東照宮は残ったか?
第48話「教皇」


また“あの”時の状況再来なのかな?
「討たなければならない」と決意したとは言っても、
まだ“信じたい”気持ちがシュラりんの心を揺さぶる。

片や、『お前たちの「聖域」が 私を逆賊と呼ぶならば
私はーーー逆賊で構わない』と、確固たる信念で答える兄さん。
この、微塵の迷いの無さよ…


そのまま雷光電撃かーらーの厳霊乃極への流れを
阻止しようとする真正面シュラりん、横からアイちゃん。
しかし横槍に成功したのは何と、瀕死状態の星矢ちゃんでした。

さすが『⭐︎矢』シリーズの主人公、格好いい!
彼らの、心の支えだった“聖闘士の鑑”アイオロスの遺した言葉。
一コマシェアの場面には、実にジーンとしてもうたよ。


しかし対する兄さんの表情からは、
「そんなモン遺してねーし」なのか
「あれを見た少年たちがいたのか(淡々)」なのか
心情を伺い知る事が難しい。

そしてちっこいクセに、先輩ヅラするアイちゃんかわゆすーvvv
更に、GAではTop of オトナ〜vな魅力を振りまいていた
しるー君の焦りっぷりもツボでした♪(*´∀`*)
よしよし、星矢ちゃんが心配だよねw


でもね、その紫龍くんの動揺が
膠着しつつあった三つ巴状態を打ち破ってくれた。(笑)
あ−!!!シグルスっち、再登場おめでとう!(とうじょう…?)

何だか髪の毛を掴まれて連れて行かれてるみたいな彼。
自称“神”の退場なのに、クスクス笑いを禁じ得ない。


因縁のトリオ集会が散会となり、背を向けた兄さんに対し、
思わず声を掛けてしまうアイちゃんにホロリ。
(ま、「やっと問いただしたぜ」とも思ったがw)

この仔が『エピG』界の獅子なのだとしたら、
5巻で濃い様(コイオス)に対して言ってた

『運命を……神が決定するなんて事…
 オレは認めないからだ…………
 それを認めたら兄貴は…生まれた時から
 逆賊として死ぬ運命だったって事になっちまう』


を思い出して胸が締め付けられる。
こうまで兄を信じて、運命に抗っていたアイちゃん。
その信念が根底から崩される訳だものなあ。

 兄さんの前では弟属性出しまくりの獅子が、ムッチャ可愛いvvv
 『運命を託されて』と言ってる時の表情と、全然違うよ〜v


弟の呼び掛けに対して、自分達の側に来るよう促す兄。
…と言う事は、獅子座も山羊座も空位なのかな?
この“兄さん”の居た世界の、少なくとも二人は、
生きて“全テ乃狭間”へは来られなかったと。

そして残りの剣闘士にも該当者は居ないと。
それとも聖衣の争奪戦が発生?


ところで12頁の台詞は、殆どがシュラくんで、
『女神とは誰だ?』と問われたから
紫龍くんが3つの吹き出しで答えているーーーでいいかな?

最初、あいぽんの小さい画面で読んでいたので、
シュラりんがイキナリ「沙織さん」って言い出したのかと…^^;



全テ乃狭間に戻った兄さんはお着替えお着替え。(笑)
わーーー!!!兄さんの教皇姿キターーーーー!!!
下に射手座G聖衣は纏ってないよね?
あの腕の感じは、水瓶座G聖衣を彷彿させる。

GA兄さんは前回書いた印象通り、成人済み
&教皇経験中だったんだなあ。
サガの反乱で命を落とさなければ、
弟馬鹿では(見た目だけは)なくなるんだなw


教皇アイオロスが唯一頭を垂れる相手。
それは女神・巴サン。
彼女、杖と言うより槍みたいなの手にしてた。

そして恐れ多くも思ってしまった事…ミニスカ対決。(笑)
『エピG』1巻アイオロス兄さん vs 『GA』48話の巴サン。


感謝の意を伝える巴サンに対して兄さんが言った台詞が
『エピG』プロローグでの彼のそれを思い出させる。

『ひたすらに 女神を守ること… ただそれだけの為にーー
 我等女神の聖闘士は在るのだからーー』


やっぱアイオロスなんだよなー!ってオモタ。
別世界の自分が遺した遺言は、記憶に無いようですがね。^^;


 ちょいと気になるのが、この台詞の前が↓だったの。

 『我が魂が闇に呑まれようと
  この子の運命を変えてみせる』


 当時は“冥界に墜ちても”つまり
 “例え死しても”という意味で捉えていたんだけど…
 あのGAアイオロスを見せられた後では勘ぐっちゃうなあ。

 そしてサガぴょはクロのんから“混沌”と認定されてた。(・ω・)




今回もまた、お腹いっぱーい!な内容でございました。
兄さんがシグルス回収時に口にした“真の聖闘士”って重いな。
その場に残された「沙織さんが女神」世界の4名全てが、
“真の女神の聖闘士”として闘ってきたのだし。

一方の兄さん側からしたって、
「巴さんが女神」な世界で
「女神の聖闘士」として生き抜いているのだし。

ただ何故、剣闘士の“破壊行為”を許しているのか?
そういう疑問は残るけどね。

↓以下は暗い妄想の世界(注意!)
[PR]
# by masaki_rui | 2016-02-21 23:49 | エピG.A.感想(7巻) | Trackback | Comments(0)
ごどろんごどろん(地面を転げ回る)
第47話「テリオス」
 →単行本収録時「イカヅチノキワミ」


ひゃあ〜♪アイアイ兄弟のみならず、
山羊くんまで加わったトリオを見られる幸せよ〜vvv
なんと3週連続更新です!まるで週刊連載だ!?(失礼)


前回チクチクと弟の弱点を言葉責めしてた兄さん。
今度は、獅子くんを助けに飛び込んできた
シュラりん相手に同じ様な「口撃」を仕掛けます。

“刺客”が聖域の勅命に逆らうことは出来なかった事ぐらい、
次期教皇の指名を受けた兄さんになら分かっていたこと。
それを敢えてネチネチと弟の居る前で口するのは、
これまでのアイオロス像からするとイヤーンな感じ。


でもな、教皇を継ぐなら、この程度のことを
眉ひとつ動かさずに言ったり、
やったりせねばならんのだろうなぁと。

だから今のGAアイオロスは、
何年も聖域を統治してきたのでは?という、
陽だけでなく“陰”をも感じる人物像です。


相変わらず金の羽根を背負ってる“天使”だけど、
G兄とは異なり「堕天使」という言葉がピッタリな気が…
『もう一度 私を殺すのかーー?』と言った時の表情なんて、
ある意味最高だよ、兄さん!(次頁もふつくしひっ)

言われた方の山羊くんの苦悩の表情が心に刺さるぜ。
揃いも揃って、目力強し…


ところでここでの兄さん、何故にシュラりんに
“黄金の騎士”と呼び掛けたのだろ?
騎士道を重んじる山羊くんのポリシーに対する嫌味か?

いや、むしろ彼は武士道だろうなあ。
仏での『⭐︎矢』名にあるシュバリエも浮かんだが…。


アイオロス兄さんは、自分が出したいぢわるな問いに
答えぬシュラりんに対して雷光電撃ライトニング ボルトを繰り出す。
でもさ、その時の言葉が戦士としての決意を問いてる気もするんだよな。

更にその技は、先にアイちゃんに向けて放った様に、
弟に教える時間が無くて伝えられなかった上位技へ。
雷光爆縮ライトニング インプロージョン
→厳霊乃極ライトイング テリオス

避けずに技をモロに受けた山羊くん。
あー折角温泉で傷を癒したのにぃ〜!!


しかし流血の大惨事状態でもシュラりんは倒れない。
まるでこの一発を受ける事で、過去の迷いや後悔を打ち消した様な…

湿っぽいのは『⭐︎矢』世界には似合わないのは重々承知してるけど、
このトリオの関係が好きな真紀としましては、
アイアイ兄弟に対する詫びの表現でもあるのかな、と。
(エピGシュラくんは『後悔はない』と断言してたけどな←19巻)



ここまでは、当事者である山羊くんの表情を見るのは辛かったよ。
そしてアイちゃんも、あの兄さんがシュラに対して、
こんな胸を抉る様な事を言うなんて「信じられない」って表情だ。

G獅子は山羊くんの事を「敵(かたき)」って言ってたけど、
兄弟同士が戦うのを避けるために身代わりになろうとした彼を
“兄を友とみなしてた”と、認識変えているよね?
(『友を討つなんて事は…』発言より)

それは二十歳迄の記憶を得て、シュラりんが抱え続けていた傷に、
気づき理解し、自分の中で想いを昇華出来たからなのかな?



アイオロス兄さんの技を受けて、崩れそうになりながらも、
次の攻撃を腕を掴んで止めるシュラりん。

さっきの問いに『答えよう』と言う彼の瞳からは、
哀しみも迷いも消えてた。
うわ〜ん!ここのシーンも美しひっーーー!!

続く雷光を、聖剣抜刃で断ち切り決意を語る。
『全ての敵をその想いもろとも切り断つーー』
彼自身が『エピG』1巻でそう言ってた如く。



それにしてもさ、一度たりとも
「どうして?」「何故?」と尋ねないのな、君らは。
アイちゃんは神託で、その正体を予め聞かされてた可能性はあるが。
それでも直接「何故?」と問い詰めるよな、フツーの人は。(笑)

聖域内のゴタゴタや裏切りの業は、
お互いにちゃんと言葉でコミュニケーションとれば、
かなりの確率で防げるんじゃまいか?獅子よ。(・ω・)



アイちゃんには、女神の神託を伝えた“者”が憑依してる印象を
第45話「黄金の刻」の感想で書いたけど、
普段「ボク」と言ってるニャンコが
兄さんの放つボルトの上位技を見てる時には「オレ」と。

45話での最初の「」付きの台詞も、
上から目線だけど兄貴分だった獅子が言っても違和感無くて…。
もしやローティーンにゃんこに
二十歳アイちゃんが同居しているみたいな形なん?

すっかり大人になっちゃった二十歳獅子くんが訴えるより、
離れ離れになった頃より少しだけ大きくなったにゃんこが
うるうるな瞳で訴えた方が、“弟バカ”兄さんには効果ある作戦。


そして兄さんも張り切ってしまい、
当時は教えられなかった上位技の数々を、
アイちゃんの持ち技を極限まで生かす「業」を、
惜しげも無くホイホイ見せてしまってるとか?(・ω・)
[PR]
# by masaki_rui | 2016-01-31 23:51 | エピG.A.感想(7巻) | Trackback | Comments(0)
ドンッ!ドンッ!(地面を蹴りつける)
第46話「兄さん」
 →単行本収録時「アイオロス」


先週のアレで、かなりお腹いっぱいにされて。
だからまさか二週続けて
満腹攻勢が来るとは思ってなかったよ。(失礼)


もうさ、サブタイからして反則ー!!!(笑)
読む前から涙ちょちょぎ出る状態に落とされてました。
そう、『エピG』6巻辺りを読んでる時の精神状態に。

兄弟の台詞のハモり具合にも泣かされたけど、
アイちゃんの“兄LOVE”独白を追ってるだけでも
涙が止まらなくなる、獅子溺愛の俺だ。(・ω・)


反対に、かつてはあんなにも“弟バカ”だった兄さんは、
弟が自分を慕っている事を利用し、
血の繋がりを前面に押し出した台詞でじわじわと言葉責めw

いやはや『エピG』0巻の兄ちゃんを見たすぐ後では、
「間違った方向に」愛情が行っちゃったとしか…(笑)


それでもさ、『LoS』系ビジュアルに近い姿で
Sっ気溢れる兄さんを見せられると、
格好いいっつーか、ドキドキするっつーか………

行方不明になった14歳から今の姿に成長するまで
一体何があったんだー!?(笑)
だって何年もアイちゃんの傍に憑いてたんだぜ、G兄。



自分の理想であり目標であり続けた兄だからこそ、
今の様な状況になったからには、弟の自分が手を下すと。
兄ちゃんに向けて雷光電撃ライトニング ボルトを放つ獅子。

口では「討てはしない」と言ってた兄ちゃんだけど、
自分が聖闘士として育てた弟だもの。
彼がこう来るのは想定済みだった様に見える。


渾身の雷光電撃ですら片手でやすやすと受け止め、
すかさず雷光放電を放つ兄さん。
あ、やはりお兄ちゃんが教えた技だったんだね…。

『エピG』0巻で、アイオロス兄さんはガランさんに
「弟は、自分には無い“神鳴る”力を持っている」と言ってたけど。

2巻のヒュペリオンによる雷光電撃の解説によると
“超高速で繰り出した拳で空気を切り、
その空間に小宇宙で作った高電圧を打ち込む真空放電現象”
との事なので、電圧さえ作り出せれば使えるのも納得。

大体G兄の必殺技・無限破砕インフィニティ ブレイク
光の矢による攻撃に見えるものなぁ〜
(Ω風に言えば、兄は光属性で弟は雷属性)


ところで、兄さんが放ったのは唯の雷光放電ではなく、更に上位の技。
時間が無かった為なのか?獅子にも伝授されてない、
電弧放電アーク プラズマかーらーの厳霊乃焔ライトニング フレイム

アイちゃんの事、ピカチューピカチュー言ってたが、
こんな究極技を見せられてしまうと、
ピチュウに格下げ!ってオモタぜ… ^^;


雷が生み出した焔の直撃を受け、為す術もなく弾き飛ばされる獅子。
しかしアイちゃんの「兄を討つのは己の役目」との決意は強し。
続く『他の誰かにやらせてはならない』でまた泣かされた。

これは少なくとも兄さんとシュラくん、
両者への想いが詰まってる言葉だよね…。


こうなるとさ、この仔が“兄さんを守る為に”そして
“偉大なる聖闘士である兄に捧げる為に”作り出した技
光子破裂フォトン バーストの出番か!?
あ、兄さんに一度は見せちゃてるけど…

そんなこと考えてたら、すっかり美味しい登場の仕方を身につけた
シュラりんが助けにキター!!!


あ…兄さんってば相手の弱みを指摘するのホント上手ね。 ^^;
こんな苦々しい顔したシュラりんは、G、GA通しても
見た事無いわい。

それにさ、G兄だと自分からシュラくんの太刀筋の前に
飛び込んで行ったじゃんよ〜( *`ω´)


最終コマのアオリでは、山羊VS射手へと変わりそう。
だがな、ここはニャンコが頑張らねばならんよ!

過去であれだけ後悔したんだもん。
やり直せる…っちゅうか、自分の手で動かせる機会。
それこそ想いを列抜き通すためにも立ち塞がらなきゃね。



ところで…
『⭐︎矢』本編では、しょっちゅう星矢ちゃんに加勢してたし、
黄金聖闘士編が始まる直前のアイちゃん日本出張時には、
弟の前に姿を現して叱ってたから勘違いしてたよ。
元青銅くん達って、アイオロスの姿を知らなかったのかー!?

いきなりショタ姿で現れて、その後変身。
アイオリアだというその人が「兄」と呼び掛けてるし、
相手も「弟」「兄弟」と言う。

客観的な情報から判断している星矢紫龍ってば落ち着いてるなぁ〜(笑)
あと先週、G兄の瞳の色の事を書いたけど、
GA兄は水色が追加されてて、それがGA獅子と同色になってる。
これも兄弟判定の基準に加わるかな?


で、足を持って引きずられてたシグルスっち何処?(・ω・)

可能性の低いノゾミ
[PR]
# by masaki_rui | 2016-01-24 20:12 | エピG.A.感想(7巻) | Trackback | Comments(0)
バンッ!バンッ!(机を叩く)
第45話「黄金の刻」
 →単行本収録時「おかえり」


今日は山羊誕生だし、シュラりんの勇姿見られる?!
そう思って読み進めていたですよ。
あれ?あれれれれ???

結局最後まで彼の姿は見られなかったけど、
今回の更新は「シュラりんへの誕生日プレゼント」って事なのね!?


まず登場するは、オカン風なしるー。(おい)
神龍乃神息から解放され、身体が自由になった彼の視線の先には、
仁王立ちする星矢ちゃんの姿が。

この結界が破れた事で、燃えさかる星矢ちゃんの小宇宙ダダ漏れ。
しっかり練馬病院の二人に感知されてましたよ。(笑)
遠く離れた場所で、星矢ちゃんの帰還を心から喜ぶ病院コンビ。


ところでさ、ここのパパーシャがオッサン臭かった(笑)
『生きててくれたなーーッ!!』という台詞とか
瞬先生に急患の連絡が入ってて、呼び掛けたのに空振りしちゃったとか。
照れ隠しの如く偉そうに『行ってこい』と言うとことか。

それでも、元青銅ズの絆の強さに、
「星矢おかえり。」の言葉に、ジーンとしていたのです。


しかし安心するのはまだ早かった。
更なる敵の追撃を警戒する日光コンビ。
二振り目の聖剣が破壊された時、剣闘士を迎えに来る者が現れる。

キャンスロットの時は、丁度近くに来てた巴サンだったけど、
シグルスくんは態度悪いからかな?(笑)
黄金の翼さん、もとい列抜キ乃翼さんがやって来たよ。

それまでの鮮血に染まった戦場を、
金の羽根で悉く覆いつくす翼さんの服装は、
これまでとは異なり、少しカジュアルっぽく決めてました。


グラムは破壊されるは、二度にわたって人間に負けるはで、
すっかり投げやりなシグルスさん。
ウダウダ言ってたら「しゃらーっぷ!」って感じで黙らされたし、
重傷負ってるのに、片足首掴まれて引きずって行かれるし…(涙)

しかもそこへ飛び込んで来て制止をかけたアイちゃんの言葉に
律儀に180度振り返った翼さんよぉ〜
シグルスくんもクルリと反対側に回らされてますぜ…^^;


感動の後のこの場面、可笑しくて可笑しくてwww
更に見た目が余りにも違っていたので、
この少年が黄金ニャンコと気づかない星矢ちゃんwwwww

一方、やはり女神の秘密の神託を受けてた同士、
紫龍くんには“横浜ラーメン会”で正体を明かしていた模様。


あの仔の正体が分かって、
「えええっ!!!??」となる場面が見たかったから
例えそれが星矢ちゃんひとりでも満足満足。(笑)

そりゃねぇ、生きて目の前に在るだけでも驚きなのに、
自分より、そして記憶より遥かに若いし姿形違うしwww
後で紫龍くんからシッカリ説明してもらってね♪


こんな調子で「ぷぷぷぷぷ…」と笑ってたのに、
『二人共ーー良くやった
 ーー下がれ』
の先輩ヅラした台詞の後に『ボクはーー』で萌え殺されましたわ…
二十歳までの記憶はあっても、まだまだローティーンだにゃあ〜vvv


そんなホノボノほわ〜んとした空気を見事に打ち砕くこの後の展開。
まさかなぁ〜一話の中に、こんな山場を複数持って来るとはなっ!?
そりゃさ、GAには兄弟要素が足りない!とは言ってましたよ…

翼さんの正体が分かって、
アイちゃんの『逆賊を討つ』の言葉に点が付いていた意味を知る。
ひどく重いし痛いよ。

もしこのニャンコが、『エピG』完結直後の、
地上を守り抜いた事を“兄さん”に報告したすぐ後の獅子だとしたら…
また情緒不安定になりかねない事態だよ〜


美子さん曰く『大切で大好きなお兄さん』すら、
事と次第によっては討つ覚悟で刻を超えたんだものなぁ。
最後の台詞「ーーはい」には泣けたぜ。
氷河の“甘さ”に腹を立ててしまったのも、そりゃ道理だよ。

あれ?となると、新宿地下駐車場でシュラりんに対して
その名に懸けて誓わせたのは何故だ?
やっぱり“鍵”になるからかな、兄ちゃんが。


でさ、最終頁枠外のト書き「サジタリウス」になってるけど、
『⭐︎矢』の場合は『サジタリアス」だから、
単行本収録時には修正頼むぜ!



 今回の事があって、も一度ちゃんとデカイ画面で見返してみたら、
 巴サンの言葉に続けて『ー我々もまた 女神の聖闘士』と言ってた
 翼さんの居場所は、池袋ではなく“全テ乃狭間”だった様子。

 それだから初対面になるんやな、と。
 天使(エンジェルw)じゃないから、G兄さんではない気もするんだけど、
 正体が分かってからよくよく見れば、
 確かに『エピG』での兄さんのカラーリングと同じなんだよな〜
 (レモン色の髪の毛にエーゲ海色の瞳)


 あとさ、以前書いた『エピG』時代に
 「刻ノ迷宮」に囚われていたリトスちゃん達を助けてくれた人が
 翼さんに似てる!と一瞬思った件。

 「少し髪型違うから」と別人認定したけれど、
 ああも簡単に髪型変えられるなら、同一人物の可能性再浮上。

 地上に仇なすポンちゃん側に“何か理由があって”
 「人間贔屓の」プロメテウスが居たんだから、
 同じ様に「理由あって」兄さんが在ってもオカシくないな、と。


 池袋事件完結時、記憶を全て取り戻したシュラさんに対し、
 アイちゃんがギリシア語で突然喋り始めた時、
 「」付きの台詞だったんだよね。

 その時は“日本語じゃない”というのを表現してるのかと思ったけど、
 今回の輪王寺での会話を見てたら、
 アイちゃんに憑依?してる別の人格が「」付きで喋ってるのかな?と。


気になってる言葉:
コクトー曰く「剣闘士はアテナの敵である」
シグルス曰く「剣闘士を倒さないと宇宙が割れる」
ロスト側アイオロスが全テ乃狭間で言ってた「全てが黄金に光り輝く刻」
[PR]
# by masaki_rui | 2016-01-17 20:33 | エピG.A.感想(7巻) | Trackback | Comments(0)
聖域だって負けてない
旅行中、バスで移動中に添乗員さんが説明を開始。
「ここは南半球です。
 今日は南回帰線を越えるんですよ♪」

ほほお〜
赤道には赤い線が引かれている…
と勘違いしていた人の笑い話があったけど。
果たして南回帰線はどんな印が有るのかな?

難しい事は分からないとは言え、
管理人だって小学生の頃からの天文クラスタの端くれ。
期待しつつバスは現場に到着〜


え?

a0013719_21591779.jpg


意表をつく、シュラくんのお出迎え。
なして磨羯宮なん!!!???


疑問符を沢山浮かべながら道の反対側へ。
やっぱりここも磨羯宮。(当たり前だよ)

a0013719_21594197.jpg

両手にシュラくんだ〜いvvv \(^o^)/←違います


結構動揺してw添乗員さんに
「何でここで山羊座が出て来るんですか!?」
と問い詰めても(笑)
「『南回帰線』をこう言うそうですよ〜」とニコリ。

黄道を太陽が移動していくから、そこから来てるのかな?
そう考えて、自分を落ち着かせました。



旅行中はネットにほぼ繋がらない状態だったので、
帰国してから検索検索。
やはり黄道十二宮由来なのが分かりました。

しかも北回帰線は蟹!ちゅうか巨蟹宮。
Tropic of Cancer でしたわ。

今迄は“南北”でしか意識してなかったから、
まさか英語で蟹山羊が使われてるとは想像だに…
それも⭐︎矢クラスタを刺激する組み合わせが来るとはっ!(笑)


春分点が牡羊座に在るとみなしての考え方ですから、
3つ先と9つ先の宮に、それぞれ南北の端が当たるのも納得。
夏至と冬至、それぞれの期間中に在るものねぇ。


とまあ、この歳になっても新しいネタ知識を得られて嬉しかったです♪
海皇勢に負けず、聖域もその存在感を示してくれて有難しw
シュラ誕のネタにも出来ましたん。(おい)


 はっぴばーすでーシュラさん♪
[PR]
# by masaki_rui | 2016-01-12 00:01 | 『☆矢』全般ネタ | Trackback | Comments(0)
そつがない
1/5にGA更新が無かったため
今日が2016年最初の投稿です。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。m(_ _)m


さて、年末年始の逃亡先はアフリカの南大西洋に面した国でした。
観光のハイライトのひとつEtosha国立公園でのサファリを見終え、
入口付近にあるロッジのレストランで昼食。

再出発までの時間にお土産物屋さんを冷やかしてから外へ。
店のガラス戸には、数多くの旅行社シールが貼ってあります。
ここでギリシア文字に鋭く反応する真紀。^^;←業ですな

a0013719_20145423.jpg



………って、カノン!!!???
よりによって、カノンに壺wwwww
何この⭐︎矢クラスタが興奮する組み合わせwww

帰国してURLにアクセスしてみたところ、
世界各地を対象としている旅行会社みたいです。
でもギリシア以外の旅先で、ギリシャ人に遭った事ないなぁ〜



海皇勢と言えば、行く前は
「初めてソレント君管轄の海を見るんだ〜♪」と喜んでおりました。
ところがところが…

この国、北部沿岸がスケルトン海岸(白骨海岸)と呼ばれてまして。
その名の由来が「沖合を寒流が流れているため
霧が発生しやすく船の遭難も多い。

何とか岸に流れついても“何もない”砂漠だったので
結局死を待つしかなく、その人達の骨がゴロゴロしていたから」
と聞いて、舞台の場所こそ違えどセイレーンぱねえ…とガクブル。


ううむ…南北大西洋将軍コンビに、
すっかりしてやられた旅行でしたわ。(・ω・)
[PR]
# by masaki_rui | 2016-01-11 21:48 | 『☆矢』全般ネタ | Trackback | Comments(0)
鋭い山羊くん♪
第44話「ブレイク」
 →単行本収録時「Azoth」


今年最後の更新です。
相変わらずネタてんこ盛りだった日光編も、
そろそろお開きとなるのかな?

当初の、聖剣戦争覇者や賞品への欲望さえも、
あっさりと打ち砕いてしまったvs.星矢ちゃんバトル。
…戦闘狂ってタイプじゃないんだな、シグルスくんは。
飛び抜けて強過ぎたのか、ミスティ系の人なのか。


神聖衣を身に纏い、繰り出す流星拳。
反撃の機会を狙い打たれ続けるシグルスさん。
流星が消えた瞬間に即一発放つも
星矢ちゃんは倒れることもなく…

彼の身を守る神聖衣は、白色から金色へと変化する。
う〜ん、これぞカラーの醍醐味!ふつくしひっvvv
シュラりんの時と同じく、霊血を受けた聖衣は
模様が青く浮かび上がった。


今度は流星ではなく、彗星のような一撃。
金色に輝く神聖衣によって“怒り狂う剣グラム”ブレイク。


この神聖衣の変化に被さるのがシュラくんの話。
「食べ歩きで意気投合」してたかに見えた
山羊くんとフィリップスおじさまですが、
さすが黄金聖闘士。異変に気付いていたっす!

ヨシノちゃんとナターシャちゃんを遠ざけた上で誘導尋問開始w
するとフィリップスの周囲に立ち昇る小宇宙(オーラ)が。
ズバリ正体を当てられて、アッサリと白状するおじさま。


“始まりであり終わりの剣アゾット”を所持する
剣闘士パラケルススであると。

やはり、日光編の頭でシグルスくんが会っていた人物だったか!
そして彼の勧誘に乗らなかった雰囲気だったけど、
お互いの望み通りになるよう取引してたんか〜


その後はペラペラペラとよく喋るおじさまです。
しかし聞かれてもいないのに、
星矢ちゃんの事を匂わすのは何故なんだろ?

長いこと居場所が知られていなかった星矢ちゃんが
自分の患者であった事まで伝えてない?
しっかり“ハーデス”と言ってるし。

登場時にヨシノちゃん相手に“神様と戦った”と言ったのとは、
その意味の重さが全然違うものなぁ〜


聖闘士が“人”である事の意味を、逆に問いかけてくるおじさま。
シュラりんの返答はGアイちゃんのソレと比べて静かだけど、
“人”が持つ永遠に繋がる力を語る言葉は熱い!!


ただね、最初にシグルスくん自ら言ってたけど、
“聖剣戦争”から見事にスライド起こしちゃったでしょ?

星矢ちゃんの戦いは確かに胸熱なんだけど、
聖剣戦争参加者であり、グラムに傷を付けた男
・紫龍くんの立場がなぁ〜

シグルスっちとの因縁の対決の決着は、
この二人でキッチリ着けて欲しかったなぁ〜って、
初めて読んだ時に思っちゃいました。
順番に一人一人活躍させる方針なのかもしれないけどね。


それとも新年早々に、とってもサプライズが有るんかな?
[PR]
# by masaki_rui | 2015-12-23 22:21 | エピG.A.感想(7巻) | Trackback | Comments(0)
凛々しい(ほわぁv)番外編
GAの番外編は毎回4頁止まりなので、
ストーリーと言うよりは、ネタを楽しみにしていたのですが…
『⭐︎矢』30周年の今回は違った!!

週刊でカラーで描いてるのに、この頁数…
そりゃ手もオカシクなりますって!
先を知りたいのは山々だけど、
どうかご自愛下さい〜(>_<)

そして折角だし勿体無いので、
単行本にカラーで収録おながいします〜!!!
(理由は題名に尽きる…!)


舞台は練馬、光が丘公園。
瞬ちゃんとお出掛けだったらしいシュラくん。
ぷぷぷ…想像通りホテル暮らしだったか。

永住(になっちゃうか?)するんでなければ、
外国人登録をしておけば良かった気が…
それより正規のルートで来た訳じゃないから、入国印は!?(笑)
あとイキナリ就労ビザ取ったんか〜w

最近皆の前に姿を見せてくれないコクトーが、
非常〜に有能な執事さんの様でwww
そっか、山羊くんの服は沙織さんの趣味だったか。
(コクトー=沙織さん説)


とまあ、笑いながら突っ込んでいたところ、
他にもパパーシャ氷河さんが、
ナターシャちゃんと参加してた。(・ω・)

何だか当時の一輝兄さんポジの氷河さん。
聖域やグラード財団から一歩二歩離れた立ち位置らしい。

和菓子の場合は“住み込み式”だったから
託児所等不要だっただけで…
いいのか?ナターシャちゃん、それで。
幾ら、元青銅ズ3名+春麗が共同子育てしてるとは言えw


その後瞬ちゃんとの会話は、
シュラりんが繰り返し見るという嘆きの壁の夢の話へ。

個人的に“嘆きの壁”は、四半世紀以上弱点だったので、
山羊くんがそういう心境で立ち会えたのなら救われる気持ちだ。
「そこで安心しないでよ〜まだまだ先があるんだよ〜」と
デカイ声で伝えたいのは山々だけどね。^^;


で、も一つデカイ声で叫びたいのは、黄金12名の集合絵!!!
二十歳アイちゃんはエピGでも描かれてたけど…
とにかく凛々しい!!!(嬉)
獅子の鬣、装備してないけどなっw

そしてアイオロス兄ちゃんが“天使”じゃない!
弟と同じ感じで凛々しい。
何とミロたんまで凛々しくなってる!?(笑)

そりゃエピG時代から考えたら時間は経ってるから、
それぞれ成長しているだろうけど…(兄さんを除く)
「あの時の姿から考えたら別人だよ!」って印象。(・ω・)


それとシュラさんの台詞
『一度として共闘した事
 無く分かれた者ーー』
が12人全員…を指しているなら納得だけど、
そのうちの“誰かと”と言うなら、アレレ?となる。

GA世界は、エピG世界を通って来なかった未来なのかなぁ〜
そんな印象を以上の2点から受けました。


会話のちょっとした区切りで立ち上がる山羊くん。
金欠なので(笑)“瞬先生の相談室”の謝礼は飲み物をと。

氷 河 と ナ タ ー シ ャ ち ゃ ん が
オ ニ ギ リ 作って来たってwwwww
そこで、お茶をリクエストする先生。


光速で買い物を済ませて戻ったシュラりんの手には…
つぶ入りしるこ缶が。
もう飲み始めてるしwwwww

いや山羊くん、貴殿にとっては珍しいものでも、
日本暮らしが長い2人には…。
同じレベルなのは、ナターシャちゃんぐらいでは?


「お礼」として、リクエストまで受けて買いに行ったのに、
好奇心のままに行動するシュラりん。
ここでもB型感溢れておりまするぅwwwww

ごはんに甘い飲み物の付け合わせが許せない系らしい
あしるさんが立腹してますよぉ〜|( ̄3 ̄)|



これ、時系列は何時だろ?
“全ての記憶が戻った後…”とあるから、
そしてナターシャちゃんも居るので
池袋事件の後は確実で。
(あの後、氷河と別行動のまま解散したんか??)

やはり日光事件の前になるのかな?
ただ引っ越しとか仕事とか言い出してるからなぁ。
食べ歩きの余裕があったのか?と。(笑)
[PR]
# by masaki_rui | 2015-12-20 20:12 | エピG.A.感想(7巻) | Trackback | Comments(0)
熱っ!
第43話「アテナ」


『エピG』の頃からのクセなんですが、
その回のサブタイトルに気づかず読み進め、
読了の後に「なるほろ〜」と納得したり笑ったり。

しかし今回のタイトルさんの登場より、
シュラりんを助けに来た時の方が衝撃的かつ
感動的だったので、複雑な気持ちデス。
何でだろ?意外性が無かったからかな???

とは言うものの、連載サイクルを崩してまで(想像)
星矢ちゃんの誕生日にぶつけて来た話だけはありました!


紫龍くんの、死力を尽くした蘇生打撃は失敗したのだと。
そもそも人間とは、儚き希望を抱きながらも
叶わず倒れていくのだと。

優越感たっぷりに負けフラグを更新し続けるシグルスさん。
しかしその目の前で、再び小宇宙が増大し始める星矢ちゃん。
その描写は、修行の末ペガサスの聖衣を手に入れた晩に、
シャイナさん率いる追手から逃れた時のエピソードを彷彿させる。

紅葉の進んでいる日光の地には、
燃やすための落ち葉もたっぷりあることでしょうw


蘇生後の“本番”星矢ちゃんを容赦なく打ち、
聖剣屹立するシグルスくん。
すると星矢ちゃんが女神の名を口にする。

「勇者」は、今でも最大の称号なんだね。
亜麻色の髪の沙織さんの台詞で
「」付きで“永遠”とあるのが気になるけど…

髪の色が藤色に変わるのは、沙織さん→アテナの暗示かな?
瀕死の状態(っちゅーか一度心臓止まった)でも戦い続ける
星矢ちゃんの加護に現れた女神には、
池袋の時と同じく梟の模様のティアラが…。


星矢ちゃんが放つ流星拳はグラムの映像を打ち砕き、
そのままシグルスっちをも貫く、正に聖なる矢。

更に女神の加護を受け、聖衣が変化してた。
シュラりんの場合は霊血で青く輝いていたそうだけど、
(ランスロット談)
星矢ちゃんの場合は神聖衣化。

こ、これは加護度の違いなのか?
それとも主役パワーの違いなのか…?? ^^;



でな、来年のシュラくんのお誕生日も火曜日なんですが…
こちらも盛大なサプライズが待っていると考えていいですよね?ね♪
[PR]
# by masaki_rui | 2015-12-06 10:01 | エピG.A.感想(6巻) | Trackback | Comments(0)
姫、本気出す
第42話「蘇生打撃」


歯ぎしりしながら、更新待ってたよ〜 ^^;

やはり期待に応えてくれたね、しるーくん!
神龍の神息を無理矢理破り、
全身から血を流しながらも、星矢を助けようと前へ。

剣撃で貫かれたので、Gアイちゃんの
“ウロボロスの能力を利用した心臓再生法”かとオモタら、
無印原作コミックス2巻(手持ちは6刷です)のアレ来たーー!


「死闘!天馬対龍の巻」の再現フィルム。(おい)
春麗の必死の懇願は、当時のそれとほぼ同じ台詞だ。
違うのは、救う側と救われる側が逆になったこと。

そして距離こそ離れていても、
“あの時”と同じ様に2人を助けようと願う瞬たんと氷河。
彼等の台詞も当時と近かったのがまた良いのだ〜!

しかも紫龍くんの星(聖)矢ポエム(しつこい)ってば、
「ペガサス幻想」の歌詞にも重なってきて、
「うわ〜vうわ〜v」としか言葉が出なかったよ。


前回も書いた「聖闘士は心臓が止まってからが本番」に並んで、
「聖闘士は、心臓が止まったぐらいじゃ死にません」とも言えるから。

そりゃ、シュラりんにも暫く逢えてないのは寂しいですけど…
『☆矢』の根っこの根っこを踏まえたこのエピソード、
このまま胸熱展開の決着が見たいです!!!
[PR]
# by masaki_rui | 2015-11-29 22:34 | エピG.A.感想(6巻) | Trackback | Comments(0)
主役で無い方が存在感が増す
第41話「勇者」


いやもう今回こそ正に『聖闘士星矢』。
主役は星矢ちゃんですたよ。
シュラりんなんか、影も形も無いっす…^^;

『☆矢』って、ホント不思議な作品で、
本人が主役張ってた頃より、
別のキャラが主役してる作品でこそ輝いてない?(・ω・)


紫龍くんのポエムいやいや説明によると、
冥王の剣による呪いは星矢ちゃんの身体を蝕み、
生きているのも不思議な状態になっていたみたい。

仲間達に余計な負担をかけぬよう、
黙って完全に消息を絶った…って事だけど。
ちょっと“らしくない”と感じちゃった。

それは決して生きるのを諦めた訳ではないから、
“星矢らしい”とも考えられるかもしれないが…
言葉が無くても気持ちは伝わっているかもしれないけど、
それがいつ頃の話かまでは分からないけど。

かなりの割合で、
その後の仲間達の生き方に影響してると思うよ。
同じ青銅組だけでも4人プラス5人。
こんだけ居ても“星矢の力になってあげられなかった”と。

その傷を抱えながら戦ってきたんだなぁ彼らは…
そりゃ大人にもなるわな、あの頃と比較して圧倒的に。


しかしその痛みさえ、軽々と癒してしまう存在感。
『神の力を持っていても
 人に仇なす事にしか使えないならーー
 神を名乗るな』

これって、ムッチャ格好良くね?
あーGアイちゃんの後継者でもあるんだなあ〜って、
ちょいとホロリときました。


その後の無言、無音のバトル。
“手に汗握る”とはこういうものを言うのだー!!(聖闘士風)

…と、それまでガチンコ勝負してたシグルス君、
突如矛先を変えてきた!!?←ワダツミ長と同じかYO!?

狙いは動けない紫龍くん。
それに気づいた星矢ちゃんは、身を呈してしるーを護る。
ちょっと紫龍くん!幾ら何でも、姫ポジを固持し過ぎ!!(泣笑)


シグルスっちの刃は、冥王に傷つけられた場所を
またもや正確に貫いた模様。
飛び散る鮮血。

「聖闘士は心臓が止まってからが本番」とは言っても、
友のこの姿を見て黙っている紫龍くんじゃないよね!?
5人の中では、一番のゆーじょーこんじょーの君だよ?
それに聖剣戦争に参加してるのはしるーなんだよ?


そんな訳で、明後日の紫龍くんの反撃が激しく 見 た い !!
また、アイちゃんが受けたという“女神の密命”って、
星矢ちゃんにも関わってるのかな?
…そんな事を考えてます。

あとさ、ヒュペリオンのウロボロスの力を借りて、
心臓を復活させたアイちゃんの悪知恵プリーズ!←戦法と言え
[PR]
# by masaki_rui | 2015-11-15 22:27 | エピG.A.感想(6巻) | Trackback | Comments(0)
獅子くんの変心(G魂第1話)
週の始めからMPを根こそぎ持って行かれて、
回復を図るべく再視聴した『黄金魂』第1話。

リフィアちゃんと別れて聖域へと向かう獅子くんは、
歩きながら彼女の言葉を脳内再生してました。
そんな中、巨大な小宇宙を感じたことで身を案じ、
彼女の元へと戻って行った訳ですが…

「言葉巧みに人々を騙し」という
リフィアちゃんによるアンドレアス様評で
アイちゃんが思い浮かべたのって
偽教皇(サガぴょ)なのかな?って。


孤立無援の13年間。
『エピG』視点で言えばそれは、ガランさんが言ってた
『アイオリア様はずっと闘ってきたんだよ』から続く言葉。
(8巻収録 第32話)

そんな己れの過去と、
今のリフィアちゃんの姿が重なったのかな?と。
だからこそ、自分だけでも信じてあげたかったのかな。
少しだけでも力になってあげたかったのかな。


そして立派に戦い抜いたのだから、アイちゃんにとっては
「朋友」とか「戦友」と書いて「とも」と読む存在なんだろうな、
リフィアちゃんは。

うん、やはりあの形見のペンダントは、
彼女に対する勲章として渡されたんだなぁって、
自説を再認識しちゃいました。(^^)



今日はリフィ獅子コンビの中の人のお誕生日という事で、
二人に関するネタをまた投下いたしました♪

綾さん、秀幸さんおめでとうございます!
素敵ボイスで黄金魂を彩って下さり、
どうもありがとうございましたv
[PR]
# by masaki_rui | 2015-11-12 22:32 | 黄金魂感想(ネタバレ) | Trackback | Comments(0)
サブタイ探したw
第40話「聖闘士星矢」


前回も、紫龍くんのヒロインポジに笑っていましたが、
今回は初っ端からヒロインっぽさ大全開のポエム付き!
多分、妻子持ちだと予想されるアラフォーなのに、
どういう才能なんだろうね、これ。(笑)

そのヒロインの肩に手を置くヒーロー星矢ちゃんは、
予想していたとは言え、シグルスくんによると「死相が見えてる」って。
ひえ〜ん!!!( ; _ ; )


友を守る為に戦おうとする星矢ちゃんを
必死で止めるしるーくんの言葉から察するに、
彼だけ時の流れを止める処置でもされてたのかな?

何だか口調が十代の頃と変わりない感じなんだよなぁ。
となると、ミソペサ処置ではなく眠り姫パターンとか?
だから起きて動いてる星矢ちゃんを目にして“奇蹟”だと?


そんな星矢ちゃんに対して、シグルスくんってば死神宣言。
贔屓の引き倒しだと、自覚がとぉーってもあるけれど、
『エピG』1巻でのアイちゃんのそれの方が色っぺw
そして気分も盛り上がったなぁ〜♪( ´▽`)

だって、一度しるーくんに退けられているからか、
今回のシグルスくんってば、やたら「自称:神」台詞多くて…
まるで“プライドをしこたま傷つけられて、
もはや出自に頼るしか無い”雰囲気なんだもの。^^;


その「自称:死神」さんを前に描く、ペガサス座の星の軌跡。
聖闘士2人に降り注ぐ憤怒之雨を、全て弾き返す光は………
流星拳きたーーー!!!\(^o^)/

星矢ちゃんが纏うは、破損した状態のペガサス聖衣。
胸部にはハーデス様に刺された傷跡もクッキリと。


ううむ、やはり時が止まってた感。
更に、巴さん側と思われる金の翼を持った兄ちゃんに、
射手座聖衣を持って行かれてる感もたっぷりだ。

そしてこれだけ感動的なシーンなのに、
パーカー私服の上から纏う聖衣って斬新www
まあアニメ版でも、入院中の病院に日本出張中の獅子が現れた際、
パジャマの上から射手座聖衣を纏わされた前科があるもんなw


一方、影が薄い(禁句w)主役の山羊くんは被診察中。
過去に命を落とした人間が、生の肉体のまま未来に居る不自然さ。
それをフィリップスおじさまに指摘されてる。

ましてや敵も味方も欺く作戦だったとは言え、
冥衣を纏い、冥王が与えた肉体に宿ったこともある魂。
『冥府に常に引かれている』というのは重いな…

冥王の影響力が悉く小さくなってる(筈の)この世界で、
聖闘士の宿命ではあるけど、魂を闇に染めない為に
戦い続けなくてはならないのは。

その名の通り“修羅”にならなきゃいけないのかな?
おじさまの弁によると、星矢ちゃんも同じ状態みたいだけど…



 慟哭キャンディーズを始めとした役者聖闘士達の冥衣って、
 冥衣の材料を使って新たに作った
 “なんちゃって聖衣”という認識だったのだけど、
 今回のフィリップスおじさまの言葉を読んだら悩んでしまった。

 シュラりんの小宇宙が弱まると、その魂は冥府に引き寄せられ、
 守護してくれてた聖衣も冥衣と化して冥府へと誘うというくだり。
 確かに対キャンスロット戦で聖衣が冥衣(もどき?)に変化したものなあ〜

 その聖衣を纏う正統な聖闘士の魂が闇に堕ちると
 聖衣まで変化させちゃうんかな?
 (それ考えると、デッちゃん時代の蟹座聖衣は
  素行の悪い持ち主を戒めるだけの余裕あり状態だったか? 笑) 
[PR]
# by masaki_rui | 2015-11-01 23:05 | エピG.A.感想(6巻) | Trackback | Comments(0)
題名詐欺解消(笑)
第39話「神龍」


前回ギリギリして更新を待っていたら一週延びて、
歯ぎしりのせいで歯痛が起きそうな二週間ですた。(笑)


初っ端から迅速かつ重い攻撃をくらった紫龍くん。
前章での、ランスロットvs.シュラりんを思い出させる出だし。

続けて断絶封印という神龍の神息ー
シグルスくん曰く「オレの命を削る技」によって
身体と小宇宙の自由を奪われ動けなくなる。

しるー君、絶体絶命!の事態なのだが、
シグルスの台詞がまんまジャミール急襲時のイアペトスなので、
反撃されちゃう感たっぷり〜w


聖剣グラムで首を落とそうとするも手応え無し。
訝るシグルスくんの視線の先には紫龍くんと…
謎のパーカー男が。(笑)

しるー君の小宇宙を感じた前回。
それを頼りに、この場に飛び込んで来て、彼を救った者。
予想通り、星矢ちゃんでしたー!←40近くの男に「ちゃん」は失礼?


二人の会話からすると、長いこと逢っていなかった様子。
そして星矢ちゃんの姿に驚いてる事からも、
余程具合が悪かった状態が続いていたのかな?

シグルスくんによれば、
今のしるー並に小宇宙が感じられないそうだし。


しかしこの場で星矢ちゃんが小宇宙を燃やすと、
シュラりんだけでなく旧青銅揃って、
文字通りすっ飛んで来そうだなぁ〜

星矢が活躍してない『聖闘士星矢』シリーズとの指摘も、
これでオサラバとなるか!?(笑)
明後日の更新も歯ぎしりして待ってます♪
[PR]
# by masaki_rui | 2015-10-25 15:54 | エピG.A.感想(6巻) | Trackback | Comments(0)
甘々パパーシャ
第38話「アルケウス」


あのぉ〜
場所の説明欄(ト書き)が空欄ですぅー
どんだけ慌ててたんだYO!(笑)

文字は今日現在も追加されていませんが、
「東京都練馬(区)光が丘病院」が含まれていることは
想像に難くないっすw


さて、登場キャラは瞬先生だけでなく踊り子も。
日光旅行御一行様を話題にしています。
あれ?氷河さんパーマかけた?
ミロたんみたいなくるくるで、カワイイw

彼らは池袋事件の主犯ワダツミ氏から、
情報を聞き出そうと画策しているようです。
聖域が先に聴取したけど埒があかなかったそうなので、
隠れて暗躍している訳ではなさげ。

市センパイによるヒドラの毒では抑えておけないらしい、
この「顔の無い者」の長の一人。
バーテンダーによる絶対零度の力で
氷塊の中に閉じ込めてるそうな。


会話の内容から、この時代の黄金勢の中で、
貴鬼たんにはコンタクトを取ってるみたいな沙織さん。

止めても聞かない、以前なら星矢ちゃんが担ってた役。
今、それを代わりにやってるような氷河の耳に入れると、
一人突っ走ってしまうのを心配してるのかねぇ?


彼らも黄金聖闘士を継いだけれど、
受け取った聖衣を神聖衣化させた経験は無さそう…
となると、黄金魂の設定が生きてくるのかもなぁ。
 ↑いつでもスタンバイOK

とまあ、前回のアレと雰囲気違うし(笑)
こちらは色々真面目に推測してたのに…
『ーーこ…これからは
 叱っていく予定…』
って、何だよパパーシャ!?wwwww


その甘々な相手、ナターシャちゃんの診察が始まってます。
瞬ちゃんは外科のお医者さまなのかな?って思ってたけど、
彼のその技術では判断治療が出来ないモノなんだね。

寧ろ、代々聖域に伝えられてきたっぽい技を持つ治癒者だけど、
そんな人材すらも失くした、または育てられたかったのか…
教皇の座を継がせられず、且つ先代黄金くん達の一斉退去は、
選択の余地が無かったとは言え、やっぱ無責任だよな〜(おい


診察の間に言及された
「神」と闘った人間ーーって、
一番傷が深いのは星矢ちゃんだよね?

でも『エピG』世界を通って来たのなら、
アイちゃんだってシュラりんだって同様だと思うんだ。
強いて言うなら、事前に霊血の加護を受けてたって事か?


そう考えてるそばから格好良く登場する山羊くん。
『黄金魂』で、美味しい登場の仕方を身につけたに違いないw

ここで「理(ことわり)」という単語を口にするフィリップスおじ様。
後で紫龍くんにお使いを頼む事といい、
前回シグルスくんと話していた学ランもどきさんっぽい気がす。


こちとら、う〜んう〜んと考え悩みながら読んでるのに、
シュラりんの天然、今回も炸裂!(笑)

侘び寂び好きだろ山羊くん!
抹茶味の山羊座パフェに続いて、
ここでも抹茶カキ氷を注文wwwww

更に湯葉料理もチェック済み!
このマイペースっぷり、
同じB型として誇りに思うよ、シュラりん。(笑)


さてさて〜皆の保護者、やっと登場です!
横浜ラーメン会で対面済みらしいヨシノちゃんを労い、
フィリップスおじ様にもちゃんと挨拶する紫龍くん大人!!

年齢的なものもあるけどさ、
先代黄金のメンバーに見習わせたいっす。(笑)


そんな常識人を、すぐに遠ざけようとするおじ様アヤシス…
確かにケータイ等の通信機器を持ってる素振りが無かったけど、
山羊くんだって持ってるんだし借りればいいじゃん?

東照宮(ああ、また世界遺産ハカイダー…)で
シグルスに遭遇しちゃったのはおじ様のせい?
それともその近くに現れた謎の人物に会わせるつもりだった?


その謎の人物。
そろそろ一輝兄さん(地獄の獅子座?)の出番じゃね?
って思ってたんだけど、体型とか服が全然別人。
髪や瞳の色も異なる。

オーラ(?)は翼を表してるように見えたので、
これらの要素からも、星矢ちゃん…なのかな?
しるーくんも『我々がご迷惑を』って言ってたし。

ただね…台詞が少し違和感あるんだよね。
おじ様の所でずっと療養してて仲間に会ってなくて。

近くで突然大きくなった小宇宙の一つが、
久しぶりの紫龍くんだったーー
って言うなら、分からなくもない言葉なんだが。

ああもう、次回が待ち遠しい!!!!!(逆ギレ)
もう少しの辛抱…もう少しの辛抱………ぎりぎりぎり
[PR]
# by masaki_rui | 2015-10-11 23:56 | エピG.A.感想(6巻) | Trackback | Comments(0)
誕生日プレゼント?
第37話「治癒者」


次の章が始まりました。
今度は日光に舞台が移ります。


最初に出て来たのはシグルスくん。
彼、ほんと柄物好きだなぁ〜(笑)
(好みが関西のおばちゃん?)

そして話し相手が謎の黒衣の男。
一見学ラン風にも見えるし、
お帽子がオサレwなので、JOJOかYO!?ってオモタ。


彼は剣闘士(ロスト聖闘士)側とも、
聖域側とも接触がある様子。
シグルスくんが「どっち側なんだ!?」と迫るものの、
うまく煙に巻いてしまいました。

「始まりであり終わりであるー」って、
この物語を見届ける者って感じなのかな?
『理(ことわり)』とは、世界の理だとしたら、
今のシュラりんにキツく当たる立場だよね?



さてさて〜GAのオアシスの登場でっす!(笑)
ヨシノちゃんとナターシャちゃん(別名:お孫ちゃんw)が
食べ歩きレポートしてる〜♪(違)

管理人は、会社で読んでるというのに、
「領収書の宛名:聖域」でフキましたwwwww
グラード財団じゃないの?wwwwwww


そして仕事で一緒出来なかった氷河(パパ)が、
ナターシャちゃんのお出かけ服を選んだそうで…
その気合入りまくり!に、腹筋が痛いです。

ただあのチョーカーは、首の傷を隠すためなのかな?って。
ちょっとシリアスになった。


ところで、彼女らの同行者は山羊くんでした。
色々と狙われてるオナノコ逹を放っておいて、
何やってるんだか…←ヨシノちゃんもプンスカ

そこへひょっこり現れる紫龍くん。
シュラりんはしるーくんと待ち合わせしてたんか。
しかし、中って…ここ何処?


………………山羊くんスタンバッてたあーーーーーwwwww
その格好でしるーくんが来るまで待ってたんかwwwwwww
しかもただの露天風呂でなく貸し切り!!
引っ越しそばといい、シュラりんの知識の元ネタは一体何だ?

あと入浴の注意点として、水着不可より
遊泳禁止を大きく言う紫龍くん素敵v
今の彼にとったら、高校生シュラりんは息子扱い?(笑)


そして髪を纏めてるしるーと、
手拭い載せてる山羊くんの入浴スタイルに腹筋崩壊…orz
しかも話してる内容が超真面目。
こ、これがギャップ萌えと言うものか…!?(笑)

現在の聖域の窮状についての説明。
そして紫龍vs.シグルス戦の後で、
自分はまだまだだと落ち込んじゃったしるーくんに対し、
全ての記憶が戻った“今の”シュラりんが謝意を伝える。

憧れのセンパイに認められて本当に良かった良かった。
今日10/4は紫龍くんの誕生日だから、
バースデープレゼントの意味もあったのかな?
(ラーメン会では、浮上まで行かなかったか!?w)

 『強いことのみに固執した』って、
 G山羊くんとは違うのかな?
 クレイオスと戦った山羊くんが成長しても、
 そうはならない気がしてる。


そのまま一杯酌み交わそうと目論むシュラりん、かわゆす〜
治癒者ヒーラーの治療を受けるんデショ?!
守護すべきオナノコ2人も居るじゃないの! ^^;

ここでシュラりん18歳未満と
紫龍くん輸入業が判明。
やはり星矢ちゃんに効く薬を探してるんか?
そしてラーメンの材料も手に入れられる立場?(笑)


山羊現天秤が、こんな感じでほのぼのしている頃、
オナノコ逹には、不可思議なヒゲのダンディが接触。
このフィリップスおじ様は聖域の事もよくご存知。
………って、最初に出て来た学ランくんなのか!?

彼は医師を名乗る。
ナターシャちゃんと、シュラりんが治療のために会う相手って、
別々?それとも同じ“治癒者”なのかな?
同じだったら、フィリップスおじ様が腕利き治癒者か…
↑色々想像してるw

あ、でも同じスペイン系のようだから、
案外話が弾むかも…?
[PR]
# by masaki_rui | 2015-10-04 20:52 | エピG.A.感想(6巻) | Trackback | Comments(0)
教団冥利に尽きる
先週末から始まったCSイベ
「外伝〜真紅の少年伝説〜」も、
昨日で日程を終了しました。

丁度『黄金魂』の最終回を控えていた金曜日開始で、
帰宅後にアプリを立ち上げてみたら『真紅』のイベント。

我が教団設立の直接的原因である作品でもあり、
アベル様に拝謁出来る♪と喜んでいいのやら、
このタイミングでぇ〜と嘆いていいのやら…?


結果:
体力の続く限り両者に全力投球しました! ^^;

今回は初の獅子組。
「すご技」と違って“友”のレベルで上位に入り込めない事もなく、
初心者にも希望が持てる組分けなのが好き。

個々に頑張ってチームに協力すればよい形態も気が楽です。
終盤にはA!の発動でステージをクリアしてもらったりと、
終始“聖闘士”ランクだったけど楽しかった〜♪


個人的にも2日続けてアトラスをゲト出来たし、
初めて「激アツ」を引けたしv
(だが自動にしてて、一輝見逃した…orz)

太陽の聖闘士カード全ゲトとアベル様も進化出来たし、
全体でも120番台に入れました〜
教団員としての責務は果たせたかな?(*^_^*)


あと、『黄金魂』ロスを随分と和らげてもらいました。
そして今週のGAには背中をポンポンしてもらったー!(笑)
その“癒し手”GAの感想はまた明日v
[PR]
# by masaki_rui | 2015-10-03 21:56 | 『☆矢』全般ネタ | Trackback | Comments(0)
十二宮の向日葵くん
a0013719_15593356.jpg
これを書くために、北欧神話の舞台のひとつ
アイスランドの写真を探していて、
そういや今回はオーロラ表現が無かったなぁ〜と気づく。


a0013719_15595229.jpg
a0013719_1601098.jpg
溶岩に覆われた土地なので、こんな感じの黒い大地。
最終回で見られた背景の色と似てる?


a0013719_1602964.jpg

a0013719_1605217.jpg
そして、お正月休みの頃に訪れると、
陽が一番高く昇る時間帯でも、この低さと暗さ。
お昼を挟んで、1日で合計4時間程度しか
地表は明るくなりませんでした。


そんな状態の土地より、更に寒さが厳しい場所としての
“アスガルド”と定義した上で思った事−−−



リフィアちゃんが獅子に憧れたのは、
アイちゃんが太陽みたいな子だからでは?と感じてました。

寒くて、冬は太陽すら殆ど姿を見せないアスガルドの民ゆえ、
おひさまの光をたっぷり浴びて焼けた肌、
そして光を反射して煌めく髪を持つ獅子に
“太陽”を見出して恋い焦がれた様に思います。

だから「決して手が届かない」結末も早くに感じておりました。
それは彼女が“神の憑代”としてパワーアップしても、
決して埋める事は出来なかった距離…


聖闘士は各自守護星座を持つ事からも、“天上”の存在。
反対にアスガルドの民は、地表にどっしり根を張った
“地上”の者たちという印象。

もしお互いの世界に「宝物」を見出したとしても
決して自分の手元には持って来られないし、持って来てはいけない。
「宝物」自体が輝きを失ってしまうから…
そんな距離感があります。



a0013719_1947474.jpg
こっちはギリシア、8月末16時の明るさ

一方、少し年上の風来坊(笑)、いやいや
聖域の誇る“十二宮の向日葵くん”に
最愛の彼女のハートを盗まれたフロディくん。

彼は例えるなら「かまくら」とか
雪や氷製のエスキモーハウス(イグルー)かな?
彼女と同じ極寒産だけど、形を変えて盾にもなってくれるし、
寒さも防いでくれる。帰る場所にもなってくれてる。


フロディくんは、今も既に可愛いくて良い子だけど、
少しずつ頑張って、もっともっとイイ男に育って欲しいな。
そして今度こそ彼女を振り向かせるのだ〜

 リフィアちゃんが16歳設定らしいので、
 少し年上風吹かせてたフロディくんは17歳位でしょうか?
 大学生に負けるな高校生!(^^)

その他おぼえがき
[PR]
# by masaki_rui | 2015-09-27 20:08 | 黄金魂感想(ネタバレ) | Trackback | Comments(0)
第13話最終回「届け我らの想い!永遠の黄金伝説」
ザワザワソワソワと、落ち着かない状態で迎えた最終回でした。
旧作アニメの時は、もちろん冥界編やるんだよね?
って思ってたのに(ネットとか無い時代だから情報遅くて…)
『次回最終回』ってやられて、
えええええええーーー!!???って。

それに比べたら、事前に入ってくる情報多いし、
始まる時から全13話って聞いてたし、
ネットで同じファンの方々の尊い作品を間をおかずに拝めるし…

でも悲しいのには変わりないんだよな。
全話通して初めて、2回目が観られなかったもん。
さあ、感想書く為に気力振り絞って見返しますよ〜



で、本編が始まって最初に思った事。
「デッサン狂ってね?」最終回だというのに…!(>人<;)

今回は、OPが始まるのも早め。
誕生直後に壊滅的な被害をもたらしたグングニルの一振り。
再び発動する前にロキ神を倒す!と、
12人で飛びかかって行ったところで切り替わりました。

むむむむむ…………12星座が収斂していく場面に重なる瞳。
これ、オチの伏線だったんだなあ〜!



まず最初に飛びかかって行ったのは魚介類!!
あ、確かに魚さんにお礼が言えてなかったね、デッちゃんw

一方、この後で素ん晴らしい仕事をしたのも、
ヘレナちゃんを助けられなかったという、
悔しさもあったのかな、アフロちゃんは。


お次は蠍水瓶ペア。
ちゃんと謝ったのかい和菓子?と思ったが、
ミロたんの男前っぷりに、傍観者としてはオケオケになったよ。
ただ、少なくともシュラさんには謝れ。(笑)

これまで、関ミロって“カワイイやんちゃ坊主”って印象だったけど、
ここに至って、旧作の池田ミロクラスの格好良いお兄さんに!
いやあ〜心震えましたよん♪

カッちゃんの話が長くなりそうなので、さっさと止めたーーー
って感もあったけどなwwwww


ペアで混合技発動はまだまだ続く。
クリスタルウォールで仲間を守りまくってるムウたまと、
神聖衣談義ペアだったヲトメさん。

スタレボと天空覇邪魑魅魍魎の混合技が可笑しいwwwww
さっきから彼らが放ってるのはコレ↓か?(笑)
 ロイヤルデモン冥界波
 スカーレット エクスキューション
 スターダスト魑魅魍魎


しっかしロキさんは仮にも神。(“仮”言うな)
小煩い6名に大岩をぶつけて潰そうと…
と来りゃあ、山羊くんの出番。聖剣で真っ二つさよ〜v

そして彼と組むのは………アイちゃん!?
やったあ!GAコンビだぁvvvvv \(^o^)/

リーダーシップとってるシュラさん素敵v
あとさ、技名はエクスプラズマでオケ?


光の刃を物ともせず、カウンター攻撃に出るロキ神。
吹き飛ばされた二人を、軽々と横に抱える
牛さん天秤さんコンビ。
その後すかさず渾身の力技を叩き込んだぁ!

だが上へと避けられる悔しさよ。
しかし!岩登り済みの兄ちゃんコンビが待ち構えてたぞ!?


遂に…遂にこの二人が向き合う刻が!
先に語りかけたのはサガぴょ。
謝る…のではないんだな。

それでも、何が有ったかを察し、
硬い表情を崩して共闘するアイオロス兄さん。
アトミックエクスプロージョン(仮)が炸裂する。

 うん、まあねえ。当事者同士なら水に流してもいいけどさ、
 トバッチリを受けた山羊、獅子、牡羊や天秤、
 白銀聖闘士達には、ちゃんと謝らないとなぁ〜って、
 一度観終わってから思った次第。

流石に慌てた顔のロキさん。
技による爆風も凄くて、他のメンバーも力一杯耐えておったよ。
おい、アイちゃんw アルデバランの陰で守ってもらっとるwww


それでもそれでも…神様はやはり強くて。
(『これが神の力か…』と言ってた山羊くんや、
 『エピG』界を経験してるなら、倒してるだろ?w)
結局また、グングニルの槍を使われてしまうのでした。


咄嗟に防御に飛び出す4名、羊乙女天秤水瓶。
防御技を4重に掛けて仲間たちを守ろうとしますが、
致命傷にならない程度に威力を弱めたに過ぎず。

大地に横たわる黄金聖闘士達。
ドラウプニルを握ったままだった獅子に近づくロキ神。

魔王wwwww
申し出を断った勇者アイオリアは武器を飛ばされた。(・ω・)


青銅くん達の倍以上の人数が居るのに、
あんまりしつこくないよね、黄金の兄さん達は。
こういう面も、戦いのスタイルの違い…ってやつでしょうか?

そこへ舞い踊る花びら。血の色をしたそれは、
エリシオンで壺に入ってる女神が寄越したもの。
今の女神の状態を黄金くん達は知らないとしても、
貧血起こしそうな量の出血を強いた事は理解したらしい。

 女神的にはどうなのだろ?
 一度は為す術も無く失った彼ら。
 新たなる命が与えられたものの、
 仮死状態になる程の戦いを経て、再びの危機。
 今度こそは助けたい!と考えるよなぁ〜


十二宮生き残り組でさえ、
殆ど接する事が出来なかった今生の女神。
その小宇宙にじっくり触れるのも、
初めてに近いメンバーが多いよね…。

しかし…崩れた作画でなぐなーーー!!!(笑)
折角の感動シーンが、お笑い場面と化しておったぞwwwww


霊血により、身体も聖衣も完全版に復活を果たす12名。
うん、名乗りは大事![山羊くんに龍角散あげたかった]
これが有るから、⭐︎矢なんだよな♪

完全なる神聖衣は空も飛べるぞ〜
光の球となって、夜空へと逃げたロキさんをタコ殴り…


ココでも、最初に必殺技を叩き込むアフロちゃん。
“地上を守護する聖闘士”としての矜持が伝わってくるよ。
お次はミロたん。ホント真っ直ぐなコや♪(^^)

「お前が言うか!?」って台詞もチラホラ有ったけどwww
アルデバラン→デッちゃん
→和菓子→シュラさん 同時攻撃[これ和解の示唆?]
→老師→ムウたま→シャカ ほぼ同時攻撃

神の力で、ほぼ瞬時に傷も回復してしまうけど。
→サガぴょ→兄さん 同時攻撃で遂に大きな傷を!
ま、これも回復しちゃうんだけどね。
でも其方にばかり力を向けてれば、攻撃は疎かに。


ここで“皆んなの弟”がぐぐー!と前線へ。
デカイにゃんこに対する応援団が胸熱。
だって13年前の出来事以来、
こんな感じで声を掛けられる事って無かったんじゃないかな?

事件前のアイちゃんにとって本当〜に憧れてた、
兄さん達年長組が指揮をとる
全黄金聖闘士達[−カノン 涙]の姿が今ここに!って思ったのだ。


ムウたま、飛ばされたドラウプニルを拾っておいてくれてたー!!
完全神聖衣フル装備の獅子に手渡し、攻守共に装備は万全!
ロキ神からの攻撃も、兄さんとサガぴょが撃ち払う。

ロキしゃん…『こんなところ』って酷いwwwww
折角生き返ったのに、そんなに無理してまた命を失うぞと、
今度は心理作戦に出る神さま。(笑)


………黄金くん達はさ、生存欲が薄いんだよね。
ファンとしては、実に哀しいまでに思い知らされてるよ。

目的と言うか、使命の方を何より優先する。
この世に余り未練が無い。[更に片付けた後だし…]
だからそんな脅しは全く彼らには通じない。


最初から利き腕で放つライトニングボルト。
するとグングニルの穂先を見事に合わせて対抗してきた。
黄金応援団の声援があっても、ロキ神に押され気味。

すると…元気玉ファイトになったぞ。(・ω・)
あんなに酷い被害を受けたのに、
元気 小宇宙 を分けてくれるアスガルドの人々。

それだけではなく、大地からも。
これって、リフィアちゃんの力もあるけど、
ロキが支配し、太陽の光が届かない世界は嫌だな〜
だって光合成も出来ないし〜って理由なんでせうか?(笑)


生存権を脅かさないらしい黄金勢に味方しちゃる!と、
送られて来た小宇宙でパワーアップ獅子。
その勢いのまま………え?顔はダメだって!!!(笑)

折角の美形が台無し。^^;
牛さんの張り手並の被害を受けたロキ神は、
ドラウプニルに封じられていきました。


その後で地上に落ちた流れ星は何だったのだろ?
黄金くん達一行ですか?


夜明け。
ってか、何固まってるのだ聖闘士団子wwwww
今回はすっかりモブと化してしまってた
アスガルド勢と向き合う彼ら。

“お助け一座”に礼を言うリフィアちゃん。
いやいや、君も最初から最後まで一緒に戦ってたよ〜
他力本願だったのはオーディン神で ごにょごにょ…


とか言ってる間に透けてく黄金くん達の身体。
えええええええーーーーーーーーー!!!!!
前回“本当に生き返った”と喜ばせておいて、コレっすか?
限界を超えて使い過ぎたんですかっ!?

観ているこっち、ボーゼンとしてたら、
冥界で戦っている青銅くん達を憂慮する
獅子の言葉に応える声が。


OPの暗示キターーー!!!
うり[但し憑依中]だったんだ、アレ!?
円盤3巻のオーディオインタビューで難波さんが希望してた、
ポセイドン演れましたね〜♪o(^▽^)o

そして本編へ、つ、繋げた!?
あの12名が燃やしまくった小宇宙の影響で目が覚めたと。
これから黄金聖衣がエリシオンへ向かいます。

女神の霊血でバージョンアップした聖衣だけど、
この後すぐに破壊されちゃうんだよなぁ〜(T ^ T)
[取り敢えず全員分、嘆きの壁前までには行くんだろな…]


 それにしても、この場所で、このメンバーの中に、
 ポセインドンが介入してくるのって、
 非常〜に心臓に悪かったっす。(笑)
 カノンっちが実体化して来なかった理由がワカタよw


リフィアちゃんだけをその場に残し、建物へ戻ったアスガルド勢。
向き合う聖闘士団子は、次々に光の粒子になって消える。

潔すぎだぜ、黄金くん達よ…(>_<)
[だからね、GAのキャンスロットは、タイプが違うなって思う]


残るはアイちゃん唯一人に。
すると兄さんの形見のペンダントをリフィアちゃんへ。

ええ、あげちゃうの!?と驚いてたんだけど、
老師が『先に行っとるぞ』って言ってたし、
となると兄さんもそこに居るだろうから、
もうそっち繋がりとしては不要になったのかな?

でもこっちのリフィアちゃんに対しては、
少し心配なところもあって残していったのかな?って。
だって、長髪のせいもあるけど、あの掛け方は、
ペンダントと言うより勲章やメダルに思えたのだ。

彼女の頑張りに対する敬意の表明。そして今後への期待。
泣きじゃくる彼女の頭に手を置きながら
語る獅子の優しさに、こっちも泣けるぜ。

きっとフロディくんの気持ちには気づいてないし、
彼女のことは“妹”みたいに感じてると、
ずっと“お前”呼ばわりしてるとこからも思ってるけどな。^^;


顔を上げたリフィアちゃんの前には、もう誰も居ない。
泣き崩れる彼女。

2度目でも、彼らが逝くのを見るのは辛いなあ。
嘆きの壁での最初の衝撃よりかは、
時間的にも内容的にも満足してるんだけどね…



EDの絵は、1話からの彼らのシーンを振り返り。
そしてCパートでは日蝕じゃなくなってた〜!
リフィアちゃんの語りの中、
雑兵さん達の訓練を見守る4名…って、生きてたー!!!?

ユグドラシルに吸収され組のヘラクルスとスルトだよね!?
って事は、アフロちゃんってば彼らまで救ってたのかあ!

女神付青銅組+ソレントは、7名+1名全滅させてんのに、
何て優しいんだアフロちゃんは!
もうMVP幾つもあげちゃうよー

これなら復興作業もはかどる事でしょう。
あ〜聖闘士の評判が更に下がらなくて良かった〜(笑)


でさリフィアちゃん、聖闘士ageは嬉しいし感謝するけど、
地元ヒーローの、前も含めた神闘士もdisらないであげてちょ〜
彼らの立つ瀬が無いよ、それじゃ。

あとアイちゃんが、横長集合写真の後ろの方で、
地味〜に見えてたのは主人公として可哀想でした。
恋心を忘れようとしてるのか?



とまあ、あらすじ追うので精一杯だった視聴1回目。
話として纏まってないと感じたんだけど、
エピソード、台詞を細かく追ってみると
納得いくものばかりで…

お陰で2回目には、
笑ってた場面でもちゃんと泣けました。(おい
彼らが逝っちゃうのを見るのは、まだまだ辛いけどね。



2週間に1回の更新ってペースが、
衰えてきた体力には丁度良かったです。
でも出来れば1年かけた26回で見たかったなぁ〜

そして自分にとっての“黄金聖闘士”とは
“彼ら”である事を、再認識した『黄金魂』でした。


色々突っ込みたい点は勿論ありますよ。
だけど供給が無かった期間が長くて、
“それぞれの『聖闘士星矢』”像が出来上がってる中、
沢山の燃えと萌えと満足をどうもありがとうございました!

好きなキャラが増えたのも嬉しかったなぁ〜
この作品を送り出して下さった皆様に感謝感謝!!



老師の台詞からして、揃って同じ場所に居るみたいだから、
天界編のトーテムポールになると予想。
何とかして、神々の怒りから
先輩達を解放してやっておくれ、青銅くん達よ!

願わくば、こんな続編も観てみたいです。
やれる限りは貢がせて頂きますので
どうぞ宜しくお願いいたします。m(_ _)m

『黄金魂』あらすじ乱暴なまとめ:
[PR]
# by masaki_rui | 2015-09-26 23:36 | 黄金魂感想(ネタバレ) | Trackback | Comments(0)
仔猫の笑顔が最大のご褒美

聖闘士星矢EPISODE.G 20 (チャンピオンREDコミックス)

車田 正美 / 秋田書店



最終巻だけど、今回も特装版はなっしんぐ。
有終の美を飾って欲しかったな…と、
今更ながらも思ったりして。(涙)


表紙は単独アイオリア様。
1巻のにゃんこと比べると、成長したよね〜v
そして、聖衣も随分と変わったよね〜w(禁句?)

中表紙のアイちゃんは連載再々開時、
13年5月号の表紙を飾ったフル装備獅子。

この時のセンターカラーのアイオリア様ってば、
当時の年齢相応に幼く可愛いかったので、
何処かに掲載されると良かったのになぁ〜

今回も目次頁には簡単なあらすじあり。



外伝20「拳ヲ振リ翳ス者」
19巻ラストに当たる83話の
「真ナル刃ヲ持ツ者」の締め部分をカラー化。

台詞はそれぞれ、コマ割り違いは有れど同じですが、
モノクロ頁の時より随分と余裕感があるアイオリア様w


第84話「可能性ヲ秘メシ者」
変更…というより誤植に近いのかもしれない。
今迄は「女神聖闘士」だったのが
p.24では「女神聖闘士」になってる。 
掲載されてた通りにbotにも登録したけど…


第85話「門ヲ守護セシ者」
p.72 豪雨のルビの誤植が直ってねぇ…◯「ヒュエトス」 ×「ヒュエスト」
p.85 最終コマのルビ「光速超越」でええの?「超越光速」でなくて? 


第86話「神ニ抗エシ者」
p.121 獅子の最初の台詞「…守ってくれた」での改行が変更になり、
2行から3行になっている


最終話「黄金の少年」
p.151 クロのんの最初の台詞が、電子版だけ抜けてる…
p.186 「希望」のルビ間違いも直ってない最大チョンボ…orz
◯「のぞみ」 ×「きぼう」



20巻じゃないけどそれまで「奇蹟」「仮令」だったものが
「奇跡」や「例え」に変わっちゃってたり…
こうして改めて振り返ってみても、エピG最大の敵は、
「誤植」なのではないかと…確信しちゃうのであります。^^;
[PR]
# by masaki_rui | 2015-09-23 15:49 | エピソードG感想(20巻) | Trackback | Comments(0)