人気ブログランキング |
タグ:モザイク ( 14 ) タグの人気記事
この前は8月末
いやはや、ま〜た間があいてしまったモザイク紹介。
神話にも出てくる「割と派手系」3点の紹介です。


a0013719_16452823.jpg
紀元後3世紀前半のモザイク。
「ポセイドンハウス」から見つかりました。

a0013719_17155672.jpg

上はアンティオペとサテュロス。
下はガラティア が描かれています。
何でも、上のサテュロスはゼウスパパが化けていたそうですよ。
そして下のガラティアさんは、海神ネレウスの娘とか。
なので海獣に乗っております。



a0013719_17165362.jpg
こちらは2〜3世紀のモザイク。
何故かこっちもゼウスパパ繋がり。
白牛に化けたパパが、エウロパ誘拐直前画面。(笑)

「エウロパハウス」で発見された模様 ↓
a0013719_17185422.jpg




そして「締め」は桶兄夫妻。
a0013719_1722385.jpg

こちらも紀元後2〜3世紀のもの。
「オケアノスハウス」で発見されました。
場所は ↓ ユーフラテス河のすぐそばみたい。
a0013719_17334573.jpg
こんな水場に近くて、洪水とかの影響無かったのかなぁ〜?
ともかく、無事現代に姿を現してくれて感謝!
以上、トルコ ガジアンテプ 
考古学博物館のモザイクコレクションでした。
by masaki_rui | 2008-11-01 17:39 | 日常ネタ | Trackback | Comments(0)
派手?
ひと月半振りのモザイク博物館紹介続き。
今日は「ぢみーズ」じゃなくて、メジャー路線狙い。(笑)


 ↓ まずは全体像。
a0013719_22375048.jpg
部屋のサイズギリギリまでモザイクが置かれています。
同じ高さからだと見にくいので、
この写真の手前側に足場が渡してありました。
そこから必死に撮った写真です。



上の方のデザイン。
手前からだと逆さなので、180度回転。
a0013719_22402281.jpg
説明書によると「ディオニソスのインドからの帰還」だそうです。
いくら地続きだからって、虎(?)車に乗って帰って来たんすか?
(対コイオス1回戦後のアイちゃんって
 徒歩のガランさんがに担がれて
 聖域近くまで戻って来たんだっけか? 笑)

同じ構図のモザイクが、チュニジアにも有ったなぁ。

 →チュニジアバージョン a0013719_2317429.jpg




もうひとつのモザイクは、初めて見たモチーフでした。
a0013719_22554113.jpg

お題は「パシパエとダイダロス」。
そう、クレタ島のミノス王の妃パシパエが左隅に座っています。
そしてその足元には、何やら象徴的な牛の頭部が。
キューピッドなのかな?矢をつがえたチビッコも隣におります。
一方の右側は、ダイダロスとイカロス親子。

ポセイドンの呪いで、雄牛に恋してしまった王妃。
真ん中に居る召使いがダイダロスに、牛の模型を作るよう
お願いしている場面のようです。

このパシパエの表情が、モザイクというのに見事でね〜♪
非常〜に思い詰めた顔をしてるんですよ。
このガジアンテプ博物館のモザイクで、
真紀の「イチオシ」です!


 ↓ 説明板
a0013719_2321570.jpg

by masaki_rui | 2008-08-30 23:26 | 日常ネタ | Trackback | Comments(0)
ぢみーズ2
ありり?
撮ったモザイク(←サガぴょに非ず) を順番に開いてみると
中々有名どころが出てこないぞ…。

なので今回も“ぢみ”なペアとトリオ写真。


a0013719_22483783.jpg

説明板の写真が見つからなくて正体不明。
ただ、絵柄からするとディオニソスかな?
で隣はアリアドネのような気がする…。


こっちは名前がモザイク自体に刻まれているのだが
撮影角度が鋭角過ぎて、管理人の能力では読みこなせない〜!

a0013719_22535366.jpg

by masaki_rui | 2008-07-13 23:00 | 日常ネタ | Trackback | Comments(0)
ぢみーズ
今回ご紹介のモザイクは、ちょいと“ぢみ”な組み合わせ。

a0013719_23463398.jpg
「3女性の朝食」

Zosimos houseより出土。←親方の名前らしい(印が刻まれてたとか…)
キトンやヒマシオンを纏った女性達です。



a0013719_23464948.jpg
「河系神様ズ」

ユーフラテス河神を中心に
左側にニンフのNaiasが居ます。
んじゃ右側は誰だよ?
(解説が無かったか、真紀が見落としたか…;;;)




突然に追記:
前に「デメテル」と説明を受けた、このモザイク。
だけど ↓ この解説からすると「ガイア」っぽくね?
世代の違う「大地の女神」だから「デメテル」でもいいのか???
a0013719_2347938.jpg

by masaki_rui | 2008-07-07 00:07 | 日常ネタ | Trackback | Comments(0)
でっかすぎて
余りにスペースを取り過ぎ(?)モザイクくんなので
画像が歪むは、暗くて画面が荒れるは…


a0013719_004317.jpg
 名付けて「海神ズ」

中央にドデ〜ンと居座っているのがポセイドン。
そして下で並んでいるのがオケアノスとテテュス夫妻。
(ホント、桶兄夫婦は仲良しです 笑)

周囲を取り囲む波模様がかわい〜ん♪
でも、この構図だと、
「海の支配権がティターンからオリンポス側へ移動しちゃったよん」
って感じがするのは真紀だけかいな?


そしてもう1組の仲良しサン。←?
a0013719_05290.jpg
 「アンドロメダ姫を助け出したペルセウス」

ここのメドゥサは、なかなかの美人さんで
しっかり描かれております。
「髪の毛が蛇」って分からないような描写。
姫様が繋がれていた鎖(否星雲鎖)もハッキリ見えますネ。


この2枚のでかモザイクを上から撮ってみたのがこの写真。
          ↓
a0013719_0102466.jpg



以前紹介した遺跡の写真パネルにも
「海神ズ」が見えました。
周囲の景色を脳内補完してお楽しみ下さいv
by masaki_rui | 2008-07-02 00:20 | 日常ネタ | Trackback | Comments(0)
こりは何事!?
思わずにじり寄ってしまった管理人。
 ↓
a0013719_23513562.jpg
 「ディオニソスとアリアドネの婚礼」モザイク

何でも、最初発見された時は左端まで全てモザイク画があったのに
何年後かに確認したら、半分以上ごっそり無くなっていたそうな…
削られたのか、そのまま密輸に回されたか???
(別の都市だけど、何年か前に
 自館の所蔵物を不法に密売してた博物館館長が捕まってたなぁ)


でもさ、こんな展示の仕方せんでも…(汗)
ハテナマークばかりが目立っている元モザイクでした。
by masaki_rui | 2008-07-01 23:58 | 日常ネタ | Trackback | Comments(0)
血が騒ぐ
すっかり報告を漏らしていたGW旅。
「すっごい遺跡だよ!」との情報を得、
絶対に見たいと思っていたゼウグマ遺跡からの出土品です。

紀元前300年代、セレウコス1世によって作られた町。
「ゼウグマ」とはギリシア語で橋や絆、linkを意味するそうです。

その後コンマゲネー王朝のアンティオコス1世の時代に
劇場、アゴラ、浴場、商店付広場等が作られ
ローマ都市として発展していきましたが
286年ササン朝ペルシャのシャープール1世により破壊。

場所は大雑把に言いますと、トルコ南東部。
ガジアンテプとシャンルウルファという大きな都市の
真ん中位の所を北上した場所にあったそうです。
…と言うのも、ユーフラテス河畔にある遺跡で
上流に建設されたダムの影響で沈むとか沈んだとか。


a0013719_2353919.jpg
ゼウグマ遺跡模型

上のミニチュアでは実感わかなかったけど
↓この写真パネルを見たら、遺跡オタクの血が騒ぐ騒ぐ…
 現場見てえ〜!!!
a0013719_2354534.jpg
ゼウグマ遺跡夜景写真



a0013719_23555333.jpg
ネクロポリス出土品より


a0013719_23563637.jpg
ParthenopeとMetioksのモザイク


a0013719_23582518.jpg



この辺りはまだ、写実的な題材なので「ふ〜ん」で済ませてましたが
ギリシア神話題材のドでかいモザイクてんこ盛りに
テンション上がりまくり、見境い無くしまくり(笑)の管理人。

ちょびちょびと、時間を見つけて掲載していきます〜♪
by masaki_rui | 2008-06-27 23:50 | 日常ネタ | Trackback | Comments(0)
完全版!?十二星座のモザイク
昨年10月にご紹介しました「十二星座のモザイク」。
暗くてブレた写真しか無くて涙を飲みましたが
その後、突撃した夢違が全体像を撮って来てくれました。

  じゃ〜ん! ↓
a0013719_2112914.jpg


当たり前ですが(笑)、“水瓶座ビジョンで”撮影してますので
影も形も残っていない獅子座は、遥か向こうの対角線上です。


ああ、でもいいなぁ〜このモザイク。
家に一枚(?)欲しいなぁ。
by masaki_rui | 2007-04-17 02:15 | 『☆矢』全般ネタ | Trackback | Comments(0)
ポセイドン様モザイク
↑「サガ」と「モザイク」の組み合わせだと
笑いがこみ上げてきてしまうオイラは
『☆矢』サイト管理者としては“フツー”ですよね!?(笑)


さてさて、今年のお誕生日に「おめでとう」と言い損ねてしまってゴメン、うり。
お詫びに、でっかいポセイドン様モザイクを献上。
夢違が撮ってきたバルドー博物館inチュニジアの展示品です。

a0013719_16123459.jpg


海馬(?)の引く戦車で海を行くポセ。
右端に見える女神は桶兄とテテュスの娘アンピトリテでしょうか?

しかし、撮影者が気になったのはそこではなく
海王が手にしている“魚もどき”。
馬の好物は人参だけど、海馬のそれは魚なの?

「ほれほれ」とばかりに海馬を煽るポセ…。
でも早く走らせるには、手で持つより
長い棒の先かなんかにぶる下げておいた方が効率的では?

  馬の鼻先に人参
  海馬の鼻先には魚
by masaki_rui | 2007-03-25 17:09 | 『☆矢』全般ネタ | Trackback | Comments(0)
神話のモザイク〜ガジアンテプ博物館
04年の秋に訪問した時「今年の冬には出来上がる」と言われた
トルコ南東部の都市ガジアンテプのモザイク博物館
翌年05年の夏には開館していたそうです。

半年の遅れで済んだなんて凄い。どうしたトルコ!?←失礼

サイトで見たところ、公開されているモザイク数も増えている模様。
南の方ではアンティオキアのモザイク博物館が有名ですが
ここガジアンテプのそれも、ローマ都市ゼウグマで発見された
モザイクを始めとする遺物の展示で知られています。

 撮り損なったのか、展示してなかったのか…?
 オケアノス・テテュス夫妻のモザイクも有るじゃん!!
 え〜ん、桶兄っ! …おっさんやけどさっ


遅ればせながら“オープン記念”に、
前・考古学博物館のモザイク写真をお送りします〜



 女装したアキレウス
a0013719_1921151.jpg
「トロイ戦争に加わると戦死する」と、母親であるテティスの判断により
スキュロス王リュコメデスの元で女性として暮らしていたアキレウス。
彼を駆り出そうとやって来たオデュッセウスらが描かれています。



 デメテル
a0013719_19344114.jpg
ギリシアのアテネ郊外にある都市エレフシス。
“デメテルの秘儀”で知られるこの場所に関する図柄だそうです。
(真紀にはただの模様にしか見えないけど…)



 ヴィーナスの誕生
a0013719_19374174.jpg
ギリシア神話におけるアフロディーテですね。
顔の部分が削られちゃっていて残念!
どんな美人さんだったんだろ〜?



 ジプシーの少女
a0013719_19392433.jpg
この博物館で最も有名なモザイク。
こちらのバス会社の車体にも描かれていました。
写真が悪くて分かりにくいですが、とても魅力的な少女です。


他にも、非常〜に目つきの怪しい鳥さんモザイクも有ります。
やはりこれも撮り損なったのか
「アンドロメダを救い出したペルセウス」もあったらしい…。


展示点数も増えてるそうなので、見に行きたいなぁ〜
でも冬は飛行機が欠航する危険があるので、慎重なワタクシ。
だって、02年に行った時には、帰国日前日のフライトが突如無くなって
急遽夜行バスでイスタンブールまで15時間程かけて戻って来たんだもん!
夏?こっちの夏って、すんごく暑いんですぅ〜;;;
by masaki_rui | 2006-12-02 19:58 | 『☆矢』全般ネタ | Trackback | Comments(0)