写真撮影可能です。
黄金くん12名の解説と身長体重等が書かれたパネル2つもあり。

じゃ、じゃーん!
一番手前だったアフロちゃん、切れちゃっててゴメンね…。orz

a0013719_17304659.jpg


では、手前から順番に写真をあぷ!

a0013719_1731225.jpg

 アフロちゃん、すっごく大きく感じた。


a0013719_1731596.jpg

 ヲトメさんはモデル立ちのようだ。そして細っ!


a0013719_1731947.jpg

 がっつりアイちゃん。


a0013719_173112100.jpg

 顔が丁度隠れてしまう位置で撮っちゃったよ、和菓子。


a0013719_17311551.jpg

 牛さんデカッ!!


a0013719_17311852.jpg

 突然年齢が上がってw、姿勢良く立ってるサガぴょ。


a0013719_17312071.jpg

 アイオロス兄さん、小さく感じたんだけど…。


a0013719_1731246.jpg

 逆にムウたまは、予想より大きく思えた。


a0013719_17312895.jpg

 此方も大人しく立ってる蟹デ。


a0013719_17313379.jpg

 一方ミロたんは、ポーズ決めてますな。


a0013719_17313767.jpg

 老師は飛び抜けて小さめだけど、小顔でスタイルいい!(笑)


a0013719_17314291.jpg

 12名の両脇を固めるのは年中組。シュラりん、むっちゃ大きく見えたよ。


そして年少組カルテット。
ムウたまとミロたんは離れているので加われず。^^;

a0013719_17314899.jpg



物販は、オイラが行った頃には壊滅状態。
お陰でココも待ち時間不要で買えたけどね。
うん、パンフだけ。
[PR]
# by masaki_rui | 2016-07-03 19:51 | 『☆矢』全般ネタ | Trackback | Comments(0)
ゴールデンエイジざっくり感想
文字数を知った時よりも、
冊子体の厚みを目にして更にムカついたんですけど。(笑)

ゲストブックで毒吐いたように、
これだけの仕事を週刊連載中の漫画家にやらせるなら、
編集さんとか会社がも少し環境を整えるべきかと。

倒れるくらいの小宇宙を燃やして生み出してくれたんだから、
校正もよろしくお願いしたかったぜ。→城戸

出版関係の仕事やってるんで、かなり全力で思ってますぞ。
しかもツイッター企画とかまでご本人にさせてるんだし。



ま、とにもかくにも、関わりになられた皆様に
ありがとうございました&お疲れ様でした
とお伝えしたくて書いてます。

素直に面白かったです。
青銅ちゃん達の中学生っぽさが微笑ましくてねw

文章も漫画と同じリズムなんだなぁ〜って。
だからコマ割りとか自然に脳裏に浮かんで来る。


大学時代に黄金〜鉄の時代という区分けを知ったのだけど、
その時点で『⭐︎矢』が浮かんだオタクだったので、
今回その設定が出て来て妙に嬉しかったなぁ。

そしてエクスの後に出て来た男がマーキナーを名乗った事で、
「デウス エクス マキナ」を思い出しました。
エピローグで、しるー君がそれに触れてくれたので、
「おお、この設定か〜」ともなったよ。


“片手間”という言い方はふさわしくないけど、
限られた時間で、これだけの設定とキャラを創り出し、
話を1本作ってしまうのは、やはりプロだなと思った次第。

エピG→GAと、黄金くん達の描写がメインだった為、
今回、青銅組がほぼ初めて拝見出来て
「あ〜お祭りって楽しい♪」となりました。
[PR]
# by masaki_rui | 2016-06-26 23:20 | 『☆矢』全般ネタ | Trackback | Comments(0)
カバー下と扉絵
しかし届くのが遅いため、発売日当日に電子書籍でも購入してます。

で、帰宅してヘロヘロな状態でダウンロードしてから表紙をクリック。
!!!!!………に、兄さぁーーーーーん!!!

その蔑むような上から目線に、
一瞬でHP、MP共に回復いたしましたよ。(笑)
会社のパソの上に鎮座していて欲しいレベル。
スマホの待ち受けとか?(動けなくなる


そして数日後、紙版も到着〜♪
ところで特典イラストが、逆さに封入されてたんだけど?

これって、アイアイ兄弟をそのまま目にすると
真紀の血圧MAXになるのを防ぐためだったのでしょうか?(・ω・)


カバー下…w
『アイオリアが泣くぞ』に動じたふりして、
シュラりんに交換条件を提示する闇オロス兄さん悪どいwww

山羊くん、1巻ではまだ慣れなくてドキドキしてて、
アイちゃんから心得を伝授してもらってたのに…。
今では自覚もたっぷりなんだねw


さて本編ですが、半分以上のサブタイが
web掲載時とは変更になってました。

一輝と間違えちゃうからなのかなぁ?
「兄さん」のままの方が、にゃんこの慟哭が伝わってくるような…?
「アイオロス」にすると、慟哭してる人数が増える印象だからかな?


そしてそして。
カラー版の番外編掲載万歳!\(^o^)/
アイちゃんとミロりん以外は、アニメ色だったのかー!
(アイオロス兄さんの色も薄めだけど)

真正面からの構図の12名は、エピG時代にポスカで拝んでたけど、
大人バージョンの斜めから構図の集合絵も尊いなぁ〜vvv



今週は初めて確保出来たジル蟹ネイルも届いたし、
『⭐︎矢』週間でテンション上がりまくりでしたん♪
[PR]
# by masaki_rui | 2016-06-13 00:03 | エピG.A.感想(7巻) | Trackback | Comments(0)
今度は不思議な西人疑惑
第57話「幽体乃鎧アストラルアーマー


前回「最強(硬)同士をぶつければ壊れるんじゃね?」と
『⭐︎矢』脳の管理人は思ったのですが、
熱海くんの鎧は、斜め上をいってた。(・ω・)

題名の通り幽体乃鎧。
シュラりんが物理攻撃しか持たないのは、
よーく分かってるぜ。(ー ー;)←ZBで改めて実感中


腕を折られてかーらーの、
スピードの遅い熱海くんの攻撃をかいくぐり、
至近距離から蹴り(左腕聖剣も?)を撃ち込む。

反撃をくらった際の反動を利用しての超絶飛翔!
息をつかせず聖剣抜刀を放つ。

この流れるような動きが、
体術に秀でた山羊くんの魅力を存分に見せてくれる♪
………なのに壊れないんだよね、
熱海くんの無敵乃剣アパラージタは。

 この戦闘場面での見どころに、
 二人の纏う「“鎧”の模様の美しさ」も全力で加えたいっす!
 芸術品だよ、ここまで描き込んだら。(しかも週刊…)


このシュラりんの渾身の一撃を、
中継視聴中の全テ乃狭間組のみならず
静岡〜山梨辺りに居る聖闘士達も感じ取ってた。

不利…と感づいているみたいだな、皆。
揃いも揃って心配顔。


一方の、闇オロス兄さんの微笑みがコワイ…^^;
シュラりんが斃れるのが、
とにかく嬉しい〜♪のが伝わってくるよ。

で、シュラくん、そのじーちゃん誰!?∑(゚Д゚)
師匠筋っぽい口調だよね?
そこ、ピレネーの竹林なのか!?(笑)

[PR]
# by masaki_rui | 2016-06-12 17:27 | エピG.A.感想(8巻) | Trackback | Comments(0)
変な希人ども
第56話「暴風」


ひと月振りの更新は、富士の樹海から始まりました。
にゃんこが出るのって、4/5更新の53話以来じゃん!!

最初のト書きを見てキャッホー♪となったオイラだけど、
ミロ王子の『痛いぞ?』にまず吹く。
ちょっと何言ってんの、このギリシア人共wwwww


ミロりんが出て来たのは、動かない自然相手にしていても、
技のレベルも精度も上がらないからだよね?
んだから組手の相手をしてくれるものだと思ってたんですが。

何故どうして、カノンっちの贖罪過程みたいな事に???
真紅光針で5感を麻痺させて、
第6感〜7感のレベルをアップさせる気なのか?

いや、そんなもんで闇オロス兄さんに対抗出来ると、
本気で考えているんかいな、にゃんこよ?
あの落ち着いた田中声の二十歳アイオリアの記憶、
ちゃんと入ってますか???(笑)


記憶だけは二十歳以上ギリシア人コンビの、
何このエッチくさい世界はwwwwwとなってしまい、
頁数的には、圧倒的に多かった山羊くんの戦いががががが…



熱海くんはスピードは無いみたいで、
これなら避けられるし、その合間に攻撃も可能、って。
超余裕なシュラりん。

『エピG』3巻以来(確か…)の聖剣乱舞キターーーvvv
あの時は教皇の間を、細かいスクエアカットにしたけれど、
今回は熱海さんの放った円剣を全て切った。
その調子のまま、今度は直接切り込んだところ、右手折られた…^^;

しかしGでも、対クレイオス戦で折られてたし、
獅子だってヒュペの楚真の硬度に腕をやられてかーらーの
破壊に成功してるしで、あんまり心配してないんだけど。

でもex.カリバーンの、更に改バージョンになってしまうのか?
山羊くんの聖剣は。(・ω・)


熱海くんの聖剣の硬さ自慢から、
同じ硬度のモノ同士をぶつければ作戦を、
ついつい考えてしまう『⭐︎矢』脳でし。
[PR]
# by masaki_rui | 2016-05-29 00:32 | エピG.A.感想(8巻) | Trackback | Comments(0)
相変わらずのマイペース
第55話「聖王」


霊血で青く光る聖衣を纏ったアフロちゃん、
魚座の聖闘士の技フルコース(大サービスじゃん!)で
名も無き剣闘士さんの相手をします。

それにしても魚サン、瞬先生に「手を出すな」と言いながら、
魔宮薔薇設置ってどういうことやねんw
円鎖が無かったら、ヨシノちゃんをどうやって守るつもりだったの?
(…ってか、住民の方々〜!!)

それとも瞬たんが来たから、逆に「ラッキー♪」と、
フルコースをお見舞いしたのかな?


因みに『エピG』の時の赤薔薇の表記は
「王魔薔薇」ですた。(11巻)
あと聖衣も、より「魚」のエラっぽい感が増した気が…


当たり前の結果ですが、歯牙にも掛けない速さで名無しさん撃退。
そのアフロちゃんに語りかける瞬センセ。

瞬たんはきっと、彼を倒した事を気にしてたのもあって、
医者の道を選んだのだと思うから、
“お互い恨みっこ無しだぜ(意訳)”と言ってもらえてヨカタヨカタ。

この辺りの「信念」に対する台詞って、
Gアフロちゃんと共通している様に感じたな。


さて、その“信念”に基づき、かつては敵対した二人。
それを受けた『人を討つーー』の台詞と共に、
熱海くんとシュラりんの居る薔薇園へと舞台は移動。

この言葉、最初アフロちゃんのそれかと思ってたけど、
途中から山羊くんの様な気もしてきたし、
更に進むと、闇オロス兄さんが冷たい笑みと共に言ってる感じも…


アフロちゃんとダイダロス先生。
瞬たんとアフロちゃん。

それぞれ知らない者同士だったから、
「己の力と魂が更に強くなる」悦び?も、
「強(狂)者を生み出す」事も無くて。

だけどシュラりんは「友を討った強(狂)者」…だと、
彼の行く先が心配になってきてたのだけど、
次の頁でチャラにされた。^^;

『磨羯宮が主』の名乗り、ムッチャかっこいい!!o(≧▽≦)o
前回は飛ばされてただけのシュラくん、主人公としての名誉回復w


54話で熱海くんが名乗ったのは称号だったのね。
→転輪聖王チャクラバルティン
本当の名はトリヴィクラマセーナとの事だけど、
長くて覚えられないから君は熱海くんで決まりだよ。*\(^o^)/*


力押しの無敵の剣 vs. 聖域の誇る聖剣。
それを全テ乃狭間から高みの鑑賞をしてる闇オロス兄さん。

兄さんってば、山羊くんに対して結構根に持ってる様で…。
あの事件がキッカケで、弟を喪う未来へと変わっていったのだと、
そんな風に考えているみたいだ。


彼の“怖〜い”言葉を受けて返すのは…
何となく予想はしてたけどの、ヲトメさん。
光背が迦楼羅炎みたいな色で輝いているトコロが、
より格が上になった雰囲気を漂わせてる。

それにしても、ヲトメさんってば『エピG』でも
教皇周辺をウロチョロしてたよねwww
(獅子宮の風呂場にまで入り込む人だし)



こっちがダメならあっち。
上手くいかなければ壊して1から作り直せばいい。
その為に、聖剣戦争を餌に強者を集めてる。

そんな風に思える闇兄さんのスタンス。
一方で、新世界とか楽園とか…そんなモンは地上には無いと、
ビシッと言い切るアフロちゃんの強さが印象的でした。


一歩間違えば「弱者には幸せを追求する資格が無い」的意味にも
捉えられそうな言葉だったけどね。
でもこれが、闇オロス兄さんの目的とは
真っ向からぶつかっているように思えたのだ。

魚さんは多分、兄さんが勧誘しても行かないだろうな。
「今この世界で」、アテナが理想とする
“世界”に近いモノを作ろうと尽力するのだろうな。


それに比べて、ほだされちゃいそう感たっぷりなニャンコ。
まだまだミロ王子と修業中でし。(・ω・)
[PR]
# by masaki_rui | 2016-05-09 22:20 | エピG.A.感想(8巻) | Trackback | Comments(0)
わーびっくりしたなぁもう!(白々しくw)
第54話「円剣」


今週は、前回程は心掻き乱されないで済みました〜!(笑)

バラ園で、聖剣具現始める熱海さん。
獅子?と花模様の、シグルっち同様の生物系ビジュアル。
そこから円輪を出して来ましたよ。

しかし紫龍くんを襲った龍さんのとは異なり、
風を起こして相手の動きを封じるもの。
シュラくん、またもや飛ばされてますw


その間に魔剣起動した熱海さん。
最初牛さんと間違えたせいか、南米の人かと思ってた。
アジア人、それもインドの人らしい。

纏う剣は「無敵乃剣アパラージタ」。
あー此方も「最強」を感じさせるネーミングだ。
名も名乗ったよ。「転輪聖王チャクラバルティン」と。


でもさ、彼のアダ名(笑)の由来となったTシャツといい、
入学したての小学生みたいな靴と靴下といい、
どうしても笑ってしまうの、真剣にやっててもwww

だから魔剣纏ってホッとした〜(笑)
…って山羊くん、飛ばされるか解説するしかしてない!!



一方の田原本町。
テフィさんが言ってる「上がりなさい」って、
日本語不自由なので上下を間違ってるお茶目シーンだよね?
それとも方言?(ない)

そしてGAは原作準拠なんだな。→ダイダロス先生
んで、デッちゃんよ、フザケ過ぎです!いいぞもっとやれv


好意的に解釈すると、男性でアフロちゃんレベルだと
ヨシノちゃんが口もきけなくなる可能性があるからかと?
↑酸素不足w

だから今回、正体をバラした事で、ヨシノちゃんが
相当なダメージを負ったのが見えるようだ。( ´艸`)ムププ
人物デザインは、LoSの魚さんに似てるね。

それにしても、上半身裸で下は黒ストッキング?
ニャンコ→瞬せんせ→しるーくんと続いてきた、
上脱いでから聖衣装着系黄金聖闘士の中でもトップクラス!(笑)


そういや魚座聖衣も青く光ってたから、霊血受けてるんだな。
これで年中さん皆、青光りw

霊血効果なのか?饒舌になってるアフロちゃんw
この言葉から察するに、G魚さんっぽいなぁ。
[PR]
# by masaki_rui | 2016-04-24 22:41 | エピG.A.感想(8巻) | Trackback | Comments(0)
巡礼地増えた
第53話「剛腕」


最後の数ページに過ぎなかったのに、
それ迄のオハナシを吹き飛ばしたネタから行っちゃいます!

富士の樹海だし赤パンだし、
今度こそ一輝兄さんかと思ったら…!
良い意味で期待を裏切られたよ〜vvv


アニメ獅子もお揃いだけどさ、青いジャージ(笑)に金髪なので、
あいぽんの小さな画面ではバーテンダーかと思って混乱してた。
何で若くなってんの!?どうして樹海で修行してんの!!?と。^^;

そこへ「手助けしよう」と現れる、厚底シューズのミロりん。
GAアイちゃんはG世界から来たと思われるので、まだまだ成長中。
シークレットブーツ無くても、蠍くんの方が背は高いよ?←そこじゃない

あと「技」の上位が「業」で、両方に“わざ”とルビ振ってたけど、
ミロたんは「業」に“カルマ”と変えて来た。
獅子が止めようとしてる“カルマ”に掛けたのか?唯の間違いか?


それにしてもミロりん、すっごく大人になったよなあ。
個人的には「ヤンチャな男の子がそのまま育った」イメージで。
だから他のファンの方々が「王子」と呼ぶのが
よく分からなかったのです。

しかーし!これなら120%分かる!!
ムッチャ格好良くなってて、キラキラしてて、正に「王子」や!
獅子君がまだ10代前半の見かけなので、天使と王子の揃い踏み♪


アイちゃんの驚いた顔から察するに、
神託を受け色々知ってるニャンコでも
知らされてなかったんだろうな、ミロりんの登場。

エピG最終舞台である冥府でポントス相手に苦戦する獅子。
そこへ年少組+山羊くんが助太刀に来た場面と王子の言葉が被る。
(言ったのはシャカで、ミロたんは「うおお」とやってますがw)

なので見た目はあの頃の節足動物とは随分と違ってるけど、
やっぱりGミロの成長後なんじゃないかなと。


台詞からすると『G魂』と似たような設定に思えるGA王子。
コクトーの勧誘でこの時代に来たのだったら、
「アイオリアが未来世界で、
めっちゃ精神的にキツイ状況になってるんだが?」と説明されて、
「俺が助けに行くぞー!」と手を挙げて立候補したのかな?

『一人にはさせない』という台詞が、もうね…。
エピG設定での13年間、獅子くんの横で支えられなかった、
信じてあげられなかったという後悔があったからなのかも。

だから真相を知った以降、ミロ王子は
「もう二度と疑ったりはしない」と決意したのかもな。
何せアイちゃん以上に真っ直ぐな良い子だからね♪


それまで緊張していたニャンコの表情が、
ここに来て一気に柔らかくなった。

変装中はもとより、
金髪になった最初のシュラりんとの戦闘でも、
ずーと表情が硬かったんだよね。


ちょっと怒ってるような顔つきがデフォになってたGA獅子。
エピGでの表情豊かなあの子を見てたから
余計に「能面みたい」だなと。

そもそも感情を表に出したのって、
闇オロス兄さんと対峙した時くらいだし。
それも哀しい・辛いって方向に。


だからこの場面では、それぞれ天使と地獄の獅子座同士、
一輝兄さんとの邂逅も一つの手だったとは思うんだが、
ニャンコが安心した顔になれた事が何より嬉しかった。(^^)

幾ら20歳迄の記憶を得たとは言っても、
獅子宮で従者さん達とワイワイやってた子が、
突然に遥か未来で辛い現実を見せられて…。


でも弱音は絶対に吐けないし、招集されるのは年中組ばかりだし。
聖域時代に交流があったのは星矢ちゃんぐらいだしで。

“同僚”よりも、もっと親しい年少組。
それもエピGではケンカ友達だったミロりんが現れて、
心からホッとしたんだろうなぁ。

もうそれだけで「良かったね良かったね」と、
泣いておりました、火曜日の午後。


…とまあ、アイちゃんが出ると、
途端に長くなるオイラのカタリーナ。(・ω・)



さてさて主役のシュラりん話をば。←おい
熱海さんとお手合わせする事になり。
しかしここは一般人が行き来する商店街。

二人揃ってその立場を忘れず(→民は守るもの)、場所を移す。
うむ、この人もロスト聖闘士候補者なのかも。

受け身をとっても、熱海さんの剛(業)腕により、
(ヒュペとの初戦で獅子が受けたそれは、逆の業(剛)腕ですた)
種子島宇宙センターから打ち上げられたロケットの様に空を舞う
(いや飛んでく)シュラりんジワるwww

京都でのローラン戦の時も、清水寺から飛ばされたよなあ〜
そしてショッピングモールの天井は、
シュラ君の形に穴が開いているのだらうw


一方、すぐにその場から逃げ出したらしいヨシノちゃん達。
ニアミスで済んだね、山羊君とテフィさん。
シュラりんを「彼女」の元彼と勘違いして大いに動揺する
ヨシノちゃんがめっちゃ可愛いvvv

だがそこに現れる紫布の名も無き剣闘士さん。(負け判定済み)
自分を卑下している割には、参加者の中でも真相を知る人が少ない、
トップ オブ 聖剣の賞品をよく知っていらっしゃる。

そっか…アイちゃんに匹敵する位(おい)可愛い娘さんなのに、
ヨシノちゃんは巴サン以上の舞草の力を秘めているのか〜


紫布さん、ついつい調子に乗って余計な事まで喋ってしまい、
彼女を助けに来た瞬先生に叱られてました。(・ω・)

ところで、この時のヨシノちゃんと先生との会話って、
アニメでの一輝とのソレを真似てる?(笑)
これもあって、樹海シーンで間違えたのだよ、王子と兄さんを。


戦闘態勢に入ってる瞬先生への思わせぶりな台詞。
シュラ君が飛ばされたバラ園。
テフィさんの○○○ちゃんフラグが立ちまくりでしょう!
もしや、その姿で戦う前振り?\(^o^)/


熱海市内2箇所で戦端が開かれようとしているのを、
生シラス丼を食べながら(?)感じ取った星矢ちゃんとしるー君。
加勢に飛び出しそうな二人を宥めるデッちゃん素敵!

蟹からの「俺の仲間」発言がまた嬉しv
これ、シュラりんと○○○ちゃん二人に対してだよね?(^^)
多分デッちゃんの方が20近くも歳下なんだろうけど、
何だろう?この対人関係の対処の上手さは…(笑)



まさか(失礼)3週続けて更新があるとは…
思ってなかったところに、この盛り沢山。
その為、読了時の心の乱れが激しくて…。^^;
心拍数も上がっているだろうし、平静を装うのも大変です。
[PR]
# by masaki_rui | 2016-04-10 23:36 | エピG.A.感想(8巻) | Trackback | Comments(0)
シラスど〜ん!(それもナマ)
第52話「強き力」


桟橋に腰掛け、三線を手に沖縄民謡を唄うは星矢ちゃん。
これってアニメの「むせび泣いてるギターの音」
から来てるんだよね?(笑)

舞台は熱海に移ってます。
温暖な場所で静養してるのか、
はたまた城戸家の別荘があるからなのか?


そこへ、同じく療養中っぽい紫龍くん登場。
彼が手にしてる杖は老師のなんだろうな。
ちょっとホロリときた〜

長い事、仲間と接触を断ってた星矢ちゃんだけど、
今回のことで吹っ切れた感じ。
少年の頃に戻ったみたいな可愛らしさ爆発中w


二人が、しるー君の目の症状に触れた途端に現れる蟹〜!
デッちゃんの用事ってコレかYO!(笑)
因みにデッちゃんや、彼の傷の原因は対アルゴル戦ですぞw

巨蟹宮での戦いや(映画も含めれば『真紅』も)、
ハーデス編での白羊宮前でのイザコザwがあったから、
どうなる事かと心配してたんですが…

紫龍くんは、安定のオトナ対応。
一方、彼らに勝てなかった自分を自虐ネタにしつつ、
お見舞いの生シラス丼を差し入れする蟹先輩、素敵vvv

口では悪態をつきながらも、登場後たった数話で
ヒロインや元青銅くん達と和んでしまう、
デッちゃんの才能たるや侮れん…!(笑)



さて、同じ熱海でも、此方は駅前。
アフロちゃん(仮)と並んで歩く事に、
すっかり疲れ果ててるヨシノちゃん@心が痛いw

思ったんだけどさぁ、デッちゃんはずっと隠密活動。
となると最初の挨拶はともかく、
これだけ目立つ格好で人目に触れつつ移動するのって、
“おびき出し作戦”なんじゃないのかな?


…と、早速声を掛けてくる輩が。
髪型はともかく(Gでも結構変わりましたし)、
肌の色や“デカイ”との評に、牛さんかと思ってたオイラw

………剣闘士でした。(・ω・)
それも箱根で戦ってた黄布さん。(または熱海さん)
あの時は、結構偉そうだった彼だけど…

ヨシノちゃんには内心でツッコミまくられてるし、
アフロちゃん(仮)にはサッサと正体見破られてるし。
しまいには、両手合わせてお願いときた!←礼儀正しい


まさかこんな展開になるとは思ってなかったヨシノちゃん。
絶体絶命のピンチに、思わず心の中でシュラりんに呼びかける。

…来たよシュラりん、光速で。(笑)
いやあ格好イイっす、さすが主役!
デッちんに会う前にアフロちゃん(仮)に遭遇してもうたねw


『女性を殴る拳は持っていない』と、
ひたすら低姿勢だった熱海さんも
シュラ君を前にしたら戦士としての血が騒ぐ。

聖剣戦争の“賞品”とその価値を、
剣闘士の殆どの者が知らないと思われていたけど、
ここに来てアリスちゃん以外にも居たのだなぁ。


剣闘士とは、聖剣持ちが戦う方が理に叶ってるとは思うが、
混沌聖域側vs.現聖域側と考えると、
山羊くんとしるー君だけでは負荷が掛かり過ぎるよなぁ。

となると、ここはテフィさんが正体明かして相手するん?
幾ら合理的とは言っても、燃えないのは『☆矢』じゃないので、
こんな手法は取らないかな?

そしてヨシノちゃんの“能力(ちから)”がますます謎に。
鍛治の力?何か望みがある人の助けになる能力???
[PR]
# by masaki_rui | 2016-04-03 23:41 | エピG.A.感想(8巻) | Trackback | Comments(0)
チャンバラしたくて買うたんかい?
第51話「牙むく獣」


ぜ、前回までの超シリアスは何処ー?!!!
って、叫んでおりましたよ。(笑)

今回は本編から離れた“オアソビ”回?と思いきや、
それなりに情報が小出しされていましたな。
でも、お陰で「謎は深まるばかり」ですけど〜w


先ずは剣闘士らしき同士の戦闘場面から。
仏像の天衣(グローリーじゃないやつ)
みたいなのを身につけた2名。
黄布さんが圧倒的な力で、紫布さんを撃破。

この黄布さんのデザイン、ガッツリ体型の甲虫みたい。
そしてこの剛力は、ローランの2段変身後と同じ位?

まあ、この実力差のお陰で箱根湯本は破壊されずに済んだらしいw
この時代の観光地の人々にとっては被害最小限
(数時間の封鎖のみ?)で終わればなりよりです。(・ω・)


現場検証に駆り出されたのは、主人公シュラりんと、
医者の職業柄か?の瞬たん。
断片的な証拠を積み上げていき、
聖剣戦争の真髄に迫るつもりなのかな、聖域は。

そもそも聖域が何処まで知ってるのに、
黄金聖闘士に黙ってるのかが謎だものなぁ。
小出しされた情報だけで動かされる聖闘士達が
反感抱くのがオチだと思うぞ〜^^;


この事件を振り返りながら、
別の場所で待たせてるヨシノちゃんを迎えに行く二人。
自分達が側に居られない時も、
彼女の護衛をしてくれてた蟹の話題へ。

シュラりんがデッちゃんの事を
「アイツ」「友」と呼んでくれるのが嬉しい♪
なのに、いつの間にか買い物してるしーーーーー!!(爆笑)

彼が麩菓子買ったのは、剣に見えたから?
「食べにくい〜!!あ、真ん中持てばイイのか!?」とならず、
お口サイズにポキポキ折って食べたんだよね?(笑)


さてさて、その目的地は強羅の陶芸工房。
待ち時間を過ごすヨシノちゃんを飽きさせない為のチョイスか?

陶芸デッちん可愛い〜vvv
対抗出来るヨシノちゃんツオイ!!( ´艸`)ムププ
“小手先器用な”蟹って想像通りだぁ〜♪

ほら、GAシュラりんは天然で普段はぼーとした感じだから、
ヨシノちゃんがプンスカしていても「暖簾に腕押し」。
その点、デッちゃんは反応よくポンポン返って来るので、
お互いの地が見える気がする〜

こうしてホノボノしてた所に、再び“領収書”問題が!(笑)
蟹がオイラと同じツッコミ(第37話「治癒者」)入れてたwww


領収書を書いてもらってるヨシノちゃんから
少し離れたデッちゃんの前に現れたのはコクトー。
わ〜い久しぶり〜♪って喜んでたが、
シュラくんとより仲良しじゃね?(・ω・)

それぞれ“最適”?な時代の黄金くんに接触して、
次々にこの時代に勧誘してるのかと思いきや、
蟹の台詞からすると、
この時代で初めて接触して正体を知らされたっぽいなあ。


コクトーの中の人はさおりんかと予想してたんだけど、
黄金くんのひとりなんかな?
口調からすると、老師(童虎)な気がしてきた。

でもなあ、ケルベロスを頭に乗っけてるから、
もしやハーデス様って事は…ないか?
ヨシノちゃんの中で眠る奥さん・ペルセフォネを心配して
聖域と協力してるとか。←飛びすぎ

 最初の『デスマスク』からくる『くー』は合ってるけど、
 続く『…ありがとうである』は『るー』だし、
 次の『…スマン…』は『んー』になる筈だよ、ケルベロス

 ↑ってか、1巻では「ぎるてぃー」「くだけない」とか、
  もうちょっと長く台詞を言えてたんだよな


追いついたヨシノちゃんに、場を外すと告げる蟹。
もうシュラりんが戻って来るから代わりは要らないんじゃね?
……………って、アフロちゃんwwwwwwwwww

コクトーと同じ理由なのか、はたまた女装してんのかwww
周囲に花弁が舞ってるので、その香気で幻を見せてるのか。
いやはや揃いも揃って、この時代を愉しんでるよなぁ〜(笑)


この調子だと、アイちゃんが言ってた通り
『…ボクらは此処(未来)に集う』って本当になりそう。

シグルっち曰く剣闘士を倒さないと宇宙が割れるらしいから、
聖域としては総力を挙げて事に当たるつもりなんだな。
割れる原因って、闇オロスが世界を毀しまくったせい?

顔の無い者を利用する剣闘士。
それを更に従わせるカオスアテナと闇オロス教皇。
一体総勢何名になるのでせうか?(・ω・)
[PR]
# by masaki_rui | 2016-03-27 17:24 | エピG.A.感想(8巻) | Trackback | Comments(0)
ぎゃーーー!兄さんっ!!!Σ(゚д゚lll)
第50話「デスマスク」


更新時間が火曜日の9時から10時に延びちゃって、
俺は午前中の気力をどう保ったら良いのか…?
と思ってたんだけど、今回は昼休みに読んで正解だったかも。

題名が全てを物語る。(^^;;



しかしまずはタイトルロール、デッちゃんへの燃えから。
今を去ること12年前の4月、王者赤の発売日。
蟹の余りの格好良さ「沢蟹祭りが…花咲蟹祭りへ(本誌感想1)」に、
こんな蟹は「今世紀最初で最後」だと書きましたが、違った〜vvv

更に年齢を重ねて渋さも加えた蟹が、またもや拝めるとはっ!
ありがたやありがたや…(なむなむ)


通常聖衣とは言え、霊血を受けた証拠の青文様入り。
『魂魄分離』コマの“聖衣アウッ!”描写も素敵v

聖衣のデザインに関しては『エピG』内でも、
初期とはかなり変わってきちゃってたけれど(笑)
GA蟹聖衣はショルダーの形からして全然違うね。

そして神聖衣のキャンスロットが黒マントだったのに、
あのデッちゃんが白マントなのが非常に印象的でした。
同時代に2つの聖衣が存在する理由も、
この違いが説明してくれるのかな?


一方、娘の事で頭イッパイになってる氷河さん、可笑しいwww
無印原作でもアニメでも、デッちゃんと氷河は、
お互い顔を見た程度で殆ど接点が無く。

どうしてこの人選なんだろ?
まあ、他の元青銅一軍から考えると、彼しか居ないのかもな。
そんな風に思ってたんですよ。

デッちゃんと直接対峙してないから、
接した事で起こりうるネタが浮かんでこないのが逆に利点だと。
デッちゃんの活躍に集中出来ると。


しかしだ。まさかこう来るとはなぁ〜
個人的には煙草は超苦手だし、
「隠密行動してるのに、ニオイでバレるやろ!?」とツッコミたかったけど…

顔の無い者を倒す為にデッちゃんが喫いかけのシガリロを落とす
          ↓
撃退成功後、ナターシャちゃんがそれを拾って返そうとする
          ↓
それに対してデッちゃんが悪態をつく
          ↓
ピキッときたパパが蟹にガンをつける
          ↓
黄金聖闘士同士一触即発の危機をナターシャちゃんが止める
          ↓
ガキとは言え、レディにお礼を言われてつれなくする伊男ではない蟹
          ↓
すかさず火を貸す氷河パパが、親として礼を述べる


この流れで三者が、一気に繋がった感が。
蟹の強さだけでない“魅力”を見せる事に成功してるよね〜
小道具の安易な使われ方でなかったのが良いなぁ〜と。

氷河が水商売してる設定って、ココで活かす為に考えたのかすら?
だって、他のメンバーで火点け出来そうな子いないもの。

 可能性としては一輝が、自分のそれから貸す形は想像可能かな?


もう一つ、『現世に還って来た 聖闘士が他にも存在する!?』
という結論に達したパパの脳内。
あれは和菓子も来てると考えてる顔だ。(笑)



さてさて、火曜日の午後を動揺の嵐にしてくれたプロローグ。^^;
GAアイオロスがかつて居た世界は、
予想通り[東照宮は残ったか?  > ↓以下は暗い妄想の世界(注意!) ]の、弟を失くした世界だったんだな…。

闇オロスになる条件として考えられるのは、
「弟を失う」事、ただそれのみって気がするのだよね。


印象として兄さんは、光の中をずっと穢れ無く生きてきたっぽい。
更に才能があって強いだけに、挫けた事が無いとか?

弟は兄さんを失っても真っ直ぐ生きてきたけど…
もしや兄さんの方が打たれ弱い?
いや、打たれ弱いと言うよりこれは、
相手を喪った年齢の違いが大きいのかな?


ただただ、大好きな兄さんを見上げていたアイちゃん。
憧れ・目標を失っても“兄さん”を目指して生きていけば良かった。
それが心の支えになってたから、辛い事も耐えられた。

片や、子どもから大人へと成長真っ只中で、
純粋に信じてた者に裏切られ、頼られ、永遠に喪い…。


サガぴょみたいに、己の中の“闇”に苦しみながらも、
それと付き合って生きてきた方が実は危なくなかったのだなぁと。
なまじ兄さんは自分の持つ“悪意”に触れる機会が無かった事で、
一度気づいてしまったら、堕ちるところまで堕ちる感がある。

救いは、兄さんの「弟バカ」が変わっていなかった事デスよ…
彼の言う『悲願』とは、最低限でも
「弟が生きている世界」だと思うんだよね。



黄金聖闘士と聖衣をあそこまで破壊可能なのって、
通常攻撃とは考えられず。A!並の破壊力が必要では?
あと、一コマ目の像ってアテナ像っぽくない気がする。

巴サンが被っていたティアラ?は
沙織さんのソレとは随分と異なって見えたので、
巴アテナ像なのかな?ってオモタ。

闇オロス兄さんはまだ10代後半〜20歳前後っぽい感じ。
G射手座聖衣とは、羽根部分も“折り目まで一直線”な所も違うな。
一方のアイちゃんが、GやGAっぽい年齢に見える。
巴サンの為に“聖域”を取り戻しに乗り込んで来た時なのかな、これ?


堕ちた兄さんの言葉が
『エピG』ポントスとプロメテウスの台詞と重なってね…

13巻でポントスとプロメテウスが、眠るガイアの前でかわす会話
 ポ『こんな世界が許されるはずがない……
   全ての母である神を虐げるなど あってはならない
   そんな世界は狂っている
   そこに生きる人間も
   それを司る神もーー皆 狂っているのだ

   そんな狂った世界など壊れてしまえ』


 プ『狂っているのは世界か……?
   人か…?それとも
   神か?』


彼らと顔見知りらしかった“リトスちゃんを助けてくれた人”は、
やはり兄さんだったのかな?
狂った世界を毀す為に“全テ乃狭間”から干渉していたとか?


シグルッちを持ってく時に、
イキナリ弟に「待て!」って言われた兄さん。
平静を装ってたけど、心臓ばくばくだったのかも?

それとも、もう既に何度も“毀した”世界で出会っているので、
「ここに居たのか」程度の心の動きだった?


あーもー!アイちゃんが敵うとは思えないよー!
絶対ほだされちゃうと思うよ、にゃんこは。

兄さんは美子さんにホッペタ叩かれるとか、
ガランさんから頭にゲンコツくらうのが一番効くと思うぞ。
「この、馬鹿者!!」とな。

そして沙織さんは、そんな闇オロスを救いたくて
GA世界に彼らを集めてるんだよね?ね?


GA界はもう相当カオスなので(好き〜v)、
双子座のカノンが出てくるかもしれないけど、
既に俺の好きなキャラが軒並み出演してて、
しかも揃ってムッチャカッコいいので死にそうです。

でも続きが気になって絶対に死ねません!(キリッ
[PR]
# by masaki_rui | 2016-03-06 01:03 | エピG.A.感想(7巻) | Trackback | Comments(0)
え?デデデっ!?
第49話「鬼火」


イキナリネタバレから行きます。

わーん、嬉しい〜!!キャンスロットか居るから、
デッちゃんは元の時代でお留守番だと思ってたんだもん。
年齢は重ねている様に見えるけど、
エピG時代と変わらぬチンピラ風で安心した!(笑)

池袋事件の時に、貴鬼たんが
『蟹座の聖衣は誰にも継承されていません』
と言ってたのは伏線だったのかにゃ?



“GAのオアシス”ヨシノちゃんとナターシャちゃんが、
シュラりんを日光駅前で待ってる場面から今回は始まります。

そっか、今の山羊くんはヨシノちゃんと同世代。(笑)
同い年くらいの奴に「秘密の話があるから…」なんて
遠ざけられたのは癪にさわるわなw

…と書きつつも、ナターシャちゃんへの説明を
思いっきり端折り過ぎるのが可愛い。
可愛い女子は正義!(^^)


そこへ現れたフィリップスおじさまがシュラりんの名誉回復。(笑)
これの時系列は、アイちゃんの危機に彼が駆けつけた時かな?

おじさま曰く『紫龍君が私の為に力を貸してくれた』から、
上手いことシグルスっちに遭遇し、ライバルを倒して
(「星矢ちゃんが」だけど)くれた…ということだと判断しました。

つまりは山羊くんも獅子も、アイオロス兄さんに対して、
全身全霊で立ち向かってる状態の時だと。
ヨシノちゃん達へ、ちょっとでも気を向けたら殺られそうな…


それを狙ったかのように出現する“顔の無い者”の追っ手。
勿論、標的はヨシノちゃん…ではなくて、
氷河さんに取っ捕まった長の一人が憑依してたナターシャちゃん。

4人もの黄金聖闘士(実力的に)が日光に集結していながら、
彼女達の元へと駆けつけられる状況ではなく。


この“暗殺者”の格好を見た時に既視感を覚えたのだが、
週末にデスクトップの大きな画面でじっくり観察wして確信した。
顔の数、手足の違いはあれど、シチリアのシンボル「トリナクリア」だぁー!

 これシラクーサで撮った
 猫好きのお宅の壁画なので猫バージョンだけど↓
 a0013719_17365446.jpg


ここからして、登場人物の暗喩になってたんだなぁ。
なのに俺っちは「そろそろ一輝兄さんの出番ぢゃね?」と。

そんな風に思ってたから「え?え?」と。
幾ら一輝でもヤンキーすぐるぅー!(笑)
それに口調もちと違うぞ、って。


氷河さんの「パパが光速で助けに来たぞ」もワラタ。
その姿、病院からではなく、お店から直行か?( ´艸`)ムププ

ナターシャちゃんが怯えてなかったのは、
パパが来るって分かってたからかな?
それとも撃退可能な“能力(ちから)”の持ち主?



ここ迄きて、やっと姿を明らかにした蟹さん。
“氷河を知ってる”って事は、聖域十二宮編以降の蟹?
(踊り子さん、巨蟹宮は通ってないけど)

それとも、この時代に来た時に、
色々とレクチャー受けたんかいな?
未来生活マニュアルとか…


でもデッちゃんって、女神?の依頼を素直にきくんだなぁ。
そしてアイちゃんもシュラりんも、「誰」とは特定出来ずとも
その気配に気づいていたんだよね?
瞬先生と遭遇した病院辺りからだもんな、護衛開始時間は。

と言う事は、横浜ラーメン会の時には
影から紫龍くんを見てて… ^^;

仕返ししなかっただけでも、大人だよデッちゃん!(笑)
紫龍くんとの再会は、シュラりんとのそれとは
「雲泥の差」だと考えていただけに、感涙ですw


締めを飾るのは、『エピG』16話で群青の炎さんに言った台詞〜vvv
(「ぜ」が「ゼ」になっちょるがね)
次の17話で『我が星座は鬼火ーーー』とも言ってましたね♪
これも暗喩だったのかも〜!

ん?となると、やはり『エピG』世界から、
このGA時代に集まって来てるんか?


GA時代に二人の蟹座聖闘士が存在するという事は、
ロスト側とは別々に其々の聖衣が存在してる?

次回、デッちゃんが聖衣を纏うかどうかで判明するだろうけど、
この程度の相手なら纏う必要も無いかもな〜
G蟹は強いんだぜ〜v
[PR]
# by masaki_rui | 2016-02-28 22:53 | エピG.A.感想(7巻) | Trackback | Comments(0)